キッズメンタルねっと さん プロフィール

  •  
キッズメンタルねっとさん: キッズメンタルねっと
ハンドル名キッズメンタルねっと さん
ブログタイトルキッズメンタルねっと
ブログURLhttp://kidsmental.net
サイト紹介文精神病・精神障害の種類、子どもの心理・メンタルヘルスなど、コミュニケーションスキルや役立つ情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/09/18 14:51

キッズメンタルねっと さんのブログ記事

  • 【思春期の発達障害】不登校の割合も高い?小学生〜中学生
  • 【思春期の発達障害】不登校の割合も高い?小学生〜中学生発達障害の小学生や中学生の場合、不登校やひきこもりに発展してしまう割合も高いといわれています。学校に行きたくても行けなくなってしまう不登校の背景には、ひとつの原因だけでなく様々な要因が関係している場合も多く、発達障害の子ども本人も「なぜ学校に行けないのかわからない」というケースも少なくありません。不登校の割合も高い?発達障害の小学生〜中学生発達 [続きを読む]
  • 発達障害の二次障害を予防するための対応ポイントは?
  • 発達障害の二次障害を予防するための対応ポイントは?発達障害は、うつ病や不安障害、行為障害など、二次障害の発症割合が高い、といわれています。発達障害の二次障害を予防するために、どのような対応や支援がポイントになるのでしょうか。発達障害に多い二次障害発達障害は二次障害のリスクが高いといわれています。二次障害とは、発達障害への対応が不適切だったことが要因になっておきる症状で、次のような精神疾患などが代表 [続きを読む]
  • 発達障害の二次障害を予防するための対応ポイントは?
  • 発達障害の二次障害を予防するための対応ポイントは?発達障害は、うつ病や不安障害、行為障害など、二次障害の発症割合が高い、といわれています。発達障害の二次障害を予防するために、どのような対応や支援がポイントになるのでしょうか。発達障害に多い二次障害発達障害は二次障害のリスクが高いといわれています。二次障害とは、発達障害への対応が不適切だったことが要因になっておきる症状で、次のような精神疾患などが代表 [続きを読む]
  • 集中できない、発達障害の勉強法は?環境調整の工夫も【中学/高校】
  • 集中できない、発達障害の勉強法は?環境調整の工夫も【中学/高校】小学校を卒業後、中学、高校と進学していくにつれて、学習レベルも上がり勉強面でのつまづきも増えやすくなります。集中できない発達障害の子どもも多く、勉強に集中して取り組めるように、気が散る原因となりやすい刺激を減らすなど、環境調整の工夫も必要になります。勉強に集中できない発達障害【中学/高校】発達障害の子どもが中学、高校へと進学していくと、 [続きを読む]
  • 【発達障害】子ども本人への告知のタイミングは?認めない場合も
  • 【発達障害】子ども本人への告知のタイミングは?認めない場合も発達障害の子ども自身が、自分に苦手なことがある、まわりの子たちと違う、ということを自覚している場合もあります。しかし、それが「発達障害である」ということ認めたくないと感じている子どもも少なくなく、親から子ども本人に「発達障害である」と告知するときはいくつか注意したいポイントがあります。親から子どもに発達障害の告知をするとき親から子どもに「 [続きを読む]
  • 【発達障害】家族の理解と対応のポイントは「ブレない姿勢」
  • 【発達障害】家族の理解と対応のポイントは「ブレない姿勢」発達障害の子どもは、集団行動が苦手で、うまく集団生活に溶け込めないことも多く、孤独感や劣等感が高くなりやすいものです。親や家族が自分の発達障害について理解してくれ、いつも味方でいてくれることは大切です。発達障害の子どもを持つ親の心構えは?発達障害の子どもを持つ親の心構えで大切なことは「いつも味方でいること」です。子どもが発達障害と診断されたら [続きを読む]
  • 【ADHDの治療薬】コンサータとストラテラの効果は?|発達障害
  • 【ADHDの治療薬】コンサータとストラテラの効果は?|発達障害現在の医学では、発達障害そのものを治す薬はありません。ですが、ADHDの特徴である、不注意、多動性、衝動性を抑える効果のある薬として「コンサータ」と「ストラテラ」があります。ADHDの治療薬、コンサータとストラテラ発達障害のひとつ、ADHDの原因は、脳の注意力や情動コントロールをつかさどっている部位が十分に機能しないこと、と考えられています。現時点では [続きを読む]
  • 【発達障害と統合失調症】症状が似ている、併存割合も高い?
  • 【発達障害と統合失調症】症状が似ている、併存割合も高い?発達障害では、精神疾患に似た症状がみられたり、併存しているケースも少なくありません。発達障害患者の併発する精神の病気の中のひとつに「統合失調症」があります。発達障害と統合失調症の併存は多い?統合失調症と発達障害とは、まったく別のものであり、原因、特徴、治療法もまったく異なるため、きちんと判断することが求められます。しかし、統合失調症と発達障害 [続きを読む]
  • 【発達障害の二次障害】うつ病、摂食障害、境界性人格障害
  • 【発達障害の二次障害】うつ病、摂食障害、境界性人格障害発達障害の子どもは、周りの人から理解されず、適切な支援が受けられないと、劣等感や疎外感を強く抱きやすい傾向があります。そのため、発達障害の二次障害として、うつ病などの精神疾患を発症するケースも少なくないようです。二次障害を起こしやすい発達障害発達障害の場合、対応が不十分だったことが原因となって、二次障害を起こすことがあります。発達障害の二次障害 [続きを読む]
  • 【発達障害の検査】知能検査の種類と方法について
  • 【発達障害の検査】知能検査の種類と方法について発達障害の検査には、知能検査がおこなわれるのが通常です。発達障害を診断するためには、知的障害があるかどうか、認知機能のかたよりはどうか、知能検査を行い、総合的な評価が必要になります。発達障害の知能検査について病院を受診し、診断基準や検査結果から発達障害であると判明した場合、知能検査がおこなわれるのが通常です。知能検査では、認知機能のかたよりや困難さを把 [続きを読む]
  • 発達障害はキレやすい?イライラしてカッとなりやすいことも
  • 発達障害はキレやすい?イライラしてカッとなりやすいことも発達障害の人の中には、いつもは物静かなのにもかかわらず、ささいなことでキレやすい人もいます。発達障害だと、自分で感情のコントロールできないことも多く、イライラしてすぐカッと怒ったり、感情が爆発してパニックを起こしてしまう場合もあります。キレやすい発達障害?感情のコントロールが苦手人は誰でも自分の思い通りにいかないときに、イライラしたりするもの [続きを読む]
  • 【発達障害の思春期】恋愛と異性関係との付き合い方での注意点は?
  • 【発達障害の思春期】恋愛と異性関係との付き合い方での注意点は?発達障害の子どもの年齢が上がり、中学校、高校と、思春期になると、異性への興味や関心が高くなってくるものです。そこで今回は、思春期の発達障害で大きなテーマとなりやすい恋愛や、異性との付き合い方においての注意点についてポイントをまとめてみたいと思います。恋愛や異性に興味を持ち始める【思春期の発達障害】思春期は、女性なら男性に、男性なら女性に [続きを読む]