yuyuパンダ さん プロフィール

  •  
yuyuパンダさん: yuyuパンダのおでかけ日記
ハンドル名yuyuパンダ さん
ブログタイトルyuyuパンダのおでかけ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuyupanda-diary/
サイト紹介文移りゆく自然や絶景、そこに咲くお花など 季節を追いかけながらおでかけしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/09/18 19:30

yuyuパンダ さんのブログ記事

  • 暮秋の古寺巡礼・・・卑弥呼 舞鶴
  • いけす料理卑弥呼 舞鶴京都府舞鶴市地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費することです。地元若狭舞鶴の自然の恵み、魚、野菜、お米と美味しいお酒を取り揃え、お客様の様々なご用途に応じた空間、そして『本物にこだわる』確かな技術と素敵な笑顔で皆様をお迎えいたしております。(卑弥呼HPより) 一年ぶりの来店です 前日に予約を入れてカ [続きを読む]
  • 暮秋の古寺巡礼・・・妙楽寺
  • 妙楽寺福井県小浜市養老3年(719)に僧行基が本尊を彫り、延暦16年(797)に弘法大師が本尊を排して堂舎を建立したといわれる名刹。桜並木の参道から山門をくぐると、境内には俗界と一線を画す静寂が広がります。 鎌倉時代に建立された本堂(国指定重要文化財)は若狭における最古の建造物で、24面を持つ珍しい木造千手観音菩薩立像が安置されています。(ええやん!若狭の國より) 落ち葉の敷き詰められた参道を歩 [続きを読む]
  • 暮秋の古寺巡礼・・・神宮寺
  • 神宮寺福井県小浜市毎年3月2日に行われる、奈良・東大寺二月堂への「お水送り」神事が有名な古刹です。室町時代建立の本堂(国指定重要文化財)は、神体山を借景に、若狭随一といわれる華麗な姿です。 さらに、力強い金剛力士像を安置した鎌倉時代末期建立の仁王門(国指定重要文化財)、南北朝時代の木造男神や女神坐像(国指定重要文化財)などがあります。 神事が行われることからもわかるように、神仏習合の寺院であり [続きを読む]
  • 暮秋の古寺巡礼・・・萬徳寺
  • 萬徳寺福井県小浜市 小浜の古刹の中で唯一、国指定名勝の庭園を持つ寺院。花の名所として知られています。春はツツジ、初夏は新緑、秋はモミジが、白砂を敷き詰めた枯山水庭園を彩ります。 四季折々にさまざまな表情を見せてくれる花と自然が魅力です。(ええやん!若狭の國より) だんだん雨は酷くなり・・・ パンダもカメラもびしょ濡れでしたが・・・ 黄色に紅葉したモミジがとても綺麗でした [続きを読む]
  • 暮秋の古寺巡礼・・・明通寺
  • 大陸からの文化を迎える海の玄関口だった小浜には交易によって得られた富で数多くの寺院が建てられたそうです。国宝や重要文化財が眠る古寺を巡ってみました。 明通寺福井県小浜市京都の清水寺も創建した坂上田村麻呂公が、大同元年(806)創建したと伝えられています。 鎌倉時代建立の本堂と総高約22mの三重塔はいずれも国宝です。幾星霜を経て存在する荘厳な佇まいに畏敬の念さえ覚えます。 また、仏像四体が国指定重 [続きを読む]
  • 暮秋の古寺巡礼・・・瓜割の滝
  • 今回のおでかけは小浜の古寺巡礼と舞鶴にカニを食べにいきました♪ 瓜割の滝福井県三方上中郡柵内の岩の割れ目から湧き出す水量は,一日4500t。水温は12度。冷たい水で瓜が自然に割れたという故事からその名がつけられました。「水の森」ともいわれる天徳寺境内奥の森では,湧水が斜面に沿って滝のように流れ落ちています。水道水の質が良くない滋賀や京都の人たちは,一日かけて車で訪れ,隣近所の分までまとめて汲んでいきま [続きを読む]
  • 初冬の山寺へ・・・御苦楽園
  • 御苦楽園山形県天童市昭和3年(1928年)故水戸部弥作翁が当時の失業救済事業として7年の歳月をかけて作った日本庭園です。立ち並ぶ柱石には、人生の苦楽を教えてくれる格言金言が刻まれています。昭和初期に失業救済事業のため築造された庭園で純日本風庭園のあちらこちらに林立する銘木・銘石、そして長命水があります。列をなして立つ柱石には人生の苦楽を教えてくれる名言格言が刻まれており、人々に人生の在り方を考えさせて [続きを読む]
  • 初冬の山寺へ・・・山寺③
  • 山寺③ 五大堂山寺のビュースポットといえばここからの眺め正徳4年(1714)に再建された舞台造りのお堂です 芭蕉も感嘆したといわれる絶景です 紅葉は色褪せ遠くの山は雪山でしたがこの景色が見れたことは感動でした ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 初冬の山寺へ・・・山寺②
  • 山寺② 奥之院・大仏殿右側の建物が釈迦如来と多宝如来が祭られた奥之院左側の大仏殿には、高さ5Mの迫力ある黄金の阿弥陀如来が安置されています 斜面にへばりつくような道を辿っていくと・・・ 納経堂・開山堂慈覚大師の霊廟である開山堂には、大師の木造尊像が安置されていますその隣の小さな赤い祠・納経堂は県の指定文化財で、山内で一番古い建物だそうです 開山堂から釈迦堂が望 [続きを読む]
  • 初冬の山寺へ・・・山寺①
  • 山寺①山形県山形市「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ芭蕉の句が有名です。1100余年前、円仁さんこと慈覚大師によって創建された名刹立石寺は、別名山寺の名で親しまれています。1015段の石段を上るのは少し大変ですが、半分ほど行ったところにあるせみ塚には、芭蕉の句が刻まれていて、周りの厳粛な雰囲気もとても良いところです。(じゃらんネットより) 天童温泉からタクシーで15分程山寺に着きました 駅前 [続きを読む]
  • 初冬の山寺へ・・・山形県天童温泉
  • 今回の旅はクラブツーリズムさん主催の弊社Aランクホテルで過ごす天童温泉2連泊 5日間というツアーに参加しました 天童温泉が2泊と太平洋フェリーが前後2泊の船旅です2017.11.20.〜24. 出発は名古屋港19:00名港トリトンを潜って夜の太平洋に出航です (写真はお借りしました) 部屋はツインでバストイレ付き船内には大浴場やレストランもあるのでホテルに泊まっている気分です 途中、逆航路の「 [続きを読む]
  • 天理教名古屋大教会の紅葉
  • 天理教名古屋大教会の紅葉愛知県尾張旭市 どうだん亭の一般公開と同時にお隣の敷地にある天理教名古屋大教会の境内も一般公開されていました ドウダンツツジの紅葉と・・・ モミジの紅葉が重なり合って・・・ 燃えるような鮮やかさに感激 どうだん亭は何度も来ているので感動は薄れてしまいましたがここの紅葉は新鮮でとても綺麗でした ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • どうだん亭の紅葉
  • どうだん亭の紅葉愛知県尾張旭市どうだん亭の母屋は、享保8年(1723年)に岐阜県吉城郡坂下村(現在の飛騨市)の居宅として建てられたものです。昭和17年に現在の場所のやや西に、3階建てであったものを2階建てに改修し移築されました。昭和42年に母屋が現在の場所に曳き屋され、このとき離れも新築されています。どうだん亭の名前の由来となっているドウダンツツジの美しい庭園は、謡曲「紅葉狩」をモチーフにこの頃に造られ、 [続きを読む]
  • 光前寺庭園の紅葉
  • 光前寺庭園の紅葉長野県駒ヶ根市「光前寺庭園」は国の名勝に指定され、静寂な環境と風致は長野県下随一と称されています。国の名勝に指定され築山泉水庭で、一説には極楽浄土の庭園ともいわれています。5〜10月は光苔が見頃。光前寺本堂の脇に、裏山の清水が引かれ、冷水に命も延びるようだという思いから延名水と呼ばれています。(信州駒ヶ根ガイドより) しだれ桜で有名な光前寺にやってきました 以前しだれ [続きを読む]
  • 晩秋の木曽駒ケ岳=千畳敷カール
  • 木曽駒ケ岳千畳敷カール長野県駒ヶ根市駒ヶ岳ロープウェイで行く標高2,612mの中央アルプス千畳敷は、今から約2万年前に、氷河のゆったりとした流れにより浸食されて形成されたカール(半円形の窪地)で、畳を1,000枚敷いた広さがあることから「千畳敷カール」と呼ばれています。(駒ヶ根ロープウェイHPより) 今日は山頂まで登るのをやめて千畳敷カールを一周することにしました 剣ヶ池には氷が張っていまし [続きを読む]
  • 晩秋の木曽駒ケ岳=駒ケ岳ロープウェイ
  • 晩秋の木曽駒ケ岳長野県駒ヶ根市中央アルプス宝剣岳(標高2,931m)直下の通称「千畳敷カール」まで架けられた、山岳ロープウェイです。中央アルプスの主峰駒ヶ岳は標高2,956m、眺望絶佳、真夏の別天地、富士山をはじめ南アルプス連峰、御岳山、乗鞍岳、北アルプスを一望でき、また、高山植物の宝庫としても有名です。この桁外れのスケールの大自然を中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイでぜひともお楽しみください。(駒ケ岳ロープ [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=JRタワーから札幌の夜景
  • JRタワーから札幌の夜景 昨日行ったJRタワーにもう一度行ってみることにしました 藻岩山からの夜景があまりにも綺麗だったので・・・ 感動はそれほどでもありませんでしたが・・・ いろいろな色に瞬く暖かい光躍動感のある街並みどこも素敵な場所ばかりでした 3泊4日のツアーでしたが初日と4日目は飛行機の都合で観光はありません中2日の観光も台風の影響で思い通りとは行きませんでし [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=藻岩山から札幌の夜景
  • 藻岩山から札幌の夜景2015年10月9日(金)に一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローなどが主催した「夜景サミット2015in神戸」において、札幌市が長崎に次いで第2位に選ばれ、第3位の神戸市とともに【日本新三大夜景】として認定されました。主催者は、近年リニューアルした藻岩山が最も人気を集め、北海道ならではの澄み切った空気の中で眺める大パノラマは見事と評しています。(もいわ山ロープウェイHPより) 市電 [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=小樽運河
  • 小樽運河北海道小樽市小樽港は北海道開拓の玄関口として発展してきました。当時は、大きな船を沖に泊め、はしけ(台船)を使って荷揚げしていましたが、取り扱う荷量が多くなり、運搬作業を効率的に行う必要が出てきました。艀が接岸できる距離を長くするために、海面を埋め立てることによってできたのが「小樽運河」です。小樽運河は、大正12年に完成し、内陸を掘り込んだ運河ではなく、海岸の沖合いを埋立てて造られたため、 [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=羊蹄山からふきだし公園
  • 3日目はレンタカーでニセコへ・・・ 中山峠へ続く道 昨日の嵐でうっすらと積もった中山峠の雪道をニセコ方面に向かって走りました 途中、見たかった羊蹄山が目の前に現れました羊蹄山のビューポイントをいくつかリストアップして出かけましたが見えたのはここからだけであとは雲の中へ消えてしまいました ふきだし公園北海道虻田郡京極町旧環境庁選定の名水百選に選ばれている羊蹄のふきだし [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=JRタワー展望室
  • JRタワー展望室北海道札幌市地上38階・高さ160MのJRタワー展望室は、建物では北海道一の高さを誇るフロアです。一面に広がる札幌市内の街並を360°楽しむことができます。ここまで札幌を広く眺める景色はここだけ。日常では見ることのない街の表情、雄大なパノラマをお楽しみください。(JRタワーHPより) 台風22号の強風にあおられて、観光も限界札幌駅前にあるJRタワーで一休みすることにしました 時折ガ [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=北大イチョウ並木
  • 北大イチョウ並木北海道札幌市北海道大学のイチョウ並木やポプラ並木などが色づく秋。大学構内の並木路が紅葉の名所として市民や観光客に親しまれています。毎年見頃となる10月下旬に行われる、北13条道路の交通規制をするイチョウ並木の一般開放日や「北大金葉祭(こんようさい)」のライトアップイベントは特に人気です。(travel.jpより) ここは北海道大学イチョウ並木 イベントは昨日で終わり・・・ [続きを読む]
  • 晩秋の北海道へ=中島公園
  • 台風22号に追われながらクラブツーリズムさんのフリープラン「ホテルリソルトリニティ札幌3連泊4日間」で札幌に行ってきました2017.10.29.〜2017.11.1. 初日は午後の飛行機だったのでホテル直行2日目は台風通過による嵐の中強風で吹き飛ばされそうになりながら札幌市内をあるきました 中島公園北海道札幌市「日本の都市公園100選」にも認定された都心に近い憩いの自然空間で国の重要文化財「豊平館」や日本庭園などがあ [続きを読む]
  • さいはて青森紅葉めぐり=盛美園
  • 盛美園青森県平川市津軽には大石武学流と呼ばれる独特の作庭様式が伝えられており、その典型とされるのが、国指定名勝の盛美園です。明治35年より9ヵ年を費やして作庭されたといわれており、面積3,600坪(約1.2ha)の池泉廻遊式の庭園です。大きく刈り込んだイチイの木は、天地を創造した神々をかたどり、津軽平野と遠山を借景として取り入れ、庭石をきめ細かく配置し、装飾的にもすばらしい名園として有名です。盛美園の一 [続きを読む]