yuyuパンダ さん プロフィール

  •  
yuyuパンダさん: yuyuパンダのおでかけ日記
ハンドル名yuyuパンダ さん
ブログタイトルyuyuパンダのおでかけ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuyupanda-diary/
サイト紹介文移りゆく自然や絶景、そこに咲くお花など 季節を追いかけながらおでかけしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/09/18 19:30

yuyuパンダ さんのブログ記事

  • ***白馬八方尾根花三昧***NO1
  • 八方尾根長野県白馬村白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が延びていることから名付けられたという「八方尾根」白馬三山を水面に映す八方池までのハイキングコースは、日本百名山の11峰が見渡せる絶景スポットが点在しており、澄んだ空気の日には第1ケルンから「富士山」も望めます。また、黒菱平から上部は中部山岳国立公園であるとともに、長野県天然記念物に指定され、ここにしかない固有種や可憐で貴重な高山植物をはじめ、特 [続きを読む]
  • 山暮らし日記***上呂の崩落現場
  • 西日本に大きな爪痕を残して梅雨明けしました 被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます 岐阜県でも耳慣れない特別警報が長時間出て眠れない夜が続きました 山小屋の近くにある上呂の山崩れ現場はJRの線路を飲み込んだまま10日経ちました 近くで見るとかなりの規模で・・・身近な場所で起きた山崩れだけに恐怖を感じました 国道41号も今回の豪雨で8日は通行止め昨日も途中通行止めの箇所があり中津川市 [続きを読む]
  • 山暮らし日記***土砂災害・河川氾濫情報
  • 下呂温泉は集中豪雨でした6月30日 6月28日29日2日続けて豪雨が降りました最近まで水が少なくて鮎釣りは不漁でしたが今度は大雨で飛騨川に氾濫警戒情報が出ました 山小屋は山の中腹にあるので土砂災害が心配です雷と豪雨が何時間も続いて身の危険を感じた長い夜でした 翌日のニュースで知ったのですが上呂で山崩れがありJRの線路に土砂が流れ込み飛騨萩原⇔飛騨小坂間が不通になっていました 飛騨 [続きを読む]
  • 山暮らし日記***飛騨川の水風景
  • 飛騨川下原ダム付近6月25日 国道41号線沿い下原ダム湖は風がないと水鏡になるお気に入りの場所です JRの通過する時間を調べて撮り鉄をしてみました高山方面行き下りと 美濃太田方面行きの上り どちらもローカル線だったので2両編成でした 今度はワイドビューひだを撮ってみようと思います ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 山暮らし日記***鮎友釣り解禁日
  • 益田川鮎友釣り全川解禁日6月24日 お天気にも恵まれた鮎友釣り解禁日は他府県ナンバーの車が国道41号線の路肩にたくさん止まっていました 相模川は大漁の鮎に湧いていますが岐阜県の川は・・・どうでしょうね   釣りに興味はありませんがこの時期川の岩場に張り付くように咲く岩ツツジが見頃を迎えますこの写真では小さくてわかりにくいですが群生地を探してみようと思っています ポチッと応援してね↓ [続きを読む]
  • 山暮らし日記***別荘生活
  • 鮎釣りが好きな相方は人生の楽園を求めて・・・春先から空家制度を利用してあちこち探していましたがなかなか気に入った物件が見つからず・・・この別荘にお試し入居することになりました鮎釣りが解禁になる6月24日から3ヶ月間毎日益田川に通うそうです パンダは片道2時間半のみちのりを行ったり来たりする予定です 築30年の別荘はタイムスリップしたような不便さも多々ありますが唯一お風呂は温泉で秘湯の温泉 [続きを読む]
  • 磐梯吾妻ドライブ>猪苗代ハーブ園
  • 猪苗代ハーブ園福島県耶麻郡猪苗代町海抜600mの磐梯高原リステルパーク内100,000?のハーブガーデン。ラベンダー・カモマイルなど約500種類のハーブと、菜の花やコスモスなどの草花が季節ごと一面に咲き誇ります。風と光と季節の花々が皆様のお越しをお待ちしております。(ホテルリステル猪苗代HPより) 旅の最後にちょっとだけ立ち寄ったのは猪苗代ハーブ園ホテルリステル猪苗代に隣接する広大なハーブ園です 磐梯山と菜の花畑 [続きを読む]
  • 磐梯吾妻ドライブ>磐梯山と春の風景
  • 磐梯山と春の風景 帰りは一般道で猪苗代磐梯高原ICへ向かいました磐梯山の横を通るルートでしたので春の里山と共に写真を撮ることができました 新潟はすでに代掻きをしていましたが猪苗代町は田おこしをしています のどかな春の風景にまったり高原ドライブの緊張感から解き放たれた時間です ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 磐梯吾妻ドライブ>吾妻小富士と浄土平
  • 吾妻小富士と浄土平 浄土平から10分程登ると吾妻小富士の山頂です 眼下には・・・吾妻山から流れ出た溶岩が冷えて出きた荒涼とした大地です所々火山ガスの水蒸気が出ている場所もあります 登ったのはこの山ですが・・・ 山頂は強風が吹いていて立っていられないほどの砂漠です この噴火口に落ちるかと不安になりました一周40分の登山道がありますが命の保証はない [続きを読む]
  • 磐梯吾妻ドライブ>磐梯吾妻スカイライン
  • 磐梯吾妻スカイライン福島市内と土湯峠を結ぶ絶景ルート。3大ドライブラインの中でもっとも高いところを走り変化に富んだ非日常の風景が楽しめます。(るるぶより) 磐梯吾妻スカイラインに入ると一気に標高が上がり磐梯山が低く見えます 目指す吾妻連峰方向です 眼下に横向スキー場その先に安達太良山が見えます 箕輪山、安達太良山が展望できます紅葉の山としても有名ですね [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>にいがた街あるき
  • にいがた街あるき新潟県新潟市 新潟県政記念館 白川公園 砂丘館 街中スナップ 新潟の街はアーケード街がたくさんあっていろいろなお店が軒を連ねています美味しいお米に海の幸、地酒も選り取りみどり今回は居酒屋には行けませんでしたが夜の街も楽しそうですね ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>北方文化博物館分館
  • 北方文化博物館分館新潟県新潟市新潟分館は、出雲崎町尼瀬の西山油田の掘削によって巨万の富を得た長岡の清水常作氏が明治28年(1895年)に別宅として建設したものですが、清水常作氏の逝去後、明治末期に六代伊藤文吉が新潟別邸として取得しました。庭には秋艸道人(曾津八一)の歌碑が 建っています。(にいがた観光ナビより) 市内にある北方文化博物館本館があまりにも有名で分館は忘れ去りがちですが・・・ [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>旧齋藤家別邸
  • 旅の4日目・・・ホテルから歩いて新潟の街歩きです 旧齋藤家別邸新潟県新潟市旧齋藤家別邸は、豪商齋藤家の四代齋藤喜十郎(庫吉1864〜1941)が、大正7年(1918)に別荘として造ったものです。 砂丘地形を利用した回遊式の庭園と、近代和風建築の秀作といわれる開放的な建物は、大正時代における港町・商都新潟の繁栄ぶりを物語る文化遺産です。戦後この邸宅は進駐軍による接収を経て、昭和28年(1953)には加賀田家に所有が移りま [続きを読む]
  • 会津若松ぶらり編>御薬園
  • 御薬園福島県会津若松市室町時代の領主・葦名盛久が霊泉の湧き出たこの地に別荘を建てたのがはじまりといわれている。保科氏が会津藩主となった時に保養所となった当地では、庭の一部で朝鮮人参をはじめとする薬草を栽培したため「御薬園」という呼び名で親しまれている。作庭家の目黒浄定を幕府から招いて庭園の形を整え、大名の私園として個性的な趣となっている。池の奥右手には雄滝、左に雌滝を落とし、石組も添景物も控え目 [続きを読む]
  • 会津若松ぶらり編>鶴ヶ城
  • 旅の3日目・・・新潟駅から会津若松行きの高速バスに乗って鶴ヶ城に行きました 鶴ヶ城福島県会津若松市鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守閣に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>新潟日報メディアシップ
  • 新潟日報メディアシップ新潟県新潟市 毎日曇り空で一度も夕焼けが見えませんでしたがせっかくなので20階の展望フロアに行ってみることにしました 前方に見える高い建物は朱鷺メッセBefcoばかうけ展望室は31階にあります 日本一長い信濃川とビル群 こちらは萬代橋から本町方面 薄暮の時間はあっという間に終わってしまいました ポチッと応援してね↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>福島潟
  • 福島潟新潟県新潟市福島潟は県都新潟市の東方に位置する湖沼です。面積は193haあり、潟と名のつく湖の中では新潟県内で最大です。五頭連峰を映す湖面と鳥や花や人が一体となって織りなす四季折々の新潟の原風景を今に残しています。(にいがた観光ナビより) ここは福島潟先週までは一面に菜の花のお花畑だったそうです 菜の花はほとんど実となり代わりに花大根の白い花が風に揺れていました(水の駅ビュー福島潟 [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>市島邸
  • 市島邸新潟県新発田市市島家は、丹波(兵庫県)から発祥した家系です。慶長3年(1598年)、溝口秀勝候の越後国蒲原郡新発田城移封に伴い、始祖・冶兵衛が、加賀大聖寺(石川県加賀市)より随従。新潟移住後、売薬業を皮切りに海産物や金物を商いながら、福島潟の干拓を中心とした蒲原平野の開墾を行い、最盛期には1800町歩余りを有する北陸有数の大地主・豪農となりました。(ichishima.netより) 市島邸も渡邉邸と同様広い [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>渡邉邸
  • 渡邉邸新潟県岩船郡関川村3,000坪の敷地に500坪の大邸宅。広い土間、高い天井、重々しい梁組み、いろりのある茶の間、趣のある庭園など、古いたたずまいの一つひとつに往事の暮らしぶりが偲ばれます。渡邉家の初代は村上藩主の家臣で郡奉行として活躍。寛文5年(1665年)、家督を嗣子に譲り桂村に隠居、寛文7年に現在地の下関に転居したと伝えられています。その後、渡邉家の子孫は、廻船業や酒造業、新田開発などで富をなし、 [続きを読む]
  • にいがた庭園街道>光浄寺
  • 光浄寺新潟県村上市曹洞宗。本尊は十一面観世音菩薩。開山は1538年戦国時代。越後三十三観音霊場の一つ、二十七番札所の寺。裏山には西国三十三観音霊場から砂を頂いて作った霊場があり、観音様巡りが楽しめる。(BSN新潟放送より) 村上市郊外に建つ光浄寺 人の気配もなく・・・ ひっそりと静まり返った古刹でした こちらのお寺もツツジが綺麗でした ポチッと応援してね↓にほんブ [続きを読む]