na0mi さん プロフィール

  •  
na0miさん: Enjoy with Camera
ハンドル名na0mi さん
ブログタイトルEnjoy with Camera
ブログURLhttp://crescent.lomo.jp/daydream/
サイト紹介文na0miの写真ブログ!人工物が自然に飲み込まれる過程が好き。空と月と猫が好き。
自由文日常の中の非日常をみつけてる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/09/18 19:34

na0mi さんのブログ記事

  • 猫のいない田代島
  • 猫のいない田代島なんて考えられない 猫を求めて年に何度か訪れる田代島。 東日本大地震のあと少しばかり猫達の顔ぶれが変わったけど、島のあちこちに猫が歩いているのが日常の光景です。 写真のように猫が見当たらない風景はとても珍... [続きを読む]
  • 恋人の丘
  • 恋人の丘「龍恋の鐘」 江ノ島の恋人の丘「龍恋の鐘」はたくさんお恋人が集まる江ノ島のLOVEスポット。 恋人と2人で龍恋の鐘を鳴らした後、鐘の周囲にある柵に2人の名前を書いた南京錠を取り付ければ永遠の愛を手に入れることがで... [続きを読む]
  • 川をきれいにしましょう
  • まだ寒かった日の菜の花 まだ厚手の上着が必要だった日、菜の花が春を告げているようで嬉しかったのです。 しかし、菜の花より立てられている看板の錆び色加減にウットリ。錆びはロマンだっ。 看板には「川をきれいにしましょう」の文... [続きを読む]
  • 5月ですが
  • 毎年恒例の桜撮影の写真 季節が随分と遡るようで心苦しいのですが、今年はいままでにない満開の桜を堪能したので。。。 今までにない満開の桜に恵まれたのです。 フライングで二分咲きの時、五分咲きの時、散り去った時とタイミングの... [続きを読む]
  • 春眠不覚暁
  • もう春ですよね だって毎日眠いもん。 2018年に入るやいなや、バタバタと忙しいふりして過ごしていたら「あっ」というまに御苗場も静かに終わり、「あれ?私何かしてたっけ」みたいな記憶喪失にも似た感覚の今。 「写真とは」・・... [続きを読む]
  • 視線
  • もっと都内を歩こうと思う 遠くに行かなくても写真は撮れる、身近な風景こそ大切にしたい。 そう思うけど、ここ最近はずっと続けていた近所の風景撮影に飽きが来て休んでいた。 近所だけを散策して撮影いれば変化少なく飽きるのは当然... [続きを読む]
  • 額装
  • 江ノ島岩屋から見た相模湾弘法大師や源頼朝も訪れたという、強力なパワースポット岩屋の中から見る相模湾の景色もまたいいもので、入洞に500円払っても惜しくない(笑)長い歳月を経て波の浸食でできた自然の洞窟の中を、キャンドルを灯して歴史を感じながら歩くが神秘的でちょい感動。ここまで辿り着くのに階段を上がったり下がったり、体力は多少必要かな。岩の額装が渋くて岩の縁取りが気に入って同じ写真を何枚も撮ってしまった [続きを読む]
  • 紅白
  • 金魚のエロティシズム金魚ってなんか色気がある。「赤いベベ着た可愛い金魚?」って歌詞にあるくらい可愛らしい姿だけど、一方には妖しい魅力がユラユラしちゃってる。もっとじっくり見て撮りたいと、水槽にかじりつくも周囲の人の目が気になって居座れない根性なし。金魚がエロいとか、そういう感覚の自分にも疑問がある(´Д⊂ヽ [続きを読む]
  • 撮り始め
  • 今年の撮り始めは水族館で水族館でα7R?を試し撮りα9とどちらにしようか悩んだ結果、自分にはα7R?が合っていると昨年の暮に予約をして1月5日に入荷やっとα7Rのシャッター音から開放されたα7Rのシャッター音は少々やかましくて、静かな場所では使いずらかったのが本音なのだ。α7R?の感想画質、操作性、機能性、携帯性、バッテリーの持ちなど全てにおいて文句なし!(イマノトコロ)高感度撮影でのノイズも少ないし、高精細 [続きを読む]
  • トンネル2階建て
  • 新年あけましておめでとうございます新年からトンネル!!今年の迷走ぶりを暗示か!ほんの1週間休んでいるつもりが気がつけば年が明けているという始末。これぞna0mi時間。こんな私ですが本年もよろしくお願い申し上げます。不思議な2階建てトンネル写真は昨年に撮影した千葉県大多喜にあるトンネル、小湊鉄道の養老渓谷駅から少し歩いたところにあるよ。昔は上の出口を使っていたらしいが、道路の利便性を考えてトンネルを掘り下 [続きを読む]
  • 吊り橋
  • 高尾山の吊り橋で考えたことここを渡った時はまだ8月だったわけで、富士山は閉山前だった。単純な私は山の中を歩いているというだけで、今年中に富士山に登ってみたいという目標が出来上がり、具体的に必需品のリストまで考えていた。私は荷物が多めなので、どうしたらコンパクトにまとめられるのか、ヘッドランプは買わないと無い、100均のレインフェアはやめた方がいいと聞いたことがある、トレッキングポールは必要か?9月に入 [続きを読む]
  • マイホームで寛ぐ
  • 寂しい表情の番犬東京では見かけることもなくなった外犬も、地方に行くとお庭が広い家が多いからなのか稀に見かける。家の前を通ろうものならば、自分の役割を懸命に果たすがごとく吠える犬もいれば、通行人には無関心の犬もいる。全体的に毛の色が白くなってきてそれなりの年齢であろうこの犬、写真を拡大すればわかるけど声を出さず表情で何かを訴えてくる。他人の家の事情なので、犬は群れを作る性質だから始終ぼっちじゃ病んじ [続きを読む]
  • ホワイトタイガー
  • やっぱりネコ科が好き野生猫!食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。モフモフはできないけど長時間みていても飽きない、人気者のホワイトタイガー。正式名は「ベンガルトラ白変種」目はブルー、肉球は肌色。ベンガルトラの白変種と図鑑には書いてあった。前にホワイトタイガーを飼う時に注意する6つのことという記事をネットで見かけたことがある。許可を取る一回り大きな家に引っ越す餌は多めに準備する筋トレを欠かさないホ [続きを読む]
  • いざ高尾山へ
  • 高尾山に初めて登った。もしかして子供の時に遠足で登ったかもしれないけど記憶に残っていないもので初の場所に挑戦するときは慎重に、ということでリフトを使って楽をしたけど、このリフトが意外に高低差があってドキドキした。高所恐怖症ではないけど、カバンが落ちないようにとかスマホが落ちないようにとか、レンズキャップは大丈夫かとか考えてしまってどうにも落ち着かなかった次はリフトじゃなくてケーブルカーにしようと思 [続きを読む]
  • 海月
  • 写真をはじめた頃は水族館で撮るものといえばくらげだった。くらげコーナーはどこの水族館も照明が素敵で、誰が撮っても何で撮ってもそれなりに写るんです。だけど初心者の頃はくらげが上手に撮れたと錯覚を起こし巨大満足感に浸ったものだこの水族館は久しぶりに来たら照明が変わっていて、蛍光灯のノイズがすごかったからLightroomで除去したよ。残暑見舞い申し上げます今年は梅雨に猛暑で8月に入ったら悪天候続きひまわり、花火 [続きを読む]
  • 酸素不足
  • すみだ水族館は年間パスポートを持っているので、お散歩感覚で行けるからこの季節は何度も足を運ぶ。年間パスポートを持つほど水族館が好きかのか?と聞かれれば、まぁ好きだけど年に2回の入館料と年間パスポートの金額が同じなので、割安な選択をしておいただけ日本橋のアクアリウムと違って、空いてる中で夏の風物詩、金魚も堪能できるよ。(規模が違うけど)水面で口をパクパクしている金魚金魚密度の高い水槽では みんなが水 [続きを読む]
  • 鹿ちゃん?
  • 鹿は可愛いディズニーのバンビのイメージを持ったまま近づくと少し怖い思いをする。鹿せんべいを持っていようものなら、モテ過ぎちゃって大慌てだし、鹿より小さいお子様は大半が泣いておせんべいを袋ごと鹿に投げつけてハイ終了。修学旅行で行った奈良公園の、制服のスカートまで食らおうとする鹿よりは大人しいし大きさも小さかったけどね。金華山は宮城県のパワースポット写真の鹿は宮城県「金華山」に生息している。金華山は宮 [続きを読む]
  • お疲れさま無理しないでね
  • あら珍しい・・・人間が写ってるわ!?と思った人は常連の方なんかね仕事がひと段落ついたらしいこの時に じっと目をつぶって休んでる姿が、朝顔の夕方の姿とダブったの。それに自分の父親も仕事が終わった後ってこんな感じなのかなって思うと うーんと考えさせられた。同時にここまで疲れるくらい懸命に仕事に打ち込むことは素晴らしいと思うし羨ましいな。ポートレート私はあまり人を撮らない。撮らないというより撮れない。恥 [続きを読む]
  • 土に還る過程
  • もう何年も撮り続けている自動車がある。5年前はもっと原型がしっかりしていたけど、今はフロントから鉄が崩れている。不必要になった人工物(モノ)が自然にのみ込まれながら土に還って行く姿に惹かれる。東京ではなかなか見つけられない被写体だから大切に追いかけたいな。私の思う荒廃の美しさって人工的に作られたものを支配していく自然の力を目の前にすると無性に撮りたくてたまらなくなる。廃墟も同じで人工的に作られた場 [続きを読む]
  • ラベンダー畑に行って来た
  • ラベンダーといえばアロマオイルとか芳香剤とかでお馴染みで、ラベンダー畑と言えば北海道にしかないと思っていたら関東にもちゃっかりあったりして、それなら行かなきゃって思って早速行ってみた。一目見て感動するような派手さはないけど、とてもリラックスして穏やかな気持ちになれたよ。さすが自律神経の調整、鎮静、鎮痛、抗炎症の効能を持つラベンダーだね。少し焦ったのがATM!新幹線が停車するような駅には必ずATMがあるだ [続きを読む]
  • 進入禁止
  • 入るべからずと言わんがばかりに 引き戸の前に立ちはだかる お は な。引っこ抜かないのが ここを管理している人たちの優しさを感じる。門番みたいで可愛らしかった。植物も違った見方をすると、ペットのように健気で愛くるしいと思う。ここは好きな場所、何度行っても写真を撮るのが楽しい。小湊鉄道 月崎駅森ラジオステーション。最近はドラマ、映画、CM、PVのロケ地で使われている。時々「アート×ミックス」などで解放され [続きを読む]
  • 咲き乱れる
  • 育ち盛りに台風が過ぎて、このようなくねくねな状態になったそう。私的には嫌いじゃないけど、絵本で見るひまわり畑との違いに小さい子は戸惑うよねこんな状態でもしっかり花を咲かすから植物ってすごい。関東のひまわり畑いろいろ8月に見頃のひまわり畑、たまには違うところも見にいきたいな。7月見逃した人もまだまだ間に合うひまわり畑?私もまだまだ行きますよぉ!密かに狙っているのは9月とか10月のひまわり。一度は見てみた [続きを読む]
  • はなびっ!
  • 花火大会の席取りも毎年厳しくなってくる。何年か前は昼前に行けばソコソコの場所が確保できたが、3年前からそれでは遅くなってきた。今年は超早起きをしてラジオ体操の終わる頃には現地に着いたが、第一志望には箸にも棒にも掛からぬ状態・・・また来年にチャレンジだわ!江戸川区花火大会毎年8月の一週目の土曜日はエキサイティングな花火大会。江戸川の河川敷を舞台に、江戸川区側と市川市側の両岸で共同開催だよ。オープニグは [続きを読む]
  • 写真家ソール・ライター
  • 渋谷で開かれたソール・ライター展は、大勢の方が見に行かれたのではないでしょうか。 彼の大胆な構図とこってりとした色合いの写真とはとても波長が合い、見ているだけで心が落ち着きます。 心地がいいとはこのことを言うのかな。 &... [続きを読む]
  • 写真家ソール・ライター
  • 渋谷で開かれたソール・ライター展は、大勢の方が見に行かれたのではないでしょうか。彼の大胆な構図とこってりとした色合いの写真とはとても波長が合い、見ているだけで心が落ち着きます。心地がいいとはこのことを言うのかな。Saul Leiter ソール・ライター米国ピッツバーグ生まれ。1946年に画家を志してニューヨークへ。ユージン・スミスらと知り合い、1948年からカラー写真も撮り始める。早くからMoMAなどに作品が展示され、 [続きを読む]