furinx4 さん プロフィール

  •  
furinx4さん: 日本と世界と会社と不倫 〜 JICA 〜
ハンドル名furinx4 さん
ブログタイトル日本と世界と会社と不倫 〜 JICA 〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/furinx4/
サイト紹介文子連れで海外赴任へ旅立った配偶者からの、帰国直前から始まった離婚話とその裏に隠された不倫の事実。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/20 10:09

furinx4 さんのブログ記事

  • とある日(3)
  • 後でわかった事であるが、その情報から推測するに、、、♀: “Oh my goodness!! Sorry…”“Oh my god!! You did it…”と言った後に泣き出した夜は、、、多分、フランス人が離婚する事が決定的となった時期の様である。で、その後に、♀: “Oh my god!! Oh oh oh……”と発した後にまた泣き出した夜は、、、多分、フランス人が離婚裁判を開始した時期の様である。きっと、フランス人は、「君の為に離婚する事に決めた。」な [続きを読む]
  • とある日(2)
  • 更に2週間位経った、とある日の夜。この日も、音の記録をキャッチした。この日も、また何かを話していた。また、主に相手の話を聞いていた。その内に、また突然、、、♀: “Oh my god!! Oh oh oh……”と発した後に、また泣き出した。一体、何があったのだろう・・・?? [続きを読む]
  • とある日(1)
  • とある日の夜。その日も、前日の家の中の音の記録を確認する作業をしてみたら、、、久し振りに、会話の記録をキャッチした。家で会話するのは、毎日では無く、10日から2週間に1回程度の割合だった。まあ、通勤途中で十分会話しているから、家での頻度は少なくても仕方が無い。その日も、何かを話していた。どちらかと言うと、相手の話を聞く側に回っていた様だ。♀からの発言は少なかった。その内に、突然、、、♀: “Oh my [続きを読む]
  • 探偵物語(13)
  • 探偵は、定期的に時期を選び、その期間中の数日間の♀の行動を尾行していた。その後に、その調査結果が僕に報告が入る。大抵は、朝に♀は会社へ行き、夜は子供が寝た頃に会社から帰宅する。一見、何事も無さそうな日常だった。しかし、実際にはそうでは無かった。家と会社の往復中は、♀は所構わず、頻繁に携帯端末をたたき続けていた。きっと、フランス人へ連絡を取っているのだろう。単なる、世間話なのだろうが、問題は相手だ [続きを読む]
  • 初体験(2)
  • 今回のドタバタ劇によって、ここまでの段階で、人生で初めて経験した事 1) 浮気 (を妻にされた) 2) 不倫 (を妻にされた) 3) 大人のおもちゃ (を妻が不倫相手からプレゼントされていた) 4) 探偵 (を雇った) 5) レコーダー (で音を拾った) 6) 詐偽 (に陥れられた、しかも妻から) 7) モラルハラスメント (の攻撃を妻から受けた) 8) 食欲不振 9) 不眠10) ストレス痩せ [続きを読む]
  • ボクの日々(6)
  • 心療内科には、睡眠薬と、胃のキリキリ感を和らげる薬と、どうしても気分がすぐれない時に心を落ち着かせる薬の、処方を受けた。心を落ち着かせる薬は、“これを一度飲んだら、止められなくなるのでは?”と思って、結局一度も飲んだ事は無い。胃のキリキリ感を和らげる薬は、♀に攻撃されてストレスを強く感じているなー・・・と思った時だけ、たまに飲んだ。睡眠薬は、取り敢えず半分だけカジって飲んでみたら、よく寝れるどこ [続きを読む]
  • ぼくの日々(5−2)
  • 受付の女性に、「♂さ〜ん、診察室へどうぞ〜。」と優し〜く声を掛けられ、僕は診察室へ入った。初めて、心療内科の先生を目にした。先生は、とにかく僕の話を聞いた。診察と治療といっても、その位しか出来る事は無いんだろうね。先生は、「鬱病」では無いと言った。でも、「抑鬱症」だとの事。違いは何なんだ・・・??先生曰く、僕は常に鬱状態にある訳では無い。しかし、♀という外的要因から攻撃を受ける事で、鬱に近い状態 [続きを読む]
  • ボクの日々(5−1)
  • 流石に、コレは何とかしないとマズイ、生活が更にボロボロになってしまう・・・と思い、思い切って、人生で初めて心療内科の病院に行ってみた。Googleで検索して、自宅に一番近くにある地元の病院に電話して予約を入れる。受付の女性が、普通の病院よりも優しい声だなー、という気がした。診察当日、病院のドアを開け、待合室に入ると、何人か待っている人達がいた。何の理由でココに通っているのかは知る由も無いが、見た目は全 [続きを読む]
  • ボクの日々(4−2)
  • 親友以外にも、今日までに、他に何人かに相談したりした。地元の行きつけの居酒屋の店長、子供の所属するサッカーチームのコーチ仲間の一人の離婚経験者、会社の中の信頼出来る同僚、同世代でウマが合う長い付合いの取引先の人、同じ様に浮気されて離婚の至った会社の元同僚、、、皆、元気付けてくれ、応援してくれた。だから、今日まで戦って来れたとも思う、ホントに感謝したい。その方々からの、励ましや、アドバイス、客観的 [続きを読む]
  • ボクの日々(4−1)
  • 一人で問題を抱えているのが耐えられなくなり、親友に相談したりもした。そこで、親友は、もっと大変な状況を乗り越えて来たという事を聞いた。長い付き合いだが、初めて知った。まあ、人それぞれ、人生いろいろだろうが、ツラい事もいろいろ、人それぞれあるんだなー・・・辛い経験をしているのは自分だけじゃないんだな、と思い、少し落ち着いた。でも、じゃあ、自分の状況に対してどう対処しようか・・・?まだ、答えは見つか [続きを読む]
  • 想い出 〜 20 〜
  • スガ シカオ / 「ぼくたちの日々」 by 「スガ シカオ」今〜、ぼく〜の心は か〜らか〜らと〜乾いた音を立てて すり減〜っていく〜すり減〜っていく〜もう、心がすり減って、気がおかしくなりそうだ。ホント、苦しい・・・きっと、子供がいなかったら正気を保ててなかっただろう。錯乱して、既に死んでたかもね・・・・・あべし!! [続きを読む]
  • ボクの日々(3)
  • その頃は、会社で机に向かっていても、常に落着かない。会議に参席しても、全然話が頭の中に入って来ない。いつも、心ココにあらず、だった。だが、ボーッとしている訳では無い。逆に、常に心臓がドキドキしている様な状態だった。比較的、低血圧な方なのに、会社に置いてある血圧計で計ると常に上が130を上回っていた。ずっと、軽いジョギングをしている様な感じだろうか・・・だから、常にいつもより余計に疲れを感じる日々 [続きを読む]
  • ボクの日々(2)
  • この頃は、なかなか寝れなくなっていた。少し帰宅が早くなって、起きてる♀と家の中鉢合わせしようもんなら、「こんな時間まで、何やってたんだ? フランス人と連絡取っていたんじゃないか??」なんて、余計な事を考えだしてしまい、そうなるともう寝れない。夜中に♀の寝室で物音がしただけでも、「こんな時間に、何で起きてるんだ? また連絡取ってるんじゃないか??」と、目が覚めてしまい、その後は気になってなかなか寝 [続きを読む]
  • ボクの日々(1)
  • この一連のゴタゴタが始まって、既に5ヶ月が経とうとしていた。その頃は、もう5ヶ月も経ってしまった、という気持ちだったと思う。しかし、その後も延々とゴタゴタ続いた事を思えば、まだたったの5ヶ月しか経ってない、というのが、今になってみれば実態だ。もう、その頃には、体調に色々と変化が出て来ていた。まずは、食事が喉を通りツラくなって来ていた。食事を全く食べない訳では無いが、あまりお腹が減らない。多分、ス [続きを読む]
  • モラルハラスメント
  • モラルハラスメントをWikipediaで調べてみると、、、フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱した言葉加害者は、・自己愛的な変質者・誰かから奪うことを欲している・内心の葛藤を自身で引き受けることが出来ず外部に向ける・自身を守るために他人を破壊する必要を持つという変質性を持つ。子供の頃に受けた何かのトラウマによってなる性格だと考えられる普通の人なら罪悪感を持ってしまうような言動を平気で [続きを読む]
  • 想い出 〜 19 〜
  • 「Fly me to the Moon」 by 「CLAIRE」あーあ、もう月にでも飛び去りたい・・・「あんたバカぁ?」そうだよな・・・「逃げちゃダメだ・・・逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだー!!」 [続きを読む]
  • ATフィールド全開(6)
  • 翌週にはこんなメールが♀から来た。〜〜〜 ♀からのメール 〜〜〜明日は、ゆっくり寝てるか、前日に外泊するのでもいいので、朝の時間は私と子供の二人で過ごさせてもらえますか?明日は、朝から大事な打合せがあるので、なるべく憂鬱な思いをしないで会社へ向かいたいので。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜仕方が無いので、その日の朝は、♀と子供が家を出てから起き出した。そし [続きを読む]
  • ATフィールド全開(5)
  • 何もわかってないバカ野郎な僕は、更にフォローのメールを返信をした。すると、切って捨てた返事が返って来た。〜〜〜 ♀からの再返信 〜〜〜人格否定はしていません。あなたと私は合わないのだということを、あらためて、強く実感しただけです。あなたが私の生活の中にいて、一緒に暮らさなくてはならないというのがストレスなので、あなたが朝食を作ろうが、掃除をしようが、私は幸せにはなれません。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • ATフィールド全開(4)
  • その頃はまだ、何もわかってない、バカ野郎だった僕は、更にフォローのメールを返信してしまう。〜〜〜 ♂の再返信 〜〜〜本当はイヤなのだろうとは想像してます。だから、余計に感謝してます。僕は単に感謝の気持ちを述べただけなのですが。それで僕の人格を否定されるのは、困るのですが。辛過ぎるなら、もう朝食は作らなくて構いません。今後は、僕の分は自分で作ります。それが、あなたの幸せに繋がるなら、それで構いませ [続きを読む]
  • ATフィールド全開(3)
  • ♀からメールが来たので、取り敢えず、差し障りの無い返事を返したつもりが・・・数時間後、モノ凄い返事が来た。〜〜〜 ♀からの再返信 〜〜〜私はあなたの為に作っているのではありません。あなたの為に作ろうとしても、胸が苦しくなって作れません。子供の為に無理していますが、もう無理をするのも精神的に持ちそうにありません。あなたのその意識が、性格が私を精神的に追い込んでいるのが、やっぱりあなたには分からない [続きを読む]
  • ATフィールド全開(2)
  • 何だー、この♀からのメールは・・・??何が言いたいんだろう・・・?「ありがとう」「ごめんなさい」って、書いてあるけど・・・一方で、「気が重い」「偏頭痛や気落ち」「ストレス」って・・・・気遣ってる?? それともクレームしてる?? どっちなんだ・・・??注釈: 今見返すと、これは典型的な「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」だ。取り敢えず、差し障りの無い返事を返しておこう。。。〜〜〜 ♂の返信 〜〜〜 [続きを読む]
  • ATフィールド全開(1)
  • ♀がフランス人と、SKYPEで会話していたのを発見した、次の週末、僕はいつもの様に、子供と外出して夕方に帰宅し、少し後に、外出していた♀も帰宅。どうせ♀は僕の為に夕食は作りたくないだろうから、僕は、会社に行くと言って、外出した。暫くして、♀からメールが来た・・・・〜〜〜 ♀からのメール 〜〜〜夕食の件、気を遣ってくれたのかな、ありがとう。正直、家に帰るのに気が重くてどうしたものかと思ってました。最近、 [続きを読む]
  • ATフィールド(2)
  • ♀と、いくら判り合いたいと頑張っても、判り合えない。あるのは「拒絶」ばかり。その時、“これが「ATフィールド」というものなのか・・・”、と感じた。あの頃は、そう思っていた。しかしその認識は、今は間違っていたと思う。それは「人と人とが心を通わせよう」とする事を前提にあるものじゃないだろうか。しかし、♀は違った。既に、そもそも心を通わす気など無かったのだ。♀にとって、僕は既に人では無かった。単なる道 [続きを読む]
  • ATフィールド(1)
  • 「A.T.フィールド」正式名称は「Absolute Terror Field」直訳すると「絶対、恐怖、領域」意味は、「心の壁」「自分と他人の分かり合えない領域」とも言われている。EVAの使徒達は、物理的な「ATフィールド」を展開したが、人間は、代わりに「心の壁」を築く、という意味だろう。きっかけ、原因、理由はどうであれ、この頃の♀とやり取りをする度に、強烈な何かを感じていた。頑張っても、ますます余計に悪くなる一方、反論す [続きを読む]
  • 想い出 〜 18 〜
  • 「APPLE」 by 「椎名林檎」ねえ どうしてりんご かじったの?You must know.りんごはだれなの?We should know.Who the hell is an Apple?Apple for me.Apple for you.もう、「りんご」が誰なの?、かは知っている。けど、どうして「りんご」かじったの・・・??椎名林檎も東京事変も、凄く好きだった。けど、この頃を境に、あまり聴かなくなっていった。何となく、歌詞から、不倫を想い出しちゃうんだろうな。。。 [続きを読む]