菟道りんたろう さん プロフィール

  •  
菟道りんたろうさん: The Arts and Investment Studies
ハンドル名菟道りんたろう さん
ブログタイトルThe Arts and Investment Studies
ブログURLhttps://arts-investment.blogspot.com/
サイト紹介文教養としての投資をテーマに国際分散投資やインデックス投資、個別株投資について考えたこと。
自由文インデックス投資による国際分散投資で資産防衛を目指す研究と実践。そのほか、日々の読書や出来事、ニュースに関する解説。文学・思想から経済まで、教養としての投資がテーマ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/09/19 06:18

菟道りんたろう さんのブログ記事

  • 下落相場がないと積立投資家は困ります
  • 久しぶりに株式相場が世界的に下落する調整局面を迎えました。私もリスク資産のポートフォリオは評価額が少し下がり、最近に積み立てを始めたファンドは含み損状態になっています。恐らく「つみたてNISA」などで積立投資を始めた人も似たよな状態でしょう。確かに含み損というのは気分の良いものではなりません。ただ、積立投資家の場合、ちょっと独特に認識を持つ必要があります。これは身も蓋もない話ですが、下落相場がないと積 [続きを読む]
  • 無責任な“公的年金破綻論”が撒き散らす害毒
  • 少し前ですが日経新聞に公的年金に関する気になる記事が出ていました。「減額」だけではない 年金繰り上げの落とし穴(NIKKEI STYLE)公的年金は65歳からの受給が原則ですが、受給開始を最大60歳へ繰り上げることも最大70歳へ繰り下げることもできます。現状では繰り下げより繰り上げを選ぶ人の方が多いそうです。ところが年金繰り上げにはデメリットが多いという指摘です。この記事を読んで、ちょっと考えてしまいました。なぜデ [続きを読む]
  • 我が愛機が無事に帰還
  • オーバーホールに出していた我が愛機、オメガのスピードマスターがこのほど無事に帰還しました。ムーブメントのコンプリートメンテナンスとケース・ベルトの清掃を経て再び新品のような輝きを取り戻しています。愛用して7年以上になりますが、やはり愛着が一段と増します。ただ、オーバーホール料金を見て仰天。だんだんと庶民には高級機械式腕時計を維持するのが大変な時代になっています。 [続きを読む]
  • 説明責任を果たす楽天投信投資顧問の姿勢に好感を持ちました
  • 先日もブログで取り上げましたが、楽天投信投資顧問「楽天・バンガード・シリーズ」の第1期運用報告書に記載された実質コストが予想以上にかさんでいるのではないかということが話題になっています。そんな中、楽天投信投資顧問が説明の文書を発表しました。運用報告書「1万口当たりの費用明細」の内容について(楽天投信投資顧問)非常に丁寧で分かりやすい説明です。なにより受益者が疑問や不安に思っていることに対して真摯に [続きを読む]
  • 大手運用会社も少しは直販投信会社や金融庁を見習いなさいよ
  • 三菱UFJ国際投信が実施した「ブロガー・ミーティング」が話題になっています。参加された何人ものブロガーさんが報告の記事をアップしているので楽しく読んでいたのですが、専門ニュースサイトでも話題になっています。投信ブロガーとつながる三菱UFJ国際 商品戦略に意見反映、発信力に期待(QUICK資産運用研究所)三菱UFJ国際投信のような大手運用会社がこうやって(ブロガーといえども)個人投資家と直接交流して意見交換すると [続きを読む]
  • 日本株は“普通の状態”に戻ったのか
  • 日経平均株価が26年ぶりに2万4000円台に乗るなど日本株が堅調です。バブル崩壊以降、長らく低迷が続いたことで日本株に関しては日本の投資家がいちばん疑心暗鬼になりがちなのですが、楽天証券経済研究所の窪田真之所長が心強い分析を書いています。日本株 ようやく活躍の出番がやって来た(NIKKEI STYLE)ようするに日本株もようやく“普通の状態”に戻ってきたのかもしれません。 [続きを読む]
  • 「投資」と「投機」の違いを見分けるポイント
  • 投資について考える場合、よく「投資」と「投機」の違いが話題になります。何が「投資」で何が「投機」なのかというのは難しい問題で、人によって諸説あります。そんなとき、「投資」と「投機」の違いを見分けるポイントとして有力な考え方に「期待値」というものがあります。基本的に期待値がプラスのものにお金を投じて利益を出そうとするのが「投資」、逆に期待値がゼロもしくはマイナスのものにお金を投じて、そこから利益を得 [続きを読む]
  • 再現性のない投資手法は他人に勧められません
  • 先日、「「暴落したら全力買いだぜ」が実行できるほど現実は甘くない―リーマン・ショックから10年に寄せて」という記事を書いたところ、多くの読者から“いいね!”をいただきました。どうもありがとうございます。やはりリーマン・ショックから10年で、みなさんいろいろと思うところがあるのだなと実感しました。一方で「暴落時に全力買いできなければ、“億り人”になるような成功を収めることができない」という指摘も受けまし [続きを読む]
  • 岡本和久さんの講演をYouTubeで見ることができる
  • いま頃気づいたのですが、I-Oウェルス・アドバイザーズ代表の岡本和久さんのセミナーの一部がYouTubeの岡本さんのチャンネルにアップされていました。岡本さんのセミナーは私も以前に参加したことがあり、大変面白かったことが印象的でした。岡本さんは、資産運用の王道中の王道ともいうべき方法論を、なんのてらいもなく話してくれます。 [続きを読む]
  • 相次ぐ災害、こんなときこそ“惻隠の心”と“シンパシー”で寄付をする
  • 今年は大きな自然災害が多いです。私自身も先日の台風21号で少しばかり被害があったのですが、今度は北海道で大地震。現在も道内の広い地域で停電が続いています。北海道にはブログやSNSの仲間もたくさんいるので非常で心配。こういうとき、私はできる限り寄付をするようにしています。今回も早速、Yahoo!ネット募金を通じて少しばかりの金額を寄付しました。べつにカッコつけているわけではなく、“惻隠の心”と“シンパシー”の [続きを読む]