サルガド さん プロフィール

  •  
サルガドさん: アマチャカメラマンの「写真撮影30年間」の記録
ハンドル名サルガド さん
ブログタイトルアマチャカメラマンの「写真撮影30年間」の記録
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takao_uni
サイト紹介文関西を中心に日本200景の撮影ポイントを紹介します。
自由文北海道から沖縄まで日本各地の撮影ポイントを紹介させて頂きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/09/19 09:34

サルガド さんのブログ記事

  • 第281景 奈良競輪 
  • 第281景 奈良競輪 暑いですね、まだ体が慣れていないようだ、去年もこんなに暑かったのでしょうか。34度ですって。 自転車が走るスピードを撮影してきましたが、動感描写が上手く行かず、希望完成度に近ずけなかったです。 [続きを読む]
  • 第279景 蟹供養放生会
  • 第279景 蟹供養放生会4月18日 京都の木津の蟹満寺で蟹供養放生会が行われました。娘が蟹を逃がしたことから恩返しに蛇に襲われた娘を助けた郷土民話があり、娘をたすけた時、蛇と蟹の屍を弔った観音堂が今の蟹満寺です。5月16日に5:30〜6:00「MYけいはんな」のテレビ番組で取り上げられて放送さてました。その時のスナップ写真です。娘を助ける為蛇を退治した蟹 [続きを読む]
  • 第273景 福井県・滋賀県・日帰りバス旅行
  • 第273景 日帰りバス旅行 近くのスーパーで「日帰りバス旅行」招待状が当選した。行先は「三方五湖」で琵琶湖を右にして北上する、白鬚神社辺りから空模様が可笑しくなり、鯖街道の道の駅「熊川宿」辺りから雨が降ってきた、千鳥苑で昼食してレインボウーラインの山頂公園に着くとすっかり雨だった。帰りは日本海さかな街により、長浜の黒壁ガラス館で終わった。黒壁ガラス館は百三十銀行長浜支店を改装しただけあって見応えがあ [続きを読む]
  • 第272回 中崎町
  • 第272回 中崎町グランフロント大阪をはじめ高層ビルが林立する大阪駅周辺。そんな大阪駅から徒歩で10〜15分程度、赤い観覧車が屋上にあるHEPFIVEビルの裏側付近にある中崎町は、戦災を逃れ昭和の風情ただよう町並が広がるエリアです。中崎町エリアは大阪駅や梅田駅からも徒歩圏ですが、地下鉄の場合は谷町線の中崎町駅4番出口が最寄りとなっています。 中崎町駅側から歩いてくると高層マンションの手前にツタの絡まる趣き深い木 [続きを読む]
  • 第271景「フォトサークル伏見」撮影会 
  • 第271景「フォトサークル伏見」撮影会       平成29年11月16日けいはんな記念公園は、水景園、観月楼、相楽木綿伝承館などが撮影ポイントです。けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)の建設を記念する公園です。日本の里の風景をテーマにしており、水景園(日本庭園)、芽ぶきの森(里山)、棚田風の広場などを楽しめます。季節の行事も盛りだくさんです。 [続きを読む]
  • 第256景 相馬野馬追-お行列(11部作の中 その1)
  • 第256景 相馬野馬追-お行列(11部作の中 その1)お行列(南相馬市原町区) 9:30 -開催地の原町区にある相馬太田神社(中の郷勢)を先頭に、相馬小高神社(小高郷・標葉郷勢)、総大将がいる相馬中村神社(宇多郷・北郷勢)の順に総勢500余騎で、御本陣・雲雀ヶ原の相馬野馬追祭場地まで約3kmを行軍する。 「相馬野馬追」(第21景)の続き南相馬市の雲雀ケ原で「甲冑競馬」が行われ、 戦国絵巻が繰り広げられる、凄い、圧巻、騎馬 [続きを読む]
  • 第258景 相馬野馬追-甲冑競馬(11部作の中 その3)
  • 第258景 相馬野馬追-甲冑競馬(11部作の中 その3)甲冑競馬(南相馬市原町区) 12:00 -騎馬隊が祭場地に到着し、山上の御本陣に神輿を安置した後に行う。それまで被っていた兜を脱いで、白鉢巻をしめた甲冑姿の若武者の騎馬が、10頭立てで1周1000mの速さを競う。10回開催。 昨日テレビで観ました、福島県南相馬市小高区で7年ぶりに稲刈りを行ったと放映していました。復興に7年掛かったのですね。 [続きを読む]
  • 第261景相馬野馬追-神旗争奪戦(11部作の中 その6)
  • 神旗争奪戦(南相馬市原町区) 13:00 -打ち上げられた花火の中からゆっくり落ちてくる御神旗を騎馬武者たちが争奪する行事。雲雀ヶ原の祭場地に隣接する本陣山から陣螺が鳴り響くと、雲雀ヶ原一面に500余騎が広がり、花火1発ごとに2本の御神旗が舞い降りる。御神旗を勝ち取った騎馬武者は高々と御神旗を掲げ、羊腸の坂を本陣山(地図)山頂に向けて一気に駆け上がる。旗は敵の首になぞらえてあるため、御本陣では旗軍者に審査され [続きを読む]
  • 第262景 相馬野馬追-神旗争奪戦(11部作の中 その7)
  • 第262景 相馬野馬追-神旗争奪戦(11部作の中 その7)神旗争奪戦(南相馬市原町区) 13:00 -打ち上げられた花火の中からゆっくり落ちてくる御神旗を騎馬武者たちが争奪する行事。雲雀ヶ原の祭場地に隣接する本陣山から陣螺が鳴り響くと、雲雀ヶ原一面に500余騎が広がり、花火1発ごとに2本の御神旗が舞い降りる。御神旗を勝ち取った騎馬武者は高々と御神旗を掲げ、羊腸の坂を本陣山(地図)山頂に向けて一気に駆け上がる。旗は敵の [続きを読む]
  • 第263景 相馬野馬追-神旗争奪戦(11部作の中 その8)
  • 第263景 相馬野馬追-神旗争奪戦(11部作の中 その8)神旗争奪戦(南相馬市原町区) 13:00 -打ち上げられた花火の中からゆっくり落ちてくる御神旗を騎馬武者たちが争奪する行事。雲雀ヶ原の祭場地に隣接する本陣山から陣螺が鳴り響くと、雲雀ヶ原一面に500余騎が広がり、花火1発ごとに2本の御神旗が舞い降りる。御神旗を勝ち取った騎馬武者は高々と御神旗を掲げ、羊腸の坂を本陣山(地図)山頂に向けて一気に駆け上がる。旗は敵の [続きを読む]
  • 第264景 相馬野馬追-野馬懸(11部作の中 その9)
  • 第264景 相馬野馬追-野馬懸(11部作の中 その9)野馬懸(のまかけ)野馬追当日、原町区萱浜(かいはま)の巣掛場(すかけば)木戸から追い出された野馬の群を追い、小沢こざわの野馬道を通り、旧小高城跡に設けられた竹矢来たけやらいに追い込んだという故事に基づき、現代の行事は野馬の追込みから始まっています。午前九時過ぎに祝詞奉上(のりとそうじょう)があり、今日の祭りに仕える御子人(おこびと)達十数人が御祓おは [続きを読む]