おでこ。 さん プロフィール

  •  
おでこ。さん: おでこの明るく不登校。不登校でも笑顔
ハンドル名おでこ。 さん
ブログタイトルおでこの明るく不登校。不登校でも笑顔
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/odeco777/
サイト紹介文とにかく明るく不登校してます。 感じたこと。体験したことなど お伝えしていこうと思っております!
自由文等身大の自分を信じれるうけとめれること。
ありのままの自分を
信じれることを 頑張ってマス。

いつも 明るく!たまにしんみり‥

不登校な日々を楽しんでいるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/09/19 14:56

おでこ。 さんのブログ記事

  • 私の人生を大きく変えた人[犬飼ターボ]さん
  • 大変、ご無沙汰しております !元気にしていました今、学校には行けてないのですが‥心、考え方に 色んな変化がありました。そのことを私のブログを読んでくださってるかたに伝えたい!そして、ブログに残したい!という気持ちでいました。ですがなかなか、ブログに足が向かなくて数ヶ月も更新が空いてしまいました。今日やっっとアップします(笑)私は、不登校になってから自分のため、、悩みが解決しそうなタイトルのブログや本 [続きを読む]
  • 「魔の始業式?」始業式行けなかったー
  • 更新が2ヶ月も空いてしまいました〜でも、アクセス数は なぜか、ちょこちょこ高くて嬉しくて はしゃいでた おでこ。です。ひとりでもどんなかたちでもこのブログにとんできてくれたことが嬉しい〜ってなってました!更新‥いや、2ヶ月間記事を書いてもいなかったのにヽ( ̄▽ ̄)ノそれでは本題へ‥‥‥‥‥‥‥??‥‥‥‥‥‥私、始業式行けませんでした!あれだけ、高校選びのことを発信したのにー始業式に行けないって‥どゆこ [続きを読む]
  • 与えられた才能に感謝します「日本アカデミー賞2018」
  • 「与えられた才能に感謝します」By西村雅彦さん‥‥‥‥‥‥2018年の日本アカデミー賞は3/4(金)放送。‥まっったく、タイムリーではありませんが(笑)日本アカデミー賞で素敵な言葉に、ハッ!とし‥感動したのでシャアしたいと思います!私は、今年 邦画をまだ映画館へ観に行ってなかったので「上映中」「公開予定」とテレビで流れる予告しか見てなくて、知っていても 出演される俳優さんと 題名くらい。なので、日本アカデミー賞 [続きを読む]
  • ここに注意したら、よかった!不登校の子の学校選びの注意点
  • 今回お伝えするのは、ここに注意!不登校の子の高校選びがスムーズになるポイント についてです??注意点は 〈2つ〉あります。・窓口だけで決めない ・ホームページが分かりにくい‥‥結論から言いますと、高校の相談、見学会を見に行けば行くほど、仕組みなども、もちろんですが自分に大切なこと、合う、合わないが分かりました。でもそれは‥「見に行けば、分かる」つまり‥「見に行かないと、分からない」ということなんです [続きを読む]
  • 「不登校の子の学校選び」に大切な2つのこと。
  • 今日、お伝えするのは明確にすると、不登校の子の学校探し、選びがしやすくなる!大切なポイント2つ についてです。最初に、自分の(1)高校へ行く目的(2)高校へ行くにあたっての不安要素↑この2つのことを明確に。すると、高校選びがとてもシンプルになります。【大切なポイント(1)】自分の、高校へ行く目的を明確にしよう!その理由は、・高校の卒業資格は ほしい!・基礎学力を つけたい!・友だち作りを したい!・大学 進学or [続きを読む]
  • 不登校な自分がイヤじゃなくなる!学校の選びかた
  • 今日は、不登校な自分がイヤじゃなくなる! 〜不登校の子の学校の選びかた〜をお話しします。お伝えしたいことは、「1つ」です。それは、不登校な自分 から「脱出しよう」としなくてもいい!ということです。不登校を経験して‥新たな学校で、(進学、進級について)新たな気持ちで、新たな自分で、勉強も部活も青春も頑張りたい!というそんな気持ちは本当に、素敵です。でも、そこに「不登校な自分から脱出しよう」という不登校な [続きを読む]
  • 「自分に合わない」ポイントとは。高校選びを失敗した話(2/2)
  • これからお伝えするのは、高校選びを失敗して分かった! 〜自分に合わないポイント〜(2/2) についてです。【合わなかったポイントその1】はこちら→「自分に合わない」ポイントとは 高校選びを失敗した話(1/2) ←【合わなかったポイント 2】「高校のテスト対応」小中、ともに不登校を繰り返した私はテストを小学校4年生からうけなかったので期末試験の経験ゼロ。ですが、転校前の高校のテスト対策は「自分でやりなさい」とい [続きを読む]
  • 「自分に合わない」ポイントとは。高校選びを失敗した話(1/2)
  • 自分に合わない‥高校に負担を感じ、「転校」を決めました。そこで‥これからお伝えするのは、高校選び失敗して分かった!〜自分に合わなかったポイント〜についてです。※「合わなかったポイント」は2つありますが、長くなるので2つの記事にわけて投稿します!今回の記事のポイントとしては、1つです。【私に合わなかったポイント 1】「先生に専門性がなかった」‥‥というのは、「不登校の子の受け皿があります!」と言ってる高 [続きを読む]
  • 楽に生きたいのに、生きたくない人へ。
  • 「生きづらさ」をかかているそんな自分を、変えたい。自分が かかえる「生きづらさ」をとにかく、改善したい。なおしたい。でも‥どんな方法をとっても、なおらない、改善しない。変わらない、変われない。そうやって効果が出にくくなってしまっているわけは、実は、自分の心のなか‥にあります。「自分が悪い」というわけではありません。自分の心のなか‥をもう少し知ってみよう‥ということです自分の生きづらさを改善したいの [続きを読む]
  • 「引きこもり」社会に出れるのか問題 part2
  • 「引きこもり」社会に出れるのか問題 part1当人も 周囲も、ですがまず、「引きこもり」の状態を「否定」したうえで克服しても意味はないと、私は考えています。なぜなら、当人が抱えてる真の「生きづらさ」を取り除く行動にはならないから。じゃあ、何が重要なのかというと本人がどうして「引きこもり」という選択肢をとったのか。そして、自分に合った対応と選択肢をとることが一番、大切。なので、社会的な価値観だけで問題視さ [続きを読む]
  • 「引きこもり」社会に出れるのか問題 part1
  • 遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます本年もよろしくお願い申し上げます!??‥私もまだ社会にも出ていないし引きこもりがちになってる今ならなおさら 説得力に欠けていて‥正当化、自己説得みたいになりそうなので怖かったけれど私が思うこと、伝え届けたい、繋げたいこと書きました。???バレエはお教室もやめて‥?詳しくはこちらに?人間関係を辛くさせる「敏感さ」part5 まとめ無期限で バレエを踊るこ [続きを読む]
  • 2017「年末のご挨拶」来年も自分らしく
  • 2017年も 大変、お世話になりました。ブログに たくさんの「いいね」や コメントありがとうございます。コメントは特に、私の記事、基本長いので(笑)極力、分かりやすくシンプルに短くしようとしてますが、意識しすぎると 書きたい言葉も書けなくなるので、記事をわけて投稿しています。それでも最後まで、読んでくださっている事を知れたり。自分の考え方プラス、コメントしてくださる方の視点で発信したテーマについてまた、新 [続きを読む]
  • 「自傷行為」の正しい対応と解決の仕方。
  • ?? ?? ?? ?? ??人間関係を辛くする「敏感さ」まとめ(part 1〜5にわけて細かく書いてあります。リンクから すべてのpart1〜5が見れるようになってます)↑で、書いたのですが"‥深刻なほど‥(またその様子を書かせてください)必要以上に落ち込むことに繋がりました。"そこに書いた、(その様子)の事。人間関係を辛くする「敏感さ」に書いたようにバレエの [続きを読む]
  • イイ ヒント貰っても、うまくつかえない理由。
  • ??「イイ」ヒントを貰っても うまく使えない理由のひとつとは??私の場合まず、自分がHSPだと分かったら自分のHSP傾向をふまえたうえで具体的に行動しよう!と立ち上がったとき躓きやすいポイントがありました。自分の事を前より詳しく知れた!それなら、どうしたらいいのか?‥ブログ、本など 人の言葉から 色んな視点、考え方など自分にとってイイ ヒントをいただけた。じゃあ!意識してさあ!具体的に行動しようとしま [続きを読む]
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」 part 5 まとめ
  • 人間関係を辛くする「敏感さ」part 1part 2part 3part 4にわけて、「他者との心の間の境界線が薄い」から極端に人の「怒り」「不快感」に敏感で大好きな「バレエ」でさえ先生などの環境によっては私の気質が「生きづらさ」に繋がってしまった事例をお話ししました。この経験で辛く悲しい持ちになったのは変わりませんが自分を知る事が出来ました。大切だったのはHSPである事の自覚を持つ事。そして、きっぱり認める事をしたうえで [続きを読む]
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」 part 4
  • 人間関係を辛くする「敏感さ」part 1人間関係を辛くする「敏感さ」part 2人間関係を辛くする「敏感さ」part 3そこで私はバレエが大好きだからこそ先生に私の気質、特性などに「理解があれば」と切望し、頑張って説明、相談しても 「理解する」って本人でも難しい事だから基本は、平行線で終わってしまうんです。たとえば、よかれと思ってかけてくださる言葉も私が"動揺"してることに対して、「弱さ」「努力不足」だと捉えられてい [続きを読む]
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」 part3
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」part 1人間関係を辛くさせる「敏感さ」part2・・・そんな事を2度も経験しました。(細かく言えば何度も)その度、すっかり自信をなくしぽっかり大きくできる心の穴。「バレエ なんてしてなかったらこんなに辛い気持ちにならないのに」と、、やめてしまおうと決意する。でも、家で踊ってしまう。クセで。それを見た母は 大好きな舞台上で心から楽しんで踊る私を 思い出すみたいで普段絶対にこんな事、 [続きを読む]
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」part 2
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」part 1人間関係が 辛く感じてる人はpart1 でもかいた傾向があるかもしれません。私も 「他者との心の間の境界線が薄い」事で繋がった「生きづらさ」の経験を書きます!?? ?? ?? ?? ??バレエを始めたお教室は 特に レベルが不満足で 辞めて、そこから 夢にみた‥?理想とする憧れの場(教室)に移りました。最初は嬉しいことに自慢の集中力と人との [続きを読む]
  • 人間関係を辛くさせる「敏感さ」 part 1
  • HSPが「生きづらさ」をかかえてしまう事にもっとも繋がっていると感じた傾向が「他者」との心の間の「境界線が薄い」という事。こちらの本を読み、、敏感すぎる自分を好きになれる本Amazon.co.jpはじめて知った傾向!長沼先生の言葉が一番分かりやすかったのでお借りすると「境界線は "自分は自分、人は人"という自他をへだて区別するもの。人は自分と他人の間に、目に見えない境界線をもって生きていてこの境界線があるおかげで [続きを読む]
  • 不登校は問題行動? 本当の「不登校"支援"」とは。
  • 「不登校」と聞くと当事者も含めてどんなイメージですか??様々なイメージがあると思いますが‥これまでの「不登校」への対応を考えると問題行動と見なされてる部分があると思います!「別室登校」や 「保健室登校」をとっても教室復帰のみをゴールにしたステップでしかないですし。学校に行く事が大前提なら問題行動とされるのも 分かります‥。(義務教育の間は特に)学校の人は「学校に来なくてもいい」など言えない理由も 分か [続きを読む]
  • 「生きづらさを"乗り越える"」前に、本当にしたい事。
  • ?? ?? ?? ?? ??ご無沙汰しております!!!更新が 2ヶ月空いてしまいました‥。おでこ。です?ブログ更新をしなかった間、たくさんの本を読んだり‥たくさんの人からお話を聞いたりして、 考え方のベース も より良く変わり始めてブログに対する 想いも強くなりひとつの「軸」が出来ました!なのであと、プロフィール等も 細かく変えてみました‥????お時 [続きを読む]
  • 「不登校克服!」のはずが‥。8 発達グレーゾンの存在,
  • たまたま、ずっと前に図書館で 予約していた本がやっと手元にとどきました。(予約していたのも忘れてました???)過去の自分からのプレゼント、でしょうか ????「隠れアスペルガーという才能」??私は、小児精神科で 『発達しょうがい』 と 診断されませんでした。「所々 こんな傾向がありますね」と言われて 終わりで そのあとも診察を うけに 一年以上通っていましたがいつも どんな状況か、話し担当の先生は うんうん、 [続きを読む]
  • 「不登校克服!」のはずが‥。7
  • そして 母とも 何度も 何度も話し合いをしてもしても いつもなら 見えてきそうな「光」も まだまだ見えず。でも そんななか、ふと気が付く。前も 似たような状況になったよな。と。‥きちんと、自分のこと分かってると おもってた。自分の心の傾向が分かってきて 色んな考える視点も増えてきて心がだいぶ楽になっていて息苦しさが 減っていた事は事実。でも、同じような 躓きを何度も 繰り返す。スクールソーシャルワーカーさんで [続きを読む]
  • 「不登校克服!」のはずが‥。6
  • 心折れ、次の日の放課後に 担任と 副担任の先生を 交えて私の 過去と 現状をすべて伝えて 相談しました。入学してから 今まで 学校の人に 勉強の不安や日頃の不安も私が 相談、出来ませんでした。心開けなかった。 相談してる間、 私が 嫌いな(笑)心開いてない人に涙を見せることも、我慢できず泣きながら伝えました。が、半分も伝えれなかった気が 今でもしてます。そのときは、自分でも何の心の整理もつかず、絶賛、混乱中で [続きを読む]