mademoiselle-tsubame さん プロフィール

  •  
mademoiselle-tsubameさん: 大好き!東京ヤクルトスワローズ!
ハンドル名mademoiselle-tsubame さん
ブログタイトル大好き!東京ヤクルトスワローズ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/salon-de-tsubame/
サイト紹介文ヤクルトスワローズ愛が止まらないつばめ女子がヤクルトへの思いを綴ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/09/20 16:30

mademoiselle-tsubame さんのブログ記事

  • 今年もまた、しばしのお別れです
  • 皆さま、こんばんは。いつも私のブログをお読みくださり、本当にありがとうございます。 2017年もシーズン開幕からスタートし、全試合の感想、そして最終戦を見届けた思いなど、今年もたくさん書かせていただきました。 ヤクルトは143試合の内96回負けましたので、私のブログも96回はつらい内容になりました。筆が重い日もしばしばありました。 それでも私は訳知り顔で、あの場面はああだったな!こうだったな!あの場面はよかった [続きを読む]
  • 「できることはなんでもやる」力強い慎也さんの決意表明
  • 今朝配信のサンスポが慎也さんの決意表明を報じました。「コーチの要請を受けました。いまの生活は気に入っていたけど、もともと引き受けるとか、引き受けられないとか、そういう問題ではない。これだけ勝てなくなったチームを目の当たりにして、なんとかしたいという気持ちしかない。再建に向けて、小川監督を支え、自分自身でできることはなんでもやりたい」大変ストレートで、かつ力強いものであります。慎也さんは引退会見で「 [続きを読む]
  • ママ、おかえり。おつかれさま。
  • ママがじんぐうきゅうじょうからかえってきた。まなかかんとくとのおわかれはつらかったはずだ。セレモニーをみとどけてきたママは、いまはかんしょうにひたりたいんだとおもう。おれはこまかいことはきかない。ママからはなしはじめるのを、ここでじっとまつつもりだ。ポチッとしてねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「今の僕の体では戦えない」浪さんが引退を表明
  • ヤクルト 14年ドラ1竹下ら10選手が戦力外に少なからぬ夢を見せてくれた選手の皆さんです。けがや病気に苦しんだ人たちもいます。みんなみんなにありがとうの気持ちをこめて、新天地での活躍を祈ります。中でも浪さんの引退を告げる報道にはとりわけ寂しさを感じます。「今の僕の体では戦えない」そんなふうに言わしめる病気とはなんと非情なものか、本当に悔しく思います。「次は牛丼やさんでアルバイトをする」なんて明るくふる [続きを読む]
  • ママはかなしいかおをしてかえってくるだろう。
  • きのう、ママはおそくまでしごとをしていた。9じをすぎても、まだオフィスをでられないようだった。ヤクルトが95はいめをきっしてしまったことを、ママはスマートフォンでチェックしただろうか。どういうしあいてんかいだったか、しっているだろうか。もししっていたら、ママはかなしいかおをしてかえってくるだろう。なんといってげんきづけようか、おれはしあんなげくびしてかんがえた。ポチッとしてねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 最高かよ!―私だけの必勝アイテム
  • 私は2015年の優勝の年に発売された優勝ワッペンつきレプリカユニフォームを持っています。ホームユニフォームで、背番号は「1」。ほかに持っているのはクルーユニフォームとイベントで配布される燕パワーユニフォームやレディースユニフォームで、いずれも背番号はついていません。どれもこれも気に入っていますが、神宮球場へ行くときはどうしても優勝ワッペンつきのユニフォームを選んでしまいます。過去の栄光にしがみついてい [続きを読む]
  • 私が小声で「いぢわる!」と言ったこと。
  • 勝利って本当にいいものです。一夜明けてもまだ、昨日の余韻に浸っています。そんな興奮気味の気持を早くお届けしたくて、昨日は就寝前にブログを公開しました。そこまではよかったのですが、朝起きて読み返してみると書き漏らしたことがずいぶんありました。昨日は主に寺島君のことと打線のことについて書きましたが、荒木、哲人、途中出場の上田など、いい守備もたくさんあったというのに、そのあたりが漏れていました。反省した [続きを読む]
  • 寺島君の強い心臓とふるさとを愛する心。
  • ヤクルト7―5中日いよいよドラフト1位ルーキー寺島成輝君の初登板の日がやってきました。若松勉さんは甲子園での寺島のピッチングをふりかえり、「コントロールがよく、右打者のインサイドに思いきって攻めていたのが印象的。プロでも活躍できる逸材だと思った」「素材はピカイチ」と、高く評価しました。今日の登板に関してもこう語っています。「来年への経験を積ませるのは賛成だ」(「サンスポ 若さんのツバ目線」9月30日)ヤク [続きを読む]
  • 野球選手のヘアスタイル
  • 昨日配信された日刊ゲンダイ「挨拶の行列が…燕次期HC候補“鬼の宮本”にナイン戦々恐々」を読んで、思わず吹き出してしまいました。記事には、今月26日の東京ドームでの試合前練習の際、宮本慎也さんがヤクルトベンチを訪れていたことが書かれていました。慎也さんの存在に気づいた選手が慌ててご挨拶にいき、それを見た他の選手らが続いて、あっという間に「宮本詣で」の行列ができたのだそうです。さらに「(慎也さんの)厳しさを [続きを読む]
  • じんぐうきゅうじょうのにおいがする。
  • おれはじんぐうきゅうじょうへいったことがない。むかしヤギはきゅうじょうにはいったことがあるときいたが、ねこはいれてもらえないだろう。じんぐうきゅうじょうはゆめのようにたのしいところだとママはいう。このユニフォームはじんぐうきゅうじょうのにおいがする。たのしいところのにおいがする。#東京ヤクルトスワローズ#神宮球場#夢のように楽しいところ#ねこ#いち日記ポチッとしてねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 雄平が復帰する!?
  • 広島3―1ヤクルト広島カープとの最終戦でした。ヤクルトは、昨日のようにピッチャーががんばっても打線の援護がなく試合に負けてしまうことが、今季何度もありました。逆に、たくさん点をとっても投手が踏ん張りきれず逆転負けを喫したことも多くあり、ヤクルトはついに球団の悪い記録に並ぶ94敗を喫することとなってしまいました。ヤクルトは今季、いよいよ神宮球場での3試合を残すのみです。みなさまはこの3試合になにを望みます [続きを読む]
  • “タイミングと印象”を重視したヤクルト球団と小川淳司SDの動き
  • ヤクルトは、主力を含む多くの選手のケガ、予想だにしなかった哲人の不調、投手陣の不振など、およそすべてシーズン中に立て直すことができないまま、最後まで思い悩むシーズンをすごしました。順位は最下位、とうとう67年ぶりの記録的敗戦数到達まであと「1」いうところまできています。どれほど前向きに物事を考えようと思っても、ヤクルトの明るいニュースを探すのはとても難しい。そんな状況の中で、今月25日、デイリースポー [続きを読む]