nawan13 さん プロフィール

  •  
nawan13さん: なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)
ハンドル名nawan13 さん
ブログタイトルなんでもシステム管理者(日本酒大好き!)
ブログURLhttp://nawan13.hatenablog.com/
サイト紹介文中小企業のシステム管理者が大好きな日本酒やおいしくいただけるお店などを感じるままに書き綴りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/09/20 18:38

nawan13 さんのブログ記事

  • いただきました!! 「蓬莱泉を醸す関谷醸造の仕込体験のお酒」
  •  2月に参加した関谷醸造での仕込体験で醸した(と言ってもほんのわずかなプロセスですが(^_^;)お酒をいただきました。4月の上旬に3本届き、1本は飲み会に持参し、1本は家呑み、そしてもう1本は冷蔵庫の奥で寝かせていました。nawan13.hatenablog.com このお酒のオーダーは「香りはバナナ系で控え目、酸味はやや多め、かつ濃潤で辛口」となっていました。届いたお酒をいただくと、正直私の好みからは「少し辛いかな?」と [続きを読む]
  • 行ってきました!! 「射美を醸す杉原酒造 第1回蔵開き」
  •  昨年10月に蔵見学をさせて頂いた際に2018年の夏に蔵でイベントをすると教えていただきました。そして、その日をずうぅ〜〜っと心待ちにしていた「蔵開き」に愛妻と参加してきました(^_^) 養老線の広神戸駅から、タクシーで蔵に向かいました。同乗した人から車中で、大垣市内の映画館で「日本一小さな酒蔵」と「日本一小さな酒蔵2」の上映会があったと聞きました。 蔵に着くと、まずは小売り部の冨久屋で受付です。名 [続きを読む]
  • いただきました!! 「而今 純米大吟醸 Nabari 2017」
  •  「京・おばんざい素」に寄って(酔って)、「而今 純米大吟醸 Nabari 2017」を仕事帰りに頂いてきました(^_^) 飲む前に香りを確かめます。グラス一杯にお酒が入っていますので揺らすことができません。鼻を近づけて息を吸うと、ほんのりと「而今」らしい香りがします。(はた目にはおかしな光景かも(^_^;) 口に含むと、当然ですが而今の旨みをしっかりと感じます。裏ラベルを見ると山田錦で40%精米となっていま [続きを読む]
  • いただきました!! 「白木久 BLACK SWAN」
  •  白木久を醸す白杉酒造は、京丹後の蔵です。以前、京丹後に行った際に蔵の方と知り合い、それ以来応援しています!nawan13.hatenablog.com 初めにこのお酒を飲んだのは、「京・おばんざい素」でした。口に含んだ瞬間にインパクトのある甘味と酸味を感じました。しかも、この要素を持ちつつキレがある。このときは既に三合強飲んだ後でしたので、後日、ゆっくりシラフで味わうために後日4合瓶を購入しました。 裏ラベルを見る [続きを読む]
  • いただきました!! 「新政 頒布会2018年6月分 & No.6 A-Type」
  •  本郷駅前の「京・おばんざい素」で新政を3種類をいただいてきました。頒布会は4月、5月といただいていますので6月分が入荷するのは分かっていたのですが、No.6のA-Typeまでいただけました(^_^) 味の違いを楽しもうと、3種一度に注文しました。(何という贅沢!!) 初めにいただいたのは、頒布会6月分の「ほぼ全麹純米酒」99%が麹というお酒です。一般的な造りでは麹は20%ほどですので、麹の量が格段に多いお酒です。な [続きを読む]
  • いただきました!! 「房島屋 兎心ブラック vs 兎心ブラック」
  •  最近、同じ蔵のお酒の飲み比べに、はまってる?訳ではないのですが、28BYと29BYの兎心(ところ)ブラックをいただきました!! 一昨年の所酒造の蔵開きで、「兎心ブラック」が販売されていたので購入し、我が家の冷蔵庫の奥深くで1年以上寝かせて置いたものと、今年、所酒造に見学に行った際に購入したものと、同時に開栓して飲ませていただきました。nawan13.hatenablog.com まずは、28BYを開栓、王冠の外の栓をめくった途 [続きを読む]
  • いただきました!! 「白老 shusendou7 純米吟醸 うすにごり生」
  •  酒仙洞 堀一酒店 限定の白老をいただきました。 口に含むと、おおっ、強いガス感! パワフルなガス感を久しぶりに味わいました。そのガスのもたらす酸味と苦みの調和がいい感じです。 このパワフルな味わいだと、弱いと言うか、優しいアテ(肴)だと負けてしまいそうです。何がいいかな〜っと?考えて、思いついたのが「えびせん」でした。白老を醸す澤田酒造のある知多半島では「えびせん」が名物です。これが合いそうです [続きを読む]
  • いただきました!! 「ホワイト射美三人衆」
  •  まず初めに、お断りしておきますが「ホワイト射美三人衆」と言う言葉は私の造語です。杉原酒造さんから出ている言葉ではありません(^_^) その上で、「ホワイト射美三人衆」って何?となるかと思います。射美好きであれば、今期(29BY)のホワイトには「15」と「16」の2種類があることはご存知かと思いますが三人衆となると???と首を傾げるかと思います。「15」と「16」にプラス1種類、それは何かと言うと先期(28BY)のホ [続きを読む]
  • いただきました!! 「射美 いちごの特別純米(29BY))」
  •  本郷駅前の「京・おばんざい素」で「射美」の「いちごの特別純米(29BY)」をいただきました。 注がれたグラスに鼻を近づけると、ほんのりと香りがします。そして口に含むと、昨年までの「いちごの特別純米」から予想していたよりも控えめな甘さです。と言っても一般的な日本酒よりは甘い方かと思います。含み香は上品な甘さが口いっぱいに広がる感じで心地良し! 私はお酒ではなく果物のイチゴも大好物なのですが、イチゴジャム [続きを読む]
  • いただきました!! 「菊石 あらい彗星」
  •  菊石は豊田の浦野合資会社の醸すお酒です。ここの蔵開きはなかなか雰囲気が良くて愛妻もお気に入りなのですが、ここ数年、諸事情のため行けていません(T_T)。来年は行けますように!!nawan13.hatenablog.com 今期が初かと思うのですが、菊石から出た「あらい彗星」をいただきました。なんだか、「ガン〇ム」のシ〇アを思わせる銘柄です。初めは「何それ、う〜ん?」と思っていました。「ガ〇ダム」は苦手な愛妻ですが、なぜか [続きを読む]
  • いただきました!! 「射美 純米吟醸(28BY)」
  •  今期(28BY)の「射美 純米吟醸」をなじみの「京・おばんざい素」でいただきました。 今期「射美」は初めに出た「吟撰」が良く、次に出た「特別純米」が格段に良かったので、「射美」が出る度に期待が高まります!! まず香りを確認すると程よい感じ。過度な吟醸香ではなく、甘味を予感させてくれる、ちょっとアクセントがある感じです。バニラエッセンスは微量でそのアピール感がかなりありますが、バニラエッセンスをより上 [続きを読む]
  • 行ってきました!! 「日本酒祭り 第10回(2018)」
  •  酒友の方が毎年開催される「日本酒祭り」に今年も誘っていただき、愛妻と参加してきました。 毎度のことですが、とても個人的に開かれている会とは思えない充実度です。お酒のラインアップもさることながら、参加者の中には蔵の方や日本酒関連のお仕事をされている方も見えます。しかも、それらの方がゲストや講師として参加されているのではなく、参加料を支払って、一参加者として来られているのです。開会の挨拶で、「この会 [続きを読む]
  • いただきました!! 「津島屋外伝 四十二才の春」
  •  毎年、春に発売される御代櫻醸造の酒向杜氏の年齢を冠したお酒です。本数が限定されており、このシーズンになると買い逃さないようにチェック必須のお酒です。何せ、毎年、杜氏の年齢が冠された銘柄なので、買い逃したらもう二度と出会えない「一期一会」のお酒なのです!! このお酒が期待外れだったことはないので、安心していただけます。というより期待大!! 本利き猪口に注ぎ、軽く揺らすと、上品だけれど旨みを感じさせ [続きを読む]
  • いただきました!! 「川鶴 純米 限定直汲み 無濾過生原酒」
  •  先日、出張帰りに酒屋さんで、お酒を物色していたところ「川鶴」が目に入ってきました。何気なく裏ラベルを確認すると、酒米が「オオセト」となっています。麻利絵さんのマンガ「日本酒に恋して」第7話で「オオセト」のお酒のことを知ってから飲んでみたいと思っていました。「川鶴」自体は「一位」で教えていただき、その旨さを知っていましたが、「オオセト」のお酒を知ってから、さらに飲んでみたい!!と思うようになってい [続きを読む]
  • 読みました!! 「日本酒の人 仕事と人生」
  •  山同 敦子さんの新刊「日本酒の人 仕事と人生」を読ませていただきました。表紙の帯には「今宵の一献が心に沁みる、熱き杜氏たちのドラマ」とあります。読み終えて、まさしくその通りだと実感しました。山同 敦子さんの著書はこれまでも読ませていただきましたが、その素晴らしさは臨場感にあると思います。山同さんの文章を通して、自分自身も取材先の蔵に訪れて、蔵の方とお話しさせていただいている、そう感じるほどです。 [続きを読む]
  • いただきました!! 「射美 GOLD & SILVER」
  •  私と愛妻の大好きな「射美」の『GOLD』と『SILVER』を「京・おばんざい素」でいただいてきました。『GOLD』は今期29BYで初めての種類で、『SILVER』は28BYからの2期目の種類です。28BYでは『SILVER』と『BLACK』の2種類がおそらく同時に出荷されたのですが、今回は『GOLD』と『SILVER』が同時にリリースされました。 それぞれのスペックは、『GOLD』は精米歩合40%の純米大吟醸で、『SILVER』は精米歩合は『GOLD』と同じ40%です [続きを読む]
  • いただきました!! 「花泉 純米無濾過生原酒 上げ桶直詰め」
  •  「ロ万(ロマン)」を醸す花泉酒造のお酒です。今まで「ロ万」は何種類かいただいたことがあるのですが、先日寄ったお店で見かけたので、購入しました。 同じ蔵でも銘柄が違うとガラリと趣が変わることは今までも何度か経験していますので、なるべく先入観念を持たないように(ムリかな?)味わいました。口に含むと「ロ万」の味わいとはまた異なる物を感じます。「口万」の特徴は「まろ味」、「柔らかさ」、「旨味」かと思 [続きを読む]
  • いただきました!! 「白老 甘口純米 幸せ囲い熟成酒」
  •  以前、澤田酒造に寄らせていただいた際に購入した物です。白老の中でもマニアック!なお酒で扱っているお店がかなり少ないと聞きました。 裏ラベルを見ると、なんと20BY!!口に含むと確かに古酒の味わいを感じるが、10年弱も熟成させたとは思えない。もちろんいい意味です。通常、これだけ熟成させるともっと老ね香と言うか何かしら癖が出てくるかと思うのですが、この「幸せ囲い」には、それほど強い癖が感じられません。 少 [続きを読む]
  • いただきました!! 「射美 特別純米(29BY)」
  •  先日、「京・おばんざい素」で「射美」の特別純米をいただきました。初めて射美をいただいたのがかれこれ5年ほど前になります。初めての「射美」がこの「特別純米」でした。その時、感じたフレーズがズバリ「旨い!」です。「美味しい」ではなく「旨い!」なんです。当時の「射美 特別純米」はまだまだ粗削りな要素が多く感じましたが、それらを凌駕する「旨さ」と「可能性」を感じました。 初めていただいた時に感じた「可 [続きを読む]
  • 行ってきました!! 「蓬莱泉を醸す関谷醸造 仕込体験」
  •  酒友からお誘いを受けて関谷醸造の吟醸工房に日本酒の仕込体験に参加してきました。吟醸工房で仕込体験をやっているのは以前から知っており興味があったので、即座に申し込ませて頂きました。「吟醸工房」に到着して、二階奥の会議室に行くと、そこには遠山さんが待ってくださっていました。この日体験する作業について説明を受けて、蔵の中に入りました。遠山さん曰く、全工程の百分の一ほどとのこと(^_^; 全体から見れ [続きを読む]
  • いただきました!! 「山形正宗 純米吟醸 酒未来」
  •  山形県の水戸部酒造の「山形正宗 純米吟醸 酒未来」をいただきました。 まず一口いただきます。おおっ! 旨みがいい! ふんわりと優しい感じがします。決して「俺が、俺が!!」という強烈にプッシュしてくるような旨みではありません。(※注 「俺が!俺が!!」タイプも結構好きだったりします(^_^;) ゆっくりと喉を通すと、薄めの紫色を感じます(個人的主観です)。紫色は強すぎると嫌味というか「あざとさ」を [続きを読む]
  • 行ってきました!! 「所酒造 蔵見学」
  •  「京・おばんざい素」の大将とその知人、私で「房島屋」を醸す「所酒造」に見学に行ってきました。「所酒造」の蔵見学には15年ほど前にも行ったことがあります。それ以来「房島屋」の一ファンとなっています(^_^) 揖斐川町のバス停を降りてしばらく歩くと蔵が見えてきました。本格的なな蔵見学は2度目ですが、蔵開きには何度も来ているので見慣れた風景です。この日は雪がチラホラ降っていました。 蔵に着き、所さんに [続きを読む]