裕スペード♠アセンション・バタフライ さん プロフィール

  •  
裕スペード♠アセンション・バタフライさん: 『魂の天性』が満開に咲き誇る世界♠
ハンドル名裕スペード♠アセンション・バタフライ さん
ブログタイトル『魂の天性』が満開に咲き誇る世界♠
ブログURLhttps://ameblo.jp/yutaka-spade/
サイト紹介文ひきこもり6年から世界一周したスピリチュアリストが贈る 魂を羅針盤に、魂軸で生きる秘訣
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/22 10:55

裕スペード♠アセンション・バタフライ さんのブログ記事

  • 欲しい物を買う=自愛じゃなかった
  • 一ヶ月くらい前に友達とのやりとりの中で自分のブログの過去記事のURLを貼りたくなり(その子について書いた記事だったので)久しぶりに自分のブログを読んでいてふと思った。 『いやぁ、去年の夏は香港で仕事してみたり1日でひゃくまんえんくらい売り上げたこともあるしぶいぶい稼いでたことを思うと“栄華からの転落”って感じよね〜』などと、少しばかり露悪気味に。 すると、直後にこんな声が湧いてきた。すぐ友達に言 [続きを読む]
  • 本当の個性は「圧倒的変態性」のことである。
  • おもしろい記事見つけたー 本当の個性は、「圧倒的変態性」のことである 僕らは一人ひとり、自分の内側に誰からも理解されない「圧倒的変態性」を抱えて生きています。常識というのは、この「圧倒的変態性」を覆い隠すためのベールです。 中略 しかし、本当の意味での個性というのは、そのようにすぐに言葉にして、誰かに理解されうるような次元にはありません。 本当の意味での「あなたの言葉」というのは、自分以外のあらゆる [続きを読む]
  • 勇気がある 傷もある ありのままでいく
  • たまたまたどり着いたホロスコープの記事MCはハイヤーセルフ 『ふむ私のMC山羊座だっけ?』 調べる↓ MC山羊座の人は、役に立ってこその人生 MCは、職業や社会的地位、キャリア、ハイアーセルフなどを表します。山羊座はまさにMCと似てる。いかに世の中の役に立つことができるのか?そういうことを常に目指していくのがMC山羊座です。その活動力たるや、パワーがすごい。不屈の精神力。 ただのほほんと生きてるのでは [続きを読む]
  • 帰ってきた俺様と、本音言えないぶりっ子。
  • 数日前の「だって私は天才だもん」に続いて 今日は「すべての出来事は俺様の玩具」って湧いてきた。 ・・・。お、お元気そうで何よりです 四柱推命の記事を書いたときに薄々気づきつつ、スルーしたのですが 私のオフィシャルな顔をあらわす主星が【食神】ならプライベートの顔をあらわす自星は【劫財】。 劫財ー帝旺の縦並びは【ジャイアンの星】とも称されるほど“我を通したい人”。 私の手元にある鑑定書には 【 [続きを読む]
  • 純白や黄金だけが『希望』の色じゃない
  • この記事書いたあと無性に、ワサワサしたんですよ で、そのあと書いた失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!の最後に、補足というかエクスキューズを書きたくなって。 それでももやもやもやもや・・・ わかった。私ね、『子どもたちに見せる希望の色は、純白や黄金一色でなければならない』と、思っていたようだ。 それは、子どもだった私が望んだこと見たかった色、とも言えるんだけど。両親を通して見た社会は「灰色 [続きを読む]
  • 失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!
  • 失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!1,296円Amazon失敗図鑑 すごい人ほどダメだった! 何か新しいことに挑戦しようとするとき、そこには、失敗はつきものです。わかっていても、できれば失敗したくない。だからついつい、安全なほうを選んだり、失敗したことを受け止めず言い訳をしてしまったり。そんな、何かと窮屈なこの時代、「失敗したって、いいじゃん! 」と朗らかに思える子どもが増えたら、もっとこの世は楽しくなる! そん [続きを読む]
  • 子どもへの最良の教育って
  • 大人たちが子どもに“してやれる”最良の教育ってさ『生きるって、こんなに楽しいよ?』って背中を見せてやることなんじゃないの?生き様で、語ってやることなんじゃないの?って私は思う。 お母さんがお父さんが周りの大人たちが“楽しそうに生きてる”って子どもにとって、なによりの『希望』だよ未来への希望。 私自身、ひきこもってる時は話を聞いて欲しかったし一緒に悩んでくれる人が欲しかったけどそれと同じくらい [続きを読む]
  • あられもない本音は、いつだって恥ずかしい。
  • 「疾病利得」という考え方がありますが私これ、何度か使ってきた自覚がありまして。 たとえば、オーストラリアにワーホリ行ったとき渡豪早々、仕事を2つ掛け持ちして馬車馬のように働いていたらぎっくり腰になり住み込みの仕事と、レストランの仕事と同時にクビになり、無職in海外が爆誕 キツい、しんどい、と感じつつ『一度やると言い出したことを途中で投げ出すなんて、ありえない』と自分に鞭打って働いていた私にとって [続きを読む]
  • 学校行かなくても、一生ひきこもってもいい。
  • 高校卒業した数か月後にピースボートに乗って世界一周し アジアのストリートチルドレンのサポート団体や南米のスラム街のNGOや戦争の爪痕が生々しく残るアフリカの独立したての国や識字率が60%程度の地域のNGOや 数十か国を訪れるなかで私の『常識』『価値観』『既成概念』はぶっ壊されていった。 登校拒否が問題になるのも万人に『教育』が受けられる環境があるからだしひきこもれるのも、自国が平和だからで戦争や内戦してれ [続きを読む]
  • ②20年前の少女をレスキューにむかう旅
  • 子どもたちに選択肢と希望を並べてみせるの記事を書き終わって 一緒に悩んであげればいい。一緒に探してあげればいい。一緒に考えてあげればいい。 と思っている自分を発見した。 つまり、「子どもをひとりにしない」ってことだよな、と。それって、「誰もひとりにさせない社会」ってことでもあるのかもな、と。 でも、その言葉をノートに書き留めたとき即座に、内からこんな声が湧いてきた。 一人にしたくせに。一人にし [続きを読む]
  • 『普通に生きられなくて、ごめんね。』
  • 「罪悪感」って手放し・昇華対象指定の感情筆頭ってイメージがあるのは私だけ? 「罪悪感」も、よくわからなかったんですよね。“最もすばらしいものの一部であるたましいに罪などないし”みたいな。罪など犯しようがないしそもそも罪など存在しないのだ、みたいな。まぁある視点からみれば「そうだね」なんだけど。 ただ、感情を抑圧するのをやめてみると「ごめんね。」って言いたかったんだって気づいた。ごめんね、って言 [続きを読む]
  • 『私』に色をぬってく遊び
  • 人生が「ぬり絵」に感じられる。 『私』に色をぬってく遊び。 私はここまで、「魂の方向」からひたすら、ぬりぬりしてきてここ1年くらい頻繁に感じていた『やりたいことが特にない』はぬるとこがない、で。同じところを上塗りするのも、性に合わず。 じゃあ、次はブランクページが多かった「感情」をぬるかと。「男の子の遊び方」は結構やったから「女の子の遊び方」を覚えようかと。「人間らしさ」「人間くささ」「人間生活 [続きを読む]
  • パリピで胎児で坊さんであの世で王で女王
  • 『人は、本当の自分を生きていないと病気になる』という考え方にはじめて触れたとき一瞬、カチンときました。 こちとら、魂に献身して生きてきたわと。私が生きてなくて誰が生きとるいうんじゃ、言うてみぃと。 でも、そこで意固地になることを選ぶかその可能性を検証することを選ぶかってなると、そりゃもちろん後者でしょと。ぬり絵が進みそうで楽しそうだし。 時系列は忘れちゃいましたが「既存の自分を根こそぎ疑って [続きを読む]
  • 畑で見つけた愛
  • 両親が野菜を作ってる畑に見学に行ったらちっちゃい立て札を発見。 小松菜とホウレン草の種をまいたらしい。 (アブラナ科)コマツナ という表記から漂う隠しきれない“学校の先生臭”よ そして、はじめて畑に興味をもった次女(私)に見せてやろうわかりやすいように説明してやろうと思って書いたのかしらと想像すると、あたたかい気持ちになり 『わぁー芽がでてるーー』と食物が育っていく過程に感激して思わず写真を撮る次女 [続きを読む]
  • 繊細、に限ったことではないけれど自分の陰の部分を「言い訳」にはしたくないなって思ってる自分は常にいてそれは「降参すること」と両立できるはずで。 はぁ…って頭から足の先まで繊細沼に浸りたくなるモードのときもあるしだって繊細なんだもん!!と開き直るときもあるしそのいずれも、私自身だけれども 繊細だから、じゃなくて繊細だけど、ってスタンスで人と、人生と接していきたいと思っている私も、内在している。 [続きを読む]
  • 20年前の少女をレスキューにむかう旅①
  • 子どもたちに選択肢と希望を並べてみせるからの派生物。 ? 男の人をはじめて好きになったのは20歳のとき。 きっかけは、バイト先の研修がつらくてつい数ヶ月前まで ひきこもっていた身にはキャパオーバーがキャリーオーバーで研修終わりにポロポロ泣いていたら 『大丈夫?』 って聞いてくれたこと。 『大丈夫じゃない!』と反射的に年上&先輩に向かってタメ口で返した私に『家まで送ろうか?』と車で送ってくれた。歩い [続きを読む]
  • 子どもたちに選択肢と希望を並べてみせる
  • 昼間、祖父母の家の縁側でわざわざ自宅から持参した“人をダメにするソファ”に座って思いをめぐらしていたらこの夏に読んだ本のことが浮かびました。 コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの1,404円Amazon はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児 Amazon コーヒーはぼくの杖発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの 発達障害で中学校に行けなくなってしまった岩野 響くん。しかし彼は家族とと [続きを読む]
  • 狂気じみた情熱と冷静のあいだ
  • 結局私は、『自己探求』が好きなのだと思う。 自分を知りたい自分を拡げたい自分を追及したい自分を掘り下げたい自分を満喫したい自分を堪能したい自分を遊び尽したい それが趣味、喜び、たましいの性感帯。 (吉本ばななさんのエッセイ読んでたら「たましい」と表記してらしてひらがな!いいな♪となり、まねっこ) だから、ここのところ「抑圧した感情を感じる」のも「ノワール・サイドと向き合う」も体のために、食に関する [続きを読む]
  • 星空が示してくれること
  • まりがけで田舎にきてますー? こども買いしたクマのお皿 祖父母邸感あふるる渋いカレンダーを発見 アミダさまに圏外なし頼 も し い???? 私の人生 わたしが生きる 母の腹を喰い破って誕生する迦羅羅虫のように常にわが古き体質を喰い破って生きたいと願う。 予想外にROCK。 ☆ 田舎にくると、星がきれいに見える。 闇が濃ければ濃いほどに星も、月も、花火も夜空によく映える。 人間も、同じだろうか [続きを読む]
  • だって私は天才だもん
  • 『だって私は天才だもん』 この感覚が内から湧きあがるのはいったい、いつ以来だろう。なつかしい。去年の夏ごろから沈んでいた私の中の太陽が、ようやく帰還する。そんな気配を感じた。 ? 「私は天才」「私はすばらしい」「私は唯一無二」「私はすごい」 これら感覚は、叶恭子さん風にいうと私の『ネイチャー』だと思う。吉本ばななさん風にいうと『たましい』から発せられる無垢なもの。 それらをありのままに外に出す [続きを読む]
  • ハンカチ
  • 人とつながるうえで『尊敬』って私にとって最重要かもしれない。 「私だったら、とてもできないなぁ。すごいなぁ。すばらしいなぁ」といった言動や要素に、尊敬の念を抱く。 それは、「あんなにもあられもない本音を伝えても受け入れてくれるなんて」という感動的な受容性の高さだったり あるいは、他者を即座に拒絶したりシャットアウトしたりすることなく“美しいところ”に焦点をあてて人と関われる懐の深さだったり 私 [続きを読む]
  • ワンピースと、青い鳥と、私の中の少年と。
  • 8月、体調が悪化した時期にamazon primeで「ワンピース」がリリースされていて軽い気持ちで見始めたら、ドハマり!まさか、私の中の少年を癒してくれるとは ストーリーは、海賊王になる!という壮大な野望を抱いた主人公が航海へと乗り出し仲間を集めるところからスタートするのですが吉田松陰の辞世の句が“スイッチ”だった私としてはもうなんか、3話に1回ペースで泣いた あぁ…私も、信頼できる個性的な仲間たちと歴史 [続きを読む]
  • 自分の凹に光を当てると、凸も際立っていく。
  • ここのところ、約1年ぶりの「はぁ…私って繊細祭り」を催しているけれどリバイバル公演だよ☆ナメクジ・モードに浸ってしばらくすると自分の内から、強い光が湧いてきて力がみなぎってくるような感覚を覚えるのです。たしか前回もそうだった。 『はぁ…もう何も目指したくない、目指さない。ぷかぷか浮くように、漂うように生きたい。』という凹の吐露に対して凸はこう言うわけです。 『わかった。そうしよう。仕事のために [続きを読む]
  • 『私』に色をぬってく遊び
  • この記事を書いたあとに思い浮かんだこと。 結局私は、『自己探求』が好きなのだと思う。 自分を知りたい自分を拡げたい自分を追及したい自分を掘り下げたい自分を満喫したい自分を堪能したい自分を遊び尽したい それが趣味、喜び、たましいの性感帯。 (吉本ばななさんのエッセイ読んでたら「たましい」と表記してらしてひらがな!いいな♪となり、まねっこ) だから、ここのところ「抑圧した感情を感じる」のも「私の中 [続きを読む]