hietori さん プロフィール

  •  
hietoriさん: 35歳からの女性の冷え性改善法 冷えの症状と悩み
ハンドル名hietori さん
ブログタイトル35歳からの女性の冷え性改善法 冷えの症状と悩み
ブログURLhttp://hietori.hatenablog.jp/
サイト紹介文手足の冷える末端冷え性やお腹・下半身などの冷えの原因と解消法についてまとめました。
自由文30代になると女性は体が冷えやすくなります。冷えとり対策することが大切。手足の冷える末端冷え性、下半身・お腹の冷えの原因と解消法についてまとめました。冷えは様々な病気や症状・悩みを引き起こします。冷えの改善に効果的な食べ物、飲み物、運動などについて解説。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/21 02:08

hietori さんのブログ記事

  • 冷え・血行不良による頭痛を改善するには
  • ずきずきと痛む頭痛はつらいですよね。現代の日本人は、3割以上の人が頭痛に悩んでいると言われています。特に女性は男性に比べて慢性的な頭痛に悩んでいる方が多いようです。頭痛には様々な種類がありますが、多くの女性が悩む頭痛の症状は以下の2つに当てはまります。・緊張型頭痛 頭のまわりを何かで締めつけられるような鈍い痛み。(よく「きつい帽子やヘルメットを被ったようなときの感覚」と表現されます)持続性が [続きを読む]
  • お腹が冷えるときの下痢と腹痛 原因と対処法
  • お腹の冷えによる下痢・腹痛の原因お腹が冷えるとお腹が痛くなったり、下痢になりやすいという方は多いと思います。お腹には、体にとって大切な臓器が集中しています。食べ物の吸収と排泄をつかさどる大腸もそのうちのひとつ。下痢は、大腸の機能が低下していることが原因で引き起こされる症状です。通常、私たちの口から入った食べ物は、胃や小腸で消化・吸収された後に、大腸へ送られます。その時の状態はドロドロした液 [続きを読む]
  • 冷えによる水太り ダイエットで食事制限しても痩せない理由
  • 冷えると水太りしやすくなる体が冷えて血行が悪くなってしまうと、水分の代謝がスムーズに行われなくなり、体内に余分な水分が溜まりやすくなります。そのため体が冷えると水太りしやすくなってしまいます。確かに過剰な水分を摂取すると、水太り・むくみの原因になりますが、だからといって、水分をむやみに控えるのは身体のために良くありません。必要な量の水分はきちんととり、体をしっかり温めて、血行を促し、代謝を良 [続きを読む]
  • 目の下のくまの原因は血行不良。冷えとりで改善!
  • 目の下にできるクマは年齢を重ねるとできやすくなります。目立ってしまうし、疲れたように見えたり、老けて見えてしまうから、気になりますよね (´_`。)今回の記事では、クマのできる原因と、冷えとの関係、解消法について取り上げたいと思います。目の下にクマのできる原因クマができる原因は、大別して3つに分かれます。● 茶色っぽいクマ紫外線や、摩擦による色素沈着が原因でできるもの。UVケアや、美白対策が [続きを読む]
  • 冷えと膝の痛み、膝が冷えると痛いわけ。冷えとり対処法
  • 膝の痛みの原因膝の痛みの要因は様々ですが、中年以降の人が多く感じる膝の痛みの原因は、膝の関節にある軟骨がすり減っていることによります。この軟骨は、膝の関節の骨と骨の間にあり、骨と骨とのつなぎ目のクッションのような役割を果たしています。この軟骨はとても滑らかでデリケート。日常生活の中で、座ったり、立ったり、歩いたり、しゃがんだりするごとに、膝に負担がかかっています。特に、歩いているときには膝 [続きを読む]
  • 肩こり、首こり、背中のこりの原因と冷え性 冷えとりで解消しよう
  • 肩こり、首こり、背中のこりの原因冷え性の方で、つらい肩こりにお悩みの方は多いと思います。よく肩がこるという人は、肩の筋肉だけでなく、首が張ったり、背中の筋肉もこっているのを感じるのではないでしょうか。首から肩、背中の肩甲骨にかけては僧帽筋(そうぼうきん)という三角形のかたちをした大きな筋肉があります。「肩がこる」と感じるのは、この筋肉が硬くなり血流が悪くなっているため。首から背中にかけての大き [続きを読む]
  • 冷えとりで便秘を解消する方法 便秘と冷え性の関係
  • 便秘の原因と冷え性との関係便秘はなぜ起きるのでしょうか?私たちが口にした食物は、胃や小腸で消化された後、水分の多い液状で大腸に送られます。大腸の働きをコントロールしているのは自律神経。大腸に食べ物が届くと、自律神経が指令を出して、ぜん動運動が始まります。このぜん動運動により、水分が吸収されながら固まっていき、便となって体外へ退出されます。しかし腸の機能が低下してしまうと、腸の機能が低下し [続きを読む]
  • 冷えとりでひどい生理痛を改善 足が冷えると痛みが悪化する
  • 生理痛には体質によって個人差がありますね。日常生活を送るのが困難になるほど、つらい痛みに悩まされている方もいらっしゃいまいます。生理痛はなぜ起こるのでしょうか。痛みのメカニズムは身体の冷えと深い関係があります。生理痛の起こる原因子宮の中では、排卵のときに、卵子をまもるために内側の膜が厚くなります。排卵期が終わると、この膜がはがれ落ちて、卵子とともに身体の外へ排出されますが、それが生理の経血です [続きを読む]
  • 冷え性の頻尿の改善法 原因はお腹・下半身・足の冷え
  • 冷え性の人が頻尿になりやすい原因冷え性で、頻尿(おしっこが近いこと)に悩む方も多いようです。もちろん体質による個人差もあるのですが、大体昼間起きている間に7回くらい、夜寝ている間に1回トイレに行って排尿するのが、正常の基準であるとされています。昼間に8回以上トイレに行かなければならなかったり、夜2回以上トイレに起きる場合は、頻尿の症状に該当します。頻尿の原因は、膀胱などの泌尿器官の病気が考え [続きを読む]
  • 足首の冷えとむくみの解消法 しびれや痛み・腫れの原因
  • 足首の冷えとむくみの原因 解消法は?足首がむくんでしまう原因とは何なのでしょうか。本来なら、心臓から送られてきた血液は足の毛細血管をめぐった後に、ふくらはぎの筋力によってまた心臓へと送り返されます。だからふくらはぎの筋力はとても重要な役目を果たしているわけですが、筋力が弱ってしまうと、血液がスムーズに心臓へと送り返されなくなります。血液の流れが足首で停滞してしまうと、水分や老廃物がうまく排出 [続きを読む]
  • 足首の冷えや不妊、生理痛に効くツボ
  • 足首の冷えに効くツボ東洋医学では、身体の中の「血」、「気」の流れを重視しています。血や気の流れる重要なポイントに当たるのがツボ。血や気の流れが停滞して体調不良に陥っているときに、ツボを刺激するとスムーズな流れを促進することができ、体調を回復する効果があるとされています。足首には「三陰交(さんいんこう)」というツボがあります。足首の内側、内くるぶしから指4本分上がったところ、骨と筋肉の境い目に当 [続きを読む]
  • 足首が冷えて痛いときの原因と改善法 痛みのある病気
  • 前回の記事で、足首の冷えの原因と解消法について取り上げました。足首に冷えだけでなく痛みを伴う場合は、冷え性だけが原因なのではなく、病気が隠れているかもしれません。足首が冷えて痛い原因痛みの原因として考えられるのは、足首の腱を痛めてしまっていること。足首の内くるぶしには、後頸骨筋腱という腱があります。よく、手を使いすぎると腱鞘炎になると言われますね。これは手の指にある腱を酷使しすぎて、炎症を起 [続きを読む]
  • 足首が冷える原因と解消法 冷たい足首の改善と対策
  • 足首の冷える原因 冷たい感覚はなぜ?冷え性の人は足首も冷えやすい部分に当たります。足首が冷えたり、身体の他の部分よりも冷たく感じる原因としては以下のことが考えられます。▲ 服装の隙間ができてしまうため足首には隙間ができやすいですよね。ロングパンツを履いていても、靴との間に隙間があいていると、肌が露出してしまうため、その部分から体温が逃げていってしまいます。▲ じかに冷気の影響を受けやすい [続きを読む]
  • つま先、足の指が冷えて痛い。痛みの原因は病気かも?
  • つま先・足の指が冷えて痛い。原因と対策は冷え性の人は、一年中足先が冷えているという人も多いと思います。特に寒い真冬の時期はとてもつらいですよね。つま先がジンジン冷えて、氷のように冷たくなり、痛みを感じることも。足の末端には特に血液のめぐりが悪くなりやすい場所。寒い冬には血液が身体の臓器に集中してしまいますので、なかなか足先まで血が行き届きにくくなってしまいます。身体を内側から、外側から、しっか [続きを読む]
  • つま先・足の指の冷え・しびれの原因 しびれを引き起こす病気
  • つま先・足の指の冷えとしびれの原因足先の冷えやすい冷え性の人は、つま先が冷えるあまり、しびれを感じることもあります。正座をした後は、よく足がしびれますよね。これは長い時間正座していたことで、足の知覚神経が圧迫されてしまうため起こります。体重が足に長時間乗せられるので、血管が圧迫されてしまい、血液の流れが悪くなります。そこで知覚神経の働きが低下して、ぴりぴりとした異常な電流が流れます。これが足の [続きを読む]
  • つま先・足の指の冷えの原因と改善・解消冷えとり法
  • つま先と足の指の冷えの原因寒い冬には足のつま先が氷のように冷たくなってしまう・・・夏の暑いときでも足の先だけは冷えている・・・足のつま先がいつも冷えている症状のことを、末端冷え性と呼びます。私たち人間の身体は、心臓を中心に上半身が温かく、下半身は体温が低い性質を持っています。特に足の指先は心臓から一番遠い部位に当たるため、体温も低くなりがち。さらに冷え性の人の場合、血液が身体にとって大切な [続きを読む]
  • 足の指のむくみの原因、解消法−冷え性の改善にも
  • 足の指のむくみの原因は?つま先の細い革靴を一日中履いていた後など、足の指がむくんでしまった経験はないでしょうか?特に足先が冷えてしまう末端冷え性の方は、足の指がむくみやすい傾向があります。足の指がむくんでしまう原因として考えられるものは・・・● 冷え末端冷え性の人は、身体の血行が悪いためにつま先まで十分に血液が行き渡らずに、冷えてしまっています。冷えると水分や老廃物の代謝がスムーズに行われ [続きを読む]
  • むくみの解消と冷え性改善に効くお茶
  • むくみの原因と冷え性むくみの原因は、体内の水分を排出する機能が落ちてしまうこと。冷え性の人がむくみやすいのは、内臓が冷えていることにより、腎臓の働きが低下してしまって、水分をスムーズに排出することができなくなってしまっているからです。そのために、余分な水分が体の中に溜まり、むくんでしまうのですね。特に、毛細血管のある顔、そして血行の悪くなりやすい下半身、足はむくみやすい部分に当たります。体が [続きを読む]
  • 寝る前の飲み物はむくみの原因で太る?おすすめは水 
  • 寝る前の飲み物はむくみやすい?太る?寝る前に飲み物を飲むと、体や顔がむくんでしまうのではないか、と心配で、寝る前に飲むのを敬遠する人も多いようです。しかし、人の体は、それぞれの体質によりますが、寝ている間に大体コップ一杯分くらいの汗をかくと言われています。そのため、寝る前の水分補給が足りないと、脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。体から水分が失われることで、血液の濃度が濃くなり、めぐりが [続きを読む]
  • 冷え性改善し体を温める飲み物 不妊・妊娠に効くのは?
  • 妊活中の方で、不妊に悩まれている方は、体をなるべく冷やさずに温めるようにすることをおすすめします。身体が冷えると、子宮や卵巣の機能が低下し、妊娠しにくくなったり、卵子が着床しにくくなったりしてしまうため、特にお腹や腰まわりは冷やさないように注意が必要です。体を温める飲み物 妊活中の方におすすめは◎ 白湯身体への刺激がなく、一番安心な飲み物はこれ。お湯を一度沸騰させてから、少し冷まして飲みます。 [続きを読む]
  • 体を温めるノンカフェインの飲み物とお茶 冷え性対策に!
  • カフェインの入った飲み物は体を冷やす眠気覚ましや、気分をしゃきっとさせたい時に効果のあるといわれるカフェイン。確かにカフェインを摂ると、目が覚めますが、これは交感神経が刺激されて、緊張するため。それより血管が収縮して身体の冷えの原因となってしまうのです。身体の冷え対策には、できればカフェインは摂りたくないもの。そこでノンカフェインで、体をしっかり温める効果のある飲み物をご紹介します。体を温める [続きを読む]
  • 体を温める飲み物 妊婦さんにおすすめのお茶
  • 妊婦さんにおすすめ・体を温める飲み物身体の冷え、特に子宮のある腰まわりの冷えには特に気をつけなければならない妊婦さん。そんな妊婦さんにおすすめのノンカフェインの飲み物・お茶をご紹介します。◎ 白湯どんな飲み物でも、体質やその時の体調によって刺激を感じてしまうこともありますので、一番安心なのは白湯です。または常温の水でもOK。◎ しょうが湯しょうが汁にお湯を加えて、はちみつや砂糖(きび砂糖や黒 [続きを読む]
  • 体を温める飲み物 ほうじ茶の冷え性改善効果・効能
  • ほうじ茶は冷えとりにおすすめのお茶日本の伝統的なお茶である、緑茶、煎茶、抹茶などは、カフェインを多く含むために血管を収縮させて血のめぐりを悪くしてしまう作用があるので、冷え性の方にはおすすめできません。しかし煎茶を焙じて作ったほうじ茶は、カフェインが抜けて量が少なくなるため、体を冷やしにくい飲み物になります。さらに、焙じるという過程で、緑茶に比べると苦み、渋みが抜けて少なくなるために、どなた [続きを読む]
  • 体を温める飲み物 ココアの冷え性改善効果と飲み方
  • 冬の寒い日にはホットココアがおいしく感じられますね。ココアには体を温め、冷え性を改善する効果があるとして、最近注目が高まっています。冷え性対策に!ココアの体を温める効果◎ココアに含まれるテオブロミンという成分が、血管を拡張させて、血行を良くしてくれます。そのため、手足の末端の血管にまで血液が行き届くようになり、冷え性を改善する効果があります。◎リラックス効果がある温かなココアを飲むと、緊張が [続きを読む]