サッカー大好きpapa さん プロフィール

  •  
サッカー大好きpapaさん: サッカー大好き親子の成長日記
ハンドル名サッカー大好きpapa さん
ブログタイトルサッカー大好き親子の成長日記
ブログURLhttp://junsoc.blog.jp/
サイト紹介文バルサに入団し、日本代表になる夢を持つ小学6年生の息子とその夢を助けるパパとの成長日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/09/22 15:05

サッカー大好きpapa さんのブログ記事

  • 勇気なき息子
  • あれだけ言われれば少しは意識する 本日のTRM。昨日とは違うポジションなので何とも言えませんが、前線からの守備もそれなりにやっていました。ただ、やはり体は逃げている。 意識すればボールへは寄れる。そりゃそうだ。寄れば良いだけなんだから、誰でもできる事。やるかやらないか。それだけの事。言われなくてもやれるまで、無意識にできるまで反復するしかない。 ただ、体が逃げているのは勇気が必要。 「勇気」 [続きを読む]
  • 目指すものはみんな自由
  • 例えば「トレセン」我が家も特に目指したこともありませんし、今は呼ばれる雰囲気も微塵もありません。ただ世の中には目指す人もいるのでしょうし、我が家だって呼ばれれば行きます。ただこの「トレセン」どこでも叩かれてますよね。呼ばれない人のひがみとばかりも言えないのでしょう。育成になっていないだとかひいきされてるとか、同じチームからたくさん入っているとか・・・トレセン制度に疑問を抱くのは良いと思います。ただ [続きを読む]
  • スタートラインに立て!
  • どうでも良い話は置いといて・・・本業の話を。昨日のTRMうーん。ボールが収まれば、まずまずのプレーだったが・・・ まったく気持ちが入っていませんでした。いつもと違うポジションでのプレーでしたが、運動量やボールへの寄せ、声、どれをとっても最悪。なんと言っても戦う姿勢。他人任せのプレーがここにきて再発。 プレー以前の話が多く、そこを変える事がどうしてもできません。 今日はこれまた強い相手との試 [続きを読む]
  • 自分だけの常識で生きることの愚かさ
  • まあ、こんな記事書かなくてもいいんだけど、戒めもかねて。世の中ありますよね。自分の意見と違う事、自分が知らない世界があるという事、常識だと思っている事が違う事こんなこと生きていればたくさんある。部活中に水を飲むのは根性がない。うさぎ跳びは体を鍛えられる。インサイドは90度に開いて蹴る。トラップをするときはボールが当たるときに足を引く。脛あてするのは弱いやつ。知らないことは知ろうとしないまま否定する。 [続きを読む]
  • 最低のパフォーマンスを叩き出す極意
  • あっさり中央大会で散った息子。最後の試合で最低のパフォーマンス。なぜか・・・ 全少の写真が売られているのですが息子の写真を見ると、もう鬼の形相でボールを追い、相手と競り合い、必死にプレーしているのがわかる。ママはその写真に感動。 もちろん、その気持ちはわかる。 立派だと思うし頑張っているのはいいことだし多少は私だって感動はする。 でも当た [続きを読む]
  • 夢から目標へ変わるジュニアユース年代へ
  • セレクションを受けてジュニアユースに入るということはどういう事なのか? 息子は考える必要があるだろう。 そもそも近所(歩いて行ける)にクラブチームもあるし、部活だってある。純粋にサッカーを楽しむ場はいくらでもあるのだ。グチグチ言われたくなければそうすれば良い。 でも息子はセレクションのある他県の強豪チームを選んだ。かなり背伸びしてしまった。 スタメンはおろか、ベンチ入りできる保証すらない。B [続きを読む]
  • サッカー以外で気をつけていること
  • 前にコメントいただいた方で、サッカーの練習以外で何をしているかって聞かれたことがあるので、今日はその話。 色々あると思います。考えさせる事って大事ですよね。今の子は将棋のやり方を知らないようです。こういうのって大事かもしれませんよね。まあ、あとは、自分でやらせる(練習、試合の準備とか)、意見を尊重する(着ていく服とか、はいている靴とか)、コミュニケーション取る(自分から話しかける。挨拶をするとか [続きを読む]
  • 意識ができたか?
  • 週末のTRMドリブルで特攻隊長を演じる我が家の主役。特攻隊にならないように「相手も動く」ことを意識(ヨミっていうと突っ込まれるので)してプレーすることだけでも改善してほしかったのですが・・・まあ、まずまずですかね。意識をしたタッチを「意識」はしたようです。相変わらず突破を試みるが抜けず。というシーンは多かったですが、ロスト率は40%ぐらいになりました。前回が90%ですからまずまずですかね。日々のトレ [続きを読む]
  • だから「どっちもどっち」だって
  • 親のかかわり方なんて、どうでもいい。結果がでれば。放っておく家庭があってもいい。自主性に任せても良いでしょうし、チームに任せても良いでしょう。それで結果が出なくても仕方がない。と思われているのであれば。もしくは結果なんて求めてなければ。ただ1つだけ、指導者やチームのせいにするのはやめましょう。しっかり教えていないから。パパコーチだから。Bチームは試合に出さないから。なんだかんだと他人のせいにする。 [続きを読む]
  • 私たちはいつもニコニコ現金払いの親子です
  • 今週はあまりサッカーについて話はしませんでした。朝練も1回やっただけ。その時に話したことを記事にしたら結構突っ込まれました。ドリブル開始時の最初のタッチで相手がいるという事をもう少し意識してほしいという記事だったのですが、色々アドバイスをいただきました。ありがとうございます。そんな中、サッカーやったことありますか?という質問ありましたので、回答しますと、「あります」わざわざブログに私のサッカー経験 [続きを読む]
  • 迷宮に踏み込む時が来た
  • 幾ら何でもここまで定着しないのには何かしら理由があるだろう。 ドリブルで昔ほど抜けなくなってだいぶたちます。 それだけではないのですが、とにかく何かしら致命的なモノがそこにはあるはず。 色々質問し、ボールを使って状況を整理し、この時どう考えていたか。どうするのが正解なのか?色々紐解いています。 一つ致命的な問題が見つかりました。相手の動きを予測していない。もっというと相手が止まっている前提 [続きを読む]
  • 根本を改善するためにこれからする事
  • Jセレクション、ジュニアユースセレクション、全少と「ビビリ野郎全開」の息子。 もっとチャレンジして欲しい。それだけなのに、それが出来なくなる。 自分の集大成の試合でゴール前に行けない。自分に任せろ!なんて雰囲気全然なし。相手の圧に完全にビビってしまってる。 これが一番残念。いつも。 さらにプレーが軽い・・・というか、改善が全くされてない。 フィジカルでくる相手にそんなにボールを離していた [続きを読む]
  • あっさり終了
  • 全少中央大会。あっさり終わりました。フィジカルでぐいぐい来られるチームにはめっぽう弱いなー。息子もそんなチームは苦手であり、例のごとくなんもできずに終了しました。プレーにまったく余裕がなく、いつも通りのボールロスト率90%まあ、負けるべくして負けたといったところでしょう。気持も弱さもやはりでてます。書いていても落ち込むばかりなので、この辺でやめときます。ここまで何もできないと、さすがの本人もへこむ [続きを読む]
  • 親バカ的【育成論-4】
  • 当初Bチームの子がAチームに上がって活躍する。 これっていい育成をされているからだと思う方は多いと思います。確かに一理あると思います。でも逆も起こっています。AチームだったのにBチームになってしまった子。この子の親から見たら育成失敗です。 Bチームの子の中には遅咲きの子もいるはずです。 元々Aの子が早熟なだけ、フィジカルで優位だっただけということもあります。 目に見える結果だけでは育成の良し悪し [続きを読む]
  • こんな状態でも最後の大会は始まる
  • 昨日のスクール練習。さすがに怒ればそれなりにやるのね。って感じでした。「今日ぐらい、いつもやれよ」とさりげなく言ったりします。これが褒め言葉。いつもこんな感じです。本当にダメな時は怒り、良いときはそれなりに・・・言われなくてもちゃんとやってくれよ。そろそろ・・・そんな状況でも、いよいよ全少中央大会です。一応全国を目指しているのですから、それなりに気合をいれて頑張ってほしいです。ドリブルの改善はまだ [続きを読む]
  • 久々にブチ切れ。もうやめれば・・・
  • 育成論どころではない・・・息子の不甲斐なさにイライラする。少し環境が変わると遠慮したプレーになる息子にブチ切れ。・声が全くでない・ボールを要求するような動きをできない・周りのメンバーとコミュニケーションとらないそんなんでジュニアユース一部でサッカーができるか!!だから、それなら行くなって・・・ やめろやめろ最近の生活のリズムもだらけてる。疲れているときはトレーニングやサッカーノートを放棄してブチ寝 [続きを読む]
  • 親バカ的【育成論-3】
  • 間違えてアップしてしまいましたので、慌てて書きます。 育成=ネガティブになっている現代。 理由は二つ ・レギュラーになれない親御さんの気持ちのやり場になっている ・指導者の勝てない言い訳になっている レギュラーになれない親御さんの気持ちのやり場は紹介しました。 指導者の勝てない言い訳になっている件について 育成途中だから負けても良い。ウンウン。なるほど。ってなりませんよね。 実はこ [続きを読む]
  • 親バカ的【育成論-2】
  • 育成が上手なチームを選びたい・・・私にはちょっと理解不能です。「育成」って言葉自体がしっくりこないというのもあるのかも知れません。育成って何?これが良くわからないので、育成が上手って・・・一体何を期待していて、何が満たされた状態なのでしょうか?前回の記事にもある通り、一番多いのは、結局自分の子供がスタメンでプレーできる事ここしか期待していないのではないでしょうか?育成について文句を言っている人の大 [続きを読む]
  • 親バカ的【育成論-1】
  • 育成に対する考え方なんて人それぞれだと思いますが、気になるのが試合に出られないから育成されていないと言う考え方。確かにTRMまでスタメン以外一切試合に出らないというのは異常事態ですが・・・ じゃあしっかり育成が行われている。と感じるチームはどんなチームですか? 育成とはみんな平等に試合に出られる事でしょうか?と、問われたらどうでしょうか? それは違いますよね。 [続きを読む]
  • ジュニアユース選びで大事な事って何だろう
  • ジュニアユースでお世話になるチームですが、まだセレクションが終わっていません。どんな選手が入ってくるのか、気になって仕方がありません。ジュニアチームもあるのですが、毎年ほとんど昇格しません。これもすごいな・・・と思います。例年ですと、ジュニアユースに昇格できなかったJクラブの選手なども多いので、FWのポジションもかなり激戦なんだろうなー。と思います。練習会へ参加したり、試合を見に行ったり、うわさを聞 [続きを読む]
  • 基本をやり直すしかない
  • どうやら基本がまだまだなっていないという事だろう・・・動きの中で基本プレーをもっとスムーズにできないと、この先上に上がれない・・・次のプレーを意識して、置くべき位置にボールを置く。敵がいれば取られない位置も意識する。動きを止めずにスムーズに。これが一番大事なんだけど、中々できないようだ。いちいち動きが止まる。体も止まる。ボールだけ動く。残念だけど、これができないと合格点は上げられない。顔を上げて姿 [続きを読む]
  • いつか「終わっていいよ」という日がやってくる
  • まだ幼さが抜けきらないへぼ息子。ジュニアユースチームも早々に決まってしまい、少しまったり感が出てしまっている気がします。今日は久々に雨でオフになったので、先日のボコられたTRMのビデオを二人でみました。久々に大差でやられてしまった息子チーム。ずば抜けた子がいるチームだったらやりようはありますが、全員がしっかりしているチームに勝つのは至難の業。かるーくひねられました。もちろん息子も活躍できるわけなく・ [続きを読む]
  • 常に一歩遅いんだよ
  • 相手への寄せを一歩早く。いつも言っていることが中々できません。ボールを奪いに行っても、パスカットに行っても、シュートブロックに行っても、なんでもかんでも常にギリギリでボールに触れない姿ばかり。そこまで行っていれば、絶対に触れるはずなのに触れないのは、それなりに理由があるはずです。理由は単純なんです。予測して一歩先に動く。ルーズボールの時に寄せるスピードを上げる。足で行かず体でブロックする意識で体を [続きを読む]
  • 雨は続くが・・・
  • 我が息子のチームは人工芝の練習場に恵まれている基本、雨が降っても練習もTRMも行われます。去年までは泥だらけのグラウンドだったので、雨は基本的に中止。だいぶ差が出ますよね。この環境の違いって・・・雨が降ったら練習は中止。これはこれで体調面とかを考えると良いのだとは思うが、ここまで雨ばかり降っていると、全く練習ができませんよね。そう考えるとグラウンドに関してはかなり恩恵を受けてるなーと感じます。早く、 [続きを読む]
  • シュートが打てなきゃ試合には勝てない
  • 一応、チームでは「点取り屋」として活躍する息子点を取れば勝てるし、点を取れなきゃ苦戦する。それが点取り屋の宿命。点を取っても目立つが、点を取れなくても目立つ。点を取れなくなるパターンとして・マンツーマンでレベルの高いディフェンダーに付かれる・防戦一方の試合・シュートが少ないあたりが思い当たりますが、「シュートが少ない」これは改善の余地があります。主に疲れてしまったときなどがこれに該当するのですが、 [続きを読む]