kojotaro さん プロフィール

  •  
kojotaroさん: ** ねじねじ **
ハンドル名kojotaro さん
ブログタイトル** ねじねじ **
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/m-dump
サイト紹介文自作小説メインに不定期一括更新方式。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/22 15:54

kojotaro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夢に見た話 3月6日午睡
  •  玄関が開いて重たい靴の音。耳に恋しい声がする。よそ行きの、外面の、けれども確かにあのひとの。「わざわざここに帰らなくても」「明日も仕事がありますから」 笑って答えるその言葉。廊下を伝って優しく私を包み込む。私は堪らず駆け出した。音を立てて戸を開けて狭い廊下へ飛び出した。 背中。「では」「どうも」 玄関が閉められる。明かりが途絶えて薄暗くなる。 そこにあなたのいないのを見て私はこれが現実と知る。  [続きを読む]
  • miss
  • 昨日と同じメロディーを食い繋いでまたひとつ生き延びた泣きたい夜に君のことを思い出すってことにまた泣けてくる途切れた虹が繋がって未来はまだどこかにあるらしい道の途中で君を呼んだら優しく笑ってくれるんだろう許せないもどかしさを抱えるのが僕だけだっていうんなら唇に優しさを乗せないで穏やかな夢は終わりを知るのだと振り向かないで振り向かないで僕の心はため息のように消えてしまいそうだ [続きを読む]
  • スキマ
  • 隙間透かした胸の奥から溢れた君の光いつか誰かがそれを優しさと呼んで君に恋をしたそれは憧れのように手を伸ばしては諦める君に似合う寂しさの本当の意味を知って何もかもを失くした朝壊れたものの最後の形はもう、わからなくなった作り始めた夢の形はまだ見えないまんまスキマだらけの胸の奥からこぼれた君の消えない光いつか誰かがそれを強さと呼んですがりつく崩れそうな君に [続きを読む]
  • 微かな光 22
  •  その日、深夜の少し前、臨時部隊は一斉に、銃を構え、突入作戦を実行した。三か所のアジトと、十三か所の個人宅から、建物内にいた二十余名を捕縛し、十人を射殺した。突然ドアを蹴破った二名の憲兵から逃れようとしたジェフリーが、三階の窓から落ちて死んだ。 ドン・カークスはいなかった。 コウの姿も、夢のように消えた。 [続きを読む]
  • 微かな光 21
  •  約束の時間は過ぎた。ヨウは懐中時計を閉じた。時間を確かめるたびに、胸の鼓動が逸るのだった。きっと何か、手間取っているんだろう。荷物を運んでくるわけじゃない。弟を信じるのだ。 信じるのだ。 信じるのだ。 信じなければ。「茶番だ」 と憲兵大佐が言った。彼の隣には次期特務部隊長の内定している憲兵中佐が立って中尉を黙って見下ろしていた。「騙されているんだよ、あんたは。いい加減わかったろう、己の無能を。あ [続きを読む]
  • 微かな光 20
  •  そっと、ドアを開けると、ドンが静かに振り返って、「帰ったか」と言った。 コウは、言葉少なにドンを誘って、また外へ出た。ドンは黙ってついてきた。家の中では、ドンの旧来の仲間らが何人か集まって、ときおり、怒号のような声で言い合っている。「仕事が近い」とドンは言った。お前も来ないか、とは言わなかった。「あんた、いい加減やめたら。もう年寄りなんだから」「へっ。とっとと死ねってことかい」 コウは振り返って [続きを読む]
  • 微かな光 19
  •  養父が死んだ。 国葬とは、なんと盛大なものだろう。コウのあの嘘の葬式もかなり大々的で立派なものだったが、あんなものの比ではない。全ての工程が終わるまでに二日かかった。商店は全部休業し、地方からも参列者が集まって、道を埋め尽くした。己の養父、国家憲兵隊最高司令官たるルラック憲兵中将の偉大さ。そのひとが自分ごときを、息子だと言って、一心に愛してくれていたことが、今はとても、惨めなことのようにすら思え [続きを読む]
  • 微かな光 18
  •  星の多い夜だ。 四人は計画の通り、敷地に忍び込んだ。庭の木から庇へ渡り、二階の窓を外して……全てが順調だ。下調べは入念にされていて、確実だった。それほどに大きなヤマであると言える。それを、ドンの手を借りず、自分らだけでやってしまおうというのだ。大それたことをしている。コウは不安を拭えないままでいる。 ジェフリーは袋を広げながら、隣室への扉に耳を寄せた。そこは主寝室だ。主の、鼾混じりの寝息を聞いて [続きを読む]
  • 微かな光 17
  • ヨウが訪れると、衛兵は敬礼をして彼を通らせた。通路には窓からくっきりと陽が差し込んでいた。陽光は熱を帯びていた。じりつく頬に纏いつく空気は相反して冷たかった。 扉の前にも衛兵がひとり立っている。反射的な敬礼にヨウは丁寧に答礼した。衛兵は目元やほうれい線がはっきりした皺になって壮年の風貌である。ヨウの眼を見ようとしない。ヨウは彼を、通路の向こうへと下がらせる。「失礼致します。ヨウ・ルラック中尉です [続きを読む]
  • 過去の記事 …