labeille さん プロフィール

  •  
labeilleさん: 「ラベイユ」ピアノ・エレクトーン教室 仙台市太白区
ハンドル名labeille さん
ブログタイトル「ラベイユ」ピアノ・エレクトーン教室 仙台市太白区
ブログURLhttp://takagimusic.info/
サイト紹介文ピアノ・エレクトーンの個人教室です。レッスンの事や音楽こぼれ話を織り交ぜて音楽情報を提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/09/22 22:42

labeille さんのブログ記事

  • 中高年の継続は素晴らしい
  • 大人クラスでは来月行われる「秋の集い」に向けて猛練習が始まりました。その前にレッスン参加40回クリアのKさんにプレゼント贈呈。Kさんは教室立ち上げのころから続けていらっしゃる優等生⁉何事も継続するということはなかなか出来そうで出来ないものです中高年になると健康を損なったり、またご家族の介護などご本人の意志ではままならぬことがほとんど。そんな状況の中で継続されていることは本当に表彰に値します。これ [続きを読む]
  • モチベーションを維持するには
  • 今日は、中秋の名月ですね。お芋やお団子を頬張りながらお月見を楽しまれましたか?レッスンの合間にお月様を探しましたが仙台では、雲の合間からボンヤリとお月さまが顔を覗かせてました諸事情あって半月ぶりのAちゃん。レッスンがないと ついつい練習もおざなりにん〜〜、その気持ち分からなくもないです・・・が、ピアノは短期間で習得できるものではありません。地道にコツコツしかないのです久しぶりのレッスンで少しスイッ [続きを読む]
  • ゴーゴーピアノ1修了♪
  • 小さなお子さまの場合、一人一人の個性や進み具合に応じて教材も変えています。ゴーゴーピアノは、ピアノ導入前のお子さまにピッタリ1曲1曲についている歌詞が歌いやすくて馴染みやすいようです。そして、音域が限られているのでいつの間にか音符も覚えてしまいます。先ずは、導入期に歌うことから自然に鍵盤を弾くことができますね。この調子で次のテキストに進みましょう================Line@にご登録頂くとキ [続きを読む]
  • ようこそ、小2新しいお友達♪
  • 先月に引き続き今日から新しいお友達がご入会ヨロシクですちょっぴり控えめなHちゃん(小2)です。グループレッスンへの中途入会なので最初は戸惑いことも多いと思います。特に、私=先生が抜けているので説明不足なところが・・・ごめんなさい。そんな至らぬ先生をHちゃん、そ〜っと私の所に寄ってきて「ここはどうするんですか?」とこそっと質問。シャイな中にもしっかりと押さえるところは押さえています流石グループレッスン [続きを読む]
  • リズム本vol.5最終章突入!?
  • このところリズム練習にノリノリMちゃんです。新曲に取り組んでてレッスン時間切れ、、、と、慌てて「今日はリズム練習カットしようか?」私の提案にきっぱり首を横にノンノンいよいよリズム本最後vol.5。気合い充分。この調子で頑張りましょ!================Line@にご登録頂くとキャンペーンのお知らせなどお得情報をお届けします。ラベイユ音楽教室のホームページです。教室案内、講師紹介、レッスン料 [続きを読む]
  • コンサートを聴くときのマナー
  • 昨日から始まった「せんくら2017」今日は山下洋輔ソロコンサートを聴きに行きました。お久し振りの山下洋輔ジャズスタンダードナンバーを中心とした内容でした、、が小さなお子さま連れ親子がちらほら。じっと静かに聴くことができるお子さんもいらっしゃいます。ただ中には・・・演奏が始まる前から落ち着かない坊やん〜〜大丈夫でしょうか??このプログラムを楽しむには2〜3歳児には難しいのでは??(因みに、せん [続きを読む]
  • 秋祭り発表会の準備
  • 急に秋めいて肌寒さすら感じる仙台です。10月、11月は秋のイベントが目白押し。中高年のグループクラス生徒さんもイベント参加に向けて準備が始まりました。先ずは、演奏曲の選曲です。皆さんのリクエストを伺いながらあれよあれよという間に内容決定この急ピッチな流れに新人生徒さん達オロオロ「私たちも参加するんですか??」もちろんです最初は不安げな様子の新人さん方・・・「もし弾けない時は、私がサポートしますので大 [続きを読む]
  • 新しいお友達です。よろしく!
  • 今月から新しいお友達が教室に加わりました。兄妹参加で元気いっぱいピアノを弾く時は真剣な眼差しです。生ピアノはなかなか重い鍵盤で慣れるのには時間がかかります。聴く力がぐ〜んと伸びるゴールデンエイジ期にはいろんな体験をすることが大切です。興味を持ったことには積極的に貪欲にチャレンジしてみましょう!スポンジが水を吸収するように身に付いていきます。自分で演奏してる音を集中して聴くことが一番耳を育てます。 [続きを読む]
  • 乳幼児のママもストレッチでリラックス
  • 本日は、児童館でボランティアでした。今日のテーマは、「タオルを使って親子でリズム遊び」いないいないばあ〜引っ張りっこ〜ころころボール〜ゆらゆらブランコ〜じゅうたんに乗ってお散歩・・・と音楽に合わせて赤ちゃん達は大満足、一方のお母さんはハードワーク?!タオル遊びの最後は・・・お疲れお母さんのためにタオルを使ってストレッチ満ち足りたお子さんの横でお母さん達は身体をゆっくり伸び伸び〜ほんと気持ち良さそう [続きを読む]
  • 中高年も初見で弾き語り!
  • 中高年のピアノレッスンで大切なこと・・・ご自身の身体をメンテナンスすることです。年齢と共にあちらこちらに支障をきたすお年頃です。ついつい練習のしすぎで腱鞘炎、重い肩こり等々レッスンもままならないケースもあるようです。くれぐれもご無理をなされませぬようお忙しい日々で練習時間を確保できないままレッスン日を迎えることもあります。そんな時は楽しく歌いながら弾くことでストレス解消童謡や演歌など日頃から口 [続きを読む]
  • 体験レッスンご参加ありがとうございます。
  • 昨日は、元気いっぱいキッズクラスでした。今、クラスでは一人一人の進度に合わせて右手、左手、そして両手奏に進みコード付けをしながら、、、さらには移調奏に取り組んでいます。みんな進度はまちまちなのですが、途中入会オッケー先月に引き続き、小2お友達が体験レッスンに参加下さいました。最初は、とてもシャイでキッズクラスのパワフルな熱気に押され気味でしたが終わる頃にはすっかり打ち解けて最後のお別れの言葉は [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その7
  • ショパンと関わる女性、最後に登場するのは作家ジョルジュ・サンドです。最後は破局してしまいますが、サンドがショパンに献身的に尽くした時期に、多くの傑作を生み出しています。バラード第4番 ルービンシュタインポーランド出身ピアニストなだけにショパン弾きの元祖??================Line@にご登録頂くとキャンペーンのお知らせなどお得情報をお届けします。ラベイユ音楽教室のホームページです。教 [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その6
  • 続いてショパンを取り巻く女性紹介は幼なじみとの失恋です。ポーランド時代から家族ぐるみで親しくしていた娘マリア・ヴォジンスカ。保養地ドレスデンで彼女にワルツ変イ長調 作品69-1 別れのワルツをプレゼントしますが、、、貴族との壁?が障害となり??破局ショパン25歳の頃の作品です。================Line@にご登録頂くとキャンペーンのお知らせなどお得情報をお届けします。ラベイユ音楽教 [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その5
  • ショパンを取り巻く女性と曲をご紹介。前回は初恋の人でしたが、今日はワルシャワを離れた頃に知りあったといわれるデルフィナ・ポトツカ夫人。社交界で名を馳せていた歌手デルフィナとの交流(お友だち?恋人?)は生涯続いたそうで、危篤状態のショパンの要望に応え枕元で歌ったんだとか。彼女にはワルツ変ニ長調 作品64-1「小犬のワルツ」を捧げています。幼い頃の牛田智大くんの演奏でどうぞ追記ロマン派の作曲家ショパンです [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その4
  • 前回はピアノ協奏曲をご紹介しました。このピアノ協奏曲ヘ短調の2楽章は、ショパンが初恋の彼女への想いを込めて作曲したと手紙で友人に告白しています。ポーランドの風景と詳しい解説付きで鑑賞するに最適な動画です。================Line@にご登録頂くとキャンペーンのお知らせなどお得情報をお届けします。ラベイユ音楽教室のホームページです。教室案内、講師紹介、レッスン料金 ========= [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その3
  • ワルシャワで天才ぶりを発揮し作曲や演奏活動を行い前途洋々たるショパン。17歳の時に妹を結核で亡くします。そして引っ越したアパート。現在は、ワルシャワ大学前にあるチャプスキ宮殿当時のアパートを3D再現するアプリで見るとこんな感じ、、当時この屋根裏部屋でピアノ協奏曲が生まれたんだとか。ご想像あれ。ピアノ協奏曲20歳のショパンが世界に羽ばたこうと夢見て作曲した姿を想像するだけで聴き方が変わってくると思 [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その2
  • ショパン紹介2日目です前回はショパンの一生を簡単にまとめました。ワルシャワで幼年期を過ごしたショパン。ピアノは3歳上のお姉さんルドヴィカから教えてもらったのが始まりだとか。めきめき才覚を現し7歳の時にはポロネーズを作曲。7歳と言えば、まだ小学1年生??そんな幼子が作った曲、、興味津々ですよね。先ずは鑑賞してみましょう。ポロネーズ第11番ト短調(遺作)幼年期をショパンはワルシャワで過ごしています。そ [続きを読む]
  • ショパンに親しむ その1
  • ピアノやエレクトーンを演奏する時、作曲家の歴史、背景について知ることで曲への想いが深まり表現力の幅が広がります。今日からシリーズでショパンをご紹介します1日目は、概略です。フレデリック・ショパン父 フランス人、母 ポーランド人1810.2.22生、3.1生〜1849.10.17没1810 ポーランドに生まれる。誕生日について諸説有り1817(7歳) ポロネーズを作曲。翌年演奏会デビュー。1826(16歳) ワルシャワ音楽院に入学1829(19歳) [続きを読む]
  • 基準はどこにあるのが良い?
  • 大人生徒さんは、皆さんとても真面目に音楽に取り組んでいらっしゃいます。その真摯に楽器に向き合う姿には本当に溜飲の下がる思いです。先日のレッスンで細やかな丁寧な演奏を終えたHさん。心のこもった演奏に思わず拍手「合格」と一声上げたところ、、、ご不満な様子、、、一体どこが??「今の演奏に点数をつけるとしたら何点でしょう?」「70点ぐらい??」まぁずいぶん辛い評価「一つ一つのフレーズを美しく丁寧に演奏でき [続きを読む]
  • 付点リズムを丁寧に弾こう
  • まだベースにやっと足がとどくかどうかのK君です。只今、「付点4分音符のメロディーを丁寧に弾く」を課題に練習中です。なかなか拍をしっかり数え切れない辛抱が足りませんっと油断すると今度は前のめりになっちゃいました。今日は右手だけでメロディーを弾くことに集中です。どんな課題をクリアするか、目的がはっきりすると1回1回の演奏が丁寧になりますね。この調子で頑張ろう!================Line@にご登 [続きを読む]
  • 和室で大人レッスン
  • 大人グループレッスンではいつものお部屋を利用できず、、、本日は、市民センターをお借りして大広間(和室)でのレッスンとなりました。なかなか時代を感じる趣・・・中高年にとって和室⇒正座はお膝にヨロシク有りませんねテーブルと椅子を借りてできるだけ負担を軽く軽くMさんが手作り座布団まで準備下さいました。チョークを使って黒板でお勉強タイムなんとも懐かしい〜たまに会場が変わると気分転換になりますね。歌を中心に [続きを読む]
  • ご入会ありがとうございます。
  • 先月末に体験レッスンを受講された小2のDくんの初レッスンでした。放課後の活動でピアニカを演奏しているそうです。週末にはピアノコンクールを見学に行ってとてもピアノに興味津々で即、行動できる熱心なご家族です。今日は、ピアノ鍵盤体験を行いました。ピアニカとピアノは鍵盤が似ているようでかなり違います。グランドピアノの鍵盤を体感してどんな音がでるのか肌で感じてもらえたかな?妹のKちゃんもすっかりピアノに魅了さ [続きを読む]
  • コーチングセミナーからの学び
  • 日・月曜の2日間は東京からコーチ松本美和先生をお呼びして仙台で初コーチングセミナーを開催していただきました。(正確には日曜は仙台観光でしたが・・・)美和先生、この場をお借りして本当にありがとうございました。日曜は、初めて生(なま)の松本先生と改札口でご対面〜美和先生のテンションの高さにおしとやかな仙台お出迎え隊ちょっくらたじろいでしまいましたが美和先生のスピード感溢れるテンポで怒濤のごとく観光ス [続きを読む]
  • 新しいお友達です、ヨロシク!
  • 今月からキッズクラスに新しいお友達がお仲間入りしましたグループレッスンに途中から入るのはちょっぴり勇気が要りますねそこはお友達のTちゃんが上手くリードしてくれました。ありがとね見守るお母さん達・・・意外にご近所だったことが判明して外野で大盛り上がり自己紹介の後レッスンが進んでいくうちにすっかり打ち解けてましたね。グループレッスンで進度がまちまちでも大丈夫です。一人一人のペースで進んでいきま [続きを読む]
  • 新しいことを始めましょう
  • 西洋など主な国々では9月から新学期が始まります。日本では桜の咲く4月ですけどねそんな心機一転な9月に新しいことを始めてみませんか?ラベイユ音楽教室ではキッズクラスに新しいお友達が9月からご入会また、ご家族の病気看護のためレッスンをお休みされていたSさんからカムバック連絡!ご退院おめでとうございます!またカルチャー大人生徒さん生ピアノでレッスン受けたいと遠方にもかかわらず教室レッスンにいらっし [続きを読む]