磯野はまぐり さん プロフィール

  •  
磯野はまぐりさん: 占い中毒にご用心 〜算命学と人生を考える〜
ハンドル名磯野はまぐり さん
ブログタイトル占い中毒にご用心 〜算命学と人生を考える〜
ブログURLhttp://pastaking.blog.fc2.com/
サイト紹介文算命学の上手な使い方を紹介。他にも東洋医学、道教、呪術などの雑談を、ほぼ毎日お届けしています。
自由文磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/09/23 06:58

磯野はまぐり さんのブログ記事

  • 鑑定士は儲かるのか? その5「現実的な選択肢」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。多難な時期を終えた少し後、初めてはまぐり先生にお会いました。持っていた車が何度も故障、出費が続き、挙句に交通事故。自分ではもちろん宿命的に大変な時だったとは知りませんでしたが、お話を聞いて納得することだらけでした。そこからはまぐり先生の鑑定をもとに、自分で色々な決断を下し、良い方向に人生を歩むことがで来ています。何かをするときに算 [続きを読む]
  • 鑑定士は儲かるのか? その4「適利適売」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。運勢を操作するリスクを知り、真剣勝負で挑む鑑定士ならそれに見合った鑑定料をとって十分な時間をかけてきちんと鑑定しているはずです。そのような適利適売の鑑定士ですがやはり生活していけるだけの収入を得られるようになるにはそれなりの数のお客さんを安定して集めなければならずかなり大変だと思います。世の中には、このタイプの鑑定士もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 鑑定士は儲かるのか? その3「薄利多売」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。薄利多売の鑑定士は、巷でもっともよく見かけるタイプです。安く、短時間で、数多くの鑑定をこなしていきます。よほどの売れっ子にでもならない限り多くの場合、お小遣い程度の収入が得られるかどうかというところでしょう。ただし、ビジネスセンスの良い人はこのような鑑定士を集め集客に力を入れ、行列ができるほどの人気店を運営してそれなりの利益を得ています。でもね・・・算命学を [続きを読む]
  • 鑑定士は儲かるのか? その2「理想像」
  • 今日の空算命学鑑定士の理想像ってあると思うんです。例えば・・・凄腕で評判がよく、実績もあり、鑑定料は高額で数カ月先まで予約が埋まっている超一流の鑑定士です。このような鑑定士には、どこにいけば会えるのでしょうか?実のところ、こういう鑑定士は、まず表には出てきません。ブログでもツイッターでも、算命学の話はせず人知れずひっそりと活動しています。なぜ表に出てこないのか?ただでさえ予約がいっぱいなのですから [続きを読む]
  • 鑑定士は儲かるのか? その1「大切な質問」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定士を仕事にしたい、という方がいらっしゃいます。そういう方々から頂く質問は・・・「(費用や期間について)どのくらい勉強すればなれますか?」「奥義の知識はどこまで必要ですか?」というようなことがほとんどです。それより、他にもっと大切な質問があるでしょう?そうです・・・「鑑定士は仕事として成り立ちますか?」もっとはっきり言ってしまえば・・・「鑑定士は儲かります [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その7「解決策」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。もちろん、算命学を占いとして鑑定していただくのも楽しみの一つですが、算命学のもう一つの顔である戦略的な道具としてビジネスに活かすのは、もしかしたら人生を占う事よりもっと刺激的だと思います。磯野はまぐりさんはご存知の通りバリバリの理系、恋愛や結婚の相談をするよりビジネスの相談をした方が様になるような気がします。誰でも一念発起してビジ [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その6「知っておくべきこと」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学の初中級者と上級者との違いを爆弾処理にたとえてみました。人生に問題が起こったとき、これを例えて・・・時限爆弾が仕掛けられていることに気づいたとき爆弾処理の初中級者と上級者とではその処理にどのような違いがあるのでしょうか?初中級者は、起爆装置を見つけ出しその装置ごと取り外します。上級者は、本体と起爆装置を繋げているリード線の一本一本の意味を理解して必要に [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その5「怖さを知る」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「知らないことがどれだけ怖いことか」をしっかりと理解することが大切です。というお話をしたのですが「怖さ」とはなんなのでしょうか?算命学は、運勢に大きな影響を与える重要な部分をピンポイントで探し出すことができます。その、重要なポイントを意図的に操作することは人生を大ききく左右することになります。上手くすれば、問題を解決し、運勢を伸ばすことになります。間違えると [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その4「無知を知る」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。知り合いの紹介で、算命学と出会いました。初めての体験でした。占いのようなものかと思っていましたが、鑑定を受けてみると、全く占いとは似ても似つかないもので、はっと興奮するセンセーショナルな体験でした。 占いは、あなたの未来はこうなるでしょう。と言われます。算命学は、あなたの未来をさらによく好転させるには、こういう行動を、このタイミン [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その3「鑑定中毒にご用心」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。まったく算命学を知らない相談者に伝えられる情報は限られています。究極的には「ようするにどうすればいいのか?」という質問にだけ答えることになります。しかし、そのアドバイスの背景にある宿命上の理由を相談者がある程度でも理解していなければ今後様々な状況において、自分で適切な判断を下すことができません。すると、どうしても鑑定士への依存度が増していくことになります。私 [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その2「理想と現実」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。自身の宿命について、どこまでわかれば安心なのでしょうか?算命学をどこまで勉強すれば安心なのでしょうか?理想を言えば、知り得る限り全てです。でも、これはあくまで理想であってまったく現実的ではありません。例えば、私が宿命から読み取れるすべての情報をお伝えしたとしても相談者は、その情報をどう扱っていいかわからずただ混乱するだけでしょう。それらの情報を有効に使いこな [続きを読む]
  • 怖いもの知らず その1「漠然とした情報」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。前回までのシリーズで、かなり大雑把で漠然とした宿命の情報をどれだけ未来の生き方に役立てることができるか野口英世先生の宿命と生き方を例にみてきました。結論は・・・大まかな運勢の浮き沈みや性格の長所や短所を知ることであるていど、場合によってはそれなりに人生の指針になり得ることがある。けど・・・悪癖が出たり、壁にぶつかったときその対処法までは、どうにも知るすべはあ [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その19「まとめ」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。これまで、しなくてもよい心配をし些細なことでも頭を悩ませていましたが、算命学の鑑定で自分にあった生き方を教えていただいてからは、今までむだに抱えていた人生の重荷をどんどん捨てていくことができ、心が軽くなり、自分の軸がしっかりしてきました。将来ばかりを考えふらふらしていたこれまでの自分の生き方が、地に足を着いた生き方にかわってきてい [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その18「転換期」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。メルマガ「占い中毒にご用心」を配信してくれている「まぐまぐ!」で今年のメルマガ大賞を決める人気投票がはじまりました。細々と続けている「占い中毒にご用心」ではありますがぜひ推薦してください。こちらの推薦フォームから、適当なニックネームと簡単な推薦理由を記入すれば投票できます。推薦理由は「算命学って占いじゃないことがよくわかる内容です」とか「人生は自分次第、宿命 [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その17「四面楚歌」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。黄熱病の研究は難航しました。研究を始めて早々に発見した病原体からワクチンの開発に成功しふたたびノーベル医学賞の候補にも名を連ねたもののその成果に懐疑的な声が上がり始めたのです。野口ワクチンに効果は見いだせず、という反証論文も発表され追い詰められた野口先生は、なんとかプロジェクトを成功させるべくアフリカへと向かいました。「50代になる頃から、風向きは大きく変わり [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その16「絶頂期」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。おそらくここまで大きく宿命を外れることなく生きてきた野口先生はうまく運勢の波に乗っていたようです。「30代に入る頃からの20年間 おそらくこの方の運勢は、人生のピークを迎えます。」という宿命の言葉通りアメリカに渡った野口先生の活躍が始まります。梅毒の研究が世界で認めら京都大学と東京大学からそれぞれ医学博士の学位を授与されました。さらにロックフェラー医学研究所の正 [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その15「大きな展開」
  • 今日の空今朝は、昨夜の雪が薄っすらと残っていた。雪は、まだちょっと早いんじゃないかな・・・?夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。わたしが初めてはまぐりさんの鑑定を受けたのは、将来的に今までとは全く別の道、職業を変えたいと行動をしている時でした。不安で漠然としていた気持ちが、鑑定によって方向がハッキリと見え始めてきました。行動を起こす時期やタイミングが、とても大切だという事を [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その14「悪癖」
  • 今日の空葉もつるもすっかり枯れていたのに、朝顔の花が咲いた。今日はこの後、少しだけ雪が降った。夕食の写真は算命学のお話の後で。野口先生が15歳の時不自由な左手に同情した同級生や先生がお金を出し合い手術の費用を工面してくれました。手術のかいあって、多少ではありますが左手の指が使えるようになったそうです。この手術の成功をきっかけに医師を目指すようになったそうですがここから野口先生の宿命にある「お金に関す [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その13「展望」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。息子さんの宿命を手に入れた野口先生のご両親はこの後、どのような戦略を立てるのでしょうか?宿命には・・・「上手く宿命を活かせると、まじめな努力家で周囲からの信頼も厚くさまざまな環境にあわせて生きていける人になります。」そして、「知恵を絞り、斬新なアイデアで社会のために働くことで運勢を上げていくことができます。ただし、あせらずに、長期に渡って努力を続けなければな [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その12「生き方次第」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。鑑定相談の感想を紹介します。当初算命学は占いに近いものという感覚でしたが、はまぐりさんのバックグラウンドが科学者でしかも起業家であったり投資家であったりということでこれは信頼できると思いました。実際「鑑定」というよりも「算命学を使ったカウンセリング」という感じを受けました。希望したところをピンポイントに説明していただけて、これからの方向性を明確に示していただ [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その11「父親」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。野口先生のお父さんと言えば畑にも出ず、朝から酒ばかり飲んでいる遊び人。という話を、多くの伝記本などでよくみかけます。ところが事実はまったくそのような人ではなく当時の農村では、稀にみるエリートだったそうです。村では、文字の読み書きもままならない人がほとんどという時代大切な書類や現金書留などを配達する郵便局の仕事をしていました。当時の郵便配達員は、護身用に拳銃の [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その10「母親」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。最初に、鑑定相談の感想をいただいているので紹介します。はまぐり先生に鑑定していただきましたが、自分の持つ運命の流れに照らし合わせ、過去の悩みや生活の変化など、全て腑に落ちた気がします。将来についても自分の選択に自信を持つことができ、肩の力が抜けてとても楽になりました。これからも節目ごとにご相談させていただきたいと思います。 Aさん 女性過ぎてしまった出来事も [続きを読む]
  • 磯野はまぐりの算命学鑑定
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。野口英世先生のお話を一回お休みして今日は算命学鑑定の案内です。いままで、基本的にご紹介していただいた方の鑑定だけをしてきましたがもう少し時間をとって、より多くの方々の鑑定をすることにしました。興味のある方はこちらのサイトを御覧ください。さて、次回からは、いよいよ野口先生の人生を振り返っていきます。天命を知って、人事を尽くそう! style="display:block; text- [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その9「宿命の持ち主」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。ここまで、性格の傾向、運勢の傾向そして人生における運勢の移り変わりをみてきました。これらの情報を引き出すのに高度な算命学の技法も技術も必要ありません。宿命を、ぱっと見た程度のものです。そのかわり、とても漠然としています。この漠然とした情報だけを参考にして自分のやりたいこと、自分の人生をどう生きていけばいいのかを考えてみよう、という企画です。さて、いよいよ「算 [続きを読む]
  • 算命学は役に立つのか? その8「運勢の移り変わり」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。この方の人生が大きく展開するとしたら20代に入った頃からです。ここは大切なところなのですが20代に入ると人生が展開する、と言っているわけではありません。20代は、人生が大きく展開しやすい運勢です。ということです。ですから、この時期に大きな行動に出ると物事が素早く大きく展開しやすいのです。なにもしなければ、なにも起こりません。そして30代に入る頃からの20年間おそらくこ [続きを読む]