磯野はまぐり さん プロフィール

  •  
磯野はまぐりさん: 算命学鑑定を実生活に結びつけるブログ
ハンドル名磯野はまぐり さん
ブログタイトル算命学鑑定を実生活に結びつけるブログ
ブログURLhttp://pastaking.blog.fc2.com/
サイト紹介文算命学でわかる人生のこと、算命学の上手な使い方、運命や運勢のお話を今日の夕食と一緒に。
自由文磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/09/23 06:58

磯野はまぐり さんのブログ記事

  • 離婚と子供 その3「微妙な状況」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「離婚と子供」というお話の3回目です。子供にとって両親は父親が父親の役割を、母親が母親の役割を、それぞれきちんとはたしてくれて本当に大切な存在になります。でもそれは、夫婦仲が悪い状態ではとても難しいことです。だからせめて、子供に悪影響を与えないようみなさんできる限り注意を払っていることでしょう。ですからここを、子供のために離婚を先延ばしにするか否かのひとつの [続きを読む]
  • 離婚と子供 その2「離婚よりよくない状況」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「離婚と子供」というお話の2回目です。子供のためには、離婚は避けるべきなのでしょうか?どんな宿命であれ子供には両親がそろっていることがなによりです。それでも「ただいればいい」というものでもないでしょう。例えば・・・家にいるあいだ、ずっとケンカばかりしている両親。しょっちゅう家族に暴力を振るう父親。父親がいない日中、子供がいるのに不倫相手を家に連れ込む母親。子 [続きを読む]
  • 離婚と子供 その1「離婚はよくない?」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「離婚と子供」というお話です。いざ離婚を決意しようとするときやはりお子さんのことは気がかりですよね。子供のことを考えるとこのまま夫と一緒にいた方がいいのかもしれない。せめて、子供がもう少し大きくなるまでしばらくは我慢した方がいいのかもしれない。実際、お子さんのことを考えればご両親が揃っているに越したことはありませんよね。でもね・・・離婚し方が良いことだってあ [続きを読む]
  • 算命学、その前に その3「心の同調」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「命学、その前に 」というお話の最終回です。気持ちの整理ができていれば本来の想いが自然と浮かび上がってくる。宿命通りに生きていれば不思議でもなんでもありません。だから、心のうねりが穏やかな状態でいると「今は、それを始める時期ではないかもよ?」と言われても「やっぱり? ちょっとそんな気がしてたんです」と自分の心の声と、算命学が示す運勢とが一致してきます。宿命が [続きを読む]
  • 算命学、その前に その2「心のうねり」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「命学、その前に 」というお話の2回目です。私のところに相談に来てくれた方の多くが「すごく楽しかった」と言ってくれます。そんなふうに感じてくれるのは、きっと少し、気持ちを整理ができてきたからかもしれません。人の心の状態、動き、強さや安定性は海のうねりに似ています。大きなうねりのエネルギーを吐き出して少し客観的に心の状態が見えてくると気持ちが向かうべき方向がチラ [続きを読む]
  • 算命学、その前に その1「心の整理」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「命学、その前に 」というお話です。ときには、自分の心を整理したくなる時があります。そういう時は、日常の細かいことが気になったり昔のことをあれこれ思い出したり、それでいて、なにか新しいことを試してみたくなったりします。そんなとき算命学と出会ってしまうとちょっと混乱してしまうかもしれません。なぜ?だって心がざわついている時に「これがあなたの宿命です」と言われて [続きを読む]
  • 母性と恋愛 その4「人生の土台」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「母性と恋愛」というお話の最終回です。なぜ、異常な母性が不適切なところで出てしまうのでしょうか?理由はいろいろ考えられるのですがこのような問題のすべてに共通して言えることがあります。実は、先日までお話していたどうしても浮気してしまう男性の問題にもすべてに共通して言えることがあります。それは・・・「女性は現実面が、男性は精神性が未熟だった」ということです。現実 [続きを読む]
  • 母性と恋愛 その3「破綻した男女関係」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「母性と恋愛」というお話の3回目です。女性が不適切に母性を出してしまうと見境がなくなりなにかと問題を引き起こしがちになります。極端な例ですが、男性に貢いでしまう女性がいます。恋愛感情ではなく、異常なまでの母性でお金に困っている男性とお付き合いしてしまうケースでよく見られます。男を助けるために自ら借金をしたりします。勤め先のお金を横領することもあります。思いつ [続きを読む]
  • 母性と恋愛 その2「母親かパートナーか」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「母性と恋愛」というお話の2回目です。女性が、恋愛対象となる男性に対して「異常なまでの母性」を発揮する場合女性は男性に精神的に頼ろうとはしません。そもそも、そんなことは期待していません。それより、彼が遅刻せずに会社に行って上司に怒られることなくしっかり仕事ができているか。きちんとお昼ごはんを食べているか。他の女性に面倒を見てもらったりしていないか。そんなこと [続きを読む]
  • 母性と恋愛 その1「異常なまでの母性」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。女性が、恋愛対象となる男性に対して「異常なまでの母性」を発揮すると多くの場合、不幸になります。短期的にはいいのです。でも、いつまでもそのような関係が長く続く可能性はとても低いです。もちろん例外はありますし女性が多少の母性をもって男性と接することでうまくいくカップルもあります。すべてを否定することはできません。ただ、一般的な男女関係において女性が男性に「異常な [続きを読む]
  • 旦那のための夫婦仲改善策 その5「自然なあり方」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「旦那のための夫婦仲改善策」というお話の最終回です。よりよい夫婦関係を続けていくためには・・・これは夫婦だけでなく、恋愛でもそうなのですが男性は頼ってもらえるだけの精神性を女性は任せてもらえるだけの現実面をそれぞれ相手に提供していかなければなりません。そのような関係ができて初めて男性は今まで以上に精神性を発揮することができ女性も今まで以上に現実面を堅実なもの [続きを読む]
  • 旦那のための夫婦仲改善策 その4「結論に至る」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「旦那のための夫婦仲改善策」というお話の4回目です。「仕事が終わったらとっとと家に帰り 奥さんと話をする時間を増やすこと」以前、女性は一般的に現実面を重視する傾向にあり精神面は二の次になりがちだというお話をしました。だからこそ、女性は自分がパートナーに選んだ男性に頼れるだけの精神性を求めるのです。では、一緒にいる時間を増やして、たくさん話をしてそれで夫婦関係 [続きを読む]
  • 旦那のための夫婦仲改善策 その3「対策を練る」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「旦那のための夫婦仲改善策」というお話の3回目です。奥さんが口をきいてくれないということは・・・まぁ、いろいろあるとは思いますがまずは、とにかく一緒にいる時間を増やすことです。そうしないことには状況は良くも悪くも先に進みません。ここでの対処法もいろいろあるのですが・・・ここに至るまでの経緯、現在の状況そしておふたりの性格の傾向と夫婦としての運勢上のあり方など [続きを読む]
  • 旦那のための夫婦仲改善策 その2「たったひとつのこと」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「旦那のための夫婦仲改善策」というお話の2回目です。ギクシャクした夫婦関係に決着をつけたい旦那さん。あなたのやるべきことは、たったひとつです。「仕事が終わったらとっとと家に帰り 奥さんと話をする時間を増やすこと」以上です。「話してもすぐにケンカになる」「どうせ文句しか言われない・・・」いいんです、それで。奥さんには言いたいことがあるのですから愚痴でも文句でも [続きを読む]
  • 旦那のための夫婦仲改善策 その1「夫の悩み」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「旦那のための夫婦仲改善策」というお話です。先日、夫婦の問題について妻の立場からお話をしました。当然ながら夫にも悩みはあります。ギクシャクした夫婦関係をなんとか改善したいと男性から相談されることもあります。「オレだって一生懸命にやってるんだ」「オレだってなんとかしたいと思っているんだ」「オレだってどうしたらいいのかわからないんだ」あのぉ・・・ 旦那さんがやる [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その6「人生の軌道修正」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「人はなぜ浮気するのか?」というお話の最終回です。簡単な性格鑑定からだけではわからない宿命の奥に隠された「無意識のうちに配偶者に求める役割」これを知って対策を講じることは多少の浮気予防になるかもしれません。でもね・・・なにをしても浮気をする人はするのです。どうにもならない浮気グセのある配偶者。宿命から外れた生き方をしてきたために真当な結婚生活ができない配偶者 [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その5「浮気のトリガー」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「人はなぜ浮気するのか?」というお話の5回目です。ご両親の異性関係が乱れていたり本人が「浮気をしやすい宿命」を持っていたりするとこの「浮気のトリガー」は簡単に引かれます。そもそも「浮気をしやすい宿命」というのは無意識のうちに配偶者に求める役割が2つも3つもあったりします。一人のパートナーが背負いきれるものではありません。そしてまた「浮気はしそうもない宿命」であ [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その4「役割」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「人はなぜ浮気するのか?」というお話の4回目です。以前「夫婦の問題、男と女」でお話したように人には無意識のうちに配偶者に求める「役割」があります。これは好き嫌いや理想像のようにその人の性格や感情の問題ではありません。宿命に刻まれた、本人もなかなか気づかない本能にも似たものです。その配偶者に求める「役割」をパートナーが果たしてくれていない場合でも欲求そのものが [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その3「何か」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「人はなぜ浮気するのか?」というお話の3回目です。今回のお話の最初の回で言及したように例え「浮気をしやすい宿命」であっても浮気をする人もいれば、しない人もいるでしょう。ご両親の異性関係が乱れていたとしても浮気をする人もいれば、しない人もいるでしょう。運勢上、浮気をする可能性が高まっていたとしても実際に浮気をしてしまうからにはそのトリガーとなる「何か」があるは [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その2「両親」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「人はなぜ浮気するのか?」というお話の2回目です。人が浮気をするかどうかそのポイントのひとつは・・・両親の異性関係です。父親にしろ母親にしろどちらかに浮気グセがあったり結婚と離婚を何度も繰り返していたりするとその子供も浮気をする可能性が高まります。もしくは浮気をするような配偶者を選んでしまうかもしれません。いずれにせよ結婚生活で幸せになりにくくなります。そし [続きを読む]
  • 人はなぜ浮気するのか?「浮気の原因と対策」その1「浮気する宿命」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。今日からは「人はなぜ浮気するのか?」というお話です。人はなぜ浮気するのでしょうか?いろいろ理由はあるのでしょうがここでは算命学を使って運勢と生き方の面からその理由を探ってみます。いきなりですが「必ず浮気をする」という宿命はありません。ただし「浮気をしやすい」という宿命はあります。また「絶対に浮気はしない」という宿命はありません。ただし「浮気はしそうもない」と [続きを読む]
  • 無意味な鑑定 その4「人生を語る」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「無意味な鑑定」というお話の最終回です。鑑定作業とはどのようなものなのでしょうか?とにかく、相談者の宿命のあらゆる特徴例えば◯◯星は楽に活かせる星なのか?もしくは苦労を伴うのか?また活かすことで運勢は上がるのかそうでないのか?◯◯星を活かすために必要な生き方をしてきているのか?そうでなければ今からどうすればいいのか?そもそも◯◯星を活かすことで人生がどう変わ [続きを読む]
  • 無意味な鑑定 その3「鑑定の丸投げ」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「無意味な鑑定」というお話の3回目です。算命学の鑑定を受けて、いきなり「政治家向き」と言われてしまった方は、それは極端な例のひとつと考えてそこから連想ゲームのようにその宿命の特徴を活かす方法を考えてみてください。例えば仲間を集めてお茶会を開いたりなにかの同好会に参加したり人によってはお子さんの学校の役員として活躍できるかもしれませんし地域のボランティア活動に [続きを読む]
  • 無意味な鑑定 その2「算命学の授業」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「無意味な鑑定」というお話の2回目です。どうしていいのかわからないアドバイスを受けて困惑されている方々のお話を伺っているとみなさん、自分の宿命にある特徴をまるで教科書で勉強してきたかのように話すのです。どうやらそれが、彼らが受け取った鑑定結果のようです。まず宿命の詳細を書いた紙を渡されていろいろ説明を受けたらしいのですがどうやら鑑定士は、自分が算命学の学校で [続きを読む]
  • 無意味な鑑定 その1「どうしろというの?」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。今日からは「無意味な鑑定」というお話です。以前、どこかで算命学の鑑定を受けたことがあってその時に言われたことをどう考えていいのかわからず困り果てている方がたくさんいらっしゃいます。「確かにそうなのかもしれないけど だからってどうしろというの?」という悩みです。どういうことでしょうか?具体的にお話を伺ってみると・・・週3日パートで働く主婦の方は「政治家向きの宿 [続きを読む]