dekochan さん プロフィール

  •  
dekochanさん: ママチャリバーダーdekochanの蓮田だより
ハンドル名dekochan さん
ブログタイトルママチャリバーダーdekochanの蓮田だより
ブログURLhttp://dekochannoyume.blog.fc2.com/
サイト紹介文近所の蓮田をママチャリでバードウォッチング。地味なシギ・チドリのへっぽこ野鳥写真がメインです。
自由文たまに飼い猫の「夢」やその他好きなものなど…気まぐれに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/09/23 12:50

dekochan さんのブログ記事

  • お盆の鳥見
  • お盆休みなど関係のない職場のため、我が家は全員通常営業…昨日帰宅すると、玄関先でコシアカツバメが出迎えてくれました。最近はツバメが減ってコシアカツバメが多くなったように思います。水浴び後の羽繕いのため、電線に止まっていたようで、しきりにストレッチをしていました。2羽いたのですが一緒には収まらず。背筋ピーン! の後、2羽とも何処かへ飛んで行ってしまいました。私のお盆の鳥見です。  [続きを読む]
  • 蓮カワ!
  • 蓮は花盛りだし、カワセミも生息していますが、いわゆる「蓮カワ」写真はなかなかゲット出来ません。私が昨年ゲットした「蓮カワ」です。横浜の「濱文様」さんの絵手ぬぐい「翡翠と蓮」です。※まだ若干の在庫があるみたいです。 ⇒ ☆夏の玄関飾りとして使っています。鳥さんの手ぬぐいは他にも…「Rieko Oka(岡 理恵子)」さんのてぬぐい「小鳥」シリーズ。 2重織のガーゼなので鳥見の時の首回りの日よけとして使っています。 [続きを読む]
  • 朝風呂あとのコムクドリ
  • 日曜の朝、暑くなる前に…と、ひと回り。ちょうど、家の前の電線にムクドリたちが集合。水浴びをした直後だった様子。100羽前後の群れに10羽のコムクドリが入っていました。久しぶりのコムクドリはやっぱり可愛い!他の場所でもムクドリが群れで見られましたが、コムクドリは居らず…1時間半ほど回って帰る頃には、ムクドリの姿はすっかり消えていました。涼しいうちに食事と入浴を済ませ、どこかで休んでいるのでしょう。ま [続きを読む]
  • 酷暑の蓮田
  • 蓮田も例に漏れず酷暑です!レンコンの花も花盛り。写真は7/29、例の変な進路をたどった台風が近づいていた影響で、若干葉が裏返っていますが…今の時期、早朝はとてもキレイです。この暑さですから、早朝か日没頃にチラッと鳥見をしています。数少ない水張り田んぼは、サギたちが集うSAGI's Barとなっています。早くも収穫を始めた田んぼにケリたちが入っていました。この日はトータルで11羽いましたが、3日後には4羽しか [続きを読む]
  • ハクちゃんのおねだり
  • 6月初頭、蓮田徘徊中に感じた視線…この子でした。ハクかセグロか…どっちだろう?まだ巣立ち間もないのでしょうか?近くに他の子は見られず、一人っ子のようです。超可愛い!!少しして、急に動きだしたと思ったら…親が餌を運んできました。ハクセキレイでした。「待ってたよ!」「早く次を持って来てね! ストレッチして待ってるから…」大きくなるにはたくさん食べなきゃね〜イタチさんやネコさんには気をつけてね!可愛いハク [続きを読む]
  • ヒクイナ・ペア
  • キリアイの観察時、同じ田んぼにいたトウネンたち…ここは背景の緑がキレイなので、お天気が今一つでもトウネンの赤い色が映えます。ここは、サルハマシギも時々入っていた場所です。つまりは、我が家から200m程度。(*^_^*)そんな植え付け前の蓮田で、キリアイやトウネンたちの後方では、ヒクイナのペアがチョロチョロと出たり入ったり…ここでは通年いますが、なにせすぐに隠れてしまうので、なかなか撮影の機会はありません。家 [続きを読む]
  • GWいちばんのお客さま〜ヘラサギ
  • GW後半、「ヘラサギがいるらしい」との情報をいただきました。(地元の私からの発信じゃないのが面目ないところです。)すぐさま用事を済ませて探しに出掛けます。思わす見落としそうな場所にいました。若い個体のようです。ここではまったりと休憩中のようで動きもなかったので、他を回って帰ってみると姿はなく…別の場所に移動して、近い距離で観察可能になっていました。自宅から直線距離にすると60〜70mくらい(*^O^*)今度は [続きを読む]
  • GW明けて…キリアイ登場!
  • 1か月以上も前になってしまいましたが…GW明けの5/12(土)の午後。サルハマシギが残っていないかと探索中、逆光の田んぼを遠くの堤防の上から見ていました。数羽のトウネンやタカブシギたちと一緒に嘴が長めなシルエット。てっきりサルハマシギだと思っていたら、赤くない…うっすら見えた頭部のシマシマ…ん?もしやキリアイ?すぐに堤防から下りて、ギリギリまで近づいてみます。間違いなくキリアイでした!幸い広めの畦道に [続きを読む]
  • GW後半・サルハマシギ登場
  • 不作だったGW前半でしたが、中間に降った雨のお陰か…後半は楽しめました。5月4日、家を出てすぐの田んぼで、数名のバーダーさんたちがコアオアシシギやヒバリシギたちが入っているのを見ておられました。私もジョイントして大好きな鳥さんの賑わいを大喜びで見ていると、サルハマシギがいるではないですか!どなたも「気付かなかった!」とおっしゃっていましたが…ここだけで、コアオアシシギ、タカブシギ、ウズラシギ、タシギ [続きを読む]
  • ちっちゃいものクラブのメンバー・トウネン
  • 今季はとうとう大好きなオジロトウネンに会えませんでした。ちっちゃいものクラブのメンバーの中でもいちばん好きなのに、残念です…(※ちっちゃいものクラブとは…オジロトウネン・ヒバリシギ・トウネンといった、小さいサイズの蓮田の仲間たちを私dekochanが勝手に呼んでいるものです)トウネンはGW中、比較的近くで見ることが出来ました。干潟で見るのと違って、蓮田だと近いし、まったりしている様子が見られるのが魅力です。 [続きを読む]
  • GW続きです
  • 引き続きGW中の鳥さんたち…風の強い日が多く、ムナグロたちも風を避けてうずくまっています。風が強いとアマツバメがよく飛びます。ある日、1枚の狭い田んぼにいろんなシギたちが集まっていました。ムナグロ、ウズラシギ(写ってないけど)、タカブシギ、そしてヒバリシギ。コアオアシシギも…みんな忙しく採食しているので、下を向いた写真ばかりになりました。この田んぼにはサルハマシギも入ってくれて、とてもにぎやか!サルハ [続きを読む]
  • GW前半の海岸
  • GW前半の続きです。海岸ではキアシシギがちょこまか…ここでは何故か数羽の少数派です。汐待ちのチュウシャクシギたち…とホウロクシギ。よくみるとキョウジョシギが石に乗っかっています。キョウジョシギはこの日2羽。他にはソリハシシギがちょこまか…干潟にはハマシギやダイゼンなども来ていますが、あまりにも遠くて…たぶんハマシギ…とか、たぶんダイゼン…とか、なんとかわかる程度。シギ・チの数が少ない中、ホウロクシギ [続きを読む]
  • ホウロクシギのお食事
  • GW前半…蓮田を徘徊中に、今季は会えていなかったホウロクシギを見つけました。(今度は確かにホウロクシギ)草むらにいても目立ってしまいます。長〜い嘴を深く突っ込んで、主にザリガニなどを捕食します。見ていてとても滑稽です。シギの仲間は皆、そのシルエットが美しいですが、ホウロクシギは特に奇麗だと思います。夕刻の逆光は私の好きな光景です。こちらは干潟でのお食事。やはり、これでもかっていうほど嘴を深く差し込ん [続きを読む]
  • 確認ヨシ!
  • やはりGW前、まだムナグロの数も少なかった頃です。蓮田でうずくまっていたムナグロにしては色白のコ…初めのうちは顔しか見えなかったので、少し待っていると動き出しました。1羽だけで奥の方にいたので、大きさはよく判りません。羽を広げてくれてダイゼンだと確認出来ました。ここではダイゼンは主に干潟で、ムナグロは蓮田で観られるのがほとんどなので、つい思い込んでしまいがち。先日のホウロクシギとダイシャクシギの間違 [続きを読む]
  • ダイシャクシギの悲痛
  • GWも終わり、疲れが溜まったままなんとか一週間を乗り切りました。もしかすると、史上最悪の鳥影の無いGWになるかも…と危惧していましたが、少ないながらもなんとか楽しむことが出来ました。ところが、写真の整理が手付かずなので、ひとまず4月にさかのぼって少しずつアップしていきます。GW前のある日、帰ろうとしていたら「ホィ〜ン」と鳴き声…振り返ると、「ホウロクシギ!」…と、この時は思い込んでいました。後で画像を見 [続きを読む]
  • いけずで律義な京女
  • 今回は、5/1と5/2に同僚たちが休まないというので、年休消化もあり私が休みをいただくことに…ギリギリになって決まった怒涛の9連休です。遠征の予定もないので、ひたすら蓮田のお守です。そんなGW初日。少ない鳥影を憂いつつ、帰り際にのぞいた海岸。もうそこまで満ちてきていて、残っていたチュウシャクシギたちがちょうど飛び立つところでした。おや? なにか残っています。やや逆光ながら、赤い脚が…キョウジョシギだ!急い [続きを読む]
  • 徐々に…
  • 暑いくらいの晴天だった土曜日、セイタカシギは3羽になっていました。私が回った時には、1羽ずつバラバラにいました。1枚めと3枚めは一見似ていますが別個体です。う〜ん… 贅沢を言えば、やはり群れが見たい!夕方、汐待ちのチュウシャクシギたち。ようやく近くで見られました。まだまだ物足りないですが、徐々に面子は増えてきました。 [続きを読む]
  • 待っていたよ! セイタカシギ
  • 徐々に楽しくなってきた蓮田です。先日のウズラシギに続いて、ムナグロです。ウズラシギと一緒に土くれの中をちょこまか歩き回るので、写真に収まっていませんが…ムナグロが2羽とウズラシギ2羽。(ムナグロは別の場所にも2羽いたみたいです。)そして、待望のセイタカシギ!1羽だけですが、ようやく姿を見せてくれました。例年よりかなり遅い飛来です。長い脚で歩き回り、長い嘴で採食します。少し拡大してみると…ハナアブの幼 [続きを読む]
  • さあ、シギ・チのシーズンです!
  • 記事だけ書いてアップしないままのものがあったのですが…PCを変えて不慣れなソフトと格闘しているうちに、何だか時期遅れになってしまったのでやめました。気を取り直して、最新情報です。(ちょっと画像多めです)先日、海岸を覗いてみると、シギ・チたちがちょっとだけ賑やかになっていました。ハマシギたちと一緒に舞っている中に、数羽の大きな子が!1羽のダイゼン先生に引率されたハマシギたちを参観に来た感じの4羽のオバ [続きを読む]
  • 桜は咲いたけど…
  • 全国的にも一気に開花が進んでおりますが…日曜日、dekochan的蓮田の標準木も開花していました。今週末には満開となるでしよう。なのに、シギ・チの渡りのほうがなかなか…今季は2月28日に初認のツバメは、上空&田んぼ上をビュンビュン飛び交っています。カモ類は激減。お別れが近いのでしっかり見ておきましょう。少し前に見た、ハイブリッド感いっぱいのアメリカヒドリ。光の加減もあるでしょうが、お顔の茶色味が強め…派手 [続きを読む]
  • キラキラ星
  • 先日、仕事から疲れて帰っ来たら…家の前でこの子達が待っていてくれました。ムクドリ達がいるなーと思いながら、家に入ろうとしたら、「ギィーギィー」と声がして…見上げるとホシムクドリでした。ホシムクドリは全部で10羽はいたと思います。すぐに玄関に置いてあるカメラを取り出して、制服のまましばし撮影しました。強風の中、電線にしがみつくようにしていますが、夕方の光に照らされてとてもキレイに見えました。風も強く [続きを読む]
  • こっちは銀だね〜 「そだね〜!」
  • 冬季オリンピックも終了しましたね。悲喜こもごもでしたが、日本選手の皆さん頑張りました。終わってみれば、全部で13個のメダルは大健闘です。オリンピック開催中、羽生君や宇野君のメダル獲得を見届けてから出かけた鳥見…なので少し前の事になりますが、ムクドリの群れの中にホシムクドリを見つけました。この時は10羽。(その数日前には15羽確認されていたそうですが…)光の加減でとてもキレイでした。ホシムクドリを見て [続きを読む]
  • お食事中と物色中
  • 先日、堤防を探索中、上空に獲物を掴んだトビが現れて…よく見ると、飛び続けながらのお食事中でした。メニューが何だったかは確認出来ませんが、実に器用に食べています。頭に落とされてはたまらないので、こちらとしても気になります。案の定、大きな塊を落としていました。(残飯なのかもしれませんが…)近くにカラスたちもいたので、横取りされまいと空中で済ませたのかな?次の日、珍しく早めに出かけたのに…蓮田のいちばん [続きを読む]
  • ようやくの鳥見スタート!
  • 年明けはあまり鳥見が出来ていなくて、月半ばにしてようやく鳥見スタートとなりました。後れ馳せながらの更新です。とはいっても、鳥さんのほうも特別に情報も無いのですが…ムクドリは相変わらず群れています。変わり種はお目にかかれず。いるはずなのですが…イソヒヨドリは近辺に複数がいるようですが、なかなか相手をしてくれません。珍しく雌雄で見られましたが、遠〜い屋根の上…比較的近くで見られるのは、いつも別々です。 [続きを読む]
  • 2018年 新年のご挨拶
  • 年明けはあまり鳥見が出来ていなくて、月半ばにしてようやく鳥見スタートとなりました。後れ馳せながらの更新です。とはいっても、鳥さんのほうも特別に情報も無いのですが…ムクドリは相変わらず群れています。変わり種はお目にかかれず。いるはずなのですが…イソヒヨドリは近辺に複数がいるようですが、なかなか相手をしてくれません。珍しく雌雄で見られましたが、遠〜い屋根の上…比較的近くで見られるのは、いつも別々です。 [続きを読む]