dekochan さん プロフィール

  •  
dekochanさん: ママチャリバーダーdekochanの蓮田だより
ハンドル名dekochan さん
ブログタイトルママチャリバーダーdekochanの蓮田だより
ブログURLhttp://dekochannoyume.blog.fc2.com/
サイト紹介文近所の蓮田をママチャリでバードウォッチング。地味なシギ・チドリのへっぽこ野鳥写真がメインです。
自由文たまに飼い猫の「夢」やその他好きなものなど…気まぐれに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/23 12:50

dekochan さんのブログ記事

  • ぎんちゃんとほっしゃん
  • 近年では、毎年立ち寄ってくれるようになったギンムクドリ。今シーズンも目撃されています。日没時のため、いつも以上に残念な画像です。これは一ヶ月前でしたが、越冬しているかもしれないので、蓮田にお越しの際は気にかけてチェックしてみて下さい。ホシムクドリも例年通り…1羽でいる時は、鳴き声がよく聞こえます。ある日、先輩と立ち話をしているところに飛んできた鳥影…ホシムク2羽が珍しく木に止まってくれました。すぐ [続きを読む]
  • オオタカ若様出没中
  • 9月以降、蓮田ではオオタカ若様が頻繁に出没しています。毎回と言っていいほどの頻度です。カモやムクドリたちが騒ぐので見上げると、オオタカやハイタカがいます。オオタカは最近成鳥を見ていませんが、この若様は度々姿を見せてくれます。上空を舞っている時は、みるみる上昇し遠ざかって行くので、とりあえず撮ってから画像を確認し、オオタカ若だと知る事がほとんどです。飛翔時の識別は修業が足りず…この日は直前に撮ったの [続きを読む]
  • 珍客(ここでは...)・アカエリヒレアシシギ
  • 9月28日・仕事中に悪魔のささやきメールが入りました。「蓮田にアカエリヒレアシシギがいる!」と…近場の来られそうな方にだけお知らせし、私自身は急に時間休で帰れる状況ではなかったので、「真面目に」最後まで仕事をして帰宅。翌日は完璧に雨の予報でした。「日没の18時にはまだ少しある!」確認だけでも…と、すぐさま出向きました。見つけたときには道路から一番遠い奥の方にいたのですが、すぐに近くに飛んできてくれ [続きを読む]
  • ヒバリシギとオジロトウネン
  • この秋もちっちゃいものクラブのメンバーが立ち寄ってくれました。まずは9月のヒバリシギ。この時期はトウネンたちと一緒か単独での出会い。10月のヒバリシギ。オジロトウネンと一緒の田んぼ。ちょこまかと泥の中を動き回るので、チャームポイントの黄色い脚がなかなか見えません。この2羽は別の日にも会えましたが、羽の模様の出具合がかなり違いますね。ここは水が張られなかったので、お天気続きで干上がり、この子たちもい [続きを読む]
  • 今季ツルシギは4羽+1羽
  • 今シーズンのツルシギは最大4羽!4羽揃ったのはこれしか撮れませんでした。あちこちの田んぼを移動して、その後はバラバラで…タカブシギと一緒。ツルシギ2ショット。その他単独でいろいろ。幼鳥とはいえ、4羽とは嬉しいですね!4羽は9月ですが、その後10月にも1羽が立ち寄ってくれました。最近はアカアシシギよりもツルシギのほうが観察機会が多いかもしれない…いつの日か、図鑑にあるような黒々とした成鳥の夏羽を地元 [続きを読む]
  • 在庫を整理しているうちに…タゲリ到着!
  • シマアジが入っていた場所は他のシギたちにも人気でした。ソリハシシギがちょこまかと可愛い歩きをしています。常に2〜3羽が近くに来て和ませてくれていました。タカブシギは今季ちょっと少ないような気がします。アオアシシギも少なめ?海岸のチュウシャクシギに至っては、タイミングもあって、私はこの子しか見ていない。オバシギは3〜4羽を見ていますが、鳥友さんが見られた10羽の群れ…見たかったなぁ〜オバシギと言えば [続きを読む]
  • エリマキシギも秋の定番
  • 稀少とはいえ、エリマキシギは秋の定番です。今季も立ち寄ってくれましたこの日は久々の鳥友さんから「エリマキがおるで〜」と、お知らせをいただいたのですが、ある意味そちらの方が珍鳥だったかも・・・午後は逆光になる場所だったので、翌日は朝から行ってみました。座り込んで待っていると、さほど警戒することなく近付いてきてくれました。昨年は雌雄そろって数日間滞在してくれましたが…この子は印象としては雌かな〜?背中の [続きを読む]
  • 蓮田の華〜セイタカシギ
  • 地味なシギチの中で華があるのがセイタカシギです。今シーズンは最大で4羽。最近は少なくなっている気がします。それでも、春と秋には必ず立ち寄ってくれるので嬉しいですね。美しいセイタカシギ。いつかまた「はぁすちゃん」みたいに、この蓮田で繁殖してくれたらいいなぁ〜 [続きを読む]
  • ウォーリーを探せ!
  • 今シーズンのコガモは9/6初認でした。(たぶん…)その後、半ばごろには群れが入り始めました。群れが入ってくると、シマアジがいないかと気になります。以前、トモエガモが混じっていたこともあるので(以前の記事⇒ ★ や ☆ )要注意です。秋のシマアジは「ウォーリーを探せ」みたいなものです。採食で水に顔を突っ込んでいたり、寝ていて顔が見えにくかったり…コガモの群れの中から白眉キリリを見つけるのは大変。今回 [続きを読む]
  • コムクドリの乱舞
  • 更新が出来ていなくて、ついにスポンサー広告が出てしまいました。鳥見はしていたのですが、写真の整理が出来ておらず、1ケ月近くPCに取り込んだだけ。ようやく少しずつ手をつけ始めましたので、少しずつ更新していきます。今季もコムクドリがにぎやかでした。ムクドリの群れに混じったり、コムクだけの集団だったり様々です。これはコムクドリばかりの群れ。(しれ〜っとスズメが混じっていますが)とても全部は写りません。そし [続きを読む]
  • 〜野鳥写真展のお知らせ〜
  • 華写人クラブ・ 第5回野鳥写真展のお知らせお知り合いの方々が今年もまた写真展を開催されます。蓮田に鳥見にお越しの方は、ぜひ足を運んでみて下さい。撮影時のお話など、鳥談議も楽しめることでしょう。 ※岩国市中央図書館   岩国市南岩国町4-52-1  ⇒ ★ [続きを読む]
  • 短足と背高
  • 仕事がお休みだった金曜日、雨雲レーダーの予想を見ると朝のうちはなんとか持ちそう…と、ひと回り。先日ヒバリシギがいた田んぼはトウネンがたくさん。ヒバリシギは見られず、他にはクサシギ、タカブシギ、コチドリ、タシギ、ソリハシシギ、ケリ…ケリは数が多く、もしかすると今季もタゲリより多い…なんて事になったりして。一時姿が見えなかったセイタカシギは2羽。先日とは違う顔ぶれです。短足組のトウネンと違って、深いと [続きを読む]
  • うれしい知らせ
  • 先月、蓮田を訪れてくれた鳴門生まれのコウノトリ、歌ちゃん(J0181)・百ちゃん(J0182)姉妹(その時の記事はこちら ⇒ ★)のその後の情報が入りました。鳥友さんを介して送っていただいた写真を確認しました。なんと、今度は京都!9月3日の目撃です。9月1日には山口県内で確認されているようなので、まさか京都とは…勝手に九州方面に向かうのではと想像していました。他のコウノトリの情報を見ても、広範囲に移動していてビ [続きを読む]
  • 『帰りがけの駄賃』は…
  • ヒバリシギとの再会の日。蓮田のシギたちが多少増えていたので、もしかしてと期待した干潟はさっぱり…サギたちの他は、ダイゼンが3羽。あとは、キアシシギ、ソリハシシギと、寂しい限り…チュウシャクたちはいつになるのか!まだカモたちが飛来していないクリークには、とうとう越夏したらしいオオバンが3羽。今季もまた“オオバン振る舞い”となるのでしょうか?再び蓮田で探索中、カワセミがピューッと飛んできて畝に降りまし [続きを読む]
  • 私の『推しシギ』 〜ヒバリシギ〜
  • 先週の台風のあと、平日のお休みに鳥見…大好きなヒバリシギが来てくれていました。可愛い〜お食事に忙しくて、なかなかじっとはしてくれないけど、時折見える長い第3趾がキュートです。この日は1羽だけでしたが、春の渡りの時みたいに5・6羽で来てくれたらいいな〜ちっちゃいものクラブ(注:ヒバリシギ、オジロトウネン、トウネンなどの“ちっちゃい”シギの総称…私が勝手に…)のメンバーであり、私 dekochan の『推しシギ [続きを読む]
  • コムクの季節
  • コムクドリの季節になりました。洗濯を干そうとしたら家の前に並んでいました。ムクドリと一緒でしたが、コムクドリのほうが多かったです。可愛くてにぎやか子達です。変わり種が紛れていないか、要チェックです。 [続きを読む]
  • 渡りは徐々に…
  • 土曜日は朝から雨…しかし、前日蓮田に来られた方から「セイタカシギが入っている」との情報をいただいていたので、気になるところ…午後になって車で出てみました。いたいた! セイタカシギ。1羽だったのですが、見ているうちにもう1羽飛んできて2羽になりました。久しぶりのセイタカです。同じ田んぼにアオアシシギ。3羽のうちの2羽。(直前まで4羽だったよう)翌日曜日は晴天。朝方と午後まわってみました。タシギも増えて [続きを読む]
  • すっかり忘れていたタマシギ③
  • しばらくはメス単独でしか見られなかったのですが、再度ペアを発見。ママチャリで通りかかり、気付いた時はすぐ近くだったのですが、少し離れて止めたのに…やはり敏感に反応し、遠ざかっていきました。30分くらいして戻ると少し移動していて、採食しているようでした。先日までのペアなのか、第3のペアなのか…もしくは先日のメスの次のお相手なのか…知る術はありません。そこに近付いてきたバンに対して威嚇する様子や、オス [続きを読む]
  • すっかり忘れていたタマシギ②
  • 初めにペアを見てから数日は仲良く行動する姿が見られました。今シーズンのタマシギは同時期に2ペア確認出来ています。もう一つのペアはいつも遠い逆光の草陰でまったりしていて動きがなく、写真は撮れず…2ペアとなると、ますます期待が膨らみます。そしてさらに数日すると、今度はどちのペアもメスしか見られなくなりました。こちらは最初のペアの場所近くで単独になったメス。やはり例の丸い粒状のものを食べています。こちら [続きを読む]
  • すっかり忘れていたタマシギ①
  • 5月〜6月にかけてのタマシギです。ペアだったので繁殖を期待し、アップするのを控えていたためすっかり忘れていました…ヘラサギが来ていたちょうどその時…雨のため家にいると、「ヘラちゃんの所にタマちゃんがいるよ!」と連絡をいただきました。自宅から直線距離だと60〜70mくらいですが、雨のため車で…ヘラサギとタマシギ(しかもペア)を同時に観察できるとは、なんて贅沢!(きゃさりんさん、その節はありがとう!)その後 [続きを読む]
  • 阿波国(あわのくに)からのお客様
  • 8月18日(土)の事です。朝のうちに近くだけちょっとひと回りのつもりで出かけました。家を出てから2本目の道筋にある収穫済みの蓮田にサギたちがいて…((((;゚Д゚)))))))  危うく通り過ぎるところでした!まさしくコウノトリではありませんか!!しかも2羽。とても嬉しい出会いです。水浴びをした後なのか? 羽繕いをしていました。2羽ともカラーの足環がついています。右側の個体①左側の個体②2羽とも特にケガをして [続きを読む]
  • まだまだ酷暑続く蓮田にて
  • 最近は朝晩が過ごしやすくなりましたね。とはいっても、酷暑には変わりなく…早朝か夕方遅くの鳥見となります。出かけても短時間なので、広い蓮田をショートカットして回るしかありません。当然成果は少なく、そんな中から今月の鳥さんたちを…あちらこちらで営巣していたバンは、蓮が育って見え難くなりました。隙間から辛うじて見えたバンビーナ。ケリとアオアシシギ。クサシギとタカブシギ。アオアシシギ。奥の方で抱卵中のバン [続きを読む]
  • お盆の鳥見
  • お盆休みなど関係のない職場のため、我が家は全員通常営業…昨日帰宅すると、玄関先でコシアカツバメが出迎えてくれました。最近はツバメが減ってコシアカツバメが多くなったように思います。水浴び後の羽繕いのため、電線に止まっていたようで、しきりにストレッチをしていました。2羽いたのですが一緒には収まらず。背筋ピーン! の後、2羽とも何処かへ飛んで行ってしまいました。私のお盆の鳥見です。  [続きを読む]
  • 蓮カワ!
  • 蓮は花盛りだし、カワセミも生息していますが、いわゆる「蓮カワ」写真はなかなかゲット出来ません。私が昨年ゲットした「蓮カワ」です。横浜の「濱文様」さんの絵手ぬぐい「翡翠と蓮」です。※まだ若干の在庫があるみたいです。 ⇒ ☆夏の玄関飾りとして使っています。鳥さんの手ぬぐいは他にも…「Rieko Oka(岡 理恵子)」さんのてぬぐい「小鳥」シリーズ。 2重織のガーゼなので鳥見の時の首回りの日よけとして使っています。 [続きを読む]