カジート さん プロフィール

  •  
カジートさん: バーのマスターが鬱病でごめんなさい
ハンドル名カジート さん
ブログタイトルバーのマスターが鬱病でごめんなさい
ブログURLhttp://ntrntr.hatenablog.com/
サイト紹介文バーのマスターですが婚約者の浮気で鬱病になっちゃいました。診断初日からの日々を日記的に記してます。
自由文鬱病と付き合いながら、仕事と日常をなんとか生きてる30代の記録です。
同じ病気で苦しんでる人や、鬱病って何ぞ?って人に読んで貰えたら幸いです。
または、不倫や浮気の最中にある人は、その行為のせいでこんな病気になっちゃった人もいるんだって感じで読むと、きっと面白いと思います。

その他プロフィール (about.me)
https://about.me/khajiitou
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/23 19:52

カジート さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 3/10 鬱病205日目 「五蘊常苦」
  • 随分と暇な一日だった。小さなバーなんていう個人事業を営んでいると、店が暇だった日はなんとも心に来るモノがある。なんだかんだでもうすぐ7周年になる僕のお店だけれど、それでもやっぱり暇な日はある。自分は、もしくは自分のお店は誰にも必要とされていないのだと、まかり間違ってそんな風に拗れた思考に入ってしまったら、あとは心に澱が沈むだけだ。そんな事では自営業などやっていられないのである。気分転換で済む物事は [続きを読む]
  • 2/17 鬱病183日目 「そしてまた減薬へ」
  • 今週の月曜日にかかりつけの心療内科に通院した。最近では通院のペースも下がり、4週間に1回通院している。先日の日記(※鬱病162日目)にも書いたが、減薬を進めていた治療だったけれど、どうにも不調が続いたことで、12月から薬の量を少し増やしていた。それで先日、医師は僕の調子を確認し、そしてもう一度減薬を進めることになった。断薬の一歩手前まで来たことになる。アモキサン1カプセルを1日1回。ロラゼパム1錠を1日 [続きを読む]
  • 2/2 鬱病168日目 「バーという場所の存在意義」
  • 半年ぶりに来店してくれた女性がいた。半年前に来店した時、彼女は、彼女自身の結婚式の寸前だった。結婚式へ向ける準備の煩雑さに対して少しばかりの愚痴を言ってたのを、僕はウンウンと聞いた記憶が有る。それから半年の間、Twitterなんかを通じて見えてくる彼女の新婚生活は、時に楽しそうで、時に愚痴なんかを言って、そしてやっぱり幸せそうで。僕は同じ半年を鬱で過ごしながら、僕とは正反対の光の景色のような彼女の生活を [続きを読む]
  • 1/27 鬱病162日目 「不治の病にはしたくない」
  • 順調に快復が進んでいると実感できていたころ、1日の投薬量も、ロラゼパム1錠が3回、アモキサン1カプセルが1回にまで減っていた。その後ブログの更新を控えていた時期と重なって、どうにも心の不調が感じられるようになり、その旨を医師に告げたのは12月の中頃だったろうか。医師によると「順調に快復しているように見えたのもあって、少し早く減らしすぎたかもしれませんね」という事だった。心の不調を訴えたことで、「投薬量を [続きを読む]
  • 1/25 鬱病160日目 「バーのマスターが鬱病でごめんなさい」
  • 今日はもう、起床した時から心の調子が良くなかった。いや、眠る前の数時間からずっと、海に沈むように塞いでいた。いつの間にか眠り、そして目が覚めても、心は塞いだままだったのだ。今日はもう店の営業は休もうかと、考えもした。それでもやっぱり簡単に休んじゃいけないと、そう気を振り絞ったのは、純粋に僕の職業意識からだった。自営のお店なんてのは、休もうが何しようが経営者の自由である。だからこそ簡単に休んじゃいけ [続きを読む]
  • 1/24 鬱病159日目 「監獄にいれられているような気分」
  • 諸事情によりブログの更新を控えなければならない状況なのである。毎日書いていたこの日記。いざ更新しなくなってみると、ただ日記をつけるという行為が、鬱病と言う病気とそしてまた自分自身の心の状況とを見つめるにあたって、どれだけ重要な行為だったのかと、なかなか痛烈に実感している。吐き出す先というものが必要なのだ。日記をかけなくなってから、つまりは吐き出す先がなくなってから、快復傾向だった鬱もリバウンドのよ [続きを読む]
  • 12/16 鬱病120日目「12月の朝方に」
  • 12/16 「12月の朝方の公園にて」確かに僕は油断していた。完治したわけでもなく、ただ減薬が進んだだけなのに、すっかり自分は鬱が治った気になっていた。僕はもう健常だなんて、そんな風に少しばかり浮かれてさえいた。それでも最近どうにも悲しい気分になることが多かった。「思い出し悲しみ」だなんて呼んでいた。鬱をぶり返す予兆かもしれないと少し不安にはなっていたものの、それでも、僕はもうすっかり良くなっているのだ [続きを読む]
  • 12/14 鬱病118日目「思い出し悲しみ」
  • 「思い出し笑い」という現象がある。後で何回も反芻して楽しめるのだから、それは随分とお得な現象だと思う。僕といえば、思い出してまで笑いたい記憶なんてここ数ヶ月全く無い。それどころか最近、不意に訪れる「思い出し悲しみ」にどうにも悩まされているのだった。事ある毎に悲しい記憶のフックに引っかかっては、思い出し悲しみが僕を支配する。あまりに頻繁なので、これはまさか病気がぶり返してしまったのかと、少し怖くなる [続きを読む]
  • 12/9 鬱病113日目「年末」
  • 毎日が寒い。冬だから当然なのだが、もうすっかり冬なのだと改めて認識させられると、何だか少し物悲しいモノがある。夏だと思っていたら冬だった、というくらいに、あっという間に冬になっていた。夏から秋を経て冬になる、その過程の記憶がどうにも曖昧なのは、きっと僕の心の防衛反応が、酷い鬱に沈んでいた時期の記憶を脳の奥底に押し込めてしまったからなんだろう。そうやって4ヶ月の記憶はすっかり失われたように、気づけば [続きを読む]
  • 12/8 鬱病112日目「ダイエットフェイズ」
  • 鬱病も随分快復し、闘病と呼べるほどの病気の実感はなくなってきた。これから先は、鬱に沈んでいた間に生じた様々な不都合に向きあうフェイズのように思う。闘病にかまけて…というのも変だけれど、色々と後回しにしてしまった事が多い。仕事の面においても、自分自信の事においても。治ってから考えようとおざなりにしてきた物事と、そろそろ向き合わなければならない。向きあうべき物事は多いけども、先ずはダイエットだ。薬 [続きを読む]
  • 12/7 鬱病111日目「減薬最終段階」
  • 診察だった。鬱病の問診スコアも前回に同じく、好調なものだった。減薬をさらに一段階進め、アモキサンが一日2回から1回、一日3回のロラゼパムが1回1mgのところを0.5mgに、そして睡眠前のリフレックスは打ち切られた。「様子を見て変わりがなかったら、次の診察で投薬をやめにしましょう」と医師は言った。次の診察は2週間後の月曜日、12月21日。このまま何も変わりがなければ、その日で診察も終わるのだろう。今回が最後の投薬で [続きを読む]
  • 過去の記事 …