維能辺シオン さん プロフィール

  •  
維能辺シオンさん: ビックリ探し:Amazing-Quest.com
ハンドル名維能辺シオン さん
ブログタイトルビックリ探し:Amazing-Quest.com
ブログURLhttp://amazing-quest.com
サイト紹介文経営学…それを知るためには人間を知らなければなりません。多岐にわたる読書レビューを中心に情報発信中。
自由文いろいろなことを探求し、それを世の中に還元する。結果として、それがイノベーションと呼ばれるようになる。でも、ただ僕は「Amazing!」と言ってもらいたいだけ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供392回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2015/09/24 01:24

維能辺シオン さんのブログ記事

  • MS Access で not in をしたい場合
  • 本来の業務ですと、大型のデータベースを使って、SQLを駆使して必要なデータを抽出するわけですが、大学院の研究案件でちょっとしたデータなので、マイクロソフトのAccessでデータ操作・編集をしています。ところが・・・このSQLが本当に変わっていて、not in なんてしようものなら、私のPCで32GBのメモリを積んでいるのですがそれですら、固まってしまいます。ですが、たとえばMy SQLなどを使ってデータベースを作るのも時間がか [続きを読む]
  • RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~
  • 著者:安部 慶喜、金弘 潤一郎 … RPA(Robotic Process Automation)のことですが、どこまでできて、何ができないのか、どこまでならいくらくらいできて、ここからはいくらないとできないのか?費用対効果のイメージを自分なりに整理したと思います。(Inobe.Shion)内容紹介先進8社の実践的取り組みに学ぶ――――――――――――――――?RPAのソフトウエアロボットによる業務の自動化ロボットと共に働くオフィスは未来ではな [続きを読む]
  • 5人のプロに聞いた! 一生モノの 学ぶ技術・働く技術
  • も。編:阿部正治、前川孝雄 … 社会に出ると必要なのに体系的に学べていない技術。それらについて、5人のプロがエッセンスを披露。早く学べば、それだけ得るものも大きくなるはず。若い人にも是非伝えたい技術です。(Inobe.Shion) 内容紹介自ら課題を見つけ,解決できる人になる大学で学ぶための技術と社会で働くための技術は同じもの──労働経済学者と人材育成コンサルタントが,プロとの対話からその極意を引き出す。楽しく読 [続きを読む]
  • 多動力
  • 著者:堀江 貴文 … 「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことと堀江さんは言います。そしてこの「多動力」、これからの時代にこの力が最も必要な能力だと言います。具体的にどんな力なのでしょうか。内容紹介堀江貴文のビジネス書の決定版! !一つのことをコツコツとやる時代は終わった。これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の?タテの壁?が溶ける。このかつてない時代の必須 [続きを読む]
  • 成功企業に潜む ビジネスモデルのルール
  • 著者:山田 英夫見えないところに競争力の秘密がある・・・というサブタイルで、表面的な模倣可能な部分と、見えない模倣不可能というか、なかなか気づかない肝のところを詳しく説明してくれています。(Inobe.Shion)内容紹介本当に強いビジネスモデルは、秘匿される――すぐ真似できる表面ばかり見ていませんか?「見えないビジネスモデル」が真の強さを決める時代。その謎に挑んだ早稲田大学ビジネススクール教授が、競争優位の [続きを読む]
  • 考える練習帳
  • 著者:細谷功 … 「地頭」での著作が多数ある細谷さんの作品。こちらもその流れを組むもの。AIの時代に「考える」ことの重要性、思考停止にならないための方法が書かれています。(Inobe.Shion)内容紹介あなたは自分の頭で考えていますか?AIがあらゆる職場に浸透する日も遠くないかもしれません。そんな時代に私たちに必要とされるのが「自分の頭で考える力」です。本書は思考法の第一人者が、主に若い世代に向けて「自分の頭で考 [続きを読む]
  • 【MODELER TIPS】K-Means法の初期値
  • 非階層的クラスター分析のK-Means法ですが、同じデータセットであっても初期値の違いで結果が異なります。そして、そういう特性を知って、何通りかでクラスタリングすべきなのですが、ModelerのK-Meansにはそのオプションがないんですね。さてどうしたもんか・・・・。どうやら、データセットの最初の1行を初期値とするようなのです。だからを変えるためには、初期値を変える=データセットの1行目を置き換える ですので、影響度の [続きを読む]
  • データ分析をマスターする12のレッスン (有斐閣アルマBasic)
  • 著者:畑農 鋭矢、水落 正明 … 有斐閣アルマのシリーズはよく読みますが、4つのグループに分けられていますが、こちらは「Basic」。実際に非常に基本的で高校で習うくらいの知識を実際に仕事などで使うことを想定しながら、大学の教養で学ぶための教科書(かなり初歩的)という感じです。(Inobe.Shion) 内容紹介【データ入手の方法から分析まで】定量的なデータ分析を行うためには、まず関心のあるデータをどこから入手するのか [続きを読む]
  • 近大革命
  • 著者:世耕石弘非常に楽しく読めるマーケティング読み物です。特に関西在住の方はリアリティがあると思います。(Inobe.Shion)内容紹介10年で受験生2倍! 総志願者数4年連続日本一!今最も注目される改革のキーマンがすべてを語った!少子化で18歳人口が減少する中、この10年で受験生の数を2倍に伸ばし、今や早稲田や明治を抜いて4年連続で総志願者数全国一位を続けているのが大阪にある近畿大学です。かつてはバンカラと体育会のイ [続きを読む]
  • 京大式DEEP THINKING
  • 著者:川上浩司 … 「考える」ことの大切さ。再認識できます。「考える」ときのプロセスに注意を向けることの大切さ、「考える」ことは未来への大きな一歩なのだと。(Inobe.Shion) 内容紹介☆現役・京大デザイン学教授による、思考本の決定版!☆もうわかったつもりで終わらない「考え抜く秘訣」とは?☆考える力を深めるエッセンスは、一本の「〇○」に秘められていた!☆問題解決能力を高める「一点集中思考」を京大教授が初伝授! [続きを読む]
  • ロボット法?AIとヒトの共生にむけて
  • 著者:平野 晋 … ハリウッドのsci-fi作品を例にしながら、色々なロボットを紹介してくれながら、ロボットに関しての視点を提供してくれます。理論立てられた説明は非常にわかりやすく、読みごたえがあります。(Inobe.Shion)内容紹介ロボットを人間社会に迎え入れるために、今から考えておくべきこと。近年における人工知能(AI)技術の急速な発展に伴い、これまでSF作品の中だけの話だった「ロボットとの共生」が、現実味を帯びつ [続きを読む]
  • 自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング
  • 著者:アラン・ピーズ,バーバラ・ピーズ … まさに「ブレイン・プログラミング」。夢を叶えるためのプログラムの作り方が丁寧に書かれています。今まで多くのこの類の本を読みましたが、これは腹落ちする部分が多かったです。(Inobe.Shion)内容紹介★日テレ系「世界一受けたい授業」に著者が出演、大反響!!「脳をだまして悩みを解決! 世界的ベストセラー作家の脳科学授業」★世界累計2700万部を叩き出した『話を聞かない [続きを読む]
  • ベンジャミン・フランクリンの「十三徳」
  • ベンジャミン・フランクリンの「十三徳」をご存知でしょうか?彼が毎週一つをテーマに生活していたという戒めの言葉です。そしてこの13ですが、1年が52週なので、1年で4回回せるということです。01. Temperance: Eat not to dullness and drink not to elevation.・節制:飽くほど食うなかれ。酔うほど飲むなかれ。02. Silence: Speak not but what may benefit others or yourself. Avoid trifling conversation.・沈黙:自他に益 [続きを読む]
  • 人に何かを伝えるとき
  • このブログもかなりのコンテンツを書き溜めてきました。よく見られているページをお知らせるすると、下記のページが人気がありよく見られています。●トヨタのPDCA+F 世界No.1企業だけがやっている究極のサイクルの回し方 ●「OGSM」って知ってますか? どちらもフレームワークに関するもので、最近聞いたセミナーの話もあわせて、「人に何かを伝えるとき」に関して少し話したいと思います。このOGSMというのは、「Objective:目的 [続きを読む]
  • 17の持続可能な開発目標(SDGs)
  • SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGs(エス・ディー・ジーズ)と読みます。2015年9月、全国連加盟国(193国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択しました。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」です。SDGsは、ミレニアム開発目標で十分 [続きを読む]
  • 最近よく見る略称たち・・・
  • 最近よく見る略称たち・・・・「あっ、うーん、思い出せない。何だっけ?」・・・というやつです。まさに、備忘録です。ESG:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。企業の価値を測る尺度としては、業績や財務の情報などが主流になっていますが、それだけでは企業経営の持続可能性を判断するには不十分。そこで、環境・社会・ガバナンスといった非財務情報を企業評価に取り入れよう [続きを読む]
  • やらない後悔・・・
  • やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる林真理子さんの言葉です。私も去年転職し、そのあとに何人かから相談を受けましたが、この言葉を捧げるようにしています。そして、煽るつもりは毛頭ないのですが、しっかり自分の棚卸をすることをまず進めますが、それができればあとはこの言葉をどう感じるか・・・。人生100年といいますが、長いのか?短いのか?いずれにしてもあなたのあな [続きを読む]