なんじゃいな さん プロフィール

  •  
なんじゃいなさん: なんじゃいな
ハンドル名なんじゃいな さん
ブログタイトルなんじゃいな
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sosakukan
サイト紹介文おもしろおかしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/24 02:12

なんじゃいな さんのブログ記事

  • 歌手になりたいねん
  • 高知の展示会場でお母さんときた女の子、美人やないけど目が合うと笑みになった。なんとも可愛い。お母さんが離れた。こんにちはと声かけた。「こんにちは」ぺこっと頭を下げた。その仕草も透明やった。「何年生?」「4年生」「なにになりたいですか」。しばらく俺の顔見たあと「ひみつやで」と、小声に。頷いて彼女の口元に耳をやった。「あのな、歌手になりたいねん」「お父さんお母さんに相談したか?」「まだ」「相談しいや [続きを読む]
  • 毎日が恐怖
  • 日本大学とボクシング連盟の独裁者で騒がしい。独りが権力持って長年その位置に座ると、そうなる。しかも無教養無品格者が上にきて、本能のままに動くから、益々増上慢に。評論家も「全体がひとつになって立ち上がれば」て、無責任な台詞吐いてるけど、そんなトコで仕事した経験ないから言えるねん。下全体が組んでもそのなかに必ず裏切り者が出る。睨まれたらクビ。家族は干上がる。再就職先はない。年金も影響する。下は辛 [続きを読む]
  • どんな味がしましたか
  •  いちご狩りでいちご食べた大人に「どんな味がしましたか」てきいたら、「うん、おいしい」とか「この甘さに言葉はありません」、「いやぁ〜、みずみずしいですね」、「甘くて、味が濃いです」ていうふうなコメントするやろう。夕べ、幼稚園児のいちご狩りがテレビのニュースで流れた。女性レポーターが、園児のひとりにマイク向けて「どんな味がしましたか」て、きいた。「いちごの味がした」。園児のこたえは大正解。そらそやろ [続きを読む]
  • ファンの台詞
  • 2018サッカーワールドカップロシア大会日本・ベルギー戦で、日本は敗れた。試合が終わって選手や監督のインタビューきいてて、よくやった、て感動してた。ところが長友選手「負けて、すみません」かと思いきや「やるだけやりました。これで胸張って帰ります」。2011女子サッカーワールドカップドイツ大会で優勝したなでしこジャパンなら「胸張って帰ります」はわかる。試合で負けたのに「胸張って」は、違う。うなだれ [続きを読む]
  • いろんなお客さん
  • 出張先の展示会開催中、いろんなお客さんがきてくれた。新渡戸稲造の孫の新渡戸稲子さんはお爺さん似のふっくら上品お婆ちゃんやった。田中角栄の2号は秘書やったけど3号がきてた。美人やった。橋本竜太郎の女秘書もきた。仕事抜きで話すうち裏の話もしてくれた。見るからに賢そうで、やっぱり賢かった。会社が雇ったショーで時代劇女優の土田早苗もきた。きれいで、社員は握手、サインと騒がしかった。秋田で同じホテルに、 [続きを読む]
  • 社長の横顔
  • 商品の抜き打ちや試作品作ったりする検品場で仕事するおばちゃんが、ハサミが切れんの訴えに、雇われ社長が直ちに反応した。「ハサミはこうやって研ぐんだ。憶えとけ」ばらして砥石で研ぎ始めた。大工仕事やペンキ塗り、植木の水やり、コンクリート壁の補修など、頭遣わん肉体仕事大好き社長、一生懸命水かけては研ぎ、研いでは空かしてまた研いだ。その横顔は、情けない表情やった。実家は金があるのにその金積んでも学力不足 [続きを読む]
  • 強い奴はおるで・その7
  • OB会で久しぶりに、元キックボクサーの営業部長に会うた。「まだ喧嘩してるか」てきくと「このまえ夜中、急に外が騒がしくなったんで出てみると、息子が3人のチンピラに囲まれてた。一歩進んだら息子が『親父がはいったら、殺しかねんから下がってくれ』て言われたから止まったんや。そのあとすぐ3人が道に転がったわ。痙攣起こしてるそいつら、元に戻らんやろな。息子?  拳法の師範や」やて。親も子も強い。忠告しとく「自 [続きを読む]
  • にっぽん卑怯
  •  2018・6、サッカーワールドカップロシア大会で、日本が決勝Tに行けるのは、勝つか引き分け。日本はポーランドに0-1で負けてる最中、コロンビアがセネガルに勝ったん知って、試合終了間際ボール回した。観客からブーイングと勝負事はこれでええ、いや卑怯の賛否両論。サッカー選手は「サムライ・イレブン」。WBCも「さむらいジャパン」で、このとき選手は不参加発表後、参加に変更。武士は食わねど高楊枝、武士に二言なし [続きを読む]
  • 断りまっせ
  • フェイスブックに、毎日友達リクエストがはいる。基本データ開くと何も書いてないのもあれば、きっちり載せてるのもある。写真も、あったりなかったり。即「削除」は、裸、刺青、筋肉見せのアホ面。そんなトコしか自己表現でけん奴には、友達リクエストされてもOKはせん。「ミス田舎の姐ちゃん」て思わせるような女が水着写真添えて「わて、きれいやろ」や「リクエストかけて断られたことないねんで」がみえみえの自信過剰美人 [続きを読む]
  • 証拠ありますか
  • JR八戸駅を出ると30代の、自転車旅行してる人がいた。俺も昔は単車の旅で多くの人に世話になった。お返しの意味で、そんな人見ると差し入れするか飯でもと声かけてきた。この日も、旅ですか、から「わたしも昔は独り旅して」で、飯でもと話を継ごうとした途端、「証拠ありますか」て、きかれた。そんな質問初めてやし、何もないので首振ると、「だったらいい加減なこと言わないで下さい」て怒ると、駅舎の売店へ行ってしもた [続きを読む]
  • 初戦が大事
  • 2018サッカー、ワールドカップ、ロシア大会が始まった。日本は初戦6月19日コロンビアと。で、解説者と評論家と実況中継アナと出場選手とファンがなにを言うか。「初戦が大事」。試合前、どいつもこいつも昔からずっとこれ。対戦相手がランク上か下でも勝つのが難しいとなると、これもなにを言うかというと「相手キャプテンの○×が、怪我で」「相手ディフェンスの□△のひとりが新人で」「ピッチが日本と違って」。次回 [続きを読む]
  • ×→○に
  • ええ印象やったのに、悪いほうになってしもうた奴ておるな。例えば宮沢りえ。映画『たそがれ清兵衛』の朋江役で○やったのに×に。ヌード、サッカー選手、相撲取りとの浮名、離婚でまた×。不倫、再婚、助平で×→×。女子サッカー選手Sの刺青知ると、こっちも○→×。NHK朝ドラ『マッサン』のエリー役シャーロットも裸になる、軽い言動でこれも○→×。徳川家康も元和偃武や環境保護に功績があったのに、豊臣騙して○→×。こ [続きを読む]
  • 他人の視線
  • サービスエリアで休憩してたら、バイク集団が排気音けたたましく隣に停めた。どれも、ハーレー。二輪もあればトライクもある。乗り手は肥満、痩身、ふつうといろいろ。ヘルメットとったらハゲにヒゲに深い皺と、これもいろいろ。若い頃は仕事一筋で暇なしやった。60過ぎて余裕がでけたか、憧れを現実にしたものの、独りで乗るには度胸もないし、ちょい恥ずかしい。バイク雑誌で仲間集めて走ってるか。フル装備で300万は越 [続きを読む]
  • 別れるときは
  • 行ってらっしゃい、行ってきます、またな、で家族と別れるとき、親戚友人知人同士が別れるときなどは気分よく、後悔のない覚悟を持ってせい、とだけは言えるな。もう35年以上もまえになるか、親父が嫌いで口きくことは少なかった。ある夏の日、親父が風邪をひいて寝込み、頼まれたのでかかりつけの診療所で薬を貰うてきた。枕元で飲み方を説明すると「すまんな」と、親父。それから4時間後、心臓麻痺で死亡した。親父の最後 [続きを読む]
  • プロの仕事
  • 映画でなってないシーン。『シェーン』で酒場の喧嘩でシェーンの殴り方、『椿三十郎』で斬られた相手の血が出過ぎ、『七人の侍』で斬られてるのに着物が切れてない。なってるシーンは『幸せの黄色いハンカチ』で、たこ八郎が武田鉄也と高倉健を殴る場面は、さすがプロボクサー。『ノーカントリー』でピックアップトラックの運転手が狙撃される場面……。金とって映画見せる以上、殴り方がなってない、着物が切れてない、のクレー [続きを読む]
  • ピントずれ
  •  アメリカンフットボール事件が騒がしい。ひと月近く経って関東学連が重い腰あげて、しかも天下獲ったみたいに、監督コーチ除名、選手は残された道が……やて。あの試合終わった時点でビデオ観て、注意・処分・指導せんと、マスコミが取り上げて世間が騒ぎ出してから慌てて動いとる。それも、日大監督コーチ呼んで「こう言うてるけどビデオはこうなってまっせ」「ああ言うてるけど選手はこう言うてるやんか」など、直接訊きもせん [続きを読む]
  • U-TUBEはU-TUBEか
  • U-TUBE開いて、題名でも歌手でも歌詞でも歌詞の一部でも入れたら、すぐ出てくる。ちょい昔は図書館に行ったり放送局にはがき出してきいてたりしてたんが、いまは、ワン でわかる。便利になったもんやで。但し、メロディが流れてきたからそれで楽しめるかてなると、これがあかん。メロディだけやからや。やっぱり音楽聴くにはチューナー、プレイヤー、アンプ、スピーカーなんか通さんとあかん。そしたらピアノとかドラム [続きを読む]
  • おぬしもワルよなあ
  • 福島原発の汚染水をふつうに海に流すと県や自治体、漁協から文句を言われる。そこで、適当な素材ですぐに錆や緩みがきて漏れ始めるのはわかってるのを承知で敷地内にタンク作って処置したように見せる。そのうち汚染水が海にじわじわと滲み出る。【覆水盆に返らず】会見の度に違う東電の社員がぬっと現れて、補修してございましたが、あの個所は見抜けませんでした、今後はさらに注意して点検補修して参ります、誠に申し訳ござ [続きを読む]
  • 禅のような演奏
  • 最近の、若手ジャズピアニストは日本人も含めてえらいスピードで演奏するのが流行で特徴か。経歴も□△音楽院卒業、○×国際音楽コンクール賞やグラミー賞獲っていま新鋭のとか、斬新、天才、神がかりとか称されて活躍してんのは嬉しいとしても、ばりばり弾いてるだけにしか聴こえへん。いっぺん、デューク・エリントンとレイ・ブラウンのデュエット『Things ain’t what they used to be』聴いてみ。一切の無駄を省いた、禅に [続きを読む]
  • 蓮の花
  • 万博公園日本庭園で蓮の花が咲いてた。泥に根を張ってきれいな花咲かせるから、感動する。「きれいで」「見事やわ」「太陽に光って、ホンマきれいなぁ」、きれい見事の言いっ放しで眺めてたら、「次、行こう」ぶさいくな嫁が催促した。それでも「阿弥陀さんが座るだけのことはある」離れようとせんかった。「いま力入れて見んでも、もうすぐゆっくり見れる」て、嫁。感性ないのに頭きて「先に行っといて」て、言うた。「どこに [続きを読む]
  • ブルカ着る理由
  • 1971年にドイツの友達が結婚して、アフガニスタンへ新婚旅行に行った。トイレに行って戻ってくると、ジーンズにTシャツの嫁が男どもに囲まれてた。このまえ評論家が「イスラム国で女がブルカを着るのは、差別ではなく気候から身を守るため」て、説明してた。シルクロードで交易が盛んやった時代、行きかう商人や強盗なんかがイスラム国の女を蹂躙したのでブルカを着せた、て俺は本で読んだ。本当は、中東地域は砂漠でなにも [続きを読む]
  • 電磁波と電磁界
  • 部屋、トイレで携帯メールしても「送信しました」の表示が出る。電波は壁や身体を突き抜けて中継塔まで飛んでゆく。反対に受信も。電線は3.000V、送電線は30.000V〜70.000Vで電線から電磁波が放出されてる。「小児白血病に関連性がある」から、スウェーデンでは送電線から400メートル以内は居住禁止。日本は調べもせんと「影響おまへん」やて。中国と一緒でなんでも真似する日本が、こういうことはせんみた [続きを読む]
  • プロ野球名選手
  • プロ野球選手城島捕手は、しゃがんだまま一塁に投げるし、クロスプレーでも生命かけてアウトにする。もちろん、盗塁刺しもうまい。引退したときは、もっと見たかったのに残念、まだいけるやろ、て思うた。名選手やったな。あと、各ポジションでの名選手て言うたら投手・野茂英雄、二塁手・菊池涼介、遊撃手・吉田義男、ライト・イチローか。三拍子揃うた超一流はイチローのみ。一塁手、三塁手、レフト、センターは該当者なし。 [続きを読む]
  • 作り手の作業
  • ブログやツイッターは日本語で書く。本も、日本語で読む。読者はそのとき、呼吸してる。呼吸しながら読むという動作は、吸うたときに読点「、」がきて、吐いたときに句点「。」、あるいは改行とか「 」、『 』なんかがくると、疲れずに読める。喋りにしてもヘンな個所で読点入れる池上氏、安倍首相のように文になってない上に読点を入れ過ぎると不快になる。TVのコメンテーターと称する方々の早口もまた聞きづらいし疲れる。 [続きを読む]
  • 飲み食い旅
  • 日曜朝の旅番組はテーマもなく芸術歴史文化的な場所も行かず、何を学んだかもなしに食うてばっかり。白魚の躍り食い→マテ貝の天ぷら→羊かん→地元で有名な駅弁と寿司→パン屋でカレーパン→カツオの造り→飛び魚の魚うどん。たった30分の番組で8回も食うてた。今週も焼き鯛→造り→まぐろの角煮→わかめまぐろギョーザ→あかもく→わらさの造り→農園直売所で大根と白かぶ丸かじり→レストランで春野菜のスパゲッティ→野 [続きを読む]