宅建士 さん プロフィール

  •  
宅建士さん: 宅建士試験 過去問題・解答 オンラインweb勉強講座
ハンドル名宅建士 さん
ブログタイトル宅建士試験 過去問題・解答 オンラインweb勉強講座
ブログURLhttp://luckys4903.wp.xdomain.jp/
サイト紹介文平成27年度宅建士試験に向けて 問題・過去問を解説付きをネット掲載 宅建士合格へ向けてweb講座
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/09/24 18:18

宅建士 さんのブログ記事

  • 土地基本法・行政法規5
  •  土地基本法(○?問題)・土地基本法に関する問題土地についての基本理念に係る責務は、国及び地方公共団体並びに事業者の責務だけでなく、広く国民一般についても課せられている。 解答・解説 >>■ 解答を確認する ■ 正解.【○】土地についての基本理念に係る責務は、国及び地方公共団体、事業者はもちろん、広く国民一般についても課せられている(土地基本法第6条第1項、第7条第1項、第8条第1項) [続きを読む]
  • 土地基本法・行政法規4
  •  土地基本法(○?問題)・土地基本法に関する問題国及び地方公共団体は、適正な土地利用の確保を図るために必要な措置を講ずるにあたっては、需要に応じた宅地の供給の促進が図られるよう努めるものとされている。 解答・解説 >>■ 解答を確認する ■ 正解.【○】国及び地方公共団体は、適正な土地利用の確保を図るために必要な措置を講ずるにあたっては、需要に応じた宅地の供給の促進が図られるように努めるものとする。( [続きを読む]
  • 土地基本法・行政法規3
  •  土地基本法(○?問題)・土地基本法に関する問題国及び地方公共団体は、土地の投機的取引及び地下の高騰が国民生活に及ぼす弊害を除去し、適正な地価の形成に資するため、土地取引の規制に関する措置その他必要な措置を講ずるものとされている。 解答・解説 >>■ 解答を確認する ■ 正解.【○】国及び地方公共団体は、土地の投機的取引及び地価の高騰が国民生活に及ぼす弊害を除去し、適正な地価の形成に資するため、土地取 [続きを読む]
  • 土地基本法・行政法規2
  •  土地基本法(○?問題)・土地基本法に関する問題土地は投機的取引の対象とされてはならないとされており、投機的土地取引に関わる契約は無効である。 解答・解説 >>■ 解答を確認する ■ 正解.【?】土地は投機的取引の対象とされてはならない(土地基本法第4条)が、投機的土地取引に関わる契約を無効とする旨の規定はない。 [続きを読む]
  • 土地基本法・行政法規
  •  土地基本法[○?問題]・土地基本法に関する問題国及び地方公共団体は、広報活動等を通じて、土地についての基本理念に関する国民の理解を深めるよう適切な措置を講ずるものとされている。  解答・解説 >>■ 解答を確認する ■ 正解.【○】国及び地方公共団体は、広報活動等を通じて、土地についての基本理念に関する国民の理解を深めるよう適切な措置を講じなければならない。(土地基本法第6条第2項) [続きを読む]
  • 見込地・移行地
  •  見込地・移行地(S48-2)見込地と移行地の概念を説明し、次に、これら両地域の地域要因の把握について述べなさい。類題(1)S44-4宅地と宅地見込地との差異を述べなさい。類題(1)H6-2見込地と移行地について、次の問に答えなさい。 (1)不動産の種別の相違について述べなさい。 (2)個別的要因について述べなさい。 (3)同一需給圏の判定にあたって、特に留意すべき事項について述べなさい。■解答上のポイント見込地 [続きを読む]
  • 鑑定評価の社会的・公共的意義
  •  鑑定評価の社会的・公共的意義(H2-2)不動産とその価格の特徴を説明するとともに、不動産の鑑定評価の必要性と社会的公共的意義について簡潔に述べなさい。類題(1)S42-3不動産の鑑定評価のもつ社会的公共的意義について論じなさい。■解答上のポイント不動産の鑑定評価とは、その対象である不動産の経済価値を判定し、これを貨幣額をもって表示することであるが、換言すれば、合理的な市場で形成されるであろう市場価値を表 [続きを読む]
  • 鑑定評価の本質・必要性
  •  鑑定評価の本質・必要性(S52-1)『不動産鑑定評価基準」は、「不動産の鑑定評価とは、合理的な市場で形成されるであろう市場価値を表示する価格を、鑑定評価の主体が、的確に把握することを中心とする作業である」と述べている。この文章について、次の問に答えなさい。(1)「合理的な市場」とは、どのような市場を意味していますか。(2)「合理的な市場」と「現実の市場」との相違点を述べなさい。(3)不動産鑑定士等が [続きを読む]
  • 価格の特徴③
  •  価格の特徴(S61-2)土地には、地理的位置の固定性、用途の多様性等の特性があるために、土地の価格は他の一般諸材の価格と異なる特徴を持っていると言われているが、その特徴とはどのようなものか述べなさい。 解答上のポイント土地は、その持つ特性によって、他の一般の諸材と著しく異なるものである。不動産はこのような土地と不可分の関係にあって、土地を離れてはあり得ないので、土地の特性の効果は当然に不動産にも及ぶこ [続きを読む]
  • 価格の特徴②
  •  価格の特徴(S50-1)「不動産鑑定評価基準」は、不動産の価格につき、「今日の価格は昨日の展開であり、明日を反映するもの」であると述べていますが、この考え方をもとづいて、次の問に答えなさい。(1)最有効使用の原則にいう「最有効使用」とはどのように解釈されるべきですか。(2)収益還元法の適用にあたってはどのような点に留意すべきですか。 解答上のポイント永続性や用途の多様性などがある不動産が今日までどのよ [続きを読む]
  • 価格の特徴①
  •  価格の特徴(S51−6)不動産鑑定評価基準によれば、「不動産の価格と賃料との間には、いわゆる元本と果実との間に認められる相関関係を認めることができる。」と述べられていますが、この場合の相関関係とはどのようなものですか。また、不動産の適正な価格を求めるためにこの関係を利用する上で留意すべき事項について述べなさい。<類題>(H2-4)不動産の価格と賃料の関係について説明するとともに、賃料の価格時点及び算定 [続きを読む]
  • 不動産の地域性②
  •  不動産の地域性②不動産の地域性に関する次の問に答えなさい。(1)不動産鑑定評価基準における「地域の種別」について、種別の例示をいくつか挙げ、また、留意すべき事項を含めて説明しなさい。(2)不動産鑑定評価基準における「用途的地域」について、説明しなさい。(3) (1)及び(2)と関連して、不動産の地域性について述べなさい。解答上のポイント鑑定評価にあたって不動産の存する地域の種別を細分化し、地域分 [続きを読む]
  • 不動産の地域性①
  •  不動産の地域性①不動産の鑑定評価における「地域」について次の問に答えなさい。(1)他の一般の諸材と異なる特性である「不動産の地域性」について述べなさい。(2)不動産の価格を形成する要因のうち一般的要因の地域的な指向性あるいは偏向性について説明しなさい。解答上のポイント(1)不動産の地域性とは、地域の内部において、個々の不動産は、その働きからみて、それぞれの地域と緊密に結びついていると同時に、この [続きを読む]
  • 個別性と代替の原則
  •  個別性と代替の原則(S58−1)不動産の自然的特性の1つである個別性(非同質性、非代替性)と不動産の関係に関する諸原則の1つである代替の原則を説明し、両者の関係について論じなさい。解答上のポイント 自然的特性→地理的位置の固定性、浮動性(非移動性) ?永続的(不変性) 固定的であって硬直的不増性 土地の特性個別性(非同質性、非代替性) 人文的特性→用途の多様性(用途の競合、転換及び併存の可能性) ?併 [続きを読む]
  • 価格の二面性
  •  価格の二面性(S54)不動産鑑定評価基準によれば、不動産の価格は二面性を持つものであるとされるが、それについて次の問に答えなさい。【1】不動産の価格の二面性とは何を意味しているか述べなさい【2】一般に諸材の価格の二面性と異なる点があるが、またあるとすればどのような点が異なっているかについて述べなさい。解答上のポイント<不動産の価格の二面性>不動産の価格の二面性とは、不動産の価格と自然的、社会的、 [続きを読む]
  • 不動産の相対的希少性
  •  不動産の相対的希少性(S56)不動産の相対的希少性について次の問に答えなさい。1 それはどのようなものをいうものですか。2 それは不動産の価格とどのような関連性を持っていますか。3 鑑定評価上それをどのように取り扱えばよろしいか。回答上のポイント【1】不動産の価格不動産の価格は三者の相関結合によって生ずる不動産の経済価値を貨幣額をもって表示したものである。 その不動産に対して我々が認める効用収益性収 [続きを読む]
  • 最有効使用の判定 Q38
  •  最有効使用の判定(平成25年度)下記の建物及びその敷地の最有効使用の判定に際しての検討諸元及び与件にもとづき、その最有効使用の判定結果に対応する経済価値として適当なものは、次のうちどれか。<建物及びその敷地の最有効使用の判定に際しての検討諸元及び与件>(検討諸元)1 現実の建物の用途等を継続する場合の経済価値 10億円2 用途変更後における価値上昇分 2億円3 リニューアル後における価値上昇分 1億 [続きを読む]
  • 賃料差額還元法 Q37
  •  賃料差額還元法(平成25年度)借地権の鑑定評価に当たり、借地権の設定契約に基づく賃料差額のうち取引の対象となっている部分を還元して得た価格を求めた。計算結果として正しいものは、次のうちどれか。基礎価格 5,000万円 期待利回り 5% 還元利回り 6% 公租公課 50万円(年額) 実際支払賃料 100万円(年額) 取引の対象となる割合 90% [前提条件] 賃貸人の必要諸経費は、公租公課のみとする。1 2,500万円2  [続きを読む]
  • 断層別効用比 Q36
  •  断層別効用比(平成25年度)対象不動産は、都心へのアクセスが良好な、郊外のターミナス駅至近に所在する、新築後7年を経過した店舗付マンションの604号室である。1階は店舗で、土地所有者が等価交換により取得したものである。2階以上は、すべて分譲された住戸で、投資用不動産としての需要もあり、即日完売した。2階以上の各階層内の住戸配置は共通である。原価法を適用において、一棟の建物及びその敷地の積算価格に係る [続きを読む]
  • エンジニアリング・レポート Q35
  •  エンジニアリング・レポート(平成25年度)証券化対象不動産の鑑定評価において活用すべき標準的なエンジニアリングレポート(以下、ER)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものをすべて掲げた組み合わせはどれか。イ ERの再調達原価とは、不動産鑑定評価基準の再調達原価とおおむね同義であり、設計・工事管理費等を含むものである。ロ ERには地震リスクに関する分析が含まれており、また、建物状況調査の項目に [続きを読む]
  • 証券化対象不動産に係るDCF法 Q34
  •  証券化対象不動産に係るDCF法(平成25年度)証券化対象不動産に係るDCF法の適用等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 1棟の建物が高層店舗付事務所ビルである区分所有建物及びその敷地の鑑定評価において、共用部分に係るアンテナ設置収入については、1棟全体の本来的な収益性を反映するため、価格時点現在における対象専有部分への収入配分の有無に関わらず、対象専有部分への帰属を想定の上、その他収入とし [続きを読む]
  • 証券化対象不動産の鑑定評価 Q33
  •  証券化対象不動産の鑑定評価(平成25年度)証券化対象不動産の鑑定評価に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものをすべて掲げた組み合わせはどれか。イ 証券化対象不動産の鑑定評価において活用すべきER(エンジニアリングレポート)について、そのドラフト版の提示を受け、その後、当該内容が最終版と相違ない旨、依頼者又は作成者から書面による報告があった場合には、当該ドラフト版を活用して鑑定評価を行う [続きを読む]
  • 証券化対象不動産の鑑定評価 Q32
  •  証券化対象不動産の鑑定評価(平成25年度)証券化対象不動産の鑑定評価に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものをすべて掲げた組み合わせはどれか。イ 各論第3章に定める証券化対象不動産については、従前に鑑定評価が行われたものを再評価する場合であっても、各論第3章に従って鑑定評価を行わなければならない。ロ 証券化対象不動産とは、資産の流動化に関する法律に規定する資産流動化に係る不動産取引、 [続きを読む]
  • 証券化対象不動産の個別的要因 Q31
  •  証券化対象不動産の個別的要因(平成25年度)証券化対象不動産の個別的要因の調査等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 証券化対象不動産の鑑定評価において、依頼者よりエンジニアリング・レポート(以下ER)の提出がない場合においても、鑑定評価に必要となる専門性の高い個別的要因に関する調査についての不動産鑑定士の判断等の項目に係る内容を鑑定評価報告書に記載しなければならない。2 証券化対象 [続きを読む]
  • 証券化対象不動産に係るDCF法 Q30
  •  証券化対象不動産に係るDCF法(平成25年度)証券化対象不動産に係るDCF法の適用等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 DCF法による価格及び直接還元法による価格は、理論的には同水準となるはずであり、両者に大きな開差がある場合においては、DCF法における安定稼働期等の標準的な収支年度における収支査定値と、直接還元法において、標準化された収益及び費用を採用した場合における収支査定値とを比較する [続きを読む]