のん さん プロフィール

  •  
のんさん: 迷晴れFX
ハンドル名のん さん
ブログタイトル迷晴れFX
ブログURLhttp://mayohare-fx.com/
サイト紹介文FX初心者の迷いを解消、プライスアクション(ライントレード)を軸にチャート読解力をつけるブログ。
自由文相場は値段から値段へと動きます。そのプライスアクション原理を学べばシンプルかつ強力なトレードスキルが身につきます。FX初心者が勝てるようにならない最大の理由は、平均値インジケーターによる必勝法の探索など、ほとんど無益な情報に振り回された末、近視眼になり、学ぶべきことを学べていないからです。チャートが語る、最も信頼できる「値」という情報に絞り、検証、ルール化することが勝ち組への最短ルートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/09/25 13:41

のん さんのブログ記事

  • 【迷晴れボックス#54】ラインブレイクの解釈
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、”負けトレード”を考察、トレードの疑問にテクニカル・メンタルの両面からお応えします。エネゴリさんの負けトレードはじめまして。エネゴリと申します。現在、30歳で仕事をしながら小遣い稼ぎのつもりで21歳の頃からfxをやっております。10万円からの少額から始めて7万円〜15万円の間を推移しながら、なかなか技術が向上せず独学でやっています。一ヶ月前から迷晴さんの動画を見だし [続きを読む]
  • 【週ナビ#201】負けパターンの今昔
  • 週刊チャートナビ(2018.09.10〜2018.09.14)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点昔の負けパターンを思い返してみると、”迷晴れボックス”の投稿内容と被るところがとても多いことに気づく。一言でいえば、環境認識不足。自転車に乗る練習をしたとき、”下”ばかりみて転んだのを想い出す。チャートの右側に未来を見てるつもりが、地面を見ちゃってるわけだ。やは [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#53】才能は孤独な時間に花開く。
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレードを考察、トレードの疑問にテクニカル・メンタルの両面からお応えします。トルネコ冒険隊さんの負けトレードいつも有益な情報ありがとうございます。負けトレードになります(長期足の推進派の中の下げを狙うトレードです)皆様にもきっと役に立つ負けトレードだと思いましたので、どうぞ動画で紹介していただけるとありがたいです。4時間足5分足迷晴れ解説4時間足天底が [続きを読む]
  • 【週ナビ#200】投資心理で考える一週間のシナリオ
  • 週刊チャートナビ(2018.09.03〜2018.09.07)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点外国為替相場が動きのは月曜〜金曜の5日間。この5日を1サイクルとして、投資家の心理を考えるに、おそらく、月曜と金曜は全く別物でしょうし、週の真ん中、水曜日辺りがターニングポイントになることがよくあります。1時間足1時間足1時間足 週足トレンド継続週足トレンド転換 [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#52】レンジ相場は、利食い千人力。
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、”負けトレード”を考察、トレードの疑問にテクニカル・メンタルの両面からお応えします。ポジポジさんの負けトレード初めまして、ぽじぽじと申します。昨日エントリーしたポイントと反省をまとめたので、エントリーのセットアップは良かったのか、反省の見方は正しいのか、ご教授してくださると助かります。4時間足4時間足の環境認識としては、三つのトップを確認し、緑線のネックを [続きを読む]
  • 【週ナビ#199】月末アノマリー
  • 週刊チャートナビ(2018.08.27〜2018.08.31)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点相場は、値段と時間の節目を意識して動いている。今週は8月最終週なので、7月足との位置関係を気にしておきたい。7月足終値付近にレートがあるなら、そこで何らかのプライスアクションが起こりやすい。7月足陽線終値で、多少のオーバーシュートはあるかもしれないが、中長期トレ [続きを読む]
  • 【雑談】俺様目線と神様目線。
  • 今回取り上げたテーマは応用範囲が広く、理解した上で相場を学び始めるなら、相当なアドバンテージを持てるのではないでしょうか。すぐに役立つテクニックではありませんが、あとからジワジワと役立ってくるでしょう。神羅万象とダウ理論第一法則世界のトレーダーが目線付けの基準にしている、「ダウ理論」には、6つの基本法則があります。平均はすべての事象を織り込む。この第一法則は、世界経済や、自然災害に至るまで、あらゆ [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#51】隅っこ&真ん中は警戒シグナル!
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレードを考察、トレードの疑問にテクニカル・メンタルの両面からお応えします。TASHIROさんの負けトレード・損切幅と日足の移動平均線からのかい離について。はじめまして。よろしくお願いします。3つほど質問があります。4時間足111.419の日足レベルでの水平ラインの節目超え。20期間移動平均線が上向きという環境下。1時間足1時間足での20期間移動平均線が下向きから上向き [続きを読む]
  • 【雑談】復活者の飲み会
  • FXのテクニックとは直接関係のない雑談ですが、何かの参考になればと思います。逝って帰ってこれた人の共通点。今年に入って、完全復活を果たした同い歳の友達がいます。彼は、度重なる事業の失敗や、巨額な詐欺被害などで、ここ数年、逆境に立たされていましたが、今年になって、見事に復活を遂げました。昔から肝の据わった男で、うまくいかないときの損失はハンパないですが、一旦、調子が出始めると、ハンパない額を稼ぎます。 [続きを読む]
  • 【週ナビ#196】アノマリー「夏枯れ相場」は事実なのか?
  • 週刊チャートナビ(2018.08.06〜2018.08.10)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点海外では夏季休暇、日本ではお盆休みで、市場参加者が激減するのが「夏枯れ相場」の原因とされてますがが、実際のところはどうなんでしょう。疑問点は、すぐに解決すべく、チョット調べてみました。8月に縦ライン「夏枯れ」でボラが小さいというより、チャートが、三角持ち合いや底 [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#50】相場観(環境認識)とは世界観のこと。
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレードやトレードのモヤモヤを、テクニカル・メンタルの両面から考察します。Hajime13 さんの負けトレード考察4時間足 EURUSD 戻り売り赤ライン:20SMA、青ライン:50SMA、緑ライン:100SMA環境認識:4H足ダウ理論目線は下方向エントリ戦略:4Hのレジスタンスライン1.1650(日足フィボナッチ38.2)への戻り売り。15分足15MでSMA50に対して反発したのを確認しエントリー。損切り [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#49】売りの守り人、買いの守り人。
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレードやトレードのモヤモヤを、テクニカル・メンタルの両面から考察します。負けトレード考察 道を探して 氏自分の環境認識が大丈夫なのか?不安になり投稿させてもらいます。FXは初めて9ヶ月目になりますユーロドルの7/10から深夜のチャートです。H4H1上昇トレンドからラス押し安値を割った所でショートで入り、黄色の四角い枠で囲ったゾーンが4時間足の押し目買いポイント [続きを読む]
  • 【週ナビ#194】決められない思考停止状態からの抜け出し方
  • 週刊チャートナビ(2018.07.23〜2018.07.27)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点どのタイムフレームでトレードするのかで注視するレートは違うが、デイトレードなら、今週、最も注目されそうなレートを基準にすればシナリオが立てやすい。今週のドル円なら、ボクは、「7.11押し安値」に注目していた。理由は、この安値起点で大陽線が立ち上がり、週足トレンドライ [続きを読む]
  • 【エピソード】相場はギャップ萌え、ギャップ萎えで動く。
  • リアル・トレードを通じて、様々なシチュエーションを擬似的に体験することで、気づきやアイデアが生まれやすくなり、今後起こりうるリスクを予見することができるようになります。ゲイン・ロス効果ギャップ萌え、心理学では、ゲインロス効果という。ゲイン(得る)とロス(失う)を組み合わせた専門用語で、ギャップが大きいと与える印象も大きいということ。元KGBのプーチンさんが、秋田犬を飼ってる姿をみると、なんか本当は可愛い [続きを読む]
  • 【週ナビ#193】海流と潮流、相場の通り道を読む。
  • 週刊チャートナビ(2018.07.16〜2018.07.20)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点海流とは『黒潮』などのように、海上をいつも同じ方向へ向う流れのことで、「潮流」とは満潮と干潮満で一日に2回繰り返す流れのこと。相場でいえば、チャネルが「海流」、そのチャネルのなかの値動きが「潮流」といったところだろうか。実際の潮流も、海上の風や、河口などでの密度 [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#48】狂戦士と規律の甲冑
  • ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレードやトレードのモヤモヤを、テクニカル・メンタルの両面から考察します。負けトレード募集中!ご投稿は下のリンクから2016.09.29【迷晴れボックス】負けトレード投稿用フォーム 負けトレードの分析が成功の早道これは、”過去問題集”を解いて傾向と対策を立てるのと似ています。自分の弱点を見つけ、その傾向をつかみ、対策を立てる、これは学習の王道と言われています。相 [続きを読む]
  • 【週ナビ#190】エントリーの勝率はセットアップで決まる。
  • 週刊チャートナビ(2018.06.25〜2018.06.29)は、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の主要三通貨ペアの一週間を振り返ったチャート考察です。今週の視点ビギナーほど「勝率の高いエントリーポイント」というコトバに踊らされるのもだが、相場の本質に近づくにつれ、そんなものはセールストークでしかないことに気づく。セットアップとは、どうなったらエントリーするのかという決め事。ちなみに、2本の移動平均線がクロスしたら…とい [続きを読む]
  • 【迷晴れボックス#45】漂流から航海へ舵をとる。
  • 迷晴れボックスは、ブログの「迷晴れボックス」より投稿された、負けトレードや、トレードのモヤモヤを、テクニカルとメンタルの両面からスッキリさせる企画です。深夜の大きな値動き もうひとりの諏訪べぇ さんいつも迷晴れ様の動画を有意義に拝見させていただいております。感謝のひとことにつきます。本日こちらをおくりました理由ですが、ここ半年?の深夜の大きな値動きに対して、迷晴れさまは、どのように対処しているかを、 [続きを読む]