カミーユ さん プロフィール

  •  
カミーユさん: 〜いつの間にかマレーシア〜
ハンドル名カミーユ さん
ブログタイトル〜いつの間にかマレーシア〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/jamjam3375/
サイト紹介文マレーシア人の夫 + インター校に通う娘たちとの日々、そして時々思い出話など(^^)
自由文生まれ育った日本、そして6年過ごしたイギリスや妻となり母となったマレーシアでの日々を綴ります。インターナショナルスクールの情報などについても…(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/25 05:27

カミーユ さんのブログ記事

  • イポーへ母娘ふたり旅〜映画ロケ地編〜
  • イポーに行きたかった理由の一つは…ケリー城 (Kellie’s Castle)イポー中心部からGrabで約25分(片道RM20〜25)の何もないジャングルの中に忽然とこのお城は現れる。 晴れた空も手伝って圧倒される美しさここでは2本の映画が撮影された。『セカンドバージン』(2011年公開)鈴木京香と長谷川博己主演の邦画。離婚経験のある出版社の敏腕女性プロデューサーが17歳年下のエリート男性と恋に落ちてしまうという衝撃的なテレビドラマの続 [続きを読む]
  • イポーへ母娘ふたり旅〜食べ歩き編〜
  • 「えっ イポーってこんな街だった?」前回の街歩き編をアップしたら、そういった感想を多くいただいた。カフェや雑貨のお店を増やし、ウォールアートを上手に取り入れ「古臭い」を「レトロ」に変えた仕掛け人がいるのかもしれない。日帰りなので、食べ歩きと呼ぶには行ったお店の数は少ないが、参考になればこれ幸い。Let’s get started!(さぁ始めよう!)「おなか空いた〜!」次女が早足でお馴染みのここに入って行く。ここはマ [続きを読む]
  • イポーへ母娘ふたり旅〜街歩き編〜
  • 素敵なイポー駅を背にしてさぁ街歩きスタートレトロ コロニアル B級グルメ 雑貨 こんな言葉に反応してしまう方はイポーの街歩きを存分に楽しめる。グルメにしか反応を見せない旦那とは残念ながらこの色々な顔を持つ小さな旧い街を楽しめない。歴史的建造物の中、B級グルメのお店とオシャレなカフェそして雑貨マーケットが混在し、ウォールアートがあちこちにある。15歳の娘と私がワクワクしないわけがない。先ずはここで White Co [続きを読む]
  • イポーへ母娘ふたり旅〜電車編〜
  • 4連休中にまたもや次女15歳とふたり旅体育会系の旦那と長女はランテンガ島にダイビングに行ってしまい、可愛い相棒とイポーへ。いつもマレーシア人の旦那の運転する車で行き、彼の友人達に連れられて『絶対に失敗のない』イポー名物を食べ、有名なお土産を買って迷子にもならず帰って来る。そんな「あぁ失敗」や「思いがけず良かった」のない旅が記憶に残るわけはなく、何度も行っているイポーの街の印象は薄かった。今回は電車(E [続きを読む]
  • ゆったり空間を楽しむカフェ
  • 月に何度も叶うわけではないけれど、友達に会って、美味しいコーヒーやお茶を飲みながら話すのは本当に楽しい。何人かで会ってワイワイとするのも楽しいけれど、2人だけで会って少し深い話をするのもコレまた良し。50歳を過ぎた私は、マレーシア人の友人にも「老後は日本もいいかなぁ。春は桜を愛で秋は紅葉を楽しみながらのんびりと暮らしたい…」なんて言っている。日本人学校近くのCitta Mallは、オープンから数年は「あと何ヶ [続きを読む]
  • KLブロガーオフ会を終えて
  • 姪っ子のような可愛い♪zooちゃんに声をかけてもらい、KL周辺に住むブロガーさんのオフ会に初参加。すでに他の参加メンバーが秀逸な記事に仕上げてアップしているが、あまりに楽しかったので、残しておこうと思う。最年長でマレーシア在住歴も長過ぎるくせに、かなり緊張して汗をかきながらの参加。私がリクエストしたかのようなメンバーの顔ぶれにワクワク。いつも更新を楽しみにしているあの人もこの人も来るの?という不思議な [続きを読む]
  • ペナンへ母娘ふたり旅〜街歩き編〜
  • (〜バス編〜 → ☆☆) (〜ホテル編〜 → ☆☆) (〜食べ歩き編〜 → ☆☆)最終章の街歩き編。ペナン島の中心ジョージタウンは、2008年にマラッカとともにユネスコ世界遺産に登録された。植民地時代の街並みが今も保存されていて、多民族が共存しそれぞれの文化や食を楽しむことができる。イスラム教のほかヒンドゥー教、仏教、キリスト教それぞれの寺院や教会もあり、この小さな街を1時間歩き回るだけで何ヶ国分も垣間見ることが出 [続きを読む]
  • ペナンへ母娘ふたり旅〜食べ歩き編〜
  • (〜バス編〜 → ☆☆) (〜ホテル編〜 → ☆☆)ペナンにバスで到着して、無事にブティックホテルにチェックイン。今までペナン旅行といえば、パパの運転する快適な車で到着して、ホテルのプールかビーチで長女と遊んでいた次女。ティーン生活もそろそろ折返し地点が見えてきた15歳。今回は相方(私)と一緒に、今までとは違う “自分たちで探した“ ペナンを歩いて見てみよう!とちょっとオトナの気分だったらしい。今まで何度か訪 [続きを読む]
  • ペナンへ母娘ふたり旅〜ホテル編〜
  • (前編 ” 〜バス編〜 “ → ☆☆より続く)イイ気分でジョージタウンにあるQueensbay Mallに到着。ショッピングモールは大きくても見慣れたショップばかりなので、早速Grabでホテルへ。15歳次女、スマホと共に進化している。魔法の親指であっという間に予約。Grab担当大臣。ジョージタウンではとにかく何処へでもすぐにGrabで行けて安かった。ドライバーさんは皆とってもフレンドリーで「あれも食べていってね」「これも見ていっ [続きを読む]
  • ペナンへ母娘ふたり旅〜バス編〜
  • いくつになっても気の合う誰かとの『オンナふたり旅』は楽しい。私はイギリスが大好きなので、20代の頃に親友と行ったロンドンへの旅のワクワクを今でも覚えている。あまりにも嬉しくて興奮してふたりで同時にお腹が痛くなって大笑いした。今回の『気の合う誰か』は15歳次女。 アウトドア派の長女と旦那は友人達とレダン島にダイビングに行ってしまったので、インドア派の母と次女はペナンのジョージタウン周辺を週末にプラプラし [続きを読む]
  • 笑顔で入国 涙で出国 〜Twiceコンサートキャンセル〜
  • 次女はNo music No lifeな15歳。上手く楽器が弾けるとかバンドのヴォーカルだとかいうわけではないが、常に音楽と共に生きている。英語ネイティヴなので、アメリカやイギリスのカッコいい系のR&Bや最新のロックをよく口ずさんでいるし、特にシャワー中は大絶叫。 (あのドコモのCMの高畑充希ちゃん並の歌いっぷり…)それが昨年くらいからKポップ9人組のキュートな女の子Twice(トワイス )の大ファン?になった。Kポップやドラマに疎 [続きを読む]
  • インター校フィナーレ 〜卒業式 & プロム〜
  • 『卒業おめでとう』16歳長女、6月末に無事にイギリス系インター校を卒業した。セカンダリに上がるタイミングでそれまで通っていたインター校から転校したので、Year7から5年間を過ごしたことになる。時を同じくして着任したイギリス人の校長先生。(彼女の強いブリティッシュアクセントがとても好き??) インター校で5年間も校長先生が変わらないのは珍しく、とてもこの学校への愛が強いんだと思う。それが嬉しかった。プライベー [続きを読む]
  • マレーシアでパンダの赤ちゃんに会おう?
  • 日本では、ゴールデンウィーク中のパンダの母子観覧は事前申込&抽選制だったとニュースで知った。抽選に外れ可愛いシャンシャンが見られなかったと嘆く東京在住の友人親子。ここマレーシアにも、5月26日にZoo Negara(国立動物園)で公開された生後4ヶ月(もう5ヶ月かな?)の可愛いパンダの赤ちゃんがいる。(英語ではa panda cub)…と言っても、名前もまだ決まっていないし、マレーシア人より、マレーシア在住の外国人のほうが喜ん [続きを読む]
  • マレーシアは美味しい!〜 中華 〜
  • 数ヶ月前にアルバムの役目を担ってもらおうと今更ながらインスタ開始。簡単に楽しめるうえに、新しい知合いが増えたり、英語でもコメントをつけているので思わぬ国の方からメッセージをいただいたりと、思いがけず潤う日々に。そして気づけば1ヶ月ぶりのブログ更新週刊カミーユから月刊カミーユに変わらぬよう、今日は美味しいマレーシアのご紹介。ここ5年ほどで、マレーシアにも多国籍な素敵カフェやクオリティの高いレストラン [続きを読む]
  • マレーシアの歴史的選挙終了!でもIGCSEなのでBAU
  • 1957年にイギリスから独立して以来の政権交代世界最高齢で第7代マレーシア首相に就任総選挙のために投票日の5月9日だけではなく、勝利した野党の公約通り、10&11日も公休日となったマレーシア。それも朝方の発表。5期22年間に渡り首相だったマハティール氏(元医師)が、2016年に離党し野党から出馬して再び首相就任したことでマレーシアは大騒ぎ。マレーシア人の知合いが多い私のFacebookも熱くて熱くて読みきれない。笑まだ選挙 [続きを読む]
  • やっぱり日本は美味しかった?
  • 2018年3月26日〜4月6日 桜の季節に一時帰国。娘達の学業優先で帰国日程が決まるので、この美しい季節に帰ることが出来たのは奇跡。 (今回は学校が休みではなかった次女はパパと留守番で、大学見学のために長女だけ連れて帰国)少し時間が経ってしまったが、また春に帰国出来ることを願って、日本で楽しんだ食べものを記録しておこうと思う。 まずは長女が主食にしたいほど好きなイチゴ この弾力とみずみずしさ!残念ながらマレーシ [続きを読む]
  • マレーシアでもプロムポーザル?シーズン
  • 「お願いします!」照れながら花束を差し出す男の子。ドキドキ…「はい?」と、にっこり女の子が言うその途端、まわりで風船を持ったり、ビデオを撮ったりして盛り上げていた仲間たちは「イェーイ!」と拍手と大歓声。そして2人はハグをして笑顔で写真におさまる。多くの場合、プロムポーザルは友人同士で計画して大勢の生徒の前で行われる。箱の中から花束を抱えて飛び出したりといろいろ。 (女の子から男の子もあり) なので、こ [続きを読む]
  • 一時帰国の楽しみ 〜古民家カフェなたね〜
  • 「ただいま」ここを訪れる度、そういう気持ちで古い木の戸をガラガラッと横に開ける。古民家カフェ『なたね』優しいおばあちゃんを訪ねて来た気分入口で靴を脱いでいると、華奢で可愛らしいオーナー夫妻の奥さまの笑顔が見えた。 黙々とキッチンでアーティストのごとくお料理を作り続ける旦那さまと、話し込んでいるお客さんにもベストなタイミングで声をかけ、デザートを運んで来る奥さま。そのプロ意識に毎回驚く。「うちは食材 [続きを読む]
  • 桜を愛でる
  • 一年4ヶ月ぶりの一時帰国。6年ぶりの桜… 桜の季節に帰って来たら、いただきものも桜づくし。あま〜いきんつば間違いなく美味しい花より団子な娘は原宿で念願の綿菓子⁉?桜の季節に散ってしまった母の七回忌が無事に済んで、穏やかな気持ちで桜を愛でる。美しいものが好きで人情味あふれる女性だった母にはどうやってもかなわない。家事も仕事も趣味もフルにこなし楽しみ、あたたかいお友達がたくさんいた。父は私たち子供ではな [続きを読む]
  • マレーシアでモデリング?〜スカイミラー〜
  • もうすぐ一時帰国数年ぶりに見るソメイヨシノにワクワクするマレーシアにもワクワクするスポットが増えてきた。もう長いつきあいになる日本人の友人。中華系マレーシア人と結婚してマレーシア生活が長い同士で、時々会って仕事のことや子供の教育のこと… いろいろなことを美味しいものを食べながら延々と話す。才色兼備な彼女はいつ会っても前向きで面白くて良い刺激をくれる。その彼女が「今度ココに行ってくるね〜」と教えてく [続きを読む]
  • 海外に住む日本人へのお土産は何がいい?
  • 日本から家族や友人が来ると思うとワクワクする。マレーシアはおもちゃ箱をひっくり返したような国。ほんの数分歩いただけで、肌の色が違う人達とすれ違い、3つくらい違う言葉が聞こえてきて、いろんなニオイがしてくる。ここ数年は多少割高でもいろいろなものが輸入されているのでショッピングも楽しい。そんな飽きない便利な所に住んでいても、マレーシアで手に入らないものや「さすがのクオリティ」と唸るような日本のものを [続きを読む]
  • もうすぐ終了 〜日本人シェフのオーガニックランチ〜
  • マレーシアにもベジタリアンレストランは多い。旧正月初日にはベジタリアンを食すことにしている中華系ファミリーも多いくらいだ。そしてオーガニックにこだわったメニューを好む人も増えてきた。以前訪れた justlifeカフェ@Tropicana Avenue(St Joseph International School 近く)でいただいた日本人シェフによるオーガニックランチ?↓日替わりランチ (この日は豆のハンバーグ RM23)記事は2月11日にアップしたので「美味しかっ [続きを読む]
  • 綿菓子風味のぶどう⁉? 〜コットンキャンディグレープ〜
  • マレーシアはどこからどう見ても面白い主にマレー系・中華系・インド系マレーシア人で構成される多民族国家。クアラルンプール周辺には日本人をはじめ外国人が多く住む。ということは… スーパーマーケットが楽しい!特に食や料理に興味のある友人達はマレーシアに来ると長い時間スーパーで楽しめる。不思議なニオイでいっぱいだし、買い物している間にも英語・マンダリン・広東語・ヒンディー語・フランス語・韓国語… と聞こえ [続きを読む]
  • 60代のチャーミングなご夫婦のセカンドライフ
  • 以前紹介させていただいた↓(60代のチャーミングなご夫婦 〜 bonとpon ふたりの暮らし 〜)60代 + 白髪 + 夫婦 =素敵なご夫婦 bonさん ponさんの新刊が昨日2月22日発売 おふたりの素敵な写真がいっぱいのインスタグラム → → bonpon511すでにフォロワーは世界中に66万人以上。おふたりを見ていると結婚して良かったなって思う。いろいろあるけど、これからも一緒に頑張ろうねって素直に笑顔で言える。真似は出来ないけど、おふ [続きを読む]
  • ハムダン皇太子のインスタに魅了される
  • お年頃の娘たちとの日々はラクじゃない。進学のことや礼儀作法のことなんかで小さな言い争いもあるし、送迎をはじめ学生生活のサポートで時間もエネルギーも取られる。でも一緒にいると毎日が輝く。遠い昔に味わった嬉しいや悔しいや甘酸っぱい気持ちを分けてもらっているような気がする。恋愛事情なども時折話してくれるので、ワクワクしながら聞いている自分に笑ってしまうことも…そして何が今流行っているか瞬時に掴む年頃な [続きを読む]