風 さん プロフィール

  •  
風さん: あと、どれくらい・・・
ハンドル名風 さん
ブログタイトルあと、どれくらい・・・
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fuyunokaze/
サイト紹介文群れるのが不得手な人間。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/09/25 09:08

風 さんのブログ記事

  • おだてに弱い
  • 豚もおだてりゃ木に登る。私は豚かもしれない。すこぶるおだてに弱い。おだてられている、そうわかっていても木に登るタイプの人間だ。先日、職場の同僚のTさん(私が仲間由紀恵に似ていると言った人だ)と仕事の話をしていたら「でも、店長は風さんに対して、全幅の信頼を寄せているよ。」と言いだした。「うっそぉ〜。私、ヘマばかりしているよ」「ううん。裏で店長が風さんの事を風さんは頼りになる、安心して仕事を任せられるっ [続きを読む]
  • 考えさせられる
  • 今月3日に母の付き添いで病院に行った。難病指定(パーキンソン病)の受給者証を更新するにあたり保健所から毎年数枚の書類が送られてくる。その中に担当医から記入してもらう臨床検査個人票というものがある。病院に提出して、一週間後くらいに「取りに来てください」という連絡があるのだが今回は少し違っていた。担当医からの連絡で「今回はダットスキャン静注検査を受けてもらってからでないとこの書類は提出できないようです。 [続きを読む]
  • 反映されなくなった過去記事
  • 久しぶりにログインして、ビックリしたことがある。私の過去記事が・・・忽然と消えていたのである。題名だけを残したまま、記事が反映されていないのだ。こりやぁ、摩訶不思議〜。全部が全部ではないのが、かえって不気味である。ちゃんと公開設定しているのに、公開されていないんだから私としては、成すすべがない。やれやれ、どーしたもんかのぅ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 使えないフリーター
  • 普段、温和な私が(?)怒りを爆発させた。先日の午前中、職場でフリーターのS君に対してだった。今まで見てみぬふりをしてきたが、我慢が限界にきていたので、ここで一発ガツンと言ってやった。「君は、やりっぱなしが多すぎる。」「トイレや手洗いの時間が長すぎる。」こう書くと「なんじゃそれ?」と思われるかもしれないが、事実そうなのだ。やることがいちいち中途半端で、けっきょく彼の中途半端さの続きを引き受けるのが私達パ [続きを読む]
  • 若すぎる
  • 88歳になる母が老人ホームに入居して2年2ヶ月。最初、この老人ホームを姉と二人で見学しに行った時色々説明してくれたのが、このホームの施設長だった。まだ若い施設長であったが、物事が柔らかく丁寧な対応で施設共々、凄く気に入り初めての老人ホーム見学でありながら、「ね、ココいいよね。」と、姉と二人即決してもいいくらい気に入った。そして、3週間もしないうちあれよあれよという間に入所が決まった。あれから、2年以上 [続きを読む]
  • てっきり・・・
  • 仕事帰りにスーパーで買い物をしていると息子からラインが送られてきた。「今日は夕飯要らないです。王将で食べてきます。」ここまでは、よくあるパターンのラインだった。問題は、そのあとの文字だ。。「●●(先週面接を受けた会社)の面接受かったので、そのお祝いに」なにっ?? 面接に受かったって??私の中で 面接受かった=採用決定!!という図式しか浮かばず、早速「よかったね。おめでとう♪」と返事を打ち込んだ。そして、4か [続きを読む]
  • 夫が一番のストレス
  • 我が家での一番のお喋りは、夫である。疲れている時、聞きたくない夫の愚痴話。右から左に聞き流すのが一番だが大きい声で話すので、嫌でも耳に入ってくる。昨日、台所で夕飯の準備をする私に例によって色々な愚痴を聞かせてきた。自分がいかに会社でストレスを感じているかの内容だった。そして、にやにやしながら、私にこう言い放った。「それに比べて、あんたはストレスなんて全然ないだろ〜。いい気なもんだな〜。」こういう人 [続きを読む]
  • 予定が変わった
  • 今日と明日、2連休だ。今日の予定としては、美容室へ行っての白髪染め。だが、しかし。朝目覚めて、室内が涼しかったのがマズかった?ちょっと、玄関の外に出てみた。わずか一日の差なのに、今朝は秋風が吹いていて心地よかった。(ちょっと、庭の草むしりでもしてみようかな〜)この猛暑で、伸び放題になっていた雑草がみっともない。そういう朝のうちに何かをやっておこうとするちょっとしたの心の隙間。それがいけなかった。やり [続きを読む]
  • おねだりママさん
  • 私の働いている店ではあるキャラクターグッズ千円以上買われたお客様にそのキャラクターのマグネット(非売品)を1個差し上げるというサービスを展開しているのだが。昨日の事だった。レジで3千円ちょっとの文具を買われた子供連れの女性客。その中に、1点1080円のキャラグッズが1個含まれていたのでパートのTさんが説明をしながら「マグネット1個差し上げますね。」とその女性客の娘(小学生)にニコニコしながら手渡した。すると [続きを読む]
  • 楽しくなれる歌
  • 最近、気分が落ち込むと、ついこの歌を口ずさんでしまう。 細川たかしの「北酒場」である。この歌には、不思議な力があると思う。明るい気持ちにさせてくれるのだ。そして、つい「北のぉ〜」とこぶしを回しながら、細川たかしばりの歌真似をやっている自分に気づき「なんちゅうことやってるんだ〜、わたしったら。」と思わずにやけてしまうのだ。私にとっての、心の応援歌(大演歌?)かもしれない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • いい事
  • 久しぶりに、仕事でミスをしてしまった。翌日、お客様からの電話でその指摘を受け初め、その原因が私だったことに全然気が付かなかった。つい、1日前の事さえ記憶が飛んでいたのである。家に帰って、その時の記憶をちょっとずつ思い返してみた。あっ!!よくよく考えてみれば、そのミスをしたのって、私じゃないか〜!!電話口でかなり怒っていたお客様。私が偶然電話に出ていて良かった。私が原因でのクレームだったので、叱られて当 [続きを読む]
  • ライン登録
  • 昨日の夜、電話が鳴った。受話器を取る夫。ちょっと首を傾げながら、「Nさんっていう女の人から」と私に受話器を差し出した。Nさんの正体は・・・・やはり、短大時代の同級生だった。「私よ、私。風ちゃん、誰だか分かるぅ??」確かに地声を聞いて、Nだと認識した。「あら、NさんってMちゃんの事だったんだ。」とちょっとしらばっくれて見せた。それから5分ほど、お互いの近況報告をして電話を切った。向こうからの申し出により、 [続きを読む]
  • Nの正体
  • 一昨日、仕事から帰宅してすぐ電話が鳴った。留守電にしていたし、「どうせセールスの電話だろう。」と受話器を取らなかった。留守電に「Nと申します。またかけ直し致します。」と丁寧な口調の女性の声が入った。(やっぱり、セールスの電話だわ。) その時はそう思った。そして、昨日。仕事から帰宅すると、息子から「昼過ぎ、Nと言う女性から、風さんはいますか?って言う電話があったよ。」とのこと。二日続けての電話?「電話の声 [続きを読む]
  • 魚肉バーガー
  • 子供の頃魚肉バーガーの事をハンバーグだと思っていた。そして、その魚肉バーガーが結構好きだった。あれから数十年が経ち、久しぶりにその魚肉バーガーを食卓に出してみた。家族のだ〜れも、手を付けなかった。なんで〜??焼き方が足りなかったせいもあるのだが・・・・昔のような美味しさは感じなかった。 味覚も感覚と同じで、やはり変わってゆくものなのだな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 結婚適齢期
  • 私より一回り下の同僚●さんから昨日、開口一番「今度長男が結婚することになったのよ。」と報告を受けた。前々から、「結婚に積極的すぎる彼女が出来たのよ(´・ω・`)」と聞いていたので「お、ついに、だね。おめでとう? と言ってもいいのか、な?」と、遠慮気味に聞いてみた。すると、「ふぅ〜ん。・・・なんて言うのかなぁ。早いよね、年齢的に。」と複雑な表情。早いというのは、●さんの息子の事だ。社会人になって間もない22 [続きを読む]
  • 切ない気持ち
  • 昨日は、家族で夫の実家へ遊びに行った。舅は、去年の2月に亡くなり今は、田舎の広い家で姑一人で生活している。腰が曲がって、痛い膝をさすりながらも、一時もぼっとすることなく、何かしら動き回っている。耳も遠くなり、それでいて補聴器をするのを嫌がる為何度も同じ話を繰り返ししなければ通じなかったりする。お昼は、近くのファミレスに行った。お客さんが大変多く、注文取りに来るのも遅く、注文品が出てくるのにもかなり [続きを読む]
  • ヤモリ
  • いつも、どょ〜んと暗い話しばかり書いているこのブログ。たまには、可愛い写真を載せてほっと一息ついてもらおう。 娘が見つけてきたヤモリだ。 まじまじ見たのは初めて。コンニャクみたいな体の色で、まん丸い瞳。うん。なかなか可愛い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 立ち回りが下手
  • 冠婚葬祭の場で、気の利いたセリフ一つさえ言えない。相手を喜ばすお世辞が出てこない。幸せいっぱいの家族を見ても、気恥ずかしさが先に立つ。和気あいあいした雰囲気に、いたたまれなくなる。これがいい歳をして立ち回りが下手な、私の実情。我ながら、どれだけダメ人間なのよ!! と突っこみを入れたくなる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 猛暑
  • ダイエット中の為、仕事休みの日は歩いて買い物に出かける。今日も午前中、ドラックストアに向かってテクテク歩いていた。信号待ちをしていたその時「久しぶりだねぇ〜。」と背後から声を掛けられた。聞き覚えるある声。近所に住む娘の小中時代の同級生のお母さんだ。自転車に乗って、にこにことしていた。この人のマシンガントークは有名で、この人に捕まると、一時間はその場を離れられなくなってしまう被害者続出。「●●ちゃん [続きを読む]
  • 脱・主婦
  • 仕事から帰って来て、ぼーっとする。主婦にとっては、これからが家事の時間となる訳だが(なんか、このままぼーっとしていたい。)と思う事しばしば。そして、仕事から帰って来てから、何にもしないのが夫。ちょっとばかし、夫の方が稼ぎが多いからとなんで妻だけが、こんなに忙しい思いをしなければならないのかと思う。家事をやるのが億劫でたまらない時点で私は主婦には不向きなタイプなのだと思う。でれーっとだらーんと好きな時 [続きを読む]
  • 話の共通性
  • 歳をとると、同じ話を何回も繰り返してしまう。実際、このブログでも同じような内容の事を何回も書いていると思う。誰にどの話をして、誰にはこの話をしていない、そういう認識がすぽっと抜けてしまっている状態。「この話したかどうか、覚えていないんだけど〜」と前置きをしたのち話し出す、この何とも言えないモヤモヤ感。つい相手の顔色をうかがってしまう情けなさ。そして、相手が「この前話したよね、風さんには〜」と言いだ [続きを読む]
  • 開き直り
  • 一目ぼれした会社。面接は「可もなく不可もなく」と言っていた息子。やはり・・・・不採用だった。やはりと書きつつも「ひよっとしたら?」という親ばかな気持ちは、あった。現実は甘くない。そう分かっていつつも、いつも心の中では期待をしてしまう。期待をしてしまうから、辛くなってしまうのだ。いっそのこと、このまま仕事が見つからなくても、私ら親がずっと面倒をみてあげるそれくらいの開き直った親でいた方が気が楽になる [続きを読む]
  • 何をやっても楽しめない理由
  • 明後日、同僚5人とビアガーデンに行くことになっていたのだがメンバーの一人の都合が悪くなり、ビアガーデン行きも延期となった。久しぶりの同僚たちとの飲み会。楽しみにしていた反面、日にちが近づくにつれ「なんか、メンドクサイな〜。」という憂鬱な気分になってきていたので延期と聞き、ちょっとほっとしたというのが正直なところだった。普通の人なら、「当日が、待ちどおしいわ〜、楽しみ♪」と持続するであろう気持ちとい [続きを読む]
  • されどヘアゴム
  • 最後に髪を切ったのは、去年の6月だ。セミロングからロングへと伸び、1日の大半、髪をひとつに結んでいる。結ぶと楽な反面、ヘアゴムの締め付けが気になり後頭部の上辺りが引っ張られた感じで、頭が痛くなるのも度々である。ところが、先日、あるドラックストアで買ったヘアゴム。これが私の髪に合っているのか、ほとんど頭が痛くならないのである。こりゃぁ、いい!!久しぶりに、いい買い物をした気になった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ワイシャツにアイロンをかける日
  • 私が一目ぼれした会社の求人の面接。いよいよ来週の火曜日に決まった。かなりの人気で、競争倍率もかなりのものだという。息子の面接であって、私の面接ではないのだがこのドキドキハラハラした、落ち着かない気持ち。なるようにしかならない、 そう自分自身に言い聞かせる。縁があるか縁がないか、それ位の気持ちでちょうどいいのだ。私にできる事、皺ひとつないワイシャツを用意してあげる事。にほんブログ村 [続きを読む]