chocoholic さん プロフィール

  •  
chocoholicさん: No book , no life !
ハンドル名chocoholic さん
ブログタイトルNo book , no life !
ブログURLhttp://fanblogs.jp/twinklelittlestar/
サイト紹介文ゆるくどこでも楽しめる文庫Blog版。タダで小説や短編集を少しづつご紹介。名作アリ。暇潰しに!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/26 19:40

chocoholic さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母を尋ねて三千里_6
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳 三  マルコは青い草の道に立って手をあげながら荷車の一隊を見送っていました。荷車の親方も人足たちも手をあげてマルコを見ていました。やがて一隊は平野の赤い土ほこりの中にかくれてしまいました。  マルコは草の道を歩いてゆきました。夜になると草のしげみへはいってふくろを枕にして眠りました。やがていく日かたつと彼の目の前に青々とした山脈を見ることが出来ました。マ [続きを読む]
  • 母を尋ねて三千里_5
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳 朝の四時になりました。星はつめたそうに光っていました。荷車の長い列はがたがたと動き出しました。荷車はみな六頭の牛にひかれてゆきました。そのあとからはたくさんな馬もついてゆきました。  マルコは車に積んだ袋の上にのりました。がすぐに眠ってしまいました。マルコが目をさますと、荷車の列はとまってしまって、人足にんそくたちは火をたきながらパンをやいて食べているの [続きを読む]
  • 母を尋ねて三千里_4
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳  つぎの朝マルコはよろこび勇んでコルドバへ向って出かけました。マルコの顔はよろこびにかがやきました。  マルコは汽車にのりました。汽車は広々とした野原を走ってゆきました。つめたい風が汽車の窓からひゅっとはいってきました。マルコがジェノアを出た時は四月の末でしたがもう冬になっているのでした。けれどもマルコは夏の服を着ていました。マルコは寒くてなりませんでした [続きを読む]
  • 母を尋ねて三千里_3
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳 二  マルコはすっかりつかれてしまいました。息が苦しくなってきました。そしてその次の日の暮れ方、果物をつんだ大きな船にのり込みました。  船は三日四晩走りつづけました。ある時は長い島をぬうてゆくこともありました。その島にはオレンヂの木がしげっていました。  マルコは船の中で一日に二度ずつ少しのパンと塩かけの肉を食べました。船頭たちはマルコのかなしそうな様子 [続きを読む]
  • 母を尋ねて三千里_2
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳  そしてマルコは首にかけていた十字のメダルにキスしながら「どうかおかあさんにあわせて下さい。」と祈りました。  出発してから二十七日目、それは美しい五月の朝、汽船はアルゼンチンの首府ブエーノスアイレスの都の岸にひろがっている大きなプラータ河に錨を下ろしました。マルコは気ちがいのようによろこびました。 「かあさんはもうわずかな所にいる。もうしばらくのうちにあ [続きを読む]
  • 母を尋ねて三千里_1
  • 母を尋ねて三千里アミーチス日本童話研究会訳    一  もう何年か前、ジェノアの少年で十三になる男の子が、ジェノアからアメリカまでただ一人で母をたずねて行きました。母親は二年前にアルゼンチンの首府ブエーノスアイレスへ行ったのですが、それは一家がいろいろな不幸にあって、すっかり貧乏になり、たくさんなお金を払わねばならなかったので母は今一度お金持の家に奉公してお金をもうけ一家が暮せるようにしたいがため [続きを読む]
  • 過去の記事 …