たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: タイでうきゃうきゃ日記
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルタイでうきゃうきゃ日記
ブログURLhttp://taarek.com
サイト紹介文タイの女の子・子猿ちゃんとのタイ各地・東南アジアの旅行記&情報のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/09/27 13:21

たーれっく さんのブログ記事

  • 予期せぬ本堂
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • ラチャブリー・ホアヒン・プラヤーナコン洞窟への旅
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • 地獄寺の本とか
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • 「ブログタイうきゃ」13巻 チャチュンサオ編発売!
  • タイでうきゃうきゃ日記 13「ブログタイでうきゃうきゃ日記」13巻が発売されました!早いものでもう13巻ですか〜。よく続きますねぇw今巻は、前巻のイサーンの旅の続き、バンコクに戻ってからのエピソードからです。このころは、今は亡きGダイアリーで連載していた漫画「タイでうきゃうきゃ日記」の背景に使う写真の撮影が大半の訪タイ目的だったんです。なので、かつて行ったスポットの再訪が多いですね。再訪でも、タイのス [続きを読む]
  • ワット・アルンのこと
  • ワット・アルンのひみつkindleにて電子書籍「ワット・アルンのひみつ」が無料で配信中です!というわけで、タイ三大寺院のひとつ、ワット・アルンについて今回は語りたいと思います。このお寺、超有名寺院なのでネットやガイドブックに取り上げられまくっていますが、書かれている内容がどれも微妙に違っていて混乱させられます。例えば、日本のウィキペディアや「ワット・アルン」の項を見ると、仏塔の高さが75メートルとなって [続きを読む]
  • 最後のカニパーティー
  • ワット・アルンのひみつタイ三大寺院のひとつ、ワットアルンを徹底ガイドする漫画、「ワット・アルンのひみつ」の電子書籍が出ました!無料です。日本から急に父親の転勤でタイに来ることになった日本人JC、椎名果林ちゃんが、タイの女の子、おかっぱちゃんとワット・アルンに小さな冒険に行く漫画です。果林ちゃんはタイになじむことができるんでしょうか?おっさんが寺を巡る「ワット・ポーのひみつ」と合わせてどうぞ!クラビ [続きを読む]
  • クラビタウンでカニ4キロを茹でる
  • ワット・アルンのひみつタイ三大寺院のひとつ、ワットアルンを徹底ガイドする漫画、「ワット・アルンのひみつ」の電子書籍が出ました!無料です。何気なく観光しがちなワット・アルンには波乱の歴史があり、仏塔や像には様々な意味が込められています。それらをタイの女の子、おかっぱちゃんが詳しく解説いたします。「ワット・ポーのひみつ」と合わせてどうぞ!というか、びっくりするほど人気がないです「ワット・アルンのひみ [続きを読む]
  • ワット・アルンのひみつ が出たよ!
  • ワット・アルンのひみつ「ワット・アルンのひみつ」がkindleにて配信スタートいたしました!無料です。タイ三大寺院漫画の2つ目ですね。美しい大仏塔がシンボルの魅力的なお寺です。ガイドブックやネットでは結構間違った記載が多いのもこのお寺。徹底的に調べて紹介しております。タイ人の女のコ、おかっぱちゃんと日本人の女の子、椎名果林ちゃんがワット・アルンを観光します。2人の友情物語です。この漫画を片手にお寺を散策 [続きを読む]
  • ガツガツとクラビラストナイト
  • ようやくアオナンよりクラビタウンにあるホテルに到着。ジャム島から帰ってきたMさん、KGさんも無事同じホテルにチェックインしていまして、合流です。4人で川辺の屋台街に向かいましょう。川辺の屋台街でKMHさん、Dさんとも合流。合計6人で適当なテーブルに座りまして、夕食です。Iさんはひと足先に帰っちゃいましたが、みなさん揃うのは久しぶりですね。おのおの別行動していた間に何をしていたかの話題で盛り上がります。ジャム [続きを読む]
  • クラビタウンまでの遠い道
  • クラビ、アオナンビーチ。今回の旅の最後の夕食は、みなさんでクラビタウンの川辺の屋台街でいただくことになりました。一番最後に来た、ジャングルキッチンでは下痢でトイレに閉じこもっていたIさんは前日にもうバンコクに戻られたそう。そのIさんを除く当初のメンバー6人で最後のお食事ですね。その前に僕と子猿は今いるアオナンから18キロ離れたクラビタウンに帰らなくてはいけません。レンタルしていたバイクは返却しちゃった [続きを読む]
  • ライレイでまったり
  • クラビタウン、2018年1月15日の朝。明日のお昼にはバンコクに帰りますので、この日が実質観光は最終日ですね。Mさん、KGさんがこの日ジャム島から帰ってきます。最終日はクラビタウンに泊まるそうなので、僕が宿泊するホップインクラビにあきがないか?とLINEが来ました。レセプションで聞いてみるとあいているとのことなので、2室予約を。1泊650Bで、ネット予約よりはちょいとお高いお値段でした。で、最終日の本日は、ライレイビ [続きを読む]
  • 晴天のクラビタウン
  • クラビタウン。ホテル移動のため、泊まっていたホテルをチェックアウト。次に宿泊するホップインクラビ、というホテルに向かいます。500メートルほどの移動です。こちらがホップインクラビ。ホテルチェーンでまだ真新しいですね。新しい棟を絶賛工事中であります。チェックインしようとしましたら「14時からです」、と言われ断られます。このとき12時過ぎ。くそっ! こういうホテルチェーンは融通が利かないな!タイのだいたいの [続きを読む]
  • クラビで早朝カニパーティー
  • 翌朝。2018年1月14日のクラビタウンです。子猿は朝から下痢のようです。昨日の夜のソムタム・プーパラーですね!しかし、慣れているのかどこ吹く風の子猿です。というのも、この日は子猿が大の楽しみにしていたカニの日なのであります!市場でワタリガニを買ってきて、たらふく食べようと思います!バイクで行きつけの市場、タラートソット・マハーラートへ。早朝の生鮮市場は活気がありますね!勝手知ったる市場ですので、子猿は [続きを読む]
  • やはり川辺の屋台街
  • クラビタウン。夕方、アオナンビーチのほうに泊まっているKMHさんがバイクでクラビタウンまで来られるというので合流。爆睡中の子猿は放置です。クラビタウンで金土日のみ開かれるナイトマーケット、クラビウォーキングストリートを覗きます。今日はタイの子どもの日なので、ステージでもお子様のイベントをやっていますね。親御さんが必死でステージの我が子の写真を撮る姿は、日本もタイも変わりませんね。海鮮。まだ明るいのに [続きを読む]
  • エメラルドプールとブループール
  • クラビ、エメラルドプールにようやく到着!遠かったですね!場所はこちらです。しかし、2年前に来た時よりずいぶん賑やかになったような?お土産屋さんも増えております。子猿が屋台でパイナップルを購入。それを持って入場しようとしたら、入り口で係員にダメだ、と言われます。飲食物の持ち込みはNGなようです。それで急いで食べるのかと思いきや、先ほどの店に戻り、これを出てくるまで預かっておいて欲しいうきゃと言って店員 [続きを読む]
  • エメラルドプールへの道
  • クラビタウン。本日は子猿とエメラルドプールにバイクで向かいたいと思います。こちらも以前ツアーで行きましたね。前回は川の水が温泉なクロントム温泉にも行きましたが、今回はエメラルドプールだけ行こうと思います。約60キロの距離のツーリングであります。天気は今のところいいですね。雨が降りませんように〜。まずガソリンスタンドでガソリンを満タンに。 50B。昨日も行ったワット・タムスアの脇を通ります。山のてっぺん [続きを読む]
  • ジャム島に向かう2人
  • 翌朝。クラビタウン。2018年1月13日であります。この日は朝からアオナンよりMさん、KGさんがクラビタウンにやってきます。このお2人は、今日より2泊ほどジャム島という島に行かれるようです。ジャム島の位置はこちら。この島に行く船はクラビタウンより出ているようです。このジャム島には、日本人のノブさんという方が経営するジャングルヒルビーチバンガローという宿があるそうです。このノブさんという方と、KGさんのお友達の元 [続きを読む]
  • 子猿待望のソムタム@クラビタウン
  • クラビタウン。外も暗くなってまいりましたので、ナイトマーケットに出かけたいと思います。クラビ・ウォーキングストリートというようです。金土日の夜のみ開かれるナイトマーケットです。宿泊ホテルのすぐ裏手がそのナイトマーケット会場なのですよ。そんな立地の良さでこのホテルを選びました。問題は雨ですよね〜。こちらが、ワット・タムスアから帰った16時ごろのナイトマーケットの様子。まだオープンしていません。準備を進 [続きを読む]
  • 虎洞窟寺でジャングル・ウォーキング
  • クラビタウン。子猿を置いて1人でワット・タムスアへ向かいます。こちらは2016年にも行っていて、2回目。お寺の名前タム(洞窟)スア(トラ)でお分かりのように、かつては虎が住んでいた洞窟があるとのことなのに、行きそびれちゃっているんですよ。それをリベンジで観るのが目的のひとつ。それと、前回建造途中だった怪しい仏塔がどこまでできているのかも確認したいです。さらに、前回気になりつついけなかった階段があって、そ [続きを読む]
  • 曇天、クラビタウン
  • タイでうきゃうきゃ日記 12このブログをまとめた「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の12巻が発売されました!今回は2014年のカンチャナブリー、イサーンの旅を収録!514ページの超特大ボリュームでお送りいたします〜。まさにアメージングなすごいタイをいっぱい紹介していますので、ぜひ読んでみてね!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらか [続きを読む]
  • クラビにまとわりつく雨
  • タイでうきゃうきゃ日記 12このブログをまとめた「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の12巻が発売されました!今回は2014年のカンチャナブリー、イサーンの旅を収録!514ページの超特大ボリュームでお送りいたします〜。まさにアメージングなすごいタイをいっぱい紹介していますので、ぜひ読んでみてね!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらか [続きを読む]
  • ロンリー・シュノーケリング
  • タイでうきゃうきゃ日記 12このブログをまとめた「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の12巻が発売されました!今回は2014年のカンチャナブリー、イサーンの旅を収録!514ページの超特大ボリュームでお送りいたします〜。まさにアメージングなすごいタイをいっぱい紹介していますので、ぜひ読んでみてね!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらか [続きを読む]
  • 「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」12巻 イサーン編!
  • タイでうきゃうきゃ日記 12このブログをまとめた電子書籍のシリーズ、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の12巻が配信されました!ずいぶん巻を重ねてしまいましたね。でも、まだ2014年のエピソードであります。2014年5月に行った、カンチャナブリー、そして、イサーン各県のエピソードを収録しています。今回は超特大ボリュームでして、514ページにもなってしまいました。今までの本が120〜200ページくらいなので、2.5倍以上の [続きを読む]
  • 曇天のバンブー島
  • クラビ・アイランドホッピング。最初の目的地は、マイパイ島ことバンブー・アイランド。地図で言うと、この辺り。ピピ島の近くになりますね。1時間ちょいかかってようやく到着。島が見えてまいりました。遠浅で、海が綺麗!曇天なのにこの綺麗さはすごいですね。でも・・・むむ? ビーチに人が多すぎない?KMHさんも、「なんでこんなに人がいるの?」、と驚いております。2年前はがらがらだったとのこと。ビーチの端っこに上陸い [続きを読む]
  • あんちゃんは信用できるのか?
  • クラビ。2018年1月11日の朝。この日は疲れていたのか恒例の朝散歩は無しです。8時半にノッパラッタラ・ビーチ埠頭の端っこに集合なので、子猿と8時ごろにゲストハウスを出ます。あいにくの曇天であります。えー、がっかり・・・ノッパラッタラ・ビーチを子猿とバイク2ケツで走っていますと、KMHさんのバイクが僕らを勢いよく抜いていきました。飛ばすなぁ。僕らには気づいていないようですね。埠頭にある駐輪場にバイクを停めます [続きを読む]