たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: タイでうきゃうきゃ日記
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルタイでうきゃうきゃ日記
ブログURLhttp://taarek.com
サイト紹介文タイの女の子・子猿ちゃんとのタイ各地・東南アジアの旅行記&情報のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/09/27 13:21

たーれっく さんのブログ記事

  • あま〜いカノム・モーケンと最後に菩提樹に覆われた寺
  • ワット・プラケオのひみつタイ三大寺院の最高峰ワット・プラケオの謎に迫った電子書籍「ワット・プラケオのひみつ」が出ました!ワット・ポー、ワット・アルンともどもぜひご覧くださいー!全て無料です!ホアヒンからバンコクへの帰路。行きに観光したペチャブリーに帰りも通るのですが、子猿ちゃんがお土産としてカノム・モーケンをご所望です。ペチャブリーはこのカノム・モーケンというお菓子が有名な街だそうです。ペチャブ [続きを読む]
  • 巨大高僧像の寺
  • プラヤーナコン洞窟からバンコクに帰還中。途中、お寺にも寄っていきます。先日の記事で「帰りの道中、2か所寄る」と書きましたが、3か所の勘違いでした。さーせん。その2カ所目、ワット・フアイモンコンに到着です。こちらは、ルアンプー・トゥアットさんというアユタヤ王朝時代の高僧の巨大像があることで有名です。ルアンプーは老高僧という意味。 トゥアットは名前。 トゥット老高僧。船から足を海に浸けて海水を真水に変え [続きを読む]
  • ホアヒンの海が絶景のお寺
  • タイでうきゃうきゃ日記 13電子書籍で「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」が現在13巻まで発売中!ゆるゆる旅日記をまとめてどうぞ!次に向かうのは、ワット・タムカオタオというお寺です。バンコクに帰るまで、ここともう一ヵ所お寺に寄っていきます。ワット・タムカオタオは海岸沿いに建てられた中華寺ですね。ホアヒンからもほど近いです。カオ・タキアップから数キロほど南。運転手のウッドさんも来たことがあるようで、すん [続きを読む]
  • ビーチ沿いのレストラン
  • ホアヒンから南へ50キロちょいのとこにあるサームローイヨート国立公園。そこにあるプラヤーナコン洞窟の、一番奥にひっそりと佇む神秘的な建物・クーハーカルハット宮殿を観てまいりました。今回の旅のミッションはこれで完了!バンコクに戻りますが、帰路は昼食を食べたり、数カ所寄り道をしつつ帰りましょう。まずは昼食です。山道をたくさん歩いてお腹空きました!ホアヒンまでの途中に一ヵ所行きたい海岸沿いのお寺があるので [続きを読む]
  • 神聖なクーハーカルハット宮殿
  • ホアヒンから50キロちょい南下したところにある、サームローイヨート国立公園にやってまいりました。そこにあるプラヤーナコン洞窟に徒歩で向かっております。ひとつ目の山を越えてレームサーラー・ビーチという海岸に到着。順路も書いてありますね。といっても、まっすぐしかないのでそちらに向かいますけどw先を行くファランのみなさんが波打ち際の砂浜のほうまでわざわざ行っていますね。少し距離があるので僕らは行かなかった [続きを読む]
  • プラヤーナコン洞窟への道
  • ホアヒン市内より南へ52キロほど。サームローイヨート国立公園、プラヤーナコン洞窟手前の駐車場に到着いたしました!ここから洞窟へは、山を2つ越えないといけません。ウッドさんは行ったことがあるというので、駐車場で待機。Fさん、子猿と3人で向かいます。詳しいルートを説明いたします。まず、駐車場からルートが2つ選べます。ボートに乗って山1をすっ飛ばすルート。ボートを使わず山1を超えるルート。山1を超えるとレームサ [続きを読む]
  • タイ歴代7人の名君像
  • ホアヒン。プラヤーナコン洞窟に向かいます。その前にあと一ヵ所、ラーチャパック公園というところに寄っていきます。ラーチャパック公園(タイ語ではウタヤーン・ラーチャパック)には、タイ歴代7人の名君・英傑の青銅像があります。つい3年ほど前にできたばかりの広場ですね。ホアヒンの郊外にあって、この像は(海辺ではないんですが)ホアヒンの海のほうを望んでおります。つまり、みな東を向いていて、午前中に行かないと逆光 [続きを読む]
  • ホアヒン、朝のビーチと駅舎
  • タイでうきゃうきゃ日記 13電子書籍で「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」が現在13巻まで発売中!ゆるゆる旅日記をまとめてどうぞ!ホアヒン。少し早く目が覚めてしまいました。まだ夜も開けていないですが、朝散歩に出かけましょう。早朝6時ちょいすぎ。朝早くから店の準備をしていますね。ご苦労様です。ビーチのほうに出てみましょう。中華廟の脇を通り、砂浜へ。波がちょっと荒いホアヒンビーチ。空の色がいい感じですね。ホ [続きを読む]
  • ホアヒン、ファランエリアとチャイナエリア
  • ペチャブリーの観光を終え、車に乗り込みホアヒンに向かいます。この日はホアヒンに宿泊になります。ペチャブリー市内、ラチャダムヌン通りというところを走ります。この一直線な1キロちょいの通りには、小さな運河が並んでいるんですけど、2〜30メートル間隔でいろんな像が立っております。むむ? なんじゃありゃ??こちらはグーグルマップのストリートビューから拝借。こんな感じで何十体も像が並んでいるんですよ。おいおい、 [続きを読む]
  • ペチャブリー、最後のお寺
  • ペチャブリー観光であります。次も僕が行きたかったお寺です。市内にあるワット・マハータート・ウォラウィハーン。同じ名前の寺がタイには幾つもありますね。立派な仏塔があるお寺は、この名前にしたがるようです。マハータートが仏舎利塔、ウォラウィハーンが壮麗な礼拝堂、という意味。ペチャブリー市内の中心、交通量の多い狭い路地にあるお寺です。装飾がすごいお堂が並びます。うーむ、空が白くて写真が全く冴えませんな。F [続きを読む]
  • 3つ指立てるハヌマーン
  • ワット・アルンのひみつ「ワット・アルンのひみつ」がkindleにて無料で配信されています!ぜひ読んでね!気にいったら、他の漫画も読んでもらえると、嬉しい!ペチャブリー。次は、僕がリクエストしたお寺です。ワット・ライドーン(Wat Rai Don)というお寺。巨大なハヌマーンの像があるようなのですよ。ネットのタイ語の記事で、たまたま見つけました。しかし、グーグルマップでそのお寺をチェックし、そこに掲載されている写真 [続きを読む]
  • ペチャブリーで昼食を
  • ワット・アルンのひみつ「ワット・アルンのひみつ」がkindleにて無料で配信されています!ぜひ読んでね!気にいったら、他の漫画も読んでもらえると、嬉しい!ペチャブリー。プラナコーンキーリー国立博物館の見学を終えケーブルカーで丘を降ります。ウッドさんが待つ駐車場に向かうのですが、子猿がお土産物屋で売っているお菓子を見て叫びます。うきゃ!? カノム・モーケンうきゃ!そううきゃ、ペチャブリーはカノム・モーケ [続きを読む]
  • 空中宮殿@ペチャブリー
  • ワット・アルンのひみつ「ワット・アルンのひみつ」がkindleにて無料で配信されています!ぜひ読んでね!気にいったら、他の漫画も読んでもらえると、嬉しい!ペチャブリー観光。次は、プラナコーンキリ国立歴史公園であります。タイ国政府観光庁のページなんかでも日本語表記は「プラナコーンキリ国立歴史公園」ですが、タイ語を法則通り読むと「プラナコンキーリー(??????????)」ですね。ペチャブリー市内を望める [続きを読む]
  • ペチャブリー市内近くの話題の洞窟
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • 予期せぬ本堂
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • ラチャブリー・ホアヒン・プラヤーナコン洞窟への旅
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • 地獄寺の本とか
  • タイでうきゃうきゃ日記 13このブログの電子書籍のまとめ本、「ブログタイでうきゃうきゃ日記」の13巻が出ました!今巻はピンクのガネーシャでお馴染みのチャチュンサオ県を中心とした旅行記ですね。秋の夜長にご愛読いただければ幸いです!kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。僕の電子書籍は全て読み放題対象です。kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けた [続きを読む]
  • 「ブログタイうきゃ」13巻 チャチュンサオ編発売!
  • タイでうきゃうきゃ日記 13「ブログタイでうきゃうきゃ日記」13巻が発売されました!早いものでもう13巻ですか〜。よく続きますねぇw今巻は、前巻のイサーンの旅の続き、バンコクに戻ってからのエピソードからです。このころは、今は亡きGダイアリーで連載していた漫画「タイでうきゃうきゃ日記」の背景に使う写真の撮影が大半の訪タイ目的だったんです。なので、かつて行ったスポットの再訪が多いですね。再訪でも、タイのス [続きを読む]
  • ワット・アルンのこと
  • ワット・アルンのひみつkindleにて電子書籍「ワット・アルンのひみつ」が無料で配信中です!というわけで、タイ三大寺院のひとつ、ワット・アルンについて今回は語りたいと思います。このお寺、超有名寺院なのでネットやガイドブックに取り上げられまくっていますが、書かれている内容がどれも微妙に違っていて混乱させられます。例えば、日本のウィキペディアや「ワット・アルン」の項を見ると、仏塔の高さが75メートルとなって [続きを読む]
  • 最後のカニパーティー
  • ワット・アルンのひみつタイ三大寺院のひとつ、ワットアルンを徹底ガイドする漫画、「ワット・アルンのひみつ」の電子書籍が出ました!無料です。日本から急に父親の転勤でタイに来ることになった日本人JC、椎名果林ちゃんが、タイの女の子、おかっぱちゃんとワット・アルンに小さな冒険に行く漫画です。果林ちゃんはタイになじむことができるんでしょうか?おっさんが寺を巡る「ワット・ポーのひみつ」と合わせてどうぞ!クラビ [続きを読む]
  • クラビタウンでカニ4キロを茹でる
  • ワット・アルンのひみつタイ三大寺院のひとつ、ワットアルンを徹底ガイドする漫画、「ワット・アルンのひみつ」の電子書籍が出ました!無料です。何気なく観光しがちなワット・アルンには波乱の歴史があり、仏塔や像には様々な意味が込められています。それらをタイの女の子、おかっぱちゃんが詳しく解説いたします。「ワット・ポーのひみつ」と合わせてどうぞ!というか、びっくりするほど人気がないです「ワット・アルンのひみ [続きを読む]
  • ワット・アルンのひみつ が出たよ!
  • ワット・アルンのひみつ「ワット・アルンのひみつ」がkindleにて配信スタートいたしました!無料です。タイ三大寺院漫画の2つ目ですね。美しい大仏塔がシンボルの魅力的なお寺です。ガイドブックやネットでは結構間違った記載が多いのもこのお寺。徹底的に調べて紹介しております。タイ人の女のコ、おかっぱちゃんと日本人の女の子、椎名果林ちゃんがワット・アルンを観光します。2人の友情物語です。この漫画を片手にお寺を散策 [続きを読む]
  • ガツガツとクラビラストナイト
  • ようやくアオナンよりクラビタウンにあるホテルに到着。ジャム島から帰ってきたMさん、KGさんも無事同じホテルにチェックインしていまして、合流です。4人で川辺の屋台街に向かいましょう。川辺の屋台街でKMHさん、Dさんとも合流。合計6人で適当なテーブルに座りまして、夕食です。Iさんはひと足先に帰っちゃいましたが、みなさん揃うのは久しぶりですね。おのおの別行動していた間に何をしていたかの話題で盛り上がります。ジャム [続きを読む]
  • クラビタウンまでの遠い道
  • クラビ、アオナンビーチ。今回の旅の最後の夕食は、みなさんでクラビタウンの川辺の屋台街でいただくことになりました。一番最後に来た、ジャングルキッチンでは下痢でトイレに閉じこもっていたIさんは前日にもうバンコクに戻られたそう。そのIさんを除く当初のメンバー6人で最後のお食事ですね。その前に僕と子猿は今いるアオナンから18キロ離れたクラビタウンに帰らなくてはいけません。レンタルしていたバイクは返却しちゃった [続きを読む]