uno さん プロフィール

  •  
unoさん: サニーサイドパラグライダースクールブログ
ハンドル名uno さん
ブログタイトルサニーサイドパラグライダースクールブログ
ブログURLhttp://sunny-side.net/blog/
サイト紹介文北海道のサニーサイドパラスクールの上野陸です。パラのこと。北海道のこと。移住のことなどなど。
自由文パラグライダーのこと。北海道のこと。移住のこと。などを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/09/27 16:32

uno さんのブログ記事

  • なぜサバイバルキャンプ?
  • なぜサバイバルキャンプを始めたか?2011年の東日本大震災を茨城県で経験し、「まさか」と思いましたが、今年の9月に北海道胆振東部地震で二回目のブラックアウトを経験し、もうこれは「まさか」ではないなと感じました。今の日本は、地震の地学的なリスクと、台風や集中豪雨などの気象学的リスクを抱えています。2018年度はまさに災害がいつどこで起こるか分からないというほど多くの災害が起こった年でした。私はハ [続きを読む]
  • WMA Dr.デヴィッド・ジョンソン氏の講演を聞いて
  • 10/28にWMA(Wilderness Medical Associates )の総代表であるDr.デヴィッド・ジョンソン氏の講演を聞いてきました。?知安観光協会がこれから入る冬シーズンに向けてニセコで開催されました。ガイドやアウトドア関係者が多数参加していました。外国人の方もいました。野外や災害など医療機関までの搬送に時間がかかる状況ををウィルダネス状況下と定義しています。ウィルダネス状況下でのファーストエイド(野外災害救急法)の [続きを読む]
  • 同調性バイアス
  • 今日は、同調性バイアスの話をします。空気を読むとか右に倣えみたいなものでしょうか。グループでパラグライダーを体験する場合には、最初の人の出来がその場の空気を作ってしまう傾向にあります。初めて空を飛ぶので、少なからず不安があるからです。人は社会的な動物ですので、二人以上の複数になると集団的な心理が働きます。集団の空気に行動を合わせてしまうことを「同調性バイアス」といいます。認知バイアスのことで偏 [続きを読む]
  • 秋冬のキャンプ 一酸化炭素中毒にご用心
  • 秋冬のキャンプは夜冷え込みます。暖をとったり、調理するのに寒いからといって密閉したテント内で、ガスや薪、炭を焚いてはいけません。一酸化炭素中毒が起こるからです。一酸化炭素は臭いも色もありません。狭いテントに知らずに一酸化炭素が充満し、気がつくと倒れていて動けないということになりかねません。車中泊でマフラーが雪がふさがり排ガスが逆流してしまうこともあります。昨年のように、豪雪で渋滞が起こることも [続きを読む]
  • 【災害に役立つ】実践キャンプ 始めます!
  • 地震、巨大化する台風などいつどこで災害に遭遇するか分からない時代になりました。その後の停電や断水、食料や生活物資の物流の寸断がおこります。行政やインフラの想定を超える災害が起こってしまっています。私たちは助けが来るまで間、自力で持ちこたえなければなりません。これを自助といいます。広範囲の災害でなれば三日で復旧や助けがきます。実際に東日本大震災、北海道胆振東部地震でライフライン被災を経験していま [続きを読む]
  • 台風25号の備え
  • 台風25号が今週末に接近する予報になってきました。台風21号、台風24号のダメージが回復していないタイミングなのでこのままではヤバそうです。川の近くでは、洪水、山の近くでは、土砂災害に警戒しましょう。逃げ足は早くです。避難ルートは予め計画しておきましょう。夜中の移動はリスクが高いので注意が必要です。備えは三日分が目安大規模な災害でなければ、三日あれば他の地域から助けがきます。備えのコツは普段でも [続きを読む]
  • 通常営業始めました
  • 北海道地震で被害に遭われたみなさま、お見舞い申し上げます。1日も早い復旧に貢献できるように私たちもがんばります。美唄スカイパーク、岩見沢のスキー場ともに被害はありませんでした。パラグライダースクールは通常営業しております。みなさまのお越しをお待ちしております。サニーサイドパラグライダースクール校長 上野陸 [続きを読む]
  • 防災の日。災害に役立つキャンプ&フライ
  • みなさんこんにちは、北海道のサニーサイドパラグライダースクール校長の上野です。今日は防災の日です。かねてから考えていた災害時に役に立つアウトドアプログラムのめどがたちました。なぜそれを考えていたかというと、東日本大震災の時に茨城県のエアパークCOOで被災しました。一瞬にしてライフラインが停止しました。そこはパラグライダースクール。アウトドアの道具が十分にありました。高校生の時からやっていたキャン [続きを読む]
  • フライトプランは持ってますか?
  • フライト前にフライトプランは持っていますか?パラグライダーでのフライトは、このフライトプランから始まります。体験さんでも同じです。昔から言われているのが「空中では三割頭」。空中では地上の三割程度しか頭が働かないと言われています。私も過去にさまざまなミスをやらかしています。「なんであの時あんな判断をしたのだろうか?」そもそも「見えてない」「判断していない」など後で考えると三割どころか一割くらいし [続きを読む]
  • 初級者のみなさん 直線飛行のコツは?
  • 「子供自転車スタートBOOK」という本をみました。パラグライダーの初級者にヒントになることが書かれていたので共有します。パラグライダーの最初の課題は直線飛行です。初級者は直線飛行の練習をします。乗り物操作の基本は「走る(まっすぐ)、曲がる、止まる」だからです。パラグライダーの特徴として、「高さがある三次元であること」、「風の影響を受ける」という要素が加わります。?直線飛行するためには、基準に対して [続きを読む]
  • 悲観的に準備をして楽観的に対応する
  • 「悲観的に準備をして楽観的に対応する」得てして逆になることが多いのではないでしょうか?「航空安全とパイロットの危機管理」小林宏之著(成山堂書店)、著者の小林宏之氏はJALで42年間、総飛行時間18,500時間フライトしグレートキャプテンと呼ばれています。氏ならではの実体験に基づいた危機管理について書かれた本からです。危機管理の鉄則として本文に出てくる言葉である。パラグライダーのフライトにも役立つ言葉です [続きを読む]
  • 暑い夏を快適に過ごす服装術 
  • みなさんこんにちは!サニーサイドパラグライダースクールの上野です。まだまだ猛暑が続いているところがあります。これだけ猛暑が続くと、アウトドアでどんな服をどのように着るかは技術の一つです。パフォーマンスだけではなく、安全性に関わることになります。体温調整ができないヒトは、服によって空気の層を作り出し環境に適応しています。重ね着のことをレイヤリングといいます。季節や運動の種類や強度によって、それに合っ [続きを読む]
  • やさしい日本語のページを作りました
  • 北海道を訪れる外国人のみなさんに、パラグライダーやさしい日本語のページを作りました。「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人もわかりやすい日本語のことです。阪神淡路大震災の時に、被災した外国人に必要な情報が行き届かなかったことから、災害が起きたときに有効なことばとして考案されました。外国人は英語が得意な人ばかりではありません。いろいろな国から人が訪れるなかで、多言語化が進んでいます [続きを読む]
  • うまく水分を摂ろう!
  • 今年は関東地方が6/29と最も早い梅雨明けをし、熊谷での最高気温41.1度の最高気温更新など記録ずくめです。暑さをがまんするどころではなく、熱中症などの健康被害が深刻です。そこで今日はうまく水分補給するための方法をお伝えします。夏のフィールドで活動して夏バテしないように試行錯誤してきました。ぼくらインストラクターが水分不足になるとスクール活動に支障をきたしてしまいます。最近は加齢のためカラダに水分を貯める [続きを読む]
  • 7月31日はパラグライダー記念日
  • 知ってました?7月31日はパラグライダー記念日です。その由来は、1988年7月31日に北九州で第一回パラグライダー選手権が開かれたそうです。しかしどんな大会だったのかはわかりませんでした。パラグライダーが盛り上がり始めたころには違いありません。30年前の今日があって、今のパラグライダーがあります。パラグライダー記念日おめでとう!パラグライダーは最もシンプルな翼です。空を飛ぶという夢を実現する身近な道具です。専 [続きを読む]
  • 安全とは?安全文化という考え
  • 『安全は作り出すもの』私が25年前このスカイスポーツの仕事をはじめたころ最初に教わりました。次の本を読み、あらためてこの言葉を再認識しました。「航空安全とパイロットの危機管理」小林宏之著(成山堂書店)、著者の小林宏之氏はJALで42年間、総飛行時間18,500時間フライトしグレートキャプテンと呼ばれています。氏ならではの実体験に基づいた危機管理について書かれた本です。安全をどう捉えるか? 以下要約です。 安全 [続きを読む]
  • アーティック5 インプレッション
  • ニビュークのEN-Cクラス アーティック5が上陸しました。クロスカントリーモデルとして注目されるグライダーです。2017年の秋に発表予定でしたが、デザインの再検討が行われました。潜伏期間を経てどのように変わったのでしょうか?この日北海道はドライな空気で6月なのに気温が30度という最高のコンディションに恵まれました。まさにアーティック5をテストするのに絶好のリアルコンディションです。まずはグライダーを広げチェッ [続きを読む]
  • EN-A王道 Φファイ ソナタ インプレッション
  • あの天才デザイナーハンネス・パペッシュさんが独立した新生パラグライダーメーカー「Φファイ」から、第二弾 「ソナタ」がリリースされました。第一弾は、最も安全性が高いEN-Aクラス=初級機という従来の常識をくつがえすソアリングモデルという全く新しいコンセプトのグライダー「シンフォニア」でした。かんたんにいうと、ENとはパラグライダーの安全性能規格のことです。コラップス特性(翼が潰れた時の挙動、回復性)、難易 [続きを読む]
  • コヨーテ3 P(軽量EN-A)インプレッション
  • ニビューク社EN-Aシリーズ コヨーテから軽量バージョンのコヨーテ3 Pがリリースされました。本気度の高い軽量シリーズをリリースしてきたニビューク社。EN-Aクラスはどんな仕上がりにしてきたのでしょうか。EN-Aクラスというと、初級機といったイメージを持つかもしれません。最新のテクノロジーやマテリアルの進化にともない、EN-Aクラスにバリュエーションが増え個性的なグライダーが登場し始めました。安全基準がもっとも高いEN [続きを読む]
  • ΦPHI シンフォニアの秘密
  • オリジナルな設計で独自の道を行く天才デザイナー ハンネス・パペッシュさんが、ΦPHIを立ち上げてまでも創りたかったグライダー『シンフォニア』。最も安全性が高いEN-Aクラスを取得し、ソアリングやクロスカントリーをもこなす十分なパフォーマンスを備えた実力を持つグライダーが誕生しました。50セル、アスペクト比は5.14とEN-Bクラススタンダード並のスペックを持ちます。3Dシェイプ、内部構造、低抗力設計など天才パペッシ [続きを読む]
  • Φマイク・クングジャパンツアー day0 2018.1.19
  • Welcome to JapanΦPHIファイ マイク・クング ジャパンツアー2018がスタートです。ヨーロッパも大荒れの天気だったようです。マイク・クングさんはなんとか乗り継いでもらい成田に到着しました。荷物は遅れての到着となってしまうようです。エアパークCOOさんから飛び道具一式をお借りし早速のフライトです。さすがレジェンド、北風のはっきりしない難しいコンデションの中、バリオなしで小一時間フライトしていました。 [続きを読む]
  • Φマイク・クングジャパンツアー day0 2018.1.19
  • Welcome to JapanΦPHIファイ マイク・クング ジャパンツアー2018がスタートです。ヨーロッパも大荒れの天気だったようです。マイク・クングさんはなんとか乗り継いでもらい成田に到着しました。荷物は遅れての到着となってしまうようです。エアパークCOOさんから飛び道具一式をお借りし早速のフライトです。さすがレジェンド、北風のはっきりしない難しいコンデションの中、バリオなしで小一時間フライトしていました。 [続きを読む]