王城恋太 さん プロフィール

  •  
王城恋太さん: ハノイな人達
ハンドル名王城恋太 さん
ブログタイトルハノイな人達
ブログURLhttp://ojyokoita.blogspot.com/
サイト紹介文ベトナムとは何か?ベトナム人とは何か?ベトナムの真実
自由文ハノイに駐在して3年が過ぎました。
ベトナムの真実をお伝えしましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 345日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/27 18:20

王城恋太 さんのブログ記事

  • 喰龍(ハロン)のカレーつけ麺VS東池袋大勝軒・濃厚豚骨魚介つけ麺
  • 今回はベトナムと日本に関する内容。と言っても、厳密にベトナムが関係するかどうかは微妙(笑)ハノイでラーメンと言えば、喰龍(ハロン)なのである。これはもう、誰が何と言っても喰龍(ハロン)なのである。喰龍の前に喰龍なく、喰龍のあとに喰龍なしという講道館史上最強の柔道家・木村政彦先生に匹敵するほどの喰龍なのである。よって、店に入る時は一礼し、「お願いします!」と挨拶して入らねばならない。帰る時は無論、「あり [続きを読む]
  • 【那須川天心vsロッタン・ジットムアンノン】をタイ人が語る
  • 今回もベトナムとは何の関係もない話だが、タイには関係がある。先日行われた那須川天心vsロッタン・ジットムアンノンの試合についてのタイ人の感想をお伝えしよう。見てない人は↓その前に私の感想を書こう。14:17辺りに、ロッタンのヒザが那須川のボディに入る。これを那須川はローブローとアピールし、ブレイクを取った。リプレイを見れば明らかだが、これはローブローではない。明らかに腹に効かされたヒザ蹴りだ。そんなこと [続きを読む]
  • 素晴らしきベトナム
  • ベトナムに住んでいると、時々理解不能なことが起きる。今回紹介する事件も、なかなかパンチの効いた事件だ。ホーチミンで発砲事件、70歳女性と30歳男性の愛情のもつれ70歳の婆が交際中の30歳男に別れを告げられたそうだ。70歳の婆と交際というのは、個人的には理解不能だが、世の中には「熟女好き」という性癖もあるので「世間にはそういう嗜好もある」という意味では理解の範疇だ。「巨乳好き」、「尻フェチ」の私と大して変わら [続きを読む]
  • 日韓通貨スワップ協定をやってはいけない本当の理由
  • 中央日報という韓国のオカルト新聞によれば、韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」が日本の与党・自民党に韓日通貨スワップの再開を建議した、そうだ。2015年終了の韓日通貨スワップ、韓国で再開の動きスワップ協定というのは、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める中央銀行同士の協定のことだ。当然のことながら、我が国の「円」と [続きを読む]
  • いまだに左翼のプロパガンダに踊らされる馬鹿
  • 真面目で善良であることは「馬鹿」の免罪符にはならない。むしろ真面目で善良な馬鹿の方が、明らかな馬鹿よりも社会にとってタチが悪い。そういう真面目で善良な馬鹿が熱意を持つと、くだらないヨタ話をブログで発信し出したりするので、なお一層タチが悪い。そして、今回は、史実をちゃんと勉強もしたことがない馬鹿が、珍左翼系の本を読んだり、プロパガンダに接すると、どういうことを言い出すか?という記事を紹介したい。日本 [続きを読む]
  • ベトナム人女性と外国人男性のカップル
  • 3年ぐらい前のハノイでの話。カフェで向かいのテーブルに米国人男性とベトナム人女性のカップルがいた。男性はコテコテの米語アクセントだったので、恐らく米国人だ。ベトナム人女性が、I like dog!と言うのが何気に聞こえて来た。本来なら普通に聞き流すところだが、ふと米国人男性と私は目が合い、妙に気まずくなると同時に、私は笑えて来て堪えるのが大変だった。(口元を手で覆い、ギューッてやる感じ。)この場合、厳密に言え [続きを読む]
  • 物事を一般化して焦点をごまかせば己の愚鈍さを隠せると思ってる馬鹿
  • 今回はタイトルだけ見るとベトナムには関係なさそうな記事だが、実は関係がある。そして、当ブログでも度々話題にしている「ベトナム人(外国人一般にも言える)に対し、卑屈なまでの寛容ぶりを示し、ヘラヘラしている気持ち悪い阿呆ども」にも共通する話題だ。その辺のところは、当ブログのテーマの一つでもあるので、詳しくは下記記事を参照されたい。↓はじめにとにかく、ベトナムに限らず外国に住むと、外国人に対し気持ち悪い [続きを読む]
  • 奇跡は起こる!【天才VS努力の人】
  • 今回もベトナムとは何の関係もない話で、恐らく誰も興味はないと思うが、感動する話だ。郷州征宜は、生まれながらに難聴の障害があり、耳が聞こえない。彼は努力だけでキックボクサーになり、努力だけで実績を積み上げて来た。何故「努力だけ」と言い切れるかと言えば、彼の試合を見れば解る。パンチもキックも下手クソなのである。恐らく、並み居るキックボクサーの中でも、かなりのヘタクソな部類だ。不器用で華麗な技がある訳で [続きを読む]
  • せつない歌
  • 今回は、ベトナムとは何の関係もない話で、かつ、誰も興味のない話ではないかと思われる(笑)中森明菜が歌う「私は風」という曲がすこぶる良いのである。「私は風」という曲は、日本のハードロック史上、唯一無二の存在である「カルメン・マキ&OZ」の曲で、曲自体も日本のハードロック史上、最高傑作と言って良い。(わしが決めた。笑)で、この曲は、過去、プロ・アマも含め数々のバンド・歌手がカバーしているのだが、他を聞け [続きを読む]
  • 日本人がベトナムに来たら思うこと
  • 日本に帰国して1ヶ月半が経った。本来ならハノイに戻るところだが、3ヶ月延長して日本で仕事になりそうだ。ナイスだ(笑)その後はまだ未定だが、2018年世界生活環境調査の都市ランキングによると9年連続でウィーンが1位らしいので、是非ウイーンにして欲しいものだ。ま、ウィーンでなくても良いので、せめて文明社会に住みたいものだ。とりあえず、ハノイのアパートの冷蔵庫に置きっぱにしてきた低脂肪牛乳だけが気がかりだ。今頃 [続きを読む]
  • 日本に帰国したら身体が変化した!
  • 今回は、日本に帰国して1ヶ月経った後の身体の変化について書こうと思う。と言うよりは、むしろ、ベトナムにいた頃の身体の異常と言った方が適切かもしれない。まず、手の荒れが治った。ハノイにいた頃は、何故だか手が荒れていた。特に指先。それが今や、綺麗サッパリなくなり、スベスベのお手てになった(笑)水が駄目なのか?よく解らない。よく解らないと言えば、よく解らない身体の疲労感がなくなった。何だかよく解らないが [続きを読む]
  • 日本人は働き過ぎか?
  • 日本に帰国し1ヶ月ほどが経った。先日、カナダ人とロシア人と雑談していた時、あなたは珍しい日本人ですね。普通、日本人の前で日本のことを称賛したり、「素晴らしい」と言ったりすると、ほとんどの日本人は一生懸命日本の悪い点を語り出したり、否定したりする。恐らく、謙遜してるのか照れ隠しだと思うのですが、あなたは100%同意する(笑)と、言われた(笑)無論、日本にも悪い点はあるだろう。(罰金のような税金とか。笑) [続きを読む]
  • 予想通りとは言え、惨敗に終わった日
  • 先月、日本に戻った時に、近所のキックボクシングのジムへ通いだした。日本滞在は3月末までの予定だが、何もしないと食いまくってブクブクと太るだけなので、ちょうど良い運動になる。キックのジムと言っても、プロ主体のガチガチのジムではなく、一般向けのフレンドリーなジムだ。とは言え、リングもちゃんとあるし、トレーナーにタイ人の現役ムエタイ選手もおり、ガチガチの練習もできる。先日の日曜日、「ジム対抗戦6対6マッチ [続きを読む]
  • 謎のエアコン・メーカー
  • 2月の旧正月の連休前に、2カ月ぐらい日本へ戻ることになった。しかも、朝、ハノイの会社でフニャフニャしていたら日本から電話があり、その日の夜に戻ることになったのである。だから、冷蔵庫に牛乳を置いたままだ・・・。3年ぐらいハノイで仕事をして日本に帰ってきたら、浦島太郎のような気分だった。何しろハノイでは、ボンクラのベトナム人ばかりなので、日本に帰ってくるとみんな優秀なビジネスマンに見える(笑)なんかテン [続きを読む]
  • 空手の型とキックボクシングとギターのアドリブ
  • 今回もベトナムとは何の関係もない話で、ほとんど誰も興味のない話だと思う(笑)ハノイ滞在中には、週1で空手の稽古に通っていた。空手の稽古なので、型の練習もあるのだが、私は元は極真空手をやっていたとは言えキックボクシングの方が長いので、空手の型の練習には全く興味がない。そもそも試合やスパーリングで使えないものを覚えるのが面倒臭い。だから、型の練習には参加していない。こう言うと、必ず自称上級者の方からお [続きを読む]
  • レースクィーンは女性蔑視か?
  • 巷では、「レースクィーンは女性蔑視か?」という論争が熱いようだ。F1の“グリッドガール”廃止で日本の“レースクイーン”も論争しかしながら、通常我々は、レースクィーンそのものを蔑視することなどない。というか、そもそも蔑視する理由が無い。そうすると、これは「レースクィーンよりも容姿が劣る女性を蔑視」という問題になる。とは言え、現実的に考えて「レースクィーンよりも容姿が劣るから」という理由で、女性を蔑視す [続きを読む]
  • 健康大国ベトナム!?公園でエアロビに興ずるトド
  • ベトナム人のおばはんは、夜な夜な公園に集まってエアロビに興じている。一応、参加費を取っているらしいが、詳しくは知らない。日本大使館の前でも、毎夜やっている。音楽を流して、エアロビっぽい服装をしているので、エアロビクスだとは思う。しかし、腰をカクカク振ってるだけのヘンテコリンな踊りに見えなくもない。れいによって、巷のイカレポンチなブログや記事を見ると、ほとんど全てが好意的に紹介している。曰く、健康大 [続きを読む]
  • ハノイなシュークリーム
  • 今回は、本当に美味しいものの紹介なのである。ハノイのローカルにはベーカリーショップが結構多い。ケーキやパンを売っていたり、シュークリームらしきものもある。巷のイカレポンチなブログや記事を見ると、こういうローカルのものを「フランス統治時代の影響を受けた本場仕込みのパンは絶品!」とか書かれてたりする。大嘘である(笑)一般のローカルのパンやケーキなど、日本のコンビニの方が遥かに美味い。ヤマザキ春のパン祭 [続きを読む]
  • ダンジョンを知らずしてハノイは語れない
  • ハノイにはダンジョンがある。私が勝手に「ダンジョン」と命名しただけだが、ただの路地裏とは訳が違う。路地裏とダンジョンの違いは、歩いて入って出て来られるのが「路地裏」、ダンジョンともなると、もはや徒歩では何ともならないぐらいの一大都市が形成されている。たいていは、建物と建物の間の狭い通路や、大通りから一本入った狭い道(バイクとバイクがようやくすれ違えるぐらいの)が、ダンジョンの入り口になっている。そ [続きを読む]
  • ハノイなカラオケ
  • 今回は、カラオケラウンジの話。リンランやキンマーに行くと、たくさん店があるので、すぐに解る。だいたい、店の前で女子が客引きしていたりする。どこの店も似たような料金設定で、同じ様な感じ。20人ぐらいのベトナム人女子がいるが、可愛いのは1人か2人というところまで、どこの店も同じ。残りの多数は、おかめひょっとこである(笑)ただ、年だけは全体的に若い。その辺が日本のスケベ親父に人気があるところかもしれない。客 [続きを読む]
  • ハノイな麻布でハンバーガーの巻
  • ハノイのDoi Can 界隈は「ハノイの麻布」と呼ばれている所だ。いや、厳密には、私だけがそう呼んでいる(笑)ハノイに来た当初、Googleマップを眺めていたら、各国大使館が割と集まる地区があったので、私がそう名付けた。そして、実際に行ってみたら、無論、貧民街に毛が生えたような所だ。つーか、ハノイの街全体が広大な貧民街と思って良い。こんな感じの壁の無いパンチの効いた建物もある。驚くべきことに、洗濯物とか干してあ [続きを読む]
  • 虐待されても母にすがりつく子
  • 最近、Youtubeで猿の動画をよく見ている。動画を見て気付いたのだが、猿というのは意外なほど阿呆である。もう少し賢い生き物だと思っていた。ベトナム人より少々阿呆ぐらいの生き物と思っていたが、とんでもない間違いだった。猿に比べれば、ベトナム人は人間である。(当たり前やちゅうねん。笑)そんな阿呆な猿だが、母猿が子猿を一生懸命育てている姿を見るとほのぼのとさせられたりする一方で、意外なほど子猿に対する虐待も [続きを読む]
  • ベトナム人はスリムで痩せているというのは嘘だった!
  • つい最近まで、私も「ベトナム人はスリムで痩せている」と信じ込んでいた。確かにグローバル基準で見れば、今でもベトナム人は痩せている。しかしながら、日本人がギャーコラ騒ぐほどベトナム人は痩せていなかった、という衝撃のデータを発見した。急速な経済発展が生んだ影私がハノイに来た3年前と比べても、確実にベトナム人にはデブが増えている。最近ではベトナムの肥満率は3.5%に上昇、日本の3.5%と同水準に達しており、特 [続きを読む]
  • ベトナムのスイーツ・tao pho を食べてみた!
  • ベトナム人の社員は、よく会社にヘンテコリンな食べ物を持って来る。今までいろいろと勧められ食ってみたが、何一つとして美味かった試しがない(笑)最近では、もう何も食わないようにしている。とは言え「これは美味しいから!」と言われると、つい食ってしまい、やっぱり不味くて落ち込むのである。金融詐欺に何度も引っ掛かるカモというのは、絶対こういうタイプなので、気を付けねばならない。しかし、今回の tào ph? (タ [続きを読む]