王城恋太 さん プロフィール

  •  
王城恋太さん: ハノイな人達
ハンドル名王城恋太 さん
ブログタイトルハノイな人達
ブログURLhttp://ojyokoita.blogspot.com/
サイト紹介文ベトナムとは何か?ベトナム人とは何か?ベトナムの真実
自由文ハノイに駐在して1年が過ぎました。
ベトナムの真実をお伝えしましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 97日(平均2.7回/週) - 参加 2015/09/27 18:20

王城恋太 さんのブログ記事

  • ベトナム人の人となりを見極める方法
  • まずは、これをご覧ください。https://ameblo.jp/marius0807/entry-12318639825.html健全な精神をお持ちの方なら、こんなベトナム人いるよなー。とか、こんなベトナム人しかいないよなー。という感想を抱かれると思います。ベトナムにいれば、仕事の面でもプライベートな面でもベトナム人が関わって来ます。そこで、今回は、初対面のベトナム人の人柄を見極める方法について述べたいと思います。そんな方法あるの?つーか、ボンク [続きを読む]
  • 本日のベトナム人
  • 以前の記事、ベトナム人とロンドンのホームレスで、書いたように、まともな言葉遣いができないようなベトナム人にタバコをせがまれても、ハッキリと断る。しゃべりかけられただけでも気分が悪い。しかしながら、今日はまともな言葉遣いができるベトナム人にタバコをせがまれた(笑)ハノイに来て初めてだ。断る理由がなくなったので、上げた(笑)記事が面白かったら !つまらなかったら懲らしめのために !↓ [続きを読む]
  • 行くぜ、イオン!
  • そんな訳で、バスルームに置いてあったバリカンが忽然と消失するというオカルト現象が起きてしまったので、イオンにバリカンを買いに行くことにしました。(前回の記事ご参照)ちょうど買い換えようかな?と思っていたので、いい機会です。まぁ、私ほど寛容の徳を備えた人間ともなると、バリカン如きはくれてやるのです。もっとも、あと1年ぐらいは使えたかな?という気もしますが(笑)イオンに売ってるのかどうかは知りませんが [続きを読む]
  • 手癖の悪いベトナム人
  • 日本ではベトナム人による窃盗や万引き被害が増えているらしいですが、ここハノイは本場ですから、手癖の悪いベトナム人は腐るほどいます。先日、バスルームでフィリップスのヘアカッター(まぁ、バリカンのことです。)を使おうとしたら、いつも置いてある棚にありません。結局どこを探しても見つかりません。そもそも、バリカンなんかバスルーム以外では使えないので、この3年間バスルームの外に出したことがありません。と言い [続きを読む]
  • 日本で喜ばれるハノイなお土産!
  • 先日、日本人の短期出張の方から、「ベトナムのお土産って何がいいですか?」と聞かれ、困りました。ご存じの通り、もらって嬉しいものなど何もないからです。むしろ、ゴミにしかならないようなものなら色々あります(笑)そんな中、万人受けする訳ではありませんが、日本で結構喜ばれるものをご紹介します。これ↓Tadalafil STADA® 10 mgです。これは何かと言いますと、PDE5(ホスホジエステラーゼ-5)阻害薬です。PDE5(ホスホ [続きを読む]
  • 謎のおっさんは、どこから来てどこへ去って行くのか?
  • ベトナム人は阿呆なので、3分以上先のことは考えられません。だからカップヌードルまでは食べられますが、どん兵衛は、もはや食べられないです(笑)将棋で言えば、2手以上先のことは考えることができないでしょう。これが路上になると、どういうことが起きるかと言いますと、例えば、どちらかの車が止まって対向車に道を譲れば結果的にスムーズに流れる、という状況があったとしても、ベトナムでは絶対にこれは起こりません。必ず [続きを読む]
  • おまえは既に感染している!
  • 会社が入ってるビルには、日系企業も多く入っています。先日、エレベータで一緒になった日系企業の日本人社員の方が「帯状疱疹になった」と落ち込んでいました。実は、ハノイでは帯状疱疹になる人が結構います。驚くべきことに、皇后陛下も訪越後、帯状疱疹を発症されています。私は、絶対にこの小汚いベトナムが感染源だと睨んでいます。帯状疱疹というのは、VZウイルスというヘルペスウイルスに感染して発症しますが、感染したか [続きを読む]
  • 最近、不調なのである。
  • ここんとこ、最近、不調なのです。何が不調なのかと言いますと、しばらく前にイスラエル人のお姉ちゃんと仲良くなり、お姉ちゃんがイスラエルに帰ってしまって以降、ジムで新たな出会いがないのです。と言いますか、最近、外人系お姉ちゃん自体がジムにほとんどいません。困ったものです。そろそろ新たにジムを開拓せねばなりません。その代わりと言ってはなんですが、おっさんとばかり仲良くなれます(笑)TopGymの3Fのボクシン [続きを読む]
  • ハノイなビュッフェ
  • 読者の方から、ご意見を頂きました。ベトナム人の生態を聞いてるとビュッフェスタイルのレストランに行くのは中々の猛者だなと思いました。日本でも最近、激安焼肉ビュッフェというより時間制食べ放題で祖母らしき人が皿の余った肉を戻したとかガキがアイスなどを(以下自粛言葉のグロなので、)というのをネットで見て気持ち悪い底辺の大合唱だったので日本でさえこういうのまだいるんだからベトナムのビュッフェは恐い恐いと感じ [続きを読む]
  • フォーと並ぶローカル飯の代表・コムザンはどれが一番マシか?
  • フォーと並ぶローカル飯の代表と言えば、コムザンという炒飯モドキの食べ物があります。だいたい、フォーを出している小汚いローカルの店へ行けばあります。但し、炒飯だと思うと不味くて食えないです。コムザンにもいろいろ種類があるのですが、今回は、その中で「一番マシなものはどれか?」という企画です。「一番美味しいもの」ではないので、ご注意下さい。あんなもの食わずに一生が終えれるなら、その方が遥かに幸せです(笑 [続きを読む]
  • ハノイなインドカレー
  • お姉ちゃんから「ビュッフェへ行きたい!」と、店の地図が送られて来ました。念のために店の詳細を確認すると、なんと、ベトナム料理とイギリス料理のビュッフェ!あほか(笑)何でわざわざ、世界の不味い料理ワンツー・フィニッシュのビュッフェを食いに行かねばならないのでしょうか?普段から私は「ベトナム料理は不味くて食えない」と伝えてあるのですが、割と洋食に行くことが多いので、「英国料理があるから大丈夫」と思った [続きを読む]
  • 美人大国・ベトナムは美人の宝庫!!!・・・はぁ〜〜?(笑)
  • 今回は、一部マニアの皆様に好評の「真実のベトナム」を伝える」コーナーです。驚くべきことにインターネット上では、「美人大国・ベトナムは美人の宝庫!」なんて話がまことしやかに流れています。ほとんどベトナム共産党のディスインフォーメーション工作としか思えないような内容です。発信している連中は、ベトナムの諜報機関によってエージェント オブ インフルエンスにカテゴライズされているか、あるいは、間違いなく脳の [続きを読む]
  • 外国人技能実習というインチキ制度
  • 前回、留学について少々触れましたので、今回は「外国人技能実習制度」という世紀のインチキ制度について触れましょう。何故これがインチキ制度、しかも「世紀の(笑)」なのかと言いますと、まずは、技能実習の基本理念をご覧ください。技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。これを [続きを読む]
  • ベトナム人留学生の男2人が逮捕
  • 2億円以上の空き巣を繰り返したとみられるベトナム人留学生の男2人が逮捕されたそうです。取り調べに対して、2人は「身に覚えがない」などと容疑を否認しているということです(笑)被害総額2億円超ベトナム人窃盗G2人逮捕|日テレNEWS24十数年前、日本で愛車のメルセデスのAMGのホイールとスポイラーを取り外されて盗まれたことがあります。(被害総額250万円)近所で同様の被害が多発しており、それからしばらくして犯人は検挙さ [続きを読む]
  • ベトナム人に聞かれると困る質問
  • ベトナム人、特に初対面のベトナム人に問われ、答えに窮する質問があります。ベトナムはどうですか?と、ニコニコしながら聞かれると、真剣に答えに困ります。本当なら、どーも、こーもねーぜ、兄弟。と、言いたいところですが、何をどう答えれば良いのかとっさに思いつきません。まごまごしていると、具体的に質問され、更に困ることになります。ベトナムの街はどうですか?なんて聞かれても、汚い。としか答えようがありませんし [続きを読む]
  • ベトナム人とロンドンのホームレス
  • カフェやビルの喫煙スペース等でタバコを吸っていると、時々知らないベトナム人にタバコをせがまれることがあります。カフェならまだ解らんこともないのですが、喫煙スペースというのは何なんでしょうか?最初から誰かにタバコをもらうつもりで来てるんでしょうか?(笑)こういう時は英語で話しかけられることになるのですが、ほとんどの場合、それが赤の他人にモノを頼む時の言いまわしか?あほ。と思います(笑)つたない英語能 [続きを読む]
  • 退かぬ!媚びぬ!省みぬ!
  • ハノイの夜は取り立てて娯楽がありません。虚構に彩られた煌びやかな夜の街へ行けば、着飾った色彩硝子の女が妖しい夢を見せてくれる、なんてことは間違ってもありません(笑)カラオケバーへ行ったところで、不細工なベトナム女がいるだけです。そういう意味では、余計な金を使わないので、大変素晴らしいシステムになっています。そんなやることがないハノイの夜で、一時期私は、毎晩某Youtubeで、アニメ北斗の拳シリーズを見て [続きを読む]
  • ハノイな3年前と現在で変わったこと
  • 何やかんやで、この小汚い街に来てから丸3年が経とうとしています。そこで今回は、ベトナム、というかハノイにおいて、3年前と今では何が変わったのか?を語る企画です。まぁ、小汚さは大して変わっていません。変わったのは、車の数が増えたことでしょうか。車など増えても渋滞が増えるだけですし、駐車場もろくにないので路上駐車は増えるし、不便極まりないと思うのですが、如何せんベトナム人にとっては、たとえそれが起亜や現 [続きを読む]
  • ベトナムで遠回りする横着なタクシーへの対処法
  • 今回は、ここハノイにおきまして、わざわざ遠回りして料金を稼ごうとする横着なタクシーへの対処法についての話です。結論から先に言いますと、対処法はないです(笑)そういうのが嫌な人は、最初からGrabとかUberなんかを使うとよろしいかと思います。あと、最初に「ここ曲がれ」とか「あそこ曲がれ」と具体的に指示すると、「こいつ道知ってるな」と認識しますから、以降遠回りはしません。ま、ただ、少々遠回りされたぐらいでは [続きを読む]
  • ハノイな警察 − 黒の軍団
  • ハノイのお巡りさんと言えば、皆さんご存じ(か、どうかは解りませんが)の緑のおっさんとベージュのおっさんがいます。こんなの↓とか、こんなの↓緑のおっさんは、普通の警察で、大使館前や政府関連施設で警備していたり、路上でのおばはん同士の喧嘩などで駆けつけたりします。と言いますか、それ以外の仕事を見たことがありません(笑)ベージュのおっさんは、交通警察で、キンマー辺りでも交通整理をやっていたりしますが、む [続きを読む]
  • アントニオ猪木訪朝
  • アントニオ猪木参院議員(無所属)が7日に北朝鮮を訪問し、与野党、その他から批判が起きている。かつて、若き日の前田日明は言った。アントニオ猪木なら何をしても許されるのか?!答えは「Yes」だ。いや、「Yes」と言うより、「当然のこと」であり「当たり前のこと」だ。何故なら「アントニオ猪木」だからだ(笑)アントニオ猪木が何をしても許されるというのは、演繹的証明の必要のない自明的な事柄であり、アントニオ猪木はエ [続きを読む]
  • ハノイなシェラトンホテル
  • 先週末はベトナムは連休とかで、私は西湖のシェラトンホテルに滞在した訳です。特に意味はないんですが、たまには文明だけに接して休息したくなります。私のアパートからはバイクで行けばすぐなんですが、シェラトンホテルへ行く時はタクシーで行くようにしています。とても、小汚いバイクで行ける雰囲気ではないのです。エントランスでベルボーイに「シッ!シッ!ハウス!ハウス!」とか言われそうで(笑)建物は古いのですが、一 [続きを読む]
  • ベトナム建国記念日?珍左翼のプロパガンダに踊らされる日本猿
  • 9月2日は、ベトナムの建国記念日とかで祝日でした。(1945年9月2日)実はそれを遡ること半年前の1945年3月11日、我らが帝国陸軍がついにベトナムからフランス軍を追い出し、ベトナムはそれまで60年近くに渡るフランスの植民地支配からベトナム帝国として独立します。帝国陸軍はそれ以前にベトナムに駐留しており、いわゆる二重支配と呼ばれていますが、行政権はフランスが握っています。(1884年、仏越の甲申条約)そしてついに194 [続きを読む]
  • 上半身裸で刺青のベトナム人、逃走、そして逮捕
  • 既に皆さんご存じとは思いますが、上半身裸で入れ墨の男、団地で目撃情報、一時騒然上半身裸で刺青のベトナム人が職務質問され、警官に噛みつき逃走、逮捕されたそうです。猿か?(笑)それにしても、何でこんな奴が日本に入国できたんでしょうか?よく解りませんね。と、思っていたら、ツイッターで笑えるツイートを見つけました。外国人が上半身裸でいただけで職務質問されそれから逃げたというだけで340人の警官を動員して指 [続きを読む]
  • ハノイなサプリメントショップ
  • ハノイでの食生活で不便なのは「不味い」ということを除けば、タンパク質摂取量が極端に少なくなることです。スーパーで鶏のササミを探しても、ほとんど売っていません。ハノイではそういう難しい売り方はしていないので、鶏肉を塊で買って自分で捌かねばなりません。何故か、もも肉だけはバラで売っています。そこでプロテイン等のサプリメントが必要になるのですが、これがまた売ってる店が極端に少ないのです。そりゃまぁ、食う [続きを読む]