Rの母 さん プロフィール

  •  
Rの母さん: 立ち直れるか分からないけれど、やるだけやる!
ハンドル名Rの母 さん
ブログタイトル立ち直れるか分からないけれど、やるだけやる!
ブログURLhttps://rkunhe.exblog.jp/
サイト紹介文息子が自死しました。逢った事も無い詐欺女に貢いで振られました。私の中の心の闇を全て吐き出します。
自由文Netで知り合い、顔を見た事も無ければ、勿論逢った事も無い詐欺女に騙されて貢いで振られた息子が自死しました。私の中の心の闇を全て吐き出して、私自身が立ち直りたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/09/27 22:18

Rの母 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 未だに脳裏に焼き付いている情景
  • もうすぐR君が亡くなってから3年経つのですね。最近は悲しみに引きずられるのが嫌で、なるべく自死遺族のブログ等を見ない様にしています。それでも、たまに覗いてみると、未だに涙無くては見れないページが多く、とてもじゃないけれど、他人事として読めない自分がいます。そして、未だに遺書を読んだ瞬間の情景が頭から離れません。私には霊感などないですが、遺書を読んでから映画を見ているみ... [続きを読む]
  • 今年もシモン先生に御会いしてきました
  • R君も一緒に来ていたみたいで、「今回はちょっと長い旅行なんだよ」と先生に教えてくれたそうです。お墓参りから始まって、シモン先生のセッションの後、色々な用事が入っていて1週間程家に帰れなかったのですが、息子は旅行気分で楽しんでいたようです。「生前、母の運転で色々な所にロングドライブで連れて行ってくれた。色々な海外にも行った。とても楽しかった」と懐かしそうに話してくれたそうな... [続きを読む]
  • 「座間の9遺体発見事件」に思う事
  • この事件の詳細を見るにつけ、息子が遺書を残して家を出た当時の事を思い出します。犯人を捕まえた警察が、息子が見つかった山の管轄の警察だった事が余計悲しみを増幅させました。この警察には何度も行きました。でも探してはもらえなかった。息子が発見されるまで毎日、眠れない、食べられない、泣いてばかりで常に心拍数が高く頭痛がし、生きた心地がしませんでした。最近落ち着いていた精神状態... [続きを読む]
  • 送り火
  • 生まれて初めて自宅の玄関先で迎え火と送り火をした。私は団地生まれなので火を焚ける場所が無く、他人の家でしか、迎え火や送り火を見た事が無い。昨年は灯篭流しをした。厳密には灯篭流しの会場まで行った。しかし、最後まで迷いに迷って、結局見るだけで終わった。ここはR君の生まれ育った場所じゃないし、ずっと「R君どうする?」と問いかけていた。「そんなのやらなくていいよ」って言ってる気が... [続きを読む]
  • R君との会話
  • 最近庭のお花達が満開で、毎日4-5時間庭にいます。その時によく遭遇するこの子。いつも私の近くをヒラヒラ舞っています。近づいても逃げないので、「もしかして、、R君?」「そうだよ〜 ママー ママー」小さい頃のR君みたいに小さくて可愛らしい子です。「でもママは蛾は苦手だな、もっと綺麗な蝶々になってよ」と話しか... [続きを読む]
  • コメントへの返信です
  • 「息子と会話してきました。」への、にゃんこさんからのコメント への返信です。 長くなってしまったので、こちらに書かせて頂きます。--------------------------------------------------------------------------------------------------にゃんこさん、初めまして。一周忌お辛い... [続きを読む]
  • 息子と会話してきました。
  • 先日書いた通り、シモン先生のセッションを受けてきました。息子はニコニコしながら開口一番こう言ってきたそうです「この日を一年間心待ちにしていたんだ。絶対にこの機会を逃さない様にとね」シモン先生いわく、とても生き生きとして、クレバーでチャーミングな男性ですよ、との事で安心しました。私の母が生前「絶対に父と同じ墓に入りたくない」と言っていたので、我が家ではお墓が二つ、仏壇も二つあるの... [続きを読む]
  • 息子に応援された。
  • いい加減運動しなくちゃと思い、久々にWiiFitやWiiスポーツをやってみた。Fitのウイーボ君に「ママさん***日ぶりですね、そう言えば最近R君は見かけませんね」なんて言われて、涙が出そうになった。ダンスの場面ではMiiの息子がノリノリで一緒にダンスをしてくれた。あんなノリノリな息子は生きてる時に見た事ないけれど、、テニスやボクシングの場面でも張り裂けんばかりのオ... [続きを読む]
  • シモン先生が来日される様です。
  • ブログの更新は長い間サボってまして、ご無沙汰しております。最近の私は少しづつ、心穏やかに暮らせる様になりました。そのきっかけの一つでもある、シモン先生 が再度来日される様です。私は勿論予約させてもらいました。私はシモン先生とも、「Simoneさんを招聘する会」とも何の関係もございませんが、私達自死遺族は「何故亡くなったの?何があったの?何で気が付かなかったのか」と... [続きを読む]
  • 過去の記事 …