たかこ さん プロフィール

  •  
たかこさん: プランC
ハンドル名たかこ さん
ブログタイトルプランC
ブログURLhttp://planc.chu.jp/
サイト紹介文安全、快適、食はお金で買う楽するアラフォー旅人。2017/10/16 西周りで再スタートしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/28 20:51

たかこ さんのブログ記事

  • 超宇宙的!近代都市で乗継時間を満喫:アスタナ
  • 2018/5/14 1テンゲ=0.3円シムケントからキエフへ向かう飛行機はアスタナで約8時間の待ち時間があります。ラウンジも無いしどうしたものかと思っていましたが自由に出入り可能なゆるい空港だったので街へお出かけしてみました。 これが大正解!!初めはセンターエリアまでの車窓を楽しんでコーヒー飲んでサクっと帰ってくるつもりでした。 それが、完全に予想外。 建物はどれも独創的でかっこいいわカフェの紅茶もピザも美味くて居 [続きを読む]
  • リフトで楽々!タシケントからの日帰りに最適?チムガン
  • 2018/5/8 1USD=8070スムタシケント郊外のチムガン、チャルヴァク湖へ行ってきました。市内から約1時間半で、サマルカンドやブハラとは違った万年雪の山と湖を眺めることができます。ウズベキスタンの人たちの週末観光地。そんな感じの場所でした。 日本語での情報が全くなかったので、とりあえず行ける所まで公共交通機関で行ってみます。 まずは市内から地下鉄でBuyuk lpak yuliまで。(1200スム)タシケントの地下鉄は、駅毎に [続きを読む]
  • 中央アジアへ連行された日本兵が残したもの:ウズベキスタン
  • 2018/5/8 1USD=8070スム1956〜1946年の間シベリアから中央アジアへソ連軍により日本兵が約二万五千人移送されました。捕虜となった彼らの建てたナヴォイ劇場を見る為そして彼らの墓前で手を合わせる為ウズベキスタンへとやって来ました。 日本軍捕虜の建てたナヴォイ劇場は今も現役です。外観に派手さはないものの、どっしりとした存在感のある建物。入口はイスラム教を感じさせるデザインかな。演劇が行われていない時は扉が固く [続きを読む]
  • 闇両替や面倒な書類は過去の話?ウズベキスタン
  • 2018/4/30 1USD=8070スム色々面倒が多いという噂のウズベキスタン。しかしそれも過去の話。ビザ免除、闇両替廃止、入国カードも配られず断然行きやすくなっていました。 2018年2月10日〜日本人は30日間ビザ不要で入国できる様になり加えて、両替事情も大幅に変わっていました。 公定レートが闇レートへと寄せられ空港や銀行で安全に両替ができる様になりました。空港では円からの両替も可能。これは良し悪しがあって、銀行以外で [続きを読む]
  • 温泉や塔は微妙だけど道中が絶景!:ビシュケク近郊
  • 2018/4/24 1キルギスソム=1.6円ビシュケク近郊にはブラナの塔、ウスガタ温泉などのちょっとした見どころがあります。どちらも東バスターミナルから約2時間と日帰りに最適。目的地じたいは微妙なのですが、道中がとにかく絶景で車窓を見ながらドライブ感覚で楽しめました。 インド疲れを癒す地として最適な街ビシュケクで見事に沈没。雨や寒い日が続いてダラダラする日も多いのですが天気の良い日は少し遠出もしました。 ・ブラナ [続きを読む]
  • オフシーズンのイシククル湖を貸切?チョルポンアタ
  • 2018/4/20オフシーズンのイシククル湖は予想以上に静まり返っていました。ビーチには人っ子一人おらず宿もレストランも大半がクローズ。外人っていうか観光客らしき人達も皆無でした。 ビシュケクの西バスターミナルから約4時間車窓から青い湖がちらりと見えてきてテンションが上がりました。ほんと海みたい。で、濃い青。わくわくしながらマルシュを下りて宿を探しながら中心地へ向かおうと思っていたのですが街の静けさにちょっ [続きを読む]
  • カフェとバーガーでインド疲れを癒す:ビシュケク
  • 2018/4/18 1キルギスソム=1.6円キルギスの首都ビシュケク。寒いし天気も悪く特に観光する場所もありませんがおしゃれなカフェと美味しいケーキ誰一人として絡んでこない気楽さ何より静かなのが幸せ過ぎます。 ビザ待ちの旅人以外あまり立ち寄らないビシュケク。パッとしたものがないからこそインド疲れを癒やすにはぴったりの場所だなぁと思います。 ずーーっとビーフが食べたかった私はまずお高めのバーガーショップに飛び付きま [続きを読む]
  • ただの愚痴 全く合わなかった?ヨガとベジの町リシケシ
  • 2018/4/10ガンジス川上流のヨガ聖地、リシケシ。オススメする旅人が多いのでインド最後の地として1週間程過ごすつもりでやって来ました。しかし結論から言って、何で来ちゃったんでしょうって感じ。グチしか出ませんでした。 マクロードガンジからリシケシへの道はクネクネの連続で相当キツかったです。普段酔わない私も酔止めを発動したくらい。(直行バス1000ルピー)12時間のバスから開放された早朝7時にはグッタリでし [続きを読む]
  • ワガ国境の珍セレモニー インド側で盛上る:アムリトサル
  • 2018/3/30 1インドルピー=1.7円印パ国境ワガへ行ってきました。16時半から行われるセレモニーはインド側のみ大盛況。パキスタン側との温度差や、全くかしこまっていない大音量と大声を挙げての国旗降納は面白かったです。 14時頃に黄金寺院付近で営業をかけられて往復トゥクトゥクで行きました。(150ルピー)ぎゅうぎゅう詰めの不快な状況で行き1時間半。帰りは皆が同時刻に集中するので2時間以上かかりました。もう少 [続きを読む]
  • 斬新な処刑方法とイケ面に驚く:シク教の聖地アムリトサル
  • 2018/3/27アムリトサルにはシク教徒の聖地である黄金寺院があります。デリーから向かう飛行機の中にターバンを巻いた人がちらほら。まだ見ぬインドがあるとワクワクしてやって来ました。黄金寺院の周りは整備された歩行者天国になっていてまるでインドじゃないみたいでした。 もちろん生活圏を覗いてみればカオスなんだけど。荷物を運んでる様子はインドなんだけど。素敵なオブジェもあるし、街にはゴミ箱が設置されています。ウエ [続きを読む]
  • ピンクシティに残る巨大な天文観測儀たち?ジャイプール
  • 2018/3/24ジャイプールは連日の38度超え。ピンクシティという名前に惹かれて来てみたけれどこんなに暑いとうだります。1箇所だけ行きたかった場所ジャンタルマンタルだけは気合入れて行っときますか。 日時計や星座儀をはじめとする石造りの観測装置が並んでいます。これらを造った目的は、農業に関すること洪水、日照り、収穫時期などの予測が第一目的でした。あとは暦を作ったり、占星術に活かしたり。そうは言っても単純に、 [続きを読む]
  • 婚外交性 疑わしきは罰せよ!?インドのイスラム社会
  • 2018/3/22ISの蛮行、イスラム国というネーミングからして完全にキリスト側のプロパガンダだと思ってました。石打ちの刑、鞭打ち公開処刑や手足切落しなんか時代錯誤にも程があるしショー的なものすら感じていました。 それが婚外交性への刑罰が現在のインドイスラム社会でも有効だなんて。昔の話じゃなかったんだ。ムスリムの男の子と話す機会があったので気になる男女関係のこと切り込んでみて個人的に感じたことをダラダラ書い [続きを読む]
  • 婚外交性 疑わしきは罰せよ!?インドのイスラム社会
  • 2018/3/22ISの蛮行、イスラム国というネーミングからして完全にキリスト側のプロパガンダだと思ってました。石打ちの刑、鞭打ち公開処刑や手足切落しなんか時代錯誤にも程があるしショー的なものすら感じていました。 それが婚外交性への刑罰が現在のインドイスラム社会でも有効だなんて。昔の話じゃなかったんだ。ムスリムの男の子と話す機会があったので気になる男女関係のこと切り込んでみて個人的に感じたことをダラダラ書い [続きを読む]
  • カトマンズ周辺で無料散策できる村:キルティプル
  • 2018/3/16 1ネパールルピー=1円カトマンズ近郊の村キルティプルはネワール族が多く暮らす土地で古い建物や寺院が残っています。村全体が工事中で地味でしたが、その分観光客はほぼ皆無でゆっくり散策できました。 カトマンズ近郊の主要観光地は驚くほど入場料が高くスワヤンブナート寺院のみに留めました。ここはカトマンズ最古の仏教寺院で寺院内は広くヒンズー寺なども混在していて面白かったです。ここで200ルピーは納得で [続きを読む]
  • 沈没中に最適!山以外のB級スポット:ポカラ
  • 2018/3/5 1ネパールルピー=1円ポカラで沈没中。晴れていても山に雲がかかっていることが多いです。山に行くなら雲一つない時に行きたいですから雲が出ている日はお散歩して過ごしました。 まぁ、これらはB級観光地なので暇つぶし感覚で。まずはデヴィスフォールから行ってみましょう。スイス人冒険家デヴィ氏がここに落ちたとか行方不明で捜索中にここで発見されたとか諸説あり、彼の名前が付けられた滝です。 前情報では、水の [続きを読む]
  • 登山なしで絶景!ダンプスまでジープで行けた:ポカラ
  • 2018/3/7ポカラからの日帰りトレッキングとして有名なダンプス村へ行ってきました。今日は歩くのを覚悟で出発したものの乗合ジープに乗ったら山の上まで行くやつで登山無しで到着してしまいました。 登山口からダンプスまでトレッキングした人の経験談をまとめると行き2〜2.5時間、帰り1〜1.5時間だそう。これ、一人で頑張れるんだろうか。でも限られた天気が良い日にはヒマラヤ見たいな。 宿のおじさんに聞いてみると、オ [続きを読む]
  • 妙法寺へ行こう!楽する旅人向けミニトレッキング:ポカラ
  • 2018/2/28何泊分もの重たい荷物を背負って、ひたすら山を行く。体力も無いし、そういう楽しさが全く分かりません。そんな楽する旅人も、せっかくポカラに来たんだからちょっとは歩いたり丘に登ったりしてみました。 口コミで「一番楽に行ける」とされている妙法寺。ポカラの代表的な景色である、万年雪の山脈が眺められる場所です。ここは天気の良い日を狙って行きました。 本格派トレッカーにしてみれば散歩コースでしょう。でも [続きを読む]
  • 良質な安宿とご飯がある幸せ 沈没の予感:ポカラ
  • 2018/2/25 1ネパールルピー=1円居心地の良い安宿、種類豊富で美味しい料理大自然、きれいな空気、あたたかい笑顔。ポカラはインド疲れを癒す地として完璧です。もう沈没の予感しかしません。 ルンビニから悪路に揺られること約8時間。(650ルピー)どこがツーリストバスやねん?!というレベルのボロバスで後輪路肩落ちしまくりながらいくつかの峠を越えポカラへやってきました。 バスパークに到着するとホテルの営業に囲ま [続きを読む]
  • ネパールのホーリーは観光客に優しい:ポカラ
  • 2018/3/1ホーリー祭とは、ヒンズー教の春祭りで春の訪れを祝い色粉を塗りあったり、水をかけあったりします。インドのホーリーは超危険で外出禁止というGHもある程ですがネパールのホーリーは控えめで、私も楽しんで参加できました。 インドでは日頃のうっ憤を晴らそうとする人たちが暴徒化し観光客を襲ったり、レイプする事件も起きているそう。怖いよ・・・やっぱりガチガチに規制された社会で生活してたらストレスも蓄積され [続きを読む]
  • 確かにウザい!外出する気が失せる街:バラナシ
  • 2018/2/17インドはウザい!バラナシに来てその意味が分かりました。とにかく日本語で喋りかけてくる男が多すぎる。いちいち相手をするのは疲れるので完全無視していても「またかよ」と思う度に体力を奪われていくのです。 南〜中央インドまで一ヶ月旅をしてきましたが「いい加減にしてくれ!」とまでは思った事はありませんでした。クラクションがうるさい、ぼったくり、痴漢人によって気分によって言う事が違う、空気が汚い、ゴミ [続きを読む]
  • 天人五衰のイメージここにあり:アジャンタ石窟寺院
  • 2018/2/7三島由紀夫の遺作である「豊饒の海」四部作。その三部〜四部にかけてインドが登場しアジャンタ石窟寺院の描写もあります。彼の永遠のテーマである美しさと死、遺作最終章となった世界観がここにありました。 オーランガーバードからローカルバスで2時間半。降車場からシャトルバスに乗り換えます。途中の土産屋で呼び止められ、ガイドの勧誘を断りながら入口に着くまでに3時間程かかりました。「一人で行っても、何も分 [続きを読む]
  • 頬を引っ叩き棒で打つ警官:変質者を警察へ引渡した話
  • 2018/2/11ムンバイのフォート地区(観光地)で痴漢に遭い近くにいた警備員さんに助けを求めたらギャラリーが増え警察を呼ぶ大事になりました。彼らの連携は素早く、誠意のあるものでしたが犯人を公衆の面前で引っ叩きののしる様子は日本ではあり得ない光景で驚きました。 フォート地区は英国植民地時代の建物が多く残る地区でムンバイでは一番の観光地といえる場所です。 インド門とタージマハルホテルからの帰り道、鉄道駅へ向か [続きを読む]
  • 結婚式でインドの闇の深さを見た気がした:ビジャプール
  • 2018/2/2「結婚してるの?」全世界共通の質問。そして「してないけど、で?」って毎回思う質問。私にとって面倒くさいなぁくらいの話題が、インドでは最重要課題と言ってもよく話を聞けば聞くほど切なくなってしまう今日この頃です。 ビジャプール最大の観光スポットゴール・グンバス。バチカンのサン・ピエトロ寺院に次ぐ大きさを誇る廟です。こんな田舎町にこんな巨大な建造物が!という違和感がすごい。インドなめたらいかんで [続きを読む]
  • マーブル模様の巨石が美しい:居心地の良い街バダミ
  • 2018/1/27-31バダミはメインロードが一本あるだけの小さな街。そこから巨大岩、石窟寺院までは徒歩圏内なので観光に便利です。ハンピが岩ゴロゴロ系、外人がたくさん来る観光地ならバダミは一枚岩系、インド人に人気のある観光地かな。 アガスタヤティルタ池周辺だけなら、一日あれば十分周れます。ただ私は、北側の岩を上るコースから入ってしまい体力を消耗した為二日間に分けて散策しました。 池の北側にはブータナータ寺院、大 [続きを読む]