Yasu さん プロフィール

  •  
Yasuさん: 医療事務の面接対策
ハンドル名Yasu さん
ブログタイトル医療事務の面接対策
ブログURLhttp://investmentinme.org
サイト紹介文未経験から医療事務になる為の面接対策、志望動機の例文、その他医療事務の素朴な疑問にお答えしています。
自由文主にクリニックの院長先生へコンサルティングを行っています。
仕事を通して成長する喜びを身につけていただき、医療機関で働く方のキャリア形成に協力させてください。
また、クリニックを経営されている院長先生もご参照いただけましたら幸甚です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/09/29 09:14

Yasu さんのブログ記事

  • 喫煙者は面接で堂々とした態度を最優先に!院内のルールも重要
  • 先日喫煙者の方の面接に同席しましたので、改めて皆さんと対策を共有したいと思います。面接にいらっしゃった方はこの方は喫煙者でしたが、喫煙されることに負い目を感じているようで、喫煙の質問になった途端それまでの自信ありげな態度が嘘にように静まってしまい、印象がまるで変ってしまいました。喫煙の話に留まりませんが、面接では自分のスタンスをはっきりさせた方がよいのではないかと思います。喫煙の質問への答え方喫煙 [続きを読む]
  • クリニックの院内を土足厳禁にするメリットとデメリット
  • 一昔前と比べ、土足厳禁のクリニックは増えています。医療事務として働かれている方も、患者様も、土足であるか否かはあまり気にする点ではないかもしれませんが、靴を履き替えてもらうことで発生するメリットとデメリットが存在します。労働条件に直結するお話ではありませんが、クリニックを選ぶ際の1つの参考にされてはいかがでしょうか。土足厳禁のメリット院内を土足厳禁にすることのメリットとしてまず考えられるのが、院内 [続きを読む]
  • 面接でホームページについての質問に答えるための準備
  • 「当院のホームページを見てわからないことなどありませんでしたか?」質問方法には様々ですが、クリニックであれば、ホームページに関する質問は良く聞かれる質問です。ホームページがないクリニックは珍しくなったもう15年以上前の話になりますが、私が医療関係の仕事を始めたころは、ホームページを持っていないクリニックもまだまだ多く、東京のクリニックでさえ、「ホームページなんか必要ない」というドクターもいらっしゃい [続きを読む]
  • 遅延証明書があれば遅刻しても減給されないのは本当か?
  • 「公共機関の遅れにより遅刻したので遅延証明書を添付します。」一見理由に問題ないように見えます。1回や2回であれば問題ありませんが、10分程度の遅刻を繰り返し、その度に遅延証明書を提出してくるとなると話は別です。遅延証明書があれば遅刻は帳消しになると考えている医療事務や看護師は意外に多いのですが、残念ながら、遅延証明書に免罪符のような効果はありません。まずは就業規則を確認する遅延証明書の取り扱われ方は、 [続きを読む]
  • 医療事務経験2年で転職する方へ面接のアドバイスを送る
  • 先日医療事務の転職活動についてご相談いただきました。ご相談いただいた方は、医療事務経験が2年と少なく、経験者枠に応募していいのか迷っているそうです。先に結論から申し上げると、たとえ医療事務経験が2年でも、転職では他の方より有利に働くのではないかと思われまます。「経歴2年」は長くはありませんので、実力が「経験者並」かどうかは働き方を見て判断することになると思いますが、なぜ有利に働くと考えるのか、その理 [続きを読む]
  • 「いつ頃から勤務を開始できますか?」に対する最適な答え方
  • 「勤務開始日はいつ頃ですか?」「いつから働けますか?」医療事務でなくても、転職で面接を受ける際は、勤務開始予定日を聞かれます。クリニックの人事担当者は、現職がある方を採用する場合、入職までに時間がかかることは承知していると思いますが、この質問に対するベストな答え方をお話ししようと思います。次の仕事が決まってから転職転職活動を行っている方にとって、退職届を提出するまでに、次の職が決まっていることは、 [続きを読む]
  • 複数の内定をもらう人の転職先の選び方を考える
  • 先日「内定を複数もらい、転職先を迷っている」というご相談をいただきました。医療事務を目指している方からすると、うらやましい悩みですが、先を見据えた転職先選びをしないと、せっかく複数の内定をいただけたのに、後悔することになるかもしれません。「やっぱりあっちにすれば良かった」とならないためにはどうしたらよいのでしょうか。自分に大切なことを明らかにする内定を複数もらって、どのクリニックに勤めようか迷った [続きを読む]
  • 医療事務未経験だけど資格あり!志望動機の例文6選
  • 医療事務の志望動機の例文は幾つか掲載していますが、今回は「医療事務未経験で資格あり」もしくは「資格取得のために勉強を始めている」方向けの志望動機を作成しました。ご自身の状況と合わない部分を変更したり、2つの志望動機を組み合わせたりしてご使用下さい。未経験で資格取得済みの方が志望動機で気を付ける点「早く例文を!」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、例文をそのまま使用するわけにはいかないと思います [続きを読む]
  • 退職の波を食い止めろ!院長先生が行うべき不満解消法
  • 少数精鋭で運営しているクリニックにとって、退職者が出ることは歓迎されません。人数の減少で運営が厳しくなったり、院内の雰囲気が変わったりすることで、さらなる退職者が出てしまう可能性も考えられます。特にクリニックの院長先生は、残ったスタッフの不満を解消しながらの運営が求められます。退職者の弊害例えば医療事務3人で運営していたクリニックがあったとします。そのうちの1人が退職をしてしまい、募集しているもの、 [続きを読む]
  • 医療事務経験者へ!志望動機の例文4つと書き方の3つのポイント
  • 医療事務務経験者が、別の医療機関へ転職する際、志望動機を書くポイントは3つです。例文を参考にしながら、ご自身に合ったワードや言い回しを使い、より魅力的な志望動機となるようにご活用ください。例文はやや長めに作ってるので、そのまま使用するというよりは、余計な部分を削ったり、組み合わせたりしてご活用ください。経験者の志望動機で大切にしたいこと特にクリニックでは、医療事務の経験者は、未経験の方と比べて優遇 [続きを読む]
  • 特定疾患療養管理料を浮かせて医療費を安く済ませる方法
  • 特定疾患療養管理料は、保険診療を行う医療機関にとって重要な収入源ですが、患者様の窓口負担は大きくなります。毎回とはいきませんが、「少しでも窓口の支払を安くしたい」とお考えであれば、知識として知っておいた方が良い裏技(?)をご紹介します。実行されると一時的に医療機関の収入減につながりますが、長い目で見たときにはクリニック様にとっても決してマイナスではありません。特定疾患療養管理料分を安くする3つの方 [続きを読む]
  • 医療事務の資格で転職を有利に!たった1つの面接でのアピール方法
  • 「医療事務の資格は必要ない!」というお話は良く耳にしますが、正しくは、必要ないのではなく、「必須でないだけ」です。特に医療事務未経験の方には有利に働きます。資格を持っていることで有利に働く点は別の記事でお話ししましたので、本日は就職活動でどのように資格をアピールするのがベストかをお話ししようと思います。資格はあった方が良いのか?他業種から医療事務に転職しようとお考えの方の場合、資格の取得を検討して [続きを読む]
  • 悪い言い訳癖を直す!医療事務の成長を止める言い訳とごかまし一覧
  • 仕事ができないと評価を受けている仕事ができないと評価を受けている医療事務の方は言い訳やごまかしの回数が多いように思います。どのような言い訳があるかをまとめますので、このような言い訳をしないようにしましょう。前からこうだった時と場所が変われば仕事の仕方にも変化をつけるものですが、この点を理解できない方の言い訳で圧倒的に多いのが「前からこうだった」です。ミスをしたとき思わず「前からこうでした」「こうい [続きを読む]
  • クリニックでもいじめってあるの?私が見てきた実例と対処法
  • 医療事務は女性が多いので、ささいなことから職場のトラブルにつながりかねません。職場でのいじめは、医療事務同士でも、看護師との間でも起こる可能性があります。どのような対処法があるのでしょうか。医療事務のいじめ医療事務に限りませんが、女性が多い職場では、スタッフ同士のトラブルは何かと多い印象があります。あくまで私見ですが、当たらずとも遠からずだとは思います。医療事務は必ず女性というわけではありませんが [続きを読む]
  • 未経験で初面接!医療事務の面接の直前対策まとめ
  • 初めて医療事務の面接を受ける方にとって、何から対策をしていけば良いか迷うところだと思います。面接対策の一歩目は志望動機を作成することです。まずはこの記事からスタートしてください。初めての医療事務!説得力のある志望動機の書き方のまとめこれから医療事務を目指す方が志望動機を考えることは、面接対策の中で最優先かつ内定への近道です。考える方法は例文を書き直す方法が一般的ですが、これでは説得力のある志望動機 [続きを読む]
  • 退職時の引き継ぎは義務?引き継ぎ計画書を作って円満退職する方法
  • 円満に退職するためにまず行うこは退職理由を考えることですが、退職の意思を伝えるまえに、引き継ぎの計画を立てることをお勧めします。退職時面談で必ず引き継ぎの話題になる退職を決意したら、退職の意思を伝え、退職届を提出することになりますが、クリニックでは、「辞めます」と言って書類を提出するだけでは済まないでしょう。多くの場合、院長先生や管理職の方と、「退職に関する面談」を行うことになります。ここで詳しい [続きを読む]
  • そのケガ労災です!実はよく知らない労災って何?を簡単に解説
  • 「勤務中のケガは労災になるので健康保険は使えません」医療事務として働く方の多くは、このセリフを言ったことがあると思います。「仕事中のケガは労災」ということは、医療事務であればご存知だと思いますが、実際どういう流れで労災の適用となるのか、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。労災保険って何?労災とは、「仕事が原因の病気やケガに対して、国から保険金の支給を受けることができる制度」のことです。仕 [続きを読む]
  • あなたのクリニックにもいる!?クソ上司のタイプ別攻略法
  • 医療事務は女性が多いということもあり、クリニックでも人間関係を大切にした方が働きやすい環境を作りやすい傾向にあります。でも、クリニックにもクソ上司・・・いるんです 笑院長先生や事務長さんなどの管理者がこれに当たる場合もありますし、看護師や同じ医療事務の先輩であるときもありますが、問題のある上長(=クソ上司)のタイプ別攻略法をお話ししていきたいと思います。今回は「部下から見たクソ上司」をテーマにして [続きを読む]
  • 勤務中のシューズやストッキングや靴下の色は?夏のニオイ対策も
  • 未経験でクリニックへ入職するとわからないことはたくさんあると思いますが、本日は制服に関して。意外と気を遣うのが、くつの色、ストッキング、靴下についてです。「どのようなものを用意すればよいのか」もそうなのですが、湿気が多い夏や梅雨の時期は、靴が蒸れてニオイが発生することも悩みの種になっています。靴は自前のクリニックが多いクリニックによって服装の規則は異なりますが、医療事務・看護師ともに、就業中にはく [続きを読む]
  • 初めての医療事務!説得力のある志望動機の書き方のまとめ
  • これから医療事務になる方にとって、志望動機を書くことは、面接対策の中で1番先に行うべき項目で、内定への近道になります。多くの方は例文をインターネットで探し、そららしくリライトすると思います。書類選考は突破できても、未経験という不利な条件の中で、なかなか内定がもらえない方は、書かれた志望動機と辻褄が合っていないのかもしれません。オリジナルの志望動機を考えよう例文をリライトするのも悪くはありませんが、 [続きを読む]
  • 転職先を見つけてから?!退職の意思を伝えるタイミングと伝え方
  • 年が明け、3月までは就職・転職活動が活発化する時期です。医療事務もこの時期に動く方が一番多く、3月にかけて求人の数も急増します。現在医療事務として働いている方も、この時期は転職しやすい時期なのですが、特にクリニックにお勤めの方は、退職のタイミングにも気を使う必要があります。退職の伝え方退職自体伝えにくいことですので、伝え方を考えなければなりません。従業員の希望は「今すぐに退職したい」かもしれませんが [続きを読む]
  • 新人研修は大変!教育係を担当する医療事務の負担と悩みの解決方法
  • 医療事務として経験を積むと、クリニックでは新人教育を任されることが多くなります。特にスタッフの入れ替わりが多いクリニックでは、新人教育の仕事を嫌うスタッフもいますが、「教えることができるスタッフ」は貴重ですので、管理職の方はその悩みを共有し、何らかの形で還元してみてはいかがでしょうか。新人教育は重要な仕事新人教育を担当することに不安や不満がでることも多々あります。不安の内容は次項でお話しします。し [続きを読む]