ヤマセミ さん プロフィール

  •  
ヤマセミさん: 野鳥観察のための気になる知識
ハンドル名ヤマセミ さん
ブログタイトル野鳥観察のための気になる知識
ブログURLhttps://ameblo.jp/wild-bird-jp/
サイト紹介文野鳥が好きで野山を散歩したりして観察しております。
自由文日本国内では約350種ほどの野鳥が生息しており、運が良ければ見ることができます。地域と季節により見ることができる野鳥は異なります。身近な家の周囲では、シジュウカラ・ムクドリ・メジロ・ヒヨドリなどが見れると思います。四季を通じてあらゆる場所で野鳥を観察してみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/01 07:58

ヤマセミ さんのブログ記事

  • ヒヨドリ
  • ヒヨドリが枯れ木にとまっておりました。ヒヨドリは、ハトを少し小さくしたような感じの大きさになっております。7mくらいまで近寄っても平気なのでギリギリまで近寄ってから撮影しました。全体的に灰色で、この鳥のようすを観察していると自分の縄張りがあるような感じで、同じような場所に長くいます。昆虫や木の実をみつけると捕って食べております。今は、1匹ですが、繁殖期になるとかなりの数で群れているのをよく見かけ [続きを読む]
  • モズを撮影しました
  • モズがいたので、あわててカメラを持ちにいってきて撮影しました。モズってある程度の距離があれば警戒しないでいるので助かります。モズはいろいろな鳥の声の真似もして鳴き声も美しいのでかなり好きな鳥になります。この鳥がペットにいたら最高だろうなっていつも思います。この鳥の胸の部分はすこしオレンジ色になっているのですが、そこが私は好きですね。後ろから撮影するとこんな感じになっております。賢そうな顔をしており [続きを読む]
  • ツグミ
  • ツグミがいたので撮影しました。ツグミを観察していると毎回同じような場所にいるので、気に入った場所があればかなりそこに定着するのかもしれません。ツグミのお腹を見てみるとごまだらの模様があるので、そこがみわけるポイントになります。警戒心もそんなに強くなく、5mくらいまでなら近寄っても大丈夫でした。つがいでいることはあんまり見たことがないですが、いつか、つがいでいる時があったら撮影したいと思います。ハ [続きを読む]
  • シジュウカラを撮影
  • シジュウカラがいたので撮影しました。今日は、川原を散歩しているとシジュウカラの声がしたのでそちらのほうに行ってみると、シジュウカラがたくさんいました。シジュウカラっていつも2〜3羽なのですが、今日は、10羽くらいでいました。たくさんいるととても賑やかで楽しそうな雰囲気になっておりました。こうやってシジュウカラがとまっていると可愛いですよね。ほかの鳥たちも近くにいたのですが、仲がよくお互いにジャマ [続きを読む]
  • コゲラ
  • コゲラが木にいたので撮影してみましたが、真下からシャッターを切ってみました。木の真下から見ていてもこちらに気がつかず、何かを一生懸命に探しているようでした。真下からみると背中の模様も見ることができます。コゲラは、雀くらいの大きさで、鳴き声は、ギーと鳴きます。ここは、大きな公園の中なので、朝早くに木の近くで待っていると必ずと言っていいほど、やってきます。いつまでも見ていたいほど、可愛い鳥です。この [続きを読む]
  • コガモの群れ
  • 川にコガモがたくさんいたので撮影しました。コガモって雄の鳥をみるとマスクをかぶっているような顔をしているのですぐにわかります。この日は、5〜6羽の群れで泳いでおりました。雌のほうが数が多いような気がいたしました。 コガモは、長い時間、川を泳いでおりました。私がカメラを持って近づくにも、ある程度の距離があるみたいで、必要以上に近づくと逃げていくような気がいたしました。だいぶ陽気もよいので、泳いだり、 [続きを読む]
  • カルガモ撮影
  • カルガモが川にいたので撮影しました。桜が咲いてとても暖かいのでカルガモも気持ちよさそうに泳いでおります。こうやってただカルガモが泳いでいるのを見ているだけで楽しくなってきます。流れの強いほうへ泳いでいってみたり、流れがないような場所に泳いでいって、水面に頭をつっこんで何かを探しておりました。今の季節は、川にいけば、かなりの確率でカルガモを見ることができると思います。 [続きを読む]
  • イカルチドリ
  • 道路にイカルチドリがいたので撮影しました。この鳥は、川原にいることが多いのですが、今日は、何故か道路にでておりました。ある程度近寄っても逃げないので、このくらいまで近寄って撮影しました。体はふっくらとしていて、ゆっくりと歩くのかと思ったら、かなりすばしっこく歩くのでびっくりします。危険を感じたら素早く歩き、草むらの中に逃げ込むといったことを繰り返します。今は、暖かくなってきたので川原にいけば見つ [続きを読む]
  • ダイサギ
  • 川原にダイサギがいたので撮影しました。距離で言うと30mくらいでしょうか。。。ある程度の距離を保たないと警戒して逃げます。くちばしは、黄色く足は黒色になっております。魚を捕らえた瞬間は見たことないですが、見つけたら素早くくちばしで捕らえることができそうです。急に飛び立ったので素早く連写で撮影したら、うまくピントが合いました。迫力があります。こちらもこんな感じになっておりますので、個人的には満足で [続きを読む]
  • 川原にいたカワラヒワ
  • 川原を散歩しているとカワラヒワがいたので撮影しました。カワラヒワは群れていることが多く、こうやって1羽でいることはあんまりないと思います。今回、近くの木々に仲間が隠れていて、この鳥だけ水を飲みにやってきたのだろうと思います。カワラヒワは、雀をスマートにしたような姿で、頭部が濃い緑色でくちばしが肌色になっております。羽も黄色、黒、白と混ざっており、とても可愛らしくインコのような感じにも見えます。鳴 [続きを読む]
  • イカルという鳥
  • 皆さんは、イカルという鳥をご存じでしょうか?野鳥を好きな人なら、あの鳥ねって感じで知っていると思いますが、知らない人にこの画像を見せてみると、「こんな鳥がいるんだね!?」っていいます。イカルは、大きさで言えば、インコくらいの大きさで胸が白く、背中は灰色になっております。くちばしは黄色で、顔は黒くなっております。画像は、1羽しかおりませんが、この木の下にたくさん群れておりました。普段は、群れで活動 [続きを読む]
  • カワウがいたので撮影
  • カワウがいたので撮影しました。今の時期にカワウは川に飛来して、くつろいでおります。警戒心が強いので、ある程度の距離になってこちらを見ているようでしたら、そこが限界の距離になりますので、そこで望遠レンズを使って撮影します。ちょうど、脚で顔をかいているような仕草をしております。とても大きな鳥なので、離れて撮影してもこんなに大きく写ります。羽を広げたので撮影しました。なんだか格好いいように見えます。こ [続きを読む]
  • クロトキ
  • クロトキは、首の半ば上の皮膚が裸出して黒くなっております。くちばしと脚も黒くなっており、体は白くなっております。江戸時代の頃には、かなり繁殖していたみたいなので、たくさんいたといわれております。湿地や沼地に飛来して、小魚、カエル、虫などをみつけて食べていたといわれております。こんな珍しいクロトキがたくさんいる姿をタイムスリップでもしてみてみたいものです。鳴き声はブゥーブゥーギュウと鳴くみたいです [続きを読む]
  • ヒレンジャク
  • ヒレンジャクは、見たことがある人なら、わかると思いますが、普段は、かなりの数の群れでいることが多いです。木の実がある木にたくさんこの鳥がいると賑やかで楽しくなってきます。キレンジャクとも仲がよいので混ざっていることもあります。この鳥の見分け方は、尾の先が赤色になっているので、そこで判断するとよいでしょう。赤みを帯びた頭部に黒い過眼線と冠羽、尾の先と下尾筒は赤色、黄色い腹になっております。春先には [続きを読む]
  • ニュウナイスズメ
  • ニュウナイスズメは、雀と同じ大きさで区別するのは難しいですが、頬に黒斑がなく、頭や背は雀より明るい茶色になっております。私は、この鳥を見たときは、普通の雀だと思っており、すこし明るい茶色の雀もいるんだくらいしか思っておりませんでした。よく調べてみるとニュウナイスズメだということがわかりました。繁殖期になるとブナやミズナラの木が周囲にある人家の付近に多くすんでおります。この鳥は、ほかの鳥から雛を守 [続きを読む]
  • トキは、くちばしが長く湾曲している
  • トキは、今は絶滅種になっておりますが、江戸時代の頃は、とてもたくさんいて、どこでも見れる鳥でした。急激に数が減ってきたのは、明治時代の頃といわれております。トキは、長くて下に湾曲したくちばしを持ち、裸出した顔と短めの脚が赤くなっております。水田地帯にいて、小魚や昆虫を捕らえて食べております。トキが水田にたくさんいる風景を見てみたいですが、日本ではその風景は見れないみたいです。今は、中国の一部で百 [続きを読む]
  • コウノトリ
  • コウノトリは、昔から幸せを運ぶ鳥としてあつかわれてきました。江戸時代の頃にはかなりの数がいましたが、狩猟や土地開発のため激減して、今では、野生種は絶滅したといわれております。コウノトリがたくさんいたころは、水田や湖沼などに飛来し、ドジョウや小魚やカエルなどを捕らえて食べておりました。繁殖期になると巣をつくりますが、高木の樹上に小枝を積み重ね、土や枯れ草を使って大きな皿形の巣をつくります。コウノト [続きを読む]
  • コウノトリは幸せを呼ぶ鳥
  • コウノトリといえば、幸せを呼ぶ鳥として昔から扱われております。くちばしが太く長く、水田や湿地などにすみ、昆虫、カエル、魚などを見つけて捕らえて食べております。昼は、地上や木の上で首を縮めてやすみ、夜は木にとまってねます。水田にいるコウノトリを見たことがありますが、はばたきはゆっくりとしていてとても力強く感じました。ほとんど鳴かず、かすれ声をたまに出す程度です。たまにカタカタとくちばしを叩き合わせ [続きを読む]
  • キレンジャク
  • キレンジャクを見たことがある人ならわかると思いますが、この鳥が木にとまっていると、頭の上に冠が乗っかっているような姿なので、まるで王子様のような風格をもっております。その年によって飛来数はまばらですが、全国で見られる鳥になります。山地の林などを探索すると見つけることができ、数羽の群れで行動しております。気がつかれないように行動して観察しているとヤドリギ、イボタノキなどの木の実をついばみながら行動 [続きを読む]
  • 冬の雀は丸くてかわいい
  • みなさん、冬の雀は、寒さを防ぐためなのか、木の枝や電線にとまっているとき、毛が逆立って、ふわっと丸くなっていてとても可愛く見えます。雀は、人家付近にいるので、7mくらいまでは、近づけると思いますので、ちょっとした望遠レンズでもあれば撮影できると思います。できれば、雪が降った次の日に電線や木の枝にとまっている雀を撮影できたら、かなりよい写真が撮れるともいます。雀が人家付近にいるのは、外敵から身を守 [続きを読む]
  • ムラサキサギ
  • ムラサキサギは、沖縄県に遊びにいったときに、偶然見かけたことがあります。湿地帯にいたので遠くから警戒されないようにしばらく見ておりました。ゆっくりゆっくり歩き、魚、蛇、ネズミなどを探して食べているようでした。獲物を見つけると、長い首をさっと伸ばして捕食しております。他のサギに比べて、くちばしも首も長いですが、脚は短くなっております。背中をよく見てみると灰色の飾り羽があります。個人的には、ムラサキ [続きを読む]
  • チゴモズの頭は青灰色です
  • 里山にいるモズと違って雑木林の中にいるモズは、チゴモズといって頭の色が青灰色になっております。里山のモズを少し小さめにしたような大きさで、背も灰色になっております。くちばしは太くなっており、昆虫、カエル、トカゲなどを見つけると捕らえて食べております。頭は、大きく、尾は長めで、脚は丈夫になっておりますので、獲物を強くつかむことができます。繁殖期になると、つがいで縄張りをもち、雄は強い声で鳴いて縄張 [続きを読む]
  • シメのくちばしは太い
  • シメは、雀より大きく、くちばしは太くなっており、このくちばしを使って固い種子を割って食べております。私が山でこの鳥を見かけるときは、エノキやカエデの木で見かけることが多く、しばらく観察していると種を太いくちばしをつかって割って食べております。静かに聞いていると、パチッっと音がするのがわかると思いますので、見つけることができた人は、しばらく観察することをおすすめいたします。春と秋には群れでいること [続きを読む]
  • アオサギはとても大きなサギ
  • アオサギは、かなり大きく日本最大のサギと呼ばれております。このサギは、湖沼や水田などにいくと見ることができ、よくじっとたたずんで獲物を狙っているサギを見かけます。このサギは群れのコロニーは少なく、どちらかというと単独のコロニーで繁殖しております。木の樹上に小枝や枯れ草をつかって大きな皿形の巣を作ります。全体的に青灰色になっており、初列雨覆うと風切が黒く、飛ぶとそれがよく目立ちます。くちばしと脚は [続きを読む]
  • シロガシラは、後頭部の白い鳥です
  • シロガラは、沖縄にいくとよく見かける鳥です。人家付近の林をよくみていると、飛んでいる昆虫を空中でキャッチしているシロガラをたくさんみかけます。木の実も食べますが、私が見たときは、ビワの実をつついて食べておりました。10羽くらいの群れで木の枝にとまっていたりして、尾羽を上下に動かしている姿をよく見ます。雀とくらべるとちょっと大きい感じがします。白と黒に色分けされた頭部と背は緑色で腹は白色になってお [続きを読む]