ヤマセミ さん プロフィール

  •  
ヤマセミさん: 野鳥観察のための気になる知識
ハンドル名ヤマセミ さん
ブログタイトル野鳥観察のための気になる知識
ブログURLhttps://ameblo.jp/wild-bird-jp/
サイト紹介文野鳥が好きで野山を散歩したりして観察しております。
自由文日本国内では約350種ほどの野鳥が生息しており、運が良ければ見ることができます。地域と季節により見ることができる野鳥は異なります。身近な家の周囲では、シジュウカラ・ムクドリ・メジロ・ヒヨドリなどが見れると思います。四季を通じてあらゆる場所で野鳥を観察してみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/01 07:58

ヤマセミ さんのブログ記事

  • シメのくちばしは太い
  • シメは、雀より大きく、くちばしは太くなっており、このくちばしを使って固い種子を割って食べております。私が山でこの鳥を見かけるときは、エノキやカエデの木で見かけることが多く、しばらく観察していると種を太いくちばしをつかって割って食べております。静かに聞いていると、パチッっと音がするのがわかると思いますので、見つけることができた人は、しばらく観察することをおすすめいたします。春と秋には群れでいること [続きを読む]
  • アオサギはとても大きなサギ
  • アオサギは、かなり大きく日本最大のサギと呼ばれております。このサギは、湖沼や水田などにいくと見ることができ、よくじっとたたずんで獲物を狙っているサギを見かけます。このサギは群れのコロニーは少なく、どちらかというと単独のコロニーで繁殖しております。木の樹上に小枝や枯れ草をつかって大きな皿形の巣を作ります。全体的に青灰色になっており、初列雨覆うと風切が黒く、飛ぶとそれがよく目立ちます。くちばしと脚は [続きを読む]
  • シロガラは後頭部の白い鳥です
  • シロガラは、沖縄にいくとよく見かける鳥です。人家付近の林をよくみていると、飛んでいる昆虫を空中でキャッチしているシロガラをたくさんみかけます。木の実も食べますが、私が見たときは、ビワの実をつついて食べておりました。10羽くらいの群れで木の枝にとまっていたりして、尾羽を上下に動かしている姿をよく見ます。雀とくらべるとちょっと大きい感じがします。白と黒に色分けされた頭部と背は緑色で腹は白色になってお [続きを読む]
  • カワラヒワ
  • カワラヒワは、雀よりひとまわり大きく、見た目は、インコにも煮ております。畑や公園、川原などで普通に見ることができます。よく地面におりていて、草の実などを食べている姿を目撃ます。普段は群れで行動しておりますが、繁殖期になるとつがいで縄張りをもって活動しております。黄色い翼帯とM形の尾の先。雌は全体に褐色色が強く、くちばしはピンク色になっております。鳴き声は、キリリコロコロジュイーンと鳴いております。 [続きを読む]
  • ダイサギ
  • ダイサギは、綺麗な長い脚をいかして深い水辺で捕食している姿を見かけたことがあります。脚が長いため他のサギ類よりも深い水辺でエサを探すことができる鳥になります。魚類の他、両生類やカニ、ザリガニなども食べ、獲物を見つけるとS字に曲げた首を伸ばし、長いくちばしを使って捕らえます。この鳥は、夏にくちばしは黒くなり肩羽は長くなります。シラサギ類では最大で、くちばし、脚、首が長いです。首を垂直に伸ばして立って [続きを読む]
  • サンショウクイ
  • サンショウクイは、雀より大きく、上面は灰色で、下面は白色になっております。雄は、頭が黒色で雌は頭が灰色になっております。体は細くなっており、尾は長めになっております。低山の高い木のある場所の枝先にとまって昆虫やクモを捕らえて食べております。飛行しながら空中で昆虫を捕らえることもあります。この鳥の鳴き声は、ヒリリヒリリと鳴いておりました。体が細いのでじっとしていると見つけづらい鳥になります。 [続きを読む]
  • カシラダカ
  • カシラダカは、短い冠羽がポイントになっており、可愛い鳥です。ホオジロにも似ておりますが、冠羽と、腹が白く胸に茶褐色の帯があるので、これで区別ができると思います。私が、この鳥をみたのは、10月頃で、山合の田畑にいるのを偶然見かけました。ホオジロと混ざったりしていると見分けがつきにくいと思いますが、慣れてくるとわかってきます。地上を跳ね歩いて草の実を食べており、何か気配を感じると近くの木にいっせいに [続きを読む]
  • チュウサギ
  • チュウサギは、水田や湿地でよく見かけますが、脚が黒色で、くちばしは夏は黒く冬は黄色になっております。夏になると背からみの状の飾り羽になるので見ることができます。昼間に水田や湿地帯に行き、魚やカエルやザリガニなどを捕らえて食べております。昆虫なども飛んでいたりするとくちばしで捕らえて食べております。この鳥はよく鳴いており、ゴワーゴワーといった感じで鳴いておりました。 [続きを読む]
  • チュウサギ
  • チュウサギは、見たことがある人は知っていると思いますが、みの状の飾り毛がアクセントになっております。脚が黒色で、くちばしは夏は黒く冬は黄色になります。チュウサギは、比較的、平地の水田にいることが多く、カエル、ザリガニ、トカゲなどを見つけて捕らえて食べております。鳴き声は、ゴワーゴワーと鳴いており、コサギより首や脚が長く、くちばしは短いです。 [続きを読む]
  • ビンズイ
  • ビンズイは、春になると樹木のある草地に飛来して繁殖しております。鳴き声は、チチチ、ピープイ、ツイーツイーと綺麗な声で鳴き、体はオリーブ色をしております。巣は、崖の地上に作り、昆虫やクモや植物の種などを捕らえて食べております。この鳥に詳しい人に聞いたことがあるのですが、カッコウに托卵させることもあるそうです。山でこの鳥を見かけると、尾を上下させており、白っぽい眉斑と目の後方に白斑があります。胸には、 [続きを読む]
  • シマアオジ
  • シマアオジは、北海道に遊びに行ったときに、牧草地にいるのを見たことがあります。背丈の低い草原にある木の小枝にとまって、澄んだ声で鳴いておりました。ヒーヒーヒーチョリチョリと鳴いており、この声を聞いていると、とても心が癒やされます。エサは、木の実や昆虫などを捕らえて食べております。大きさは、雀と同じくらいですが、腹が鮮やかな黄色になっているので区別がつくと思います。雄の夏羽は黒い顔と胸の鮮やかな黄 [続きを読む]
  • アマサギ
  • アマサギは、すごく綺麗な鳥で、橙色の夏羽をしており、初めて見る方は、動物園にいる鳥と思ってしまう人もいるかと思います。私は、川原にいるのを見たことがありますが、いつまでも見ていられる鳥でした。大きさは、コサギより小さく、頭が丸々とし、首が太めで短く、くちばしも少し短いです。エサは、昆虫やカエルが好物なので見つけては捕らえて食べておりました。群れで活動しているので、見ることができたら、いつまでも見 [続きを読む]
  • ヤイロチョウ
  • ヤイロチョウは、見たことある人ならわかると思いますが、体の色彩がとても綺麗で、皆がみたい憧れの鳥です。全体的に個体数がすくなくあんまりみれない貴重な鳥です。私は、一度、見たことがありますが、まるで虹色の鳥という感じがしました。樹木がたくさんあるような場所の落ち葉の上を飛び跳ねながら、昆虫やミミズを探して食べております。時には、木の実も食べるみたいですよ。繁殖期になると縄張りを持つので、雄は高い木 [続きを読む]
  • アオジ
  • アオジは、山地にいくと見ることができます。体の大きさは、雀くらいの大きさで、体の下面をみると黄色くなっております。この鳥に、あんまり近づくと頭の羽毛を立てて周囲を警戒し、やがて、ヤブがあるような場所に逃げ込んでしまいます。撮影する場合は、距離をおいて、望遠レンズをしようして撮影した方が綺麗に撮れます。繁殖期になると雄は、高い木の枝にとまって鳴くので、そのころがシャッターチャンスかと思います。チョ [続きを読む]
  • アオジ
  • アオジは、雀くらいの大きさになっております。アオジは、ヤブがある場所にいますので、ヤブがあるような所を探せば、地上を小きざみに跳ね歩いて草の実などを食べております。しかし、警戒心が強いので、人が近づくと、頭の羽毛を立てて周囲を警戒し、何かあるとすぐにヤブに逃げ込みます。あまり近づかないように双眼鏡で観察する方が良いと思います。雄は、繁殖期になると木の上の方にとまって、さえずります。つがいで縄張り [続きを読む]
  • コサギ
  • コサギは、水田にいるのを見かけることがあります。しばく遠くからみていると、ゆっくりと歩き、獲物を見つけたら素早く捕らえて食べております。水田にいる獲物なので、おそらく、カエル・ザリガニ・ドジョウなどを食べていると思います。このコサギは、鳩をひとまわり大きくしたような感じで、くちばしと脚が黒く、足指は黄色になっております。夏になると頭部に2本の長い冠羽があり、背に飾り羽があります。じっとしていると [続きを読む]
  • コアカゲラ
  • コアカゲラは、北海道の林を歩いたとに見たことがあります。枯れ木が多くある落葉広葉林がある場所なら、たいがい見かけることができると思います。この鳥の行動をよくみていると、木の幹部より、小枝や葉の周囲で採食していることが多いです。また、ツタや枯れ草の茎もつつき、昆虫の幼虫やクモやアリなどを捕らえて食べております。鳴き声は、キョッキョッキョッと鳴き、とても可愛い鳥です。 [続きを読む]
  • ホオアカ
  • ホオアカは、雀くらいの大きさで、頬が赤くなっているので、すぐにわかるかと思います。この鳥は、低い草原を好むので、そういった場所を探せばみつけることができます。繁殖期になると草原にある木の上にとまって、さえずります。昆虫などを捕らえて食べておりますが、秋にはイネ科の草の実も食べております。雀と同じくらいの大きさで、体色も雀のように茶色に黒い縦斑があります。鳴き声は、チョッチチチロチッと鳴いておりま [続きを読む]
  • ササゴイ
  • ササゴイは、尖ったくちばしが特徴的でこれを使って魚を突き刺しております。湖沼に棲息し、水辺で魚やカエルを待ち伏せ、獲物がくると急に首を伸ばして、くちばしで突き刺して捕食します。ほかのサギ類と混合コロニーは作らず、1本の木に1つがいか小集団で巣を作って棲息おります。巣は、木の枝を積み重ね、皿形の巣を作ります。くちばしは尖っており、翼が黒っぽいです。普段は猫背ぎみで歩いております。全体的に黒と灰色の [続きを読む]
  • オオアカゲラ
  • オオアカゲラは、北海道にいったときに見たことがあり、大きさはカラスより少し小さくしたような感じでした。朽ちた巨木にとまって、コツコツコツと大きな音をだしてつついておりました。観察していると、枯れ木に渡りながら、くちばしで木をほじくり返し、昆虫の幼虫やアリなどを食べておりました。この鳥の、背面の白い横斑と脇腹の黒い縦斑は目立ちます。なんとも大きいキツツキなのでいつどみたら印象に残ると思いますよ。 [続きを読む]
  • ホオジロ
  • ホオジロは、なんとなく雀にも似ている野鳥で、川原にいくとよくみかけます。春になると、雄が木のてっぺんにとまって鳴いております。この鳴き声は有名で、私は、小さい頃から、おじいちゃんに、あの鳥は、「一筆啓上つかまつりそうろう」と鳴いているといわれました。そうに言われると、そうに鳴いているように聞こえたものです。雀くらいの大きさで、体の模様もなんとなく似ております。 [続きを読む]
  • ゴイサギ
  • ゴイサギは、カラスの雰囲気をもっており、腹は白く、翼と尾は灰色になっております。木にとまっている姿を見ていると猫背みたいな感じでじっとしております。この鳥は、夜行性で、明るい昼間は、水辺の林で眠り、暗くなってくるとでてきて、カエルや魚などを捕らえて食べております。カラスくらいの大きさなので、この鳥が集団でいると怖いような気がいたします。鳴き声は、グアーグアーと鳴いております。 [続きを読む]
  • アカゲラ
  • アカゲラは、山歩きをしているときに木を叩いている音がしたので、そちらを見てみると大きな木にくっついているのを見たことがあります。黒と白の模様でお腹はちょっとオレンジ色のように見えましたが、とても可愛いキツツキです。くちばしで、樹皮をつつき、中にいる昆虫や幼虫を食べています。尾羽は、くさび形になっており、木の幹に平行にとまるときに体を支える働きをしております。鳴き声は、キョッキョッキョッと鳴いてお [続きを読む]
  • メジロ
  • メジロは、近年、かなり増えてきて、桜の木にとまって花蜜を食べているのをよくみます。木の実や柿の実などもよく食べている時もあります。体は、綺麗な緑色をしていて、目の回りが白くなっているのでメジロといわれております。鳴き声もとても可愛く、チーと鳴きながら木の枝をあっちこっちにいっている姿はすごく可愛い。繁殖期になるとつがいで縄張りをもち、木の枝に枯れ草を使って巣を作っております。メジロの行動は、だい [続きを読む]
  • サンカノゴイ
  • サンカノゴイは、湖沼周辺のアシ原をよくみていると見つけることができます。しかし、警戒心が強いので開けた場所にはあんまりでてこないので、いそうな場所を探しておいて双眼鏡などでじっとみていると姿を現します。昆虫・両生類・ヘビなどを探して捕まえて食べております。大きさは、鳩の3倍くらいはあり、ずんぐりした体で動いております。首の側面に小横斑、翼に複雑な斑があります。とても綺麗な大きな鳥ですが、見つける [続きを読む]