とと姉ちゃん さん プロフィール

  •  
とと姉ちゃんさん: 朝ドラファン♪
ハンドル名とと姉ちゃん さん
ブログタイトル朝ドラファン♪
ブログURLhttp://tanosii.org/
サイト紹介文NHK朝ドラのあさが来たなどのネタバレなど最新情報を集めています。
自由文朝ドラでも初めて幕末からスタートするお金がかかった作品、見なきゃ損だよ〜。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/10/01 15:14

とと姉ちゃん さんのブログ記事

  • 半分、青い。第52話のあらすじです
  • 半分、青い。第52話のあらすじです。[半分青い] ブログ村キーワード昨日は遅く起きた正人が愛猫を抱いてベランダに出ますと、律と清が歩いてくるではありませんか。寝ぼけた頭も一瞬で覚め、急いで部屋に戻りますと、猫に向かって「(律が連れてる彼女)誰?」って問いかけます。もちろん猫からの回答はなく、しみじみと「僕が朝寝坊している間に、世界は動いている」なんて独り言言って妙に納得します。そのナルシストっぽさが可 [続きを読む]
  • 半分、青い。あらすじ第51話
  • 久しぶり律くん[半分青い] ブログ村キーワードそう声かけられたのは律が一限目の授業、「弓道」の授業を受けていたときでした。その日律は皆中する奇蹟が起きたのです。皆中とは放った矢がすべて的に当たること。律がすべての矢を当て意気揚々と引き上げてくるとき、「おめでとう律くん、ひさしぶり」そう言われて振り返ってみるとそこには伊藤清さんがいました。きよさんではありません。さやさんです。演じる古畑星夏ちゃん、と [続きを読む]
  • 半分、青い。あらすじ第47話
  • 半分、青い。あらすじ第47話です。[半分青い] ブログ村キーワード秋風先生は旅に出て、その原因がガンの再発に違いない、そう決めつけた菱本若菜さんは、律の横で泣きながら飲んでいます。年上とは言え、美女の涙に、男律君は彼女のためにそっとティッシュを置き、自分自身は彼女の横に座り、手を腰あたりに回します。いいムードです。そんな時に鈴愛が帰ってきました。鈴愛は若菜と律を見て、うぎょぎょ。言葉になりません。鈴愛 [続きを読む]
  • 半分、青い。第46話あらすじ
  • 諸般の事情で、いきなり、第46話のあらすじからスタートです(^_^;)[半分青い] ブログ村キーワード今日は喫茶おもかげに来た楡野鈴愛(永野芽郁)は、ピンク電話を借りにきました。人面魚のテレカを持ってやってきた鈴愛に、お店のマスターは、ここの店の電話では、テレカ使えないよ。テレカでかけるつもりだった鈴愛は、あんまり小銭を持っていなかったけど、小銭で電話をかけます。電話の相手は、懐かしのなお(奈緒)ちゃん。久 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第百十五話です
  • 申し訳ありませんでした。精進します![わろてんか] ブログ村キーワードこれを隼也に教えたのは、下働きが長い、苦労人の風太です。風太もおっちょこちょいで、よく怒られていたので、挽回する方法はよく知ってるのです。それを教わった隼也は、ことあるごとに、申し訳ありませんでした!精進します!を連発します。リリコには、仕事と恋愛を一緒にしたらあかん言うたやろ、って言われます。あの通訳の子にいいとこ見せようとした [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第百十四話です
  • わろてんかのあらすじの第百十四話です。[わろてんか] ブログ村キーワードぼんこと隼也が仕掛けたマーティン・ショーは、真っ赤なウソでした。つまり、詐欺に引っかかったのです。うまい話には裏がある。この失敗を糧に、次、成功したらええんや。そういう亀井さんに、アサリは、あんたが言うと説得力あるなあ。何しろ、亀さんは、寄席一軒、潰しとるさかいな。万丈目も言います。そういやぼんのお父さんも、騙されよったなあ。電 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第百一話から百十話まで
  • 久しぶりの更新でございます。ではわろてんかのあらすじの第百一話から百十話まで、見た感想を綴ります(^^♪[わろてんか] ブログ村キーワードさて、リリコを芸人に仕立てるのはいいのですが、困ったのは相方。何と言ってもリリコは銀幕のスター。その大物女優と組める相方なんてそう簡単には見つかりません。広瀬アリスさん演じるリリコさんもすっかり色っぽくなりましたし。そんな時に伊能栞君がアコーデオンの名手、四郎を連れて [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十九話と第百話
  • わろてんかのあらすじの第九十九話と第百話。藤吉が亡くなって4年が経ちました。アサリとキースが仕掛けたしゃべくり漫才が大当たり。万丈目は漫才作家として売れっ子になり、隼也は、アメリカに留学しています。風太の女の子、あすかちゃんも大きくなりました。しかし、しゃべくりに続く趣向はないのか?女興行師として脚光を浴びてきたおてんに最初の試練が訪れます。風太は漫才大会をやって新人を発掘しよう、って言います。漫 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十七話です
  • わろてんかのあらすじの第九十七話です。今日藤吉が死んじゃいました。[わろてんか] ブログ村キーワード松坂桃李君、早くもいなくなっちゃいます。後は、回想シーンだけ出てきますね。実話でも、吉本のせいさんが、旦那さんがなくなった後で大活躍して、関西のお笑い界を牽引していきます。しかし、100年先も続けられる漫才を開発して逝った藤吉も満足そうです。てんに笑いの色は?と聞いて、茶色やろ。じゃあ、笑いの味は???? [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十六話です
  • わろてんかのあらすじの第九十六話です。[わろてんか] ブログ村キーワードこの番組表作るの難しそやな。今度、僕にも教えてくれへんか?そういう隼也を見ながら、嬉しそうに、しかし、力なく答える藤吉。今度、じっくりと教えたるわ。今度って言ってもね、時間が藤吉にはありそうもないです。さて、藤吉が言ってた、100年先も使える漫才を作ってた、万丈目にキースにアサリです。そのお披露目が風鳥亭の天満で行われます。リリコも [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十四話です
  • おてんが寄席の番組表を作っておりますと、キースとアサリが賑やかに入ってきます。[わろてんか] ブログ村キーワードもうあかん、ゆでダコや。そう言えば、銭湯におもろい噺を探しに行ったアサリとキース。何度も何度も温泉に使ってる内に、どうやらのぼせてしまったようです。おトキは、「昼間っからお風呂に入れるなんてええ身分やなあ」と軽口を叩きますが、アサリは、あほう、おもろい噺さがしとるんや。そこで、風太。で、お [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十三話です
  • わろてんかのあらすじの第九十三話です。[わろてんか] ブログ村キーワード藤吉が退院して職場に復帰しました。けれど。藤吉の左手がおかしい。もしかして中風の後遺症でしょうか。もう俺には時間がないのかも知れない。そう感じたのでしょうか?隼也に会社を引き継ぐ前に、俺の持ってるものをおてんに引き継がなきゃ。そう言って、万丈目の記事に目を通して朝からケラケラ笑ってるおてんのところに言って、おてん、おてんにもいろ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第九十話です
  • わろてんかのあらすじの第九十話です。[わろてんか] ブログ村キーワードさて風太の妨害にもかかわらず、果敢にラジオに出演しました団吾師匠です。団吾師匠の演目は死神。借金で首が回らなくなった男が、もう死にたいと思っていたら、死神が近づいてきました。そして死神と取引をし、命と運をもらって、大成功します。しかし、調子に乗ったその男(名前はなんと藤吉)は、死神との約束を違え、またまた死神の登場です。今度は死神 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第八十九話です
  • わろてんかのあらすじの第八十九話です。[わろてんか] ブログ村キーワード風大は団吾師匠のラジオ出演をなんとか阻止しようと躍起です。ラジオへの芸人出演=寄席の観客動員減につながると信じているんです。でも、ですよ。月の井団吾という名前が全国に行き届いているわけじゃなし、ラジオ出演を上手に使わなければいけませんな。ラジオで月の井団吾師匠の面白さを知ってもらう⇒本物を見に寄席に来てもらう。そういう風に考えな [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第八十三話です
  • わろてんかのあらすじの第八十三話です[わろてんか] ブログ村キーワード話しておくれよ、何よこれ。嫌がるしのさんを高座の前に座らせ、「東京に行くお母ちゃんに新しい生活をおくれるように、みなで盛大に送り出すんや」とキースが宣言します。いわば、しのへの送別会ですよね。送別会には、伊能栞も呼んでいます。果たして伊能は来るのかどうか?まず、万丈目が高座に上がります。万丈目が芸をします。するとそ万丈目の奥さんが [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第八十二話です
  • わろてんかのあらすじの第八十二話です。[わろてんか] ブログ村キーワード東京へ帰らせておくれ、お願いします、ごりょうさん。そう必死に訴えるしのに、おてんは、言います。「思い出されたんですか?」今スグしのさんに会いに行ってあげてください。ケガがひどいのか?と栞。いやケガはなんともありません。みな、思い出しはったみたいだす。そういうと、栞は、あの人が僕を捨てた。と言い張ります。けど、たった一人のお母さん [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第八十一話です
  • わろてんかのあらすじの第八十一話です。[わろてんか] ブログ村キーワード伊能栞は、関東大震災の救援物資を売名行為していると記者に追っかけられます。有名人はいいことしても、そんな風に取られるんですね。まったく、世間のやっかみはひどいもんです。新聞記者がそういう記事を追っかけるのも、みんな読みたいからで、大衆が問題なのですね。まったくもう。そして、新聞記者はあろうことか、栞の出生のことまで持ち出し、関東 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第八十話
  • はじめて伊能に会ったようなしのさん。[わろてんか] ブログ村キーワード「キースの知り合いかえ。いい男だねえ」じっとしのの顔を見る伊能に、軽口を言います。キースとしのは、長屋の空いてる一間にすむことになりました。医者に見てもらってもいます。医者の見立てによりますと、震災の時、頭を強く打ったおかげで、一時的に記憶がなくなったそうです。記憶はスグ戻るかも知れないし、一年後かも知れない。そう言えば、ひよっこ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第七十八話と七十九話
  • わろてんかのあらすじの第七十八話安来節の乙女組の大活躍で大阪一の寄席になった北村商店。次は日本一を狙う。そういう藤吉の夢はでかいです。そういうわけで東京進出を画策する藤吉は、東京大阪を行ったり来たりです。時は立秋を過ぎた頃。なぜか蒸し暑い日です。そしてキース。キースはアメリカに行って2年立ちます。そして東京に帰ってきました。けれど、一旗上げるまでは、大阪には帰りたくない、そう思ってます。浅草の寄席 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第七十七話です
  • わろてんかのあらすじの第七十七話です。[わろてんか] ブログ村キーワードリリコの喝についにまとまりが出来てきた乙女組。お化粧もうまくなり、だんだん垢抜けて来ました。しかし、安来節のポテンシャルはこんなもんではありませんでした。ある日、乙女組が、リリコ、おてん、藤吉の前に来ます。提案があります。裾を上げて踊りたい。そういうのです。着物の裾を上げますと、当然、下着、昔は赤襦袢が出てきます。さらに、赤襦袢 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第七十六話です
  • わろてんかのあらすじの第七十六話です。[わろてんか] ブログ村キーワード風太はいらいらしてます。おトキとキースがどこに行ったのか気になってるのです。何をイライラしてるんや、と藤吉。風太はキースとおトキや。乙女組では恋愛禁止って言ってるのに、なんやあいつらは。風太はそういうのです。藤吉は、キースとおトキが?そんなことあるんか?おてんもそんなわけないでしょ。そうして帰ってきたキースにばったり会った風太。 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第七十五話です
  • わろてんかのあらすじの第七十五話です[わろてんか] ブログ村キーワードてんは安来節の踊り子4人を自宅でもてなしていますと、息子の集也と4人のうちのひとり、お母ちゃんのところに帰りたいとべそをかいていたとわがいなくなってしまいます。集也〜、探し回るてんと藤吉。藤吉は集也を探しているうちに、リリコと会い怪しい関係に。てんも集也を探して家で待っているとそこに入ってきたのは伊能。伊能栞とてんも怪しくなっていま [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第七十四話です
  • わろてんかのあらすじの第七十四話です。[わろてんか] ブログ村キーワード安来節の乙女たちの総監督になった風太。毎朝6時になると銅鑼をじゃんじゃんならし、乙女たちを起こします。起きろー、ジャンジャンジャンジャン。。いきなりの大音量にびっくりする乙女たち。なにが起きたかわからないまま、寝ぼけ眼をこすりながら、風太を見てます。風太は構わず、今日から芸人の心得を叩き込むため、気合充分です。そして巻物を袂から出 [続きを読む]