とと姉ちゃん さん プロフィール

  •  
とと姉ちゃんさん: 朝ドラファン♪
ハンドル名とと姉ちゃん さん
ブログタイトル朝ドラファン♪
ブログURLhttp://tanosii.org/
サイト紹介文NHK朝ドラのあさが来たなどのネタバレなど最新情報を集めています。
自由文朝ドラでも初めて幕末からスタートするお金がかかった作品、見なきゃ損だよ〜。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/10/01 15:14

とと姉ちゃん さんのブログ記事

  • わろてんかのあらすじの第七十話です
  • わろてんかのあらすじの第七十話です。[わろてんか] ブログ村キーワード芸人が足らずに廃業寸前までに追い込まれた風鳥亭を買いに来た寺ギン。絶体絶命の風鳥亭の席主の藤吉とごりょんのおてん。そこに奇跡の助け舟が現れました。風太です。風太を頼ってきた寺ギンのところの芸人150名引き連れて、風太のところへやってきたのです。藤吉の目の前に150人を集め、こいつら全員、北村商店に入れてくださいって頭を下げに来ました。芸 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十九話です
  • ふらっと風鳥亭に現れた風太を平手うちするおトキ。[わろてんか] ブログ村キーワード最初は風太はまた冗談か?と思ってたけど、何度もひっぱたかれて、やっとおトキの目に大粒の涙が溢れているのに気づき、・・・どないしたんや。おトキは、これがあんたのやりたかったことなの?風太がおてんのそばにおるのは、おてんを助けてくれるためじゃないの?寺ギンにそばにおっても、ただ指を加えてみているだけ、あんたそんな男やった? [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十八話です
  • 藤吉さん、どうせ太夫元を自前でやるんなら、芸人さんを月給制にしたらどうやろか?[わろてんか] ブログ村キーワード芸人の月給制、この画期的な取り組みは、瞬時に大阪中に広まりました。今まではおもろなかったら捨てられる使い捨ての芸人に、月給をあげるなんて。そんなんで採算取れるんですか?まずは、そういう疑問ですところと月給と言っても、限りなく歩合制に近い月給制なんでしょうね。売れてる芸人にはとことん月給を払 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十七です
  • わろてんかのあらすじの第六十七です。[わろてんか] ブログ村キーワード頼んます、10円貸してください。そうごりょんさんに土下座して頼むのは、アサリでした。理由は、アサリの妹が嫁に行くため。奇しくも漁師のおじいちゃんが大阪に来ている時。そんな時、またまた、寺ギンの芸人が来ないという連絡が来ました。風鳥亭は、寺ギンが派遣してくれた芸人を回してやってきた寄席です。風鳥亭お抱えの芸人では、三つの小屋を回すのも [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十六話です
  • わろてんかのあらすじの第六十六話です。[わろてんか] ブログ村キーワード泥棒や〜、そう言って追いかけられて捕まった犯人がアサリでした。なんでアサリが泥棒なんかするんや。捕まったアサリは、長屋の芸人仲間に追求されます。借金やろ、そう怒鳴ったキースに、今回ばかりは見逃してくれ。って懇願しています。アサリに理由を聞きますと、両親代わりにアサリを育ててくれた漁師のおじいちゃんが来阪するそうです。おじいちゃん [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十五話です
  • わろてんかのあらすじの第六十五話です。[わろてんか] ブログ村キーワード団吾が風鳥亭のお抱え芸人になってからと言うもの、風鳥亭は絶好調。天満の本店ほか、遊郭のあった松島、そして庶民の街玉造の各支店もフル回転しています。おりしも大正の好景気の時代です。そういや大阪には大正って駅もありましたね。つまり風鳥亭は絶好調なのです。それでも、これだけ支店が増えますと、番組作りを一手に引き受けている藤吉は大忙し。 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十四話です
  • わろてんかのあらすじの第六十四話です。[わろてんか] ブログ村キーワード団真が落語を始めようとしますと、団吾が乱入してきます。しかも、寄席に入り切らないほどのお客さんを連れてきたのです。高座の団真はうろたえるばかり。しかも、団吾は団真の前で踊りだします。挙句の果てに一席始めようとしたので、団真は高座を降りようとしました。しかし、団吾はそれを制し、わしは永遠の愛とか信じとらんから、色恋の噺はできん。わ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十三話です
  • わろてんかのあらすじの第六十三話です。[わろてんか] ブログ村キーワード扇子と手紙を残して突如いなくなった団真。手紙には割れても末に逢わむとぞ思ふと書いてありました。これ、どういう意味やろ?まず、おてんは、団吾のところに行きます。団吾のところにいるお夕に伝えますと、後ろから団吾が、団真が死にたいんやったら、死なしてあげたらええ。でも、長年連れ添ったお夕は、なかなか割り切れません。とにかく心配でおてん [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十ニ話です
  • さてスト中の芸人4人も、そろそろ復帰に準備です。[わろてんか] ブログ村キーワード肉体派の岩ちゃんは、肉体の衰え即失職につながりますので、トレーニングは欠かせません。一人はみんなのために、みんなは一人のために、ではないですが、風鳥亭の4銃士が岩ちゃんのために一緒に腕立て伏せをしています。どうやら藤吉が考えている意図が伝わったようで、4人もやる気を示しています。岩ちゃんは、体力づくりですが、アサリとキース [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十一話です
  • わろてんかのあらすじの第六十一話です。藤吉はてんの言うことをわかっていて、キースら芸人を自分の家族と思っていて、てんはてんで芸のことを必死で勉強しようと団吾のところに行きます。風太とおトキはどうにかして、2人を仲直りさせたいと思います。今は、ご飯も別、寝床も別です。というわけで、2人は作戦を立てました。ある日、風鳥亭に電話が鳴ります。その電話をおトキが急いで取って、びっくりします。「えー!しゅんちゃ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第六十話です
  • わろてんかのあらすじの第六十話です。[わろてんか] ブログ村キーワードリリコに、あんたはまだ芸や芸人のことがわかってない。そう言われたおてん。生来のゲラだけではお笑いの世界をまだまだ知ったうちに入らない。そんなところでしょうか?だから団吾を追いかける藤吉の気持ちがわからんのや。リリコ姫もおてんに対して、きついです。こと芸に関することになりますと。まあ、結果として藤吉とおてんの仲が悪くなってしまったの [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十九話です
  • 京都から来る予定の芸人の代役に、月の井団真を起用したおてんですが、団真の大失態により、高座は台無しに。[わろてんか] ブログ村キーワードそれを聞いた藤吉は烈火の如く怒りまして、「高座のことには二度と口出しをするな!」その日からまたまた夫婦の会話が途切れました。藤吉は亀井経由で話をし、おてんはおトキ経由で話をします。藤吉は亀井に「団吾師匠の契約金を作るのに権利書が必要や、金庫の鍵を出してくれ」すると亀 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十八話です
  • わろてんかのあらすじの第五十八話です。[わろてんか] ブログ村キーワード団吾にひさしぶりでんなー、これは何の余興でっか?そう言われた風鳥亭の高座の上の団真は、高座から逃げるように出ていってしまいます。それを見た団吾は、お夕、あんな男、見限ったほうがええで。お夕はそれでも、出ていった団真を追いかけて出ていきます。で、残された団吾師匠は、やっとわれに帰り、藤吉を見て言います。「なんや、ここあんたの小屋か [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十七話です
  • わろてんかのあらすじの第五十七話です。[わろてんか] ブログ村キーワード食堂でさんざん食べて落語をしてやろうという男。その男が自称団吾師匠。実はその男がお夕の旦那さんでした。よりによって団吾師匠の名を語るとか。団吾師匠の素顔を知ってる藤吉は「この男は団吾師匠やない」って指摘しますと、回りから、ほな食い逃げか?警察呼べの大合唱です。芸人の中にはこの間賽銭泥棒を疑われたのがいたので、こんなんがおるからわ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十六話です
  • わろてんかのあらすじの第五十六話です。[わろてんか] ブログ村キーワード行き倒れの女性をたすけたおてん。女性は、2日間飲まず食わずでした。おてんは何か食べさせて落ち着かせますと、だんだんその女性は話をするようになります。女性はわけがあって旦那さんと大阪に逃げてきた。でも、旦那さんとはぐれてしまった。なので旦那が見つかるまでここにおいでって言います。その女性はしばらく風鳥亭にいることになり、おトキの手伝 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十五話です
  • わろてんかのあらすじの第五十五話です。[わろてんか] ブログ村キーワード団吾にすっかり取り憑かれた藤吉。団吾に毎日のように会いに行ってます。団吾は金をばら撒いたり破天荒ぶりがすごいです。神出鬼没でいつ会えるかわからないし。唯一真っ赤な人力車だけが団吾師匠の居場所を教えてくれます。普通はそんな奴に近づきたくないものですが藤吉はぞっこんです。寝ても覚めても団吾、団吾です。そこにキースたち風鳥亭の芸人が団 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十四話です
  • わろてんかのあらすじの第五十四話です。[わろてんか] ブログ村キーワード2件目の寄席を持った藤吉の商売は順調です。しかも、欧州で起きてる戦争(第一次世界大戦?)のおかげで日本は好景気。中でも工場の多い大阪の人口が東京を抜いて一位になったとか。だから大阪も好景気。この景気の風に乗って風鳥亭も大いに盛り上がっていきたいところです。と藤吉が言いますと、おてんは子守を本格的に頼まなあきませんな、って言い、つい [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十三話です
  • わろてんかのあらすじの第五十三話です。[わろてんか] ブログ村キーワードおてんと藤吉の仲を取り持とうとキースとアサリがやってきて、ちょっと見せたいものがあるんです。そう言ってた時、「誰や、わしを呼んどるのは」と言って相変わらず傍若無人な態度で入ってきた寺ギン。「木戸銭の集金に来てやったんや」誰もお前なんか呼んどらんそう言いたいのをぐっとこらえて、ただいまお持ちしますとおてん。藤吉は、今度、もう一件小 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第五十二話です
  • わろてんかのあらすじの第五十二話です。[朝ドラマ] ブログ村キーワードついに堪忍袋が破裂したおてん。奥さんの堪忍袋が切れますと、次に来るのがだんまり作戦。藤吉は、このだんまり作戦に本当に困惑してしまいます。たとえば食事の席でも、藤吉がおかわりしようと「おかわり」と言いましても、「・・・・・」とだまってご飯をよそって出すだけです。このだんまり攻撃はつらい。だんだん家にいることも辛くなってきます。翌日藤 [続きを読む]