とと姉ちゃん さん プロフィール

  •  
とと姉ちゃんさん: 朝ドラファン♪
ハンドル名とと姉ちゃん さん
ブログタイトル朝ドラファン♪
ブログURLhttp://tanosii.org/
サイト紹介文NHK朝ドラのあさが来たなどのネタバレなど最新情報を集めています。
自由文朝ドラでも初めて幕末からスタートするお金がかかった作品、見なきゃ損だよ〜。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/10/01 15:14

とと姉ちゃん さんのブログ記事

  • わろてんかのあらすじの第四十五話です
  • わろてんかのあらすじの第四十五話です。[わろてんか] ブログ村キーワードおてんちゃんがひやしあめを売っていますと、風太がやってきました。何やの。風太。また大阪で仕事があるの?風太は何もいいません。そこで、風太を家に上げますと、おてんはききます。おりんの祝言おわったんやてな〜、さぞきれいだったやろなー。そんなとりとめのない話をしています。でも、風太の表情は沈んでいます。お父さんは元気にしてはるか?って [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第四十四話です
  • わろてんかのあらすじの第四十四話です[わろてんか] ブログ村キーワードおてんちゃんを僕に貸してくれないか?何を言うてるんや。ととまどう藤吉。栞の真意はどこにある?実は、栞は大阪中の寄席を回っていて、その寄席でひやしあめを売ってるのは知ってますが、氷の上でひやしあめを冷やすというアイデアで客寄せをしてるところははじめてです。そのアイデアが欲しい、だからおてんちゃんを貸してくれってことです。実は栞も大阪 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第四十三話です
  • わろてんかのあらすじの第四十三話ですいよいよ御寮さんの登場です。[わろてんか] ブログ村キーワード船場のごりょんさんが、寄席の経営を仕切るんです。わては寄席のことはようわからん。けどな、商売のことは一緒や。船場の北村屋、商売の家訓が3つあったやろ?とおてんに言います。まず、始末。お金は徹底的に節約し、ここぞという時に生きた銭を使うんですね。次に才覚。どこに商いのチャンスがあるか見極めること。人のやらん [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第四十二話です
  • わろてんかのあらすじの第四十二話です何とかお客さんが来るようになった風鳥亭。[わろてんか] ブログ村キーワードおてんちゃんの実家のりんちゃんからも結婚したというお手紙が来ました。おりんも祝言上げたって、喜ぶおてんに、御寮さんが、あんたらも頑張らんとな。妹に先越されたままではあかんで。はよ、寄席を盛り上げて、藤岡屋への借金をかえさなあかんし、北村屋の名前も宙に浮いているし。それにしても、経営の道はキビ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第四十一話です
  • わろてんかのあらすじの第四十一話です。[わろてんか] ブログ村キーワードいよいよ名人文鳥師匠が高座に上がります。演目は「時うどん」その前には、◯◯やって〜って言うお客さんのリクエストがありましたが、今回は時うどん。十八番でもない演目を何故やる?しかも、前座ネタを。それはね、藤吉のリクエストだから。幼少の藤吉が昔見た師匠の時そばが忘れられない。だから、小さな小屋で小さなお話をするわけです。時うどんは時 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第四十話です
  • わろてんかのあらすじの第四十話です。[わろてんか] ブログ村キーワード風鳥亭から逃げ出して神戸の新開地の小屋に行っていたアサリを捕まえて引っ張ってきたキースはおてんに合わせますと、アサリは、わてもくうていかなあかん。この小屋は終わりや、万丈目はんも、そろそろ見切りをつけなあきまへんで。万丈目もキースもその言葉に反論できません。確かに閑古鳥が泣く小屋で舞台に出ても一銭にもなりません。完全なタダ働きです [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十九話です
  • 落語家を探しているのなら伝統派の大師匠文鳥さんに会ってみないか。[わろてんか] ブログ村キーワードそうおてんにいったのが、あの伊能製薬の御曹司、栞でした。なんで文鳥師匠を知ってはるの?おてんは驚き、また最大のチャンスだと思い、目を輝かせて栞に聞くと、彼は微笑をするばかり。おてんは、一枚のビラを栞からもらうと、それは文鳥師匠の高座のビラで、スポンサーが伊能製薬になっていたのでした。なるほど、スポンサー [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十八話です
  • 開店して四日目の風鳥亭では完全に閑古鳥がなくようになりました。[わろてんか] ブログ村キーワード藤吉はやはり大トリの落語家が来ないことが原因と思っています。今落語界では、喜楽亭文鳥率いる伝統落語を重んじる伝統派と、おもしろければなんでもいいというオチャラケ派で派閥争いをしています。オチャラケ派の代表格が、寺ギンさん。そう風鳥亭の小屋を買おうとした大夫元の寺ギンさん。僧侶だった寺ギンさんは、オチャラケ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十七話です
  • わろてんかのあらすじの第三十七話です。[ひよっこ] ブログ村キーワード寄席の初日。和泉玄白は医者から落語家に転身したお人。その方が初日からいきなり遅れてきます。和泉さんは、4人の弟子を連れてきてるので、その方の出番も含めて遅刻の分だけ穴が開きます。その間は、芸人で回していかなければいけません。そこで、後面、怪力男ガンちゃん、舶来家キースの大活躍です。いわゆるイロモノばっかりです。しかし、メインの落語家 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十六話です
  • わろてんかのあらすじの第三十六話です。[わろてんか] ブログ村キーワードさていよいよ藤吉の寄席の準備です。芸人仲間が集まり、いつ開店するんやって藤吉に迫ります。藤吉は、できるだけ早くオープンしたいんやが、といいます。でもな座布団運びとか、探さなあかんしなって言いますと、そんなお金ないでしょとおてんが言います。当分はおザブを運ぶのもお茶お運ぶのは私がやるさかい・・・っておてんが言います。そのお座布団は [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十五話です
  • わろてんかのあらすじの第三十五話です[わろてんか] ブログ村キーワードおてんちゃん、どこへ行ったんや?朝起きててんがいないことに気づいた藤吉は、長屋中を探し回ります。おてんちゃん、みいひんかった?みてへんなあ。どこに行ったんやろ?もしかして?そう、もしかして、京都に金策に行ってたんです。その頃おてんは、実家の京都の藤岡屋の前に立ってました。てんを発見した女中は、女将さんを呼びに行きます。てんのお母さ [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十四話です
  • わろてんかのあらすじの第三十四話です。[わろてんか] ブログ村キーワードついに亀井が折れて、そろそろこの小屋もあんたらに渡す時期がきたようやな。そう言って引き戸の鍵を開ける亀井は、寄席の舞台をおてんと藤吉に見せます。わー、素敵な寄席や。てんと藤吉は抱き合って喜びます。この寄席は俺らのもんや。誰にもわたさへんで。おっとその前に、説得する相手がいます。始末屋の御寮さんです。始末屋の御寮さんが、果たして、 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十三話です
  • わろてんかのあらすじの第三十三話です。[わろてんか] ブログ村キーワード今日も行商に精を出す藤吉郎。青物いりまへんか?新鮮なお大根いりまへんか?そうやって回っている時、「おみかんひとつおくれ」と言って近づいてくる男がいます。京都藤岡屋の風太です。風太は、藤岡屋の主人が具合悪いので、それをおてんに伝えに来たのでしょう。しかし、主人からは、「わしの体のこと絶対に言うたらあかんで」と釘をさされているので、 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十ニ話です
  • わろてんかのあらすじの第三十ニ話です。[わろてんか] ブログ村キーワードさてリリコの部屋に行った藤吉。リリコに泣かれて胸に飛び込まれます。泣いてくるリリコに藤吉は「何があったんや」って聞きます。本当、リリコに何があったの?リリコは、藤吉がさきほど見たおっさんの後添えになれって言われてるんでした。後添え・・・後妻さんのことですね。年がえらい離れてるようやなと藤吉。好きなんかって訪ねますと、リリコ、好き [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十一話です
  • なんかええんや。正月なのにしまってるし。ここ安う買えるんとちゃうか?そうやってひなびた寄席の前で感想を言ってるおてんと藤吉。その寄席の前で座ってるおっさんが、「何ごちゃごちゃぬかしとるんや。この人は」と藤吉に声掛けます。[わろてんか] ブログ村キーワードそこで、藤吉は、「ここの小屋の持ち主は誰ですか?」って聞きますと、おっさんは「知らん」の一点張り。さらにおっさんは、「なんで小屋の持ち主を探してる? [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第三十話です
  • わろてんかのあらすじの第三十話です。[わろてんか] ブログ村キーワード長屋にやってきた北村屋一行ですが、初日から大変なおもてなしです。おもてなしはみんな売れないとは言え、芸人。何かしらの芸を持ってます。まずは役者のアサリさん。おしろいを塗ってコウメ太夫みたいな感じ。怪力の岩さんは、くるみを割ります。そして万丈目は、後面が持ち芸。それぞれ自己紹介代わりに披露しても、笑うのはおてんちゃんと藤吉だけ。肝心 [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第二十九話です
  • わろてんかのあらすじの第二十九話です。[わろてんか] ブログ村キーワードおてんちゃんは、藤吉に言います。「そんなに芸が好きならそれを商売にしたらよろしい。」は?「笑いを商売にしたらどうです?」は?「2人で寄席をやるんです」「寄席?」「そう、寄席を始めるんです。私は今まで笑いに救われてきました。だったら世間にはこういう人がたくさんいると思うの。この間の一膳飯屋でも笑いがあったし、だったらもっと気楽に来て [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第二十八話です
  • わろてんかのあらすじの第二十八話です。[わろてんか] ブログ村キーワードさて、金を取り立てに来た金貸し。せめて利息だけでもいれてえな。利息だけいれても元金が減らないと、いつまでも借金は残ります。でも、その利息さえ支払いができないのが、今の北村屋。しかも、北村屋は、御寮さんの命です。御寮さんが、この家持ってくなら、わてを殺しなはれ、って言って抵抗します。さらに、藤吉も、お母ちゃんの言うとおりや、殺した [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第二十七話です
  • わろてんかのあらすじの第二十七話です。[わろてんか] ブログ村キーワード金貸しの証文を見て、土地と家を担保に息子の藤吉郎がお金を借りてしまったことがわかったご寮さん。自分の命と同じ、家と土地、そして北村屋。その北村屋も抵当に入ってしまったことを知ったご寮さんは、藤吉郎が隠れているところに乗り込み、刀で成敗しようとしています。こんな不肖の息子、わてが成敗したる。覚悟〜と振りかぶった時、後面の万丈目がと [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第二十六話です
  • お店の立て直しに奔走する北村藤吉郎の目の前に現れたのは、昔のお笑い仲間の万丈目とキース。[わろてんか] ブログ村キーワードえらい奴らにおうてしもうた。え?せっかくお米屋の若旦那で頑張ってるのに、昔の芸人仲間?でも、そんなことを思うのはまだ、視聴者のみ。テレビの中の北村君は、みんなと愚痴言いながら飲んでます。米屋かてええもんやないで。番頭には裏切られるわ、借金はあるわで。たいへんそうやな〜。なんか昔の [続きを読む]
  • わろてんかのあらすじの第二十五話です。
  • わろてんかのあらすじの第二十五話です。[朝ドラ] ブログ村キーワードごりょんさんはお見えですか?眼鏡の紳士が訪ねてきました。なんでも、この北村屋を買いたいとのこと。あれあれ、金融屋ではなく、不動産屋だったのね。不動産屋は、北村屋が傾いてきたのを見計らってお店を買いに来たのでした。現にお客さんは減っており、近くにお米専門の大店もできて、店の経営は苦しかったのでした。でも、おりょんさんは気丈です。この店 [続きを読む]