姫川すみれ さん プロフィール

  •  
姫川すみれさん: サロン・ド・すみれ
ハンドル名姫川すみれ さん
ブログタイトルサロン・ド・すみれ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sumire-lovely/
サイト紹介文大人の塗り絵(コロリアージュ)やお人形・映画など趣味のことを主に綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供549回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2015/10/02 15:05

姫川すみれ さんのブログ記事

  • 年賀状を書かねば!
  • 一時期、数年間出すのを止めてた年賀状を復活させたのは50歳になってから。で、今53歳で、来年早々にお誕生日が来て54歳になります。54歳って、もうアラカン?私の中では、『アラカン』って聞くと『嵐寛寿郎』の方がパッと頭に浮かぶんやけど(笑) なんで復活させたかといえば、生存連絡。普段、ラインやネットで繋がってる友人以外の人たちも結構いてるからね。 それにしても、字を書くのは好きなんやけど、大雑把なんで丁寧 [続きを読む]
  • コートを買いました♪
  • 今日は午前に4週間に一度通院してる心療内科に連れて行ってもらい、そのまま久しぶりにあべのハルカスにてランチとお買い物。 コートは結構持ってるんやけど、太ってしまって胸のボタンが閉まるのが一着のみ(苦笑)で、『痩せてから買う』では間に合わへんから、今着用出来るものが必要だったんで、クリスマスとお誕生日プレゼントを兼ねて予算6万円で探してみたら、事前に調べてた自由区とこちらの知らないブランドのコー [続きを読む]
  • 韓国ドラマ『逆賊 民の英雄ホンギルドン』の感想
  • テレビで録画して置いたものを視聴。 16世紀、史上最悪の暴君・燕山君の時代に、悪を叩き、庶民のために戦った義賊。韓国では国民的ヒーローとして圧倒的人気を誇るホン・ギルドンが主役のドラマ。 調べたら、小説の主人公で日本でいうところの桃太郎とかレベルで、韓国や北朝鮮では知らない人がいないほどのヒーローだそう。まあ、桃太郎は義賊じゃないから、鼠小僧とかって感じなんやろうね。 とにかく、ギルドンの立場が [続きを読む]
  • クリスマスツリー飾ってる?
  • クリスマスツリー飾ってる?みんなの回答を見るキャンペーン詳細 クリスマスツリーは子供の頃で終了しました(笑) でもね、この写真のような可愛くて綺麗なピンクのツリーが欲しい。で、飾りたい。 京都のお家は旦那さんが購入しはったものやけど、老後を見据えてのお家なんで、家具とかは私が選んでるんですね。だから、今はまだ週末しか過ごされへんけど、いずれずっと住むようになったら、ここでは季節を大切に過ごしたい [続きを読む]
  • 今日はビタミンの日
  • ビタミンバランス考えた食生活してる?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう めっちゃ考えてる 今は、あすけんというアプリを使って、カロリーと栄養の両方をチェックしつつ食生活をコントロールしてダイエットしてるので、ビタミンだけに限らず沢山のアプリを摂取してます。 毎日必ずってのだけでも11種類(笑) でも、栄養バランスを重視した生活を始めてから、抗生物質でもすぐに悪くなってた酷い口角炎が [続きを読む]
  • 映画『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』
  • TSUTAYAディスカスにてレンタル。 あらすじをコピー。『韓国の反政府デモ弾圧の真実を伝えた記者と彼を助けた人々を描いた実話を元にしたヒューマンサスペンス。タクシー運転手のマンソプは、「通行禁止時間までに光州へ行ったら大金を払う」と言う記者の依頼を受け、民主化デモが行われる光州へ向かうが…。』 去年、韓国で記録的な大ヒットをした実話ベースの作品。 胸が痛かった。とにかく見て欲しい。 1980年の出来事 [続きを読む]
  • 姫路城
  • 12月2日に行ったときの写真。 この写真をインスタにアップしたかったけど、正方形には出来なかった。そうすると肝心のリフレクションが写らへん。 今回で姫路城は4度目やけど、お城が真っ白になってからは初めてなので、凄く新鮮でした。それに城内もちょっとだけ人に優しくなってましたよ。 [続きを読む]
  • 映画『女は二度決断する』の感想
  • TSUTAYAディスカスにてレンタル。 あらすじをコピー。『ドイツの名匠、ファティ・アキン監督、ダイアン・クルーガー主演によるサスペンス。トルコ系移民のヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いたカティヤ。ある日、ヌーリと息子が爆発事件の犠牲となり、事件は人種差別主義者によるテロだと判明するが…。』 夫と息子を殺された女性の復讐のドラマ。と言っても、ずっと復讐が描かれてるわけじゃなく、事件・裁判・復讐と分か [続きを読む]
  • 映画『カエル少年失踪殺人事件』の感想
  • Amazonプライムにて視聴。 実話ベースの作品でして、韓国の三大未解決事件の内のひとつ『カエル少年失踪事件』の映画化。ちなみに、後の事件は『殺人の追憶』『あいつの声』で、いずれも映画化されてます。 1991年、『山にカエルを取りに行く(本当はサンショウウオの卵らしい)』と行って出かけた5人の少年が失踪して、11年後に白骨死体で発見されたが未解決のまま時効を迎えた事件。 これ結末が分かってるだけに見てて辛いけ [続きを読む]
  • 中国ドラマ『開封府』の感想
  • 録画しておいたのを視聴。 中国では名裁判官として今でも尊敬されている実在の人物・包拯(ほうじょう)を主人公にしたドラマでした。私は他国の歴史には詳しくないので、この方の事は知らなかったんですが、日本だと大岡越前のような存在なのかしらね。 主人公はこの包拯だけど、回によっては王である仁宗であったりもしました。この仁宗を演じてらっしゃる方が、扮装のせいやと思うけどウエンツ瑛士さんに見えて仕方なかった( [続きを読む]
  • 映画『ビューティフル・デイ』の感想
  • TSUTAYAディスカスにてレンタル。 あらすじをコピー。『トラウマを抱える元軍人のジョーは行方不明者の捜索を請け負うスペシャリスト。彼はある組織に捕らわれていた議員の娘を救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応だった。』 主演はホアキン・フェニックス。イギリスのサスペンス映画。 私があほなんでしょうか? あらすじ、分かりにくい。 なんか全て分からん。 トラウマと妄想と現実がごちゃ [続きを読む]