artrino さん プロフィール

  •  
artrinoさん: 密接な関係にある他国から
ハンドル名artrino さん
ブログタイトル密接な関係にある他国から
ブログURLhttps://artrino.muragon.com/
サイト紹介文政治社会生活アート。 アメリカと日本を下から目線でつなげてみる。
自由文2003年アメルカに移住。英語は未だ格闘中ですが、NY-フロリダ-LAなどで感じた、地域で異なるアメリカの人々と生活と、日本を絡めて書いてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/10/03 01:56

artrino さんのブログ記事

  • 官民ファンドで崩れる日本、
  • 国民の知らないところで、どれだけの税金が無駄に使われているのか、知ってもピンとこない額が垂れ流されている。そして、消費税増税、医療費負担増、政府は財源が確保のためとして庶民の生活を切り詰め、弱者を切り捨てる。この矛盾にもっと怒りの声を上げるべきだが、安倍政権は常に怒りの矛先を誘導し情報操作を試みる。ところがこれが今回は裏目に出たようだ。官民ファンドJIC産業革新機構の民間トップが全員辞任の反旗を翻 [続きを読む]
  • 弾劾に怯えるトランプと元上院超党派の決意
  • トランプの個人弁護士マイケルコーエンがNY地裁で禁固3年を言い渡された。コーエンは、トランプと仕事を始めてからの経緯を振り返り、当初は「ビジネス面の慧眼(けいがん)を本当に尊敬していた」ものの、やがて「個人的にも精神的にもとらわれた状態」となり、最終的には禁錮刑を言い渡される結果になったと説明した。「トランプ氏へのやみくもな忠誠心から光よりも暗黒の道を選んでしまった」としている。 ロシアンゲートや [続きを読む]
  • またも強引な既成事実作り 辺野古土砂投入
  • 旧国立競技場の取り壊し、築地の強引な閉鎖、これは東京都の管轄だが、政権が大きく関わっていることは言うまでもない。とにかくぶち壊して、後戻りできなくすれば諦めるだろうと言う見切り発車。そして、当初予算の何倍にも膨れ上がる経費、審議を尽くさず頭でっかちな利権優先の計画ありきによる、設計の不具合。競技場もザハ設計は地盤が耐えられず、変更を重ね、結果再審査。木材調達で国際的非難を浴び、猛暑高湿度の東京で、 [続きを読む]
  • 悪行を陰謀説にすり替える麻生太郎氏の身内びいき
  • 森ゆうこ議員が、解任決議案で、賛成討論を述べ、時間切れの中をフィルバスターを試みた時、その傍らでもみ合いが起こっていたのを、国会中継で目にしていた。 その中で、この人かなりヤバイな、という形相で攻撃的なアクションに出ていたのが、のちに、白眞勲議員の肩をついた、国会内で”暴力”行為に及んだとされた大家敏志議員 完全に目が据わったこの形相でどなりたてていたわけだ。周りの表情と対比しても一人ギレ状態なの [続きを読む]
  • 勘違い河野外相の対ロ質問傲慢完無視会見
  • 展覧会のオープニングの後、人疲れか体調を崩してしまった。やっと復調してリテラを見たら、目を疑う河野外相の会見。問題の会見は6分30秒から。 河野外務大臣会見(平成30年12月11日) この対応は、記者は会見を中断し退出するくらいの対応だと思うが、最後の記者がなぜ次の質問というのか?と正し、河野氏は再び『次の質問どうぞ』と受け流した。この時点で、抗議や怒りの表明、会見ボイコットに発展してもおかしくな [続きを読む]
  • 野党質問がややこしい?相当頭悪いよね。
  • 安倍総理は5日都内で行われた年末エコノミスト懇親会において、「(遊説から帰国し)時差が激しく残っているなかにおいて、明日は(参院)法務委員会、2時間出て、ややこしい質問を受ける」と発言し、笑いを取ろうとしたようだ。 笑いのセンスの狂いと共に一国の首相としてのセンスの狂いが見て取れる。 ややこしいの意味は、”こみいっていて、わかりにくい。複雑で、めんどうだ。”と一般的に理解されるが、法務委員会での野 [続きを読む]
  • すごいぞ森ゆうこ議員 日本女性はかくあるべき
  • 拙速な入管法改正・漁業法改正(民間企業参入を許し、中小漁業者を潰させる法案) そのいい加減な白紙委任まがいの内容と、人を人とも思わない心のない形式答弁、まさに独裁感性に酔いしれる野党嘲笑、無視の国会運営。野党諸氏の怒りも頂点に達する中。 衆議院本会議森ゆうこ議員による堂故茂 委員長 解任決議趣旨説明はすごかった。 自由党は山本太郎議員もそうだが、体当たりだ。  KYだとか、気配りだとか、男性のお話 [続きを読む]
  • 辺野古強行の裏に、対米従属の皮を被ったお友達優遇 
  • もともと、辺野古はアメリカ側も、こだわりを見せていないという感触を持っていた。 オバマ政権では、沖縄県民の抵抗を重く受け止め、グアム移転の再興を申し出ていたし、 トランプも、多分”辺野古”という地名も覚えていないだろう。 陰湿陰険安倍総理の性格で、自分に逆らうものは叩き潰す、そんな印象も持っていたが、 それにしても、度がすぎる。国民に対しても、あまりのひどいやり方に、悪印象はぬぐいきれないのに、強 [続きを読む]
  • 異臭に加えて、異物堆積 観光優先豊洲市場は誰のため
  • どんなに理屈をつけても、長年土壌汚染を続けた土地に、生鮮食料品市場を移転洲用という発想が間違っている。 食料品は、人の口に入るもの、鮮度衛生が何より大事なもの、である。しかも日本は刺身に代表されるように食品鮮度へのこだわりとその品質管理は間違えなく世界一だ。長い歴史に培われた築地市場の”しきたり”に立脚した市場関係者の経験則が、それを支えてきたと考える。その象徴は潮待ち茶屋の廃止だ。 現場知らずの [続きを読む]
  • 領土問題、最高レベルの協議が一番コントロールしやすい。
  • 何がなんでも目先の人気取りにしてしまいたい安倍政権が2島返還を手柄話のように打ち出してきていた昨今、しかしプーチンはそんなに甘くない。やっぱりそういう方向に行くだろうな、という展開。 安倍首相は1日、アルゼンチンのブエノスアイレスでロシアのプーチン大統領と会談。北方領土問題を含む平和条約交渉を加速させるため、河野太郎、ラブロフ両外相を責任者とする新たな枠組みをつくることで合意したが、早速、“看板倒 [続きを読む]
  • 立憲民主党、国会ツイッター開設
  • 国会審議をインターネットでみることができるが、予算委員会などならともかく、小さな委員会に別れた審議をマメに見てゆくことは、かなり無理である。さりとて、安倍答弁を賢そうに編集し、野党の質疑を変更するNHK編集は百害あって一利なし。 立憲民主党が、国会の様子を伝えるツイッターを開設した。 立憲民主党は党の国会対応や、法案審議を巡る与野党攻防のポイントを解説する「国会ツイッター」を始めた。党の公式ツイッ [続きを読む]
  • 天皇ご夫妻外国人センター訪問と秋篠宮発言
  • なんだか、天皇の政治的発言行動の意味を、ただ”命あるエンブレム”として存在しろ的な、行き過ぎた解釈で縛るこの2つの事象、某政権の工作? 27〜28日の日程で静岡県西部を訪問していた天皇と皇后。2人は浜松市内の「外国人学習支援センター」を訪問したのだが、「安倍政権への皮肉か」との臆測を呼んでいる。“奴隷拡大”との悪名高い入管法改正案が国会で大論争となっているからだ。  天皇、皇后は支援センターで、外 [続きを読む]
  • 夢洲=ラスベガス構想? 万博口実で税金投入の姑息。
  • 盛り上がる大阪万博は、人工島夢洲で行われるらしい。そして、通常寂れた公園に成り下がる跡地を、全体的にカジノアミューズメント活用しようという計画? 2025年大阪万博決定で、マスコミが大はしゃぎを繰り広げている。世耕弘成経産相や松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長の喜びの表情、談話を読み上げる安倍首相の姿、そして喜びに沸く大阪府民の様子をバンバン流し、「大阪府民が快哉」「経済効果2兆円」などと煽って [続きを読む]
  • 起爆剤で列島破壊 イベント行政は誰のため?
  • 24日未明、大阪・中之島のホテルの一室は、歓喜に包まれていた。パリで開かれていた2025年万博の開催地を決める博覧会国際事務局(BIE)総会の映像を見守るため、国会議員や財界幹部ら約300人が集合。大阪開催が決まり、大いに沸いた。 決選投票制し、日本控室に歓声 大阪万博、決定の瞬間  その直後、突然スクリーンに安倍晋三首相のビデオメッセージが映し出された。「大阪万博を最高の万博にしていきましょう」 [続きを読む]
  • 軟弱地盤を指摘 玉城デニー知事の戦略
  • アメリカには日本と大きくセンスの違うところがいくつかある。その一つが自他区別がはっきりしていて、決して踏み込まないこと。 いくら海兵隊基地があるとはいえ、国と国との間で決めた方針を、頭越しに県知事との階段でゆるがせにしたりはしない。あくまで国内で解決し意見をまとめた上で、話し合うという手順を重視する。今回の玉城知事の訪米でもこの姿勢は貫かれた。 しかし、自分たちの不利益の可能性、新基地の地盤問題は [続きを読む]
  • やっぱり利権外国人実習生斡旋に政治家
  • 昨日サンクスギビングデーが終わった。恒例の野外での大ファミリーパーティーでエネルギーを使い果たして今日はダウン気味。サンクスギビングは、アメリカ人にとって大切な家族の日、無償の感謝の日であるのに、トンデモトランプは、大統領職務の一環である、感謝祭の電話(自国・家族とを離れ国にサービスする海外駐留兵の士気を高め、彼らの貢献を国内に強調するのが通例)を政治利用しひんしゅくを買った。ほとんど口に近い、自 [続きを読む]
  • 言葉でごまかさず、移民政策に正面から取り組むべき。
  • 安倍政権は、技能実習生であって移民ではない、とかなんとか、なんだか言葉の抜け道作りばかりで、本質的な問題に向き合おうとしない。少子高齢化の進む日本の将来を考えれば、今からきちんと移民政策を議論し、法整備するべきなのたろうと思う。 それを、安い労働力は欲しい、でもその人たちに責任は取りたくない、使い捨てできるように、いらなくなったらすぐに本国に送り返せるように立場を固定しない、権利を与えないようにし [続きを読む]
  • トランプに甘〜い日本でも中間選挙は厳しい未来
  • 日本のメディア・有識者?はトランプに甘い。というより権力の座にあるものには、尊敬ん念を持たなくてはならないという日本流のお行儀なのかもしれない。 しかし、日本記事やコメンテーターの話で、まるでトランプが国民に支持されたかのような、また大統領再選が有利なようなことを聴いていると、ムズムズする。 どういうわけか、日本の知米有識者は、こぞって共和党的考え、共和党的見識を日本に披露する。まあ、官僚機構や大 [続きを読む]
  • 舌禍が異常、麻生太郎氏の破壊願望
  • たとえ世襲でもボンボンでも一度は総理大臣まで務めた人物(の例えは空疎だ、3度も総理を務めているサイコもいるのだから)。もともとベラン名で口が悪くても、最近の発言は常軌を逸している。総理当時2008年「(麻生首相が)資質を問われ始めたのは就任間もなく、漢字の誤読やらが発覚してからだった」(毎日新聞2010年5月9日付)とはいえ、英語は通訳を介さず話すと言われ、『プレジデント』誌は、「存在自体に華があ [続きを読む]
  • 櫻井議員、どの国の人が犯罪を犯しやすいかで在留資格審査?!
  • 桜井充議員の入管法改正質疑において、櫻井議員は、入国する国でどこが犯罪を起こしやすいのか?それによって、入国の調整をするべきだ、という意見を強調した。 どの国から受け入れるのかを、犯罪率が多く、社会保険不正が行われている国の人は受け入れるべきではないと発言した。 これは、ダメでしょう。もし国によって入国、またビザ発行を制限する理由としては、国交を持っていない場合であって、ある人が犯罪を犯した、不正 [続きを読む]
  • 仲良し外交でロシアに完全に見くびられる安倍政権
  • あんたにゃ無理、そう言いたい。 頭脳も、交渉力も、人の悪さも、独裁者としての冷酷さも何十倍も勝るプーチンにファーーストネームの仲良し外交を仕掛け、お土産貢物で機嫌をとって譲歩を引き出せると思っていること自体、恐ろしい勘違いだった。 当初、付き合って相手を品定めしていたであろうプーチンはもう完全の安倍晋三と日本の質を見切って、冷酷な笑いの侵略外交を進めてきている。難航どころか、今まで守ってきた日本の [続きを読む]