まさ さん プロフィール

  •  
まささん: 風の家便り
ハンドル名まさ さん
ブログタイトル風の家便り
ブログURLhttp://masappe.exblog.jp/
サイト紹介文絵を描いたり、物を作ったりすることが好きです。日々の生活を丁寧に、身の丈に合った心地よい暮らしに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/10/04 18:01

まさ さんのブログ記事

  • キャンソンXLを練習用紙に☆同好会忘年会
  • 昨日はカリグラフィーの定期レッスンでした(*^^*)習っていない書体はまだまだあるのにーー;コレ・・・書いてみたいナ、今は無理だけど、いつかスペンサリアンとビジネスライティングに合わせれたら…、と気になっていた書体の練習を申し入れて、・・・いつも快諾してもらって感謝・感謝です。(昨日は丸池先生にもご指導頂きました^^)その籔本先生から、いつも... [続きを読む]
  • スペンサリアンクラスと嬉しい出会いと
  • スペンサリアンクラスではオブリークホルダーを使ってシェードを入れる練習に入りました。あれやこれやと寄り道ばかりして・・・ーー;でもびっしりと書き込まれた先生の添削を見ると、しっかりと学ばなければ、と。何より同期が仲良く、会えば話が尽きず・・・遠いのでちょっぴりしんどい事もあるけれど、良い環境で学べることに感謝です(*^^*)******************... [続きを読む]
  • 11月号表紙絵☆海岸ビルとマザーテレサの言葉
  • 表紙のことば「今回の海岸ビルは、新しいのか、はたまた古いのか?一見しても分からない不思議な建物です。上層階は現代的なガラス張り、低層階が今回絵に描いた近代建築(国の登録有形文化財)となっています。 戦争で一部が焼かれ、また阪神・淡路大震災で全壊認定を受け、そういった経緯を経て再建された際にこのような姿になったそうです。 絵に書いて見ると、均整のとれたシンメトリー、手の込んだ装飾等圧... [続きを読む]
  • パリから帰国
  • フランスから戻りました。初めてのロワール地方でのお城巡り、スケッチの時間はなかなか割く事が出来なかったけど(なんとか2枚^^;)、お天気にも恵まれて、ヴェルブ(自転車)でも町巡りをして、思い出深い旅となりました。その分、仕事はバタバタ^^;)(自業自得・・・)ゆっくり、ゆっくりと写真の整理をしつつまた想いで記録をつ... [続きを読む]
  • keikoさんの水彩スケッチと嬉しかったこと
  • Keikoさんが神戸に来る、ということで10月を心待ちにしていました台風が一週間ずれてよかったね、と連絡を入れたそばから新たな台風発生結果、・・・台風の日にやってきて、台風と共に去っていきました(笑)あべまりえさんの奈良で行われたワークショップがメインだったのでその日は晴天に恵まれたとのことで、ホッと(*^^*)我が家で、ワークショップでの成果... [続きを読む]
  • いろいろと・・・思ったこと。
  • 最近は休日、めっきり家に籠ることが多くて、もともと家好きなものの、何かしらゴソゴソはしてたのに・・・そして、仕事帰りも一目散で帰宅し、食料の買い出しはしつつも、日常品はアマゾンの宅配に頼るという^^;手が遅い分、ちょこっとの隙間時間を見つけて、描き進めていってます。入稿してホッとして、さ、次・・・一年間の契約ですが、もう一年依頼があった時は、引き受けたい... [続きを読む]
  • ロルカ×ローマンキャピタル2 バベルの塔
  • 紙が薄いので、厚紙に貼ろうとしたら失敗してボンドまみれになり、そもそもガッシュで細い線を出すことが出来なくて、いろいろと反省の1枚に。*******************************************バベルの塔、見に行ってきました。お正月明けからずっと楽しみにしていてテレビの特集もよくやっていたし、芸術新潮も隅から隅まで読んでいて、いざ大... [続きを読む]
  • 雪表紙絵10月号 孫文記念館(移情閣)
  • 表紙のことば『 神戸は国際色豊かな建物が多く存在するので、何かを見知っても特に驚くことはないのですが、神戸の西端に孫文の記念館があることにとても驚きました。 孫文は神戸とも縁が深く、元華僑の別荘が記念館として、この貴重な建物の保存も含め、用いられることになったそうです。「移情閣」という名称で国の重要文化財に指定されており、情を移すという美しい名前は、窓から眺められる六甲山系、瀬戸内海... [続きを読む]
  • 色校正のこと   ***旅のお土産と藤袴祭り***
  • 月初めに原稿を入稿して、その後、メールでの文章校正、そして色校が送付され、お返事をして印刷。編集者の方との最初の打合せで、データでの入稿を依頼されたものの、元々手書きでしか絵が描けないし、それを上手くデータ化する自信もなかったので、逆にこちらから原画での入稿をお願いしました。実際より130%大きく書いているので、そういった意味でも、ひと手間もふた手間もご迷惑をおか... [続きを読む]
  • 雪9月号表紙絵 みなと元町駅(旧第一銀行神戸支店)
  • 今月の雪の表紙では、一風変わった建物を描きました。表紙のことば『煉瓦に御影石の白いラインが施されたこの美しい建物を見たとき、「アレ?」と驚いた思い出があります。建物だと思ったら、それは『壁』でした。そして、その壁は地下鉄の入り口だという…!? 元々は旧第一銀行神戸支店として建てられ、銀行ならではの重厚な雰囲気を醸し出しています。残念ながら阪神・淡路大震災で全壊してしまいましたが、そ... [続きを読む]
  • ロルカ*ローマンキャピタル体 □ミタント作品展
  • ローマンキャピタルのこの書体の練習を始めた時に、先生から・ガイドライン無しで書いてみよう、・ザラザラした紙に書いてみましょうと、2つの課題を頂き、一つずつチャレンジを。どちらかと言うと、ガッチガチにガイドラインを頼るタイプなので^^;何から手を付けていいやら。文字の大きさや配置、たたき台を何枚か書いて、見てもらって(文字の出来栄えは置いておいてーー;)こ... [続きを読む]
  • 岩手県平泉中尊寺へ  夏草や兵どもが夢の跡
  • 盛岡で宿泊するホテルを探していた時、石割桜はどこにあるのか声を掛けられ、ならば、私たちも一緒に見たい!と地図を片手に。桜の生命力が岩をも割る!?ように見える、割れた岩の間で育った大きな桜。なんとも力強い。偶然にもその御婦人と翌日もばったり(トイレの中で)出会ってお互いびっくり。一期一会というか・・・。結局最後までお互いに名乗らず仕舞いだったけど、別れ際に「中... [続きを読む]
  • 宮城・仙台へ  安田菜津紀さんから頂いた考えるきっかけ。
  • 友人S.makiさんと2泊3日の行程で宮城・岩手へ。もし機会があればずっと行きたいと思っていました。残念ながら被災地をめぐるツアーは定員オーバーだったけど、それはまた次に。次にまた来ようと思います。西日本に住んでいると東北は遠いです。むしろ北海道のほうが交通の便がよかったり。でも、同じく大きな震災を経験したことで、周りの人も多く派遣されたり、その報告を作ったり、特... [続きを読む]
  • 鍵のイラストとアルファベットの作品、倉敷へ 扉を開ける
  • 真ん中の姉が数年前からゴソゴソと新たな活動をしだして私自身、残念ながらトンと疎い世界なのですが、でも何事もやるからには頑張れ〜、とお祝いにとリクエストされていた絵をやっとプレゼントすることが出来ました。家を新築した時も、家に飾る何かを書いて、と依頼されたものの、身内のことになるとついつい後回しになっちゃって^^;)今回、お盆で帰省す... [続きを読む]
  • イタリック体 フローリッシュにチャレンジ
  • 「フローリッシュって難しいなぁ」「こんな感じかな?」「どう思う?チー坊」・・・シエロとアトリエに籠って練習していたマンデラの言葉『生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。』これが最後で、ちょっと意味が違うけど…でも、立ち上がって・・・頑張りなはれや、と言われてるのかな^^;聞いてくれる相手がいな... [続きを読む]