ミッチ さん プロフィール

  •  
ミッチさん: 浪花節だよ競輪は
ハンドル名ミッチ さん
ブログタイトル浪花節だよ競輪は
ブログURLhttp://kichimu111.blog.fc2.com/
サイト紹介文ラインの絆や人間関係の機微で義理が通ったり道理が引っ込む競輪の魅力。その人情人生哲学こそが浪花節だ。
自由文後楽園競輪場での初参戦より往事茫々50年。
自力勝負で傲慢・辛辣に攻めますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/10/06 11:35

ミッチ さんのブログ記事

  • 川崎GⅢナイターは休稿
  • 勝手乍ら、川崎GⅢナイターは休稿させて戴きます。GⅢとは名ばかりの、オールスター留守番組。人様に熱弁を振るうまでの気力には到りません。(個人的には遊びますよ。近いから現場にもね・・。)暑いですしね。(台風も来るし。)オールスターに備え、体力・気力・資力の備えに務める事と致しましょう。とは言え、折角なので初日だけ。10R中西と真船の叩き合いが予想され、復調気配のキックが売れる。しかし思惑通りの展開に [続きを読む]
  • 松戸記念競輪決勝戦
  • 顔で人を判断してはいけません。と、言われる。いやいや、人の判断は「顔だけ」で十分ですよ。肩書きや経歴など全然アテにならないし、話も鵜呑みには出来ない。不動産屋はね、初対面の客に対し、短時間で人品審査をする必要があるんです。(職に貴賎アリ、の所以です。笑)しかし、そんな目を養うには相当の人生経験を要する。洞察力の優劣は個人の資質も関係するしねえ。例えばこんな風な目だからどうだとか、方程式には表せない [続きを読む]
  • 松戸記念競輪準決勝
  • 驚いたねえ。ヤラセとしか思えない程素晴らしい。5日(日)に開幕する第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園)の組み合わせが決まった。100回の節目記念と云う事で、代表校も56。開会式に皇太子殿下をお迎えし、直後の始球式には星稜出身の松井秀喜が登場する。(何故松井なのかは分らないがね。)そこまで、すでに決定事項であったのだが・・、抽選会で、何と星稜が開幕試合を引き当てた。松井が投げて星稜の1番打者が打 [続きを読む]
  • 松戸記念競輪二日目
  • 下ネタが苦手なお方はスルーして戴きたい。と言っても、ウケを狙った下衆な下ネタではございません。或いは賢人、優れた哲学者や高尚な宗教家達がどんなウンチクを述べようとも・・、世のオス共は「射精」をする為にこの世に生まれ、「ピュッ、ドクドク」その瞬間に勝る快感は無い。(異論はまた今度ゆっくりと。)ところが歳をとるにつれ、「ピュッ」は消え失せ、「ドクドク」が「トローッ」に・・、なるらしい。(あくまでもお年 [続きを読む]
  • 松戸記念競輪初日
  • 東から西へ、通常とは真逆のコースを進んだ台風12号だが・・、九州南部や奄美地方、四国地方に、非常に激しい雨をもたらしたまま、種子島・屋久島地方付近をコマのように1回転。(何で?)再び勢力を回復した後、現在は東シナ海にあって、今度は毎時20kmで中国大陸へと向かっている。何かねえ?、九州の南で胡坐をかいた後、気圧配置次第では、もう一度日本列島を縦断する可能性も有ったのかねえ?。まるで漫画に出て来る怪物の [続きを読む]
  • 弥彦記念競輪決勝戦
  • 日本列島を逆走した台風12号。舵を南へと切り、屋久島付近で胡坐をかいている。 酔っ払いか?。痴呆症か?。まだ安心は出来ないが、西日本豪雨の被災地に追い討ちが掛かる事は無かったようで、まずはホッとした。良かったねえ。(喜んでいる場合じゃないのだが。)好奇心が旺盛で、何にでも一先ず首を突っ込む。突っ込む以上はある程度追求するし、嫌いなものは少ない。しかし日本の芝居、日本語のセリフが嫌いなんですよ。(洋 [続きを読む]
  • 弥彦記念競輪準決勝
  • 高校野球、夏の甲子園。今年は第100回を数える記念大会で、史上最多の56校が出場する。例年2校が代表となる北海道と東京に加え、準々決勝の前に5回戦を行っている、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県からも2校が出場する。福岡から複数校が出場するのは史上初だ。大方の代表校が出揃ったぞ。残るは4府県だが・・、西東京の日大三と、北大阪の大阪桐蔭はほぼ鉄板。北神奈川と岡山は微妙だが・・、いずれにせ [続きを読む]
  • 弥彦記念競輪二日目
  • 『自動改札機は、ICカードを機械にタッチするだけで運賃の支払いができるほか、紙の切符や磁気定期券も通すことができる。』こんな説明、何を今更?。昔(と思っていた。)、鉄道を利用するには切符を購入。改札口には駅員が居り、入場の際にはにハサミを入れ(切り込みだったり穴だったり)、出る時に回収する。まだ悪ガキだった頃、大勢で遠征に行ったり、海水浴(殆んどは福井)に行ったり。改札では前から順に親指で後ろを指し [続きを読む]
  • 弥彦記念競輪初日
  • クッソー、罰が当たったんだから仕方ないが、どうも釈然としない。40℃にも迫らんと云う土曜日からの4日間、クーラーが壊れて死ぬ思いをした。お陰様で水曜日には復旧。快適な室温になったのだが・・、その日から東京の気温がぐんと下がったぞ。(上空の寒冷渦?)何で?。日頃の行いを猛省しているところであります。(笑)「北北西に進路をとれ」ってか?。南海上で発生した台風12号が関東地方を目指し北上している。予報で [続きを読む]
  • 福井記念競輪決勝戦
  • 「今年の暑さは災害」、と気象庁が発表。もう、わろてなしゃあないぞ。埼玉県熊谷では41.1℃まで気温が上昇、日本歴代最高を5年ぶりに更新した。多治見!、頑張れ!。東京都心でも39度。青梅は40.3℃で、東京都内では観測史上初めて40℃超を記録した。何故、わろてなしゃあないのか?。水曜日の取り付けまでエアコンが使えないからですよ。「暑い!」そんな言葉を口にする気力など、とうに失せちまったものでね。どうせなら明る [続きを読む]
  • 福井記念競輪準決勝
  • 昨日、親の愛情について述べたが・・、これはテレビ映像のお話。インドに在る田舎の村で子象が古井戸に落ちた。身の丈の倍以上に深く、とてもじゃないが自力での脱出は叶わない。村人総出でシャベルカーまで持ち出し、高さを確保する為周りの土を井戸に放り込んでいく。それを心配そうに見つめる象の群れが居る。固唾を呑んで?ね。次第に底は持ち上がり、無事に井戸から飛び出した子象は母親の元へ一目散。群れは揃って森へと帰っ [続きを読む]
  • 福井記念競輪二日目
  • 連日の暑苦しい話で恐縮だが・・、えらいこっちゃ!、会社のエアコンがパンクしたぞ。「お日〜さん」の悪口を言ったものだから、罰が当たったに違いない。(笑)朝、仕事を始めて約30分。いつまで経っても涼しくならない。見たらクーラーが止まっていましたよ。(気付くのが遅い!。熱中症で死亡する老人を理解出来るぞ。)送風以外、羽根も閉じた儘で全く作動しない。室外機も動いていないぞ。自分が働き出すようになった時はす [続きを読む]
  • 福井記念競輪初日
  • 人一倍寒がりなものでして・・。極寒の1月2月は、帰宅時に合わせタイマーで部屋を暖めている。夏?、帰るや否やのシャワーを習慣としているもので、クーラーのスイッチを入れてから風呂場へ行けば、出る頃の部屋は涼しい。今年?、それじゃあ追っ付きませんよ。だからタイマーを入れて出掛けます。総務省消防庁によると、熱中症による救急搬送者数は7月9日から15日までの1週間で前の週の約3.7倍となる9,956人に急増。そのうち12 [続きを読む]
  • サマーナイトフェスティバル決勝戦
  • 7月14日(土)、戸越銀座商店街では「ぼんぼん廻り」と云うイベントが開催された。東京はお盆のこの時期、商店街(約1.3K)に1000基の灯篭(行燈)を並べ、ほのかな灯りのもと、夕涼みと買物を楽しんで貰おうと云う魂胆だ。一月ほど前、世話人が賛助金を集めに来た。「今年は距離を長くしたので灯篭が足りません。一基描いて貰えませんか?。」絵の嫌いな子供ではなかったし、相当上手な方ではあった。「良いですよ。」思わず二 [続きを読む]
  • サマーナイトフェスティバル準決勝
  • 大相撲名古屋場所、3人の横綱(鶴竜、白鵬、稀勢の里)と、新大関の栃ノ心が休場。千秋楽まで、まだ半分以上も残っている。「もう前売り券買っちまったがね。」名古屋市民が暴動を起こさないか心配だ。(笑)いつの間にか相撲が始まっていたんだねえ。知ってはおりましたが、豪雨やらW杯やらに気を取られ(一応仕事もせにゃいけん。)、観始めたのがすでに4日目。丁度その日は運悪く?、白鵬がドタ休場を発表するわ、滑り出し好 [続きを読む]
  • サマーナイトフェスティバル初日
  • 年々性悪化するお日〜さん(お天気)、未曾有の豪雨が残した大きな爪痕に、「これでもか」の猛暑。意地悪く復興の邪魔立てをする。(辛いだろうねえ。)コンビニの募金箱にチャリーン、雀の涙(以下)程の応援しか出来ないのが口惜しいなあ。被災地の皆様には心からお見舞いを申し上げます。未曾有と形容される豪雨が、この後も頻繁に日本を襲いますよ。「明日はわが身」、政府や自治体は喫緊の対策を(金がなんぼ有っても足らんね [続きを読む]
  • 小松島記念競輪決勝戦
  • 何だ?、ニュース映像は四条大橋じゃないか。京都市民が不安げに鴨川を覗く。桂川(大堰川)の水位も上昇し、嵐山・渡月橋が渡橋禁止になっている。すぐ下流に仲の良い高校の同級生が住んでいるのだが・・、5年前の氾濫で浸水の被害に遭い、避難を余儀なくされた。またかい?、心配なので電話を掛けてみた。「おおきに、大丈夫やで。水位も大分下がったみたいやし・・。」「そやけど昨日は心配やった。何回も川見に行ったよ。」「 [続きを読む]
  • 小松島記念競輪準決勝
  • オウム真理教による一連の事件、死刑が確定した元幹部12人のうち、教団の元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら7人の死刑が執行された。95年3月に発生した地下鉄サリン事件。「弟子が勝手にやった事だ。」松本智津夫はほぼ全ての事件で無罪を主張した。ようやく死刑判決を言い渡されたのが04年の事。松本側は控訴したが、弁護団が「松本死刑囚と意思の疎通ができない。」として控訴趣意書を出さず、高裁は06年3月に控訴 [続きを読む]
  • 小松島記念競輪二日目
  • サッカーW杯もベスト8が出揃った。ここまで来ると、強いチームが負ける事は有っても、弱いチームが勝つ事はまず無いのだが・・、命懸けの戦いは、スポーツと言うよりサバイバルの喧嘩だよねえ。他人の喧嘩を高見の見物。これ程面白い事は無い。サッカーファンが勘違いしているぞ。「日本も近い将来その仲間に入れる。あと一歩まで追い詰めたのだから。」いやいや、1点(勝つ為には2点)と一歩とは全然違います。良く考えてご覧 [続きを読む]
  • 小松島記念競輪初日
  • 平昌で五輪連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦に、国民栄誉賞が授与された。「仙台平」の紋付き袴姿で登場した羽生は、凛々しくて実にカッコ良い。「自分だけで取れるものではない。環境にも恵まれてもらえた賞。これからもこの賞と期待に恥じないよう頑張っていきたい。」個人としては最年少での受賞で、スケート界で初、冬季五輪の選手としても初めてだ。勿論、手放しで讃えたい受賞ではあるのだが・・、あの若さで辞退 [続きを読む]
  • 宇都宮記念競輪決勝戦
  • 「♪真っ赤に燃〜えた〜 ♪太陽だ〜から〜」29日、関東甲信地方が梅雨明けしたようだぞ。何と平年より22日も早くね。6月に梅雨が明けるのは、気象庁観測史上初めてのことらしい。暑い!、ホンマに暑い。冗談?も程々にして欲しい。まあ一週間程度で慣れるのかもしれないが、1ヵ月も経てば皆死んでしまう。(笑)西野ジャパンの戦い方について、マスコミがその是非ばかりを取り上げる。戦い済んでベスト16。それでもう良いじゃ [続きを読む]
  • 宇都宮記念競輪準決勝
  • 「耽溺」(する)、「たんでき」と読み、酒や女遊び、或いは『競輪』等の賭け事に夢中になり、判断力を失ってしまう事。一つのことに集中する余り、他を顧みず愚行に走る事を言う。アホか!、くだらない。嬉しいのかなあ?、大喜びなのかなあ?。西野ジャパンが、「奇跡の予選リーグ突破」を果たしたぞ。まず「おめでとう。」と言わないとね。しかし、「よっしゃあ、バンザーイ!」とは続かない。セネガルの劣勢を横目に0−1狙い [続きを読む]
  • 宇都宮記念競輪二日目
  • 関ジャニが司会をする「ありえへん∞世界」と云う番組でのお話。2013年の5月、ナイジェリアの沖合でタグボートが転覆する事故があり、乗員は全て死亡したと思われていた。しかし実際は船が上下逆さまになって沈没。一人の男性が船内に残った僅かな空間で生き延びており、3日ぶりに救助隊によって発見された。酸欠になるかもしれない。急に海水が流れ込んでくるかもしれない。真っ暗闇の中、62時間もひとりぼっちで生き抜き、奇跡 [続きを読む]
  • 宇都宮記念競輪初日
  • 「紀州備長炭使用店」,「利尻産昆布を使用」そんな看板を目にした事がお有りだろう。きっと謳い文句に惹かれる客が多いからだろうね。しかし味の決め手となる要素の内、そんなものがどれ程の割合を占めているとお思いか?。松阪牛と神戸牛はどちらが旨いか?、そんな議論をする馬鹿が居る。フランス人とイタリア人ではどっちが賢い?、それと一緒だよ。同じ利尻産でも等級によって全然違うし、例えどこの昆布を使おうが、作り手の [続きを読む]
  • 久留米記念競輪決勝戦
  • ミュージシャンをしていた頃、現場で始めて顔を合わせて仕事をし、その後は二度と会わなかったり、或いは度々一緒になったり・・。まあ仕事(音)だけの付き合いだから、深く知る必要も無いのだが・・、果たしてどんな人物なのか?、少し位は知ってみたい好奇心に駆られる。面白い事を教えましょう。楽器を演奏させると、その人間の性格や育ちが、ある程度は分かるようになりますよ。(洞察する側にも資質が必要ですがね。)同じ譜 [続きを読む]