くろ さん プロフィール

  •  
くろさん: 海外fx
ハンドル名くろ さん
ブログタイトル海外fx
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/globalinvest/
サイト紹介文ハイレバ海外fx、xm、ifc markets
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/10/06 22:41

くろ さんのブログ記事

  • 10/15
  • 来週10月16日-20日週の為替相場は、調整的なドル安、円高の持続性と中長期スパンでのドルの押し目買い基調(円は戻り売り)、ドル再下落と裏表でのユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルなどの持ち直し値幅と期間をにらんだ展開が想定される。ドル/円の週足テクニカルでは、ドルの下... [続きを読む]
  • 10/8
  • 来週の注目材料としては、米国市場での相次ぐFRB幹部講演がある。米国では前週末に平均賃金が大幅に改善したほか、米議会での減税を含めた税制改革の協議進展、ハリケーン復興需要の顕在化といった景気やインフレへのプラス材料が目立ち始めた。その中でFRB幹部から、12月利... [続きを読む]
  • 10/7
  • 来週10月9日-10月13日週の為替相場は、調整的なドル安、円高の行方と中長期スパンでのドルの押し目買い基調(円は戻り売り)、ドル持ち直しと裏表でのポンド、豪ドル、NZドルなどの下落基調の値幅と期間をにらんだ展開が想定される。ドル/円の週足テクニカルでは、ドルの下値... [続きを読む]
  • 10/1
  • ドル/円の週足テクニカルでは、ドルの下値メドとして一目均衡表の雲の上限111.37円前後、基準線110.91円、転換線110.29円前後などが意識される。また、ドル/円の週足チャートでは、52週移動平均線111.40円前後、26週線110.97円前後、13週線110.83円前後といった重要節目ライ... [続きを読む]
  • 9/23
  • ある米系投資家は「現有議席からの減少は避けられないとしても与党辛勝となって過半数が維持できれば政権の継続と相まって内閣支持率が上昇、求心力回復でポリティカルキャピタル(政治資本)増加となれば政権基盤の安定を好感して海外投資家は日本株選好に傾斜する」と打ち... [続きを読む]
  • 記事タイトル9/10
  • 米商品先物取引委員会(CFTC)が公表した週間データ(5日までの週)によると、投機筋による金の買い越し幅が8週連続で増加し、約1年ぶりの高水準となった。 ヘッジファンドなど投機筋は当該週に24万9588枚の買い越しとなり、買い越し幅は昨年9月27日終了週(26万1892枚)以... [続きを読む]
  • 9/9
  • ドイツ連邦銀行(中央銀行)総裁を務める欧州中央銀行(ECB)のイェンス・バイトマン理事が、マリオ・ドラギECB総裁に反論してばかりだったのは過去の話のようだ。  バイトマン氏は8日にハンブルクで講演した際、大規模な資産買い入れ策に懐疑的な見方を繰り返した。だが... [続きを読む]
  • 9/3
  • 来週の週明けからの注目は、前週末1日の米雇用統計を受けた日本株市場などの反応だ。雇用統計や平均賃金は予想を下回ったが、「8月特有の季節要因」との見方があるほか、緩やかな改善軌道は維持されたことで、前週末にはドルが持ち直している。米国株も底堅さを保った。週明... [続きを読む]
  • 9/2
  • 来週9月4日-9月8日週の為替相場は、対ユーロや対円などでのドル下げ止まりの持続性と、クロス円を中心とした円安再開の耐久力、根強いドル安や円高の圧力残存をにらんだ手探り相場が想定される。クロス円では前週末にユーロ/円、スイス/円、NZドル/円などが伸び悩む一方、ポ... [続きを読む]