猟師ずひ さん プロフィール

  •  
猟師ずひさん: 北海道サラリーマン狩猟物語
ハンドル名猟師ずひ さん
ブログタイトル北海道サラリーマン狩猟物語
ブログURLhttp://hokkaidohunter.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道の自然が好きで獲物を捕まえ味わいたくて猟師になった男の話。獲れなくても楽しめれば満足な気楽猟師
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/07 06:27

猟師ずひ さんのブログ記事

  • 平成28年度狩猟報告と狩猟者登録証を返送
  • 平成28年度の狩猟報告と狩猟者登録証を石狩振興局へ送ってきました。今までは全く記入なく返送していましたが28年度はちょっとだけ記入することができました。網猟は相変わらずですが・・・いつかきっと記入することがあると信じて網猟は狩猟登録し続けるつもりです。暖かくなってきたら射撃練習に写真撮りも兼ねたバードウッチングにと猟期以外にも猟師っぽいことは色々とできそうです。平成29年度猟期に向けて精進して行き [続きを読む]
  • 装着したまま撃てる銃カバーを購入する。
  • 雪も積もり空気銃での鴨猟が厳しい今日この頃ですが、来期以降の鴨猟のための準備として装着したまま射撃が出来る銃カバーを購入してみました。販売しているのは有限会社安全装備生地は撥水性があるようで多少の雨や汚れも気にせずに猟場で持ち歩けそうです。来期以降にこの銃カバーが活躍することを祈るばかりです。 [続きを読む]
  • 初めてのコガモを味わう。
  • 風が強い日に単独猟で獲る事ができたコガモを調理して味わいます。鴨との距離は20mぐらい、空気圧は140ぐらいFXプレミアムペレットで一撃でした。狩猟状況などは余裕が無さ過ぎて全く写真を撮ることができませんでした・・・狩猟人生で2匹目の鴨「コガモ」の毛を毟り、足先を除去して、皮に残る太くて黒い毛を地道に抜いて、内臓を引っ張り出します。肝臓には白い何かが付いており、砂肝は弾が直撃しており食べられそうな状 [続きを読む]
  • 初めて収獲した鴨を解体から調理する。
  • 人生初めての獲物を解体して調理して大切に頂きます。先輩猟師さんに助けてもらいながら毛むしり、産毛焼きに羽と首と水かきを除去までしました。先輩猟師さんのサポートもここまで後は自分が知っている限りの知識を活かし解体していきます。全く写真を撮る余裕がありませんでした。肛門周辺にはさみを入れて腸を素手で引っ張りだし、砂肝・肝臓・心臓を水で綺麗にする。間接に合わせてハサミで裁いていく。ガラからもお肉をこそぎ [続きを読む]
  • 狩猟人生初めての鴨を捕らえる。
  • 平成28年度猟期3回目の出猟、先輩猟師さんの的確なアドバイスもあり人生初めての鴨を収獲してきました。コガモハシビロガモのメス、訂正致しましたご指摘ありがとうございます。興奮しすぎて間違えてしまいました。コメタの空気銃オリオンにてFXプレミアムペレットを使用しました。空気圧は125ぐらい、鴨との距離15mぐらい近づけるだけ近づいて狙い撃ちました。右羽を貫き潜れない飛べない半矢状態で回収後に絞めて止めを [続きを読む]
  • カモキャッチャーを作ろう。
  • 鴨を回収する際にいつか必要になるであろうカモキャッチャーを自作してみました。リール側には浮きとスナップを付けて作成したカモキャッチャーを装着できるようにします。サルカンとスナップにボラ釣り用の針を括り付け飛距離を稼ぐための重りも付けて完成です。あとは、自作したカモキャッチャーを使用する機会が来るのを祈るだけです・・・ [続きを読む]
  • 平成28年度猟期初日を終えて・・・
  • 平成28年度の猟期が10月1日から始まりました。曜日の当たりもあり、初日の猟に出ました。結果から言いますと・・・坊主でした。スコープのずれと射撃の悪い癖を直せず見事に外しまくりました・・・そして、3年目にして初めて猟場で違う部会の先輩猟師さんとお話することができました。お話を聞くと、ここの地域住民は狩猟を嫌っており警察への通報により狩猟可能場所を警察が巡回していて思う様に狩猟ができないとの事。農作 [続きを読む]
  • 平成28年度の狩猟者登録が完了する。
  • 平成28年度の狩猟者登録申請を行ってから数日後、北海道猟友会札幌支部へ狩猟者登録証を受け取りに行ってきました。平成28年度は第2種銃猟と網猟でやってみようかと思います。ちなみに緑色の狩猟者記章が第2種銃猟で黄色の記章が網猟です。狩猟者登録が終わると猟友会からは鳥獣保護区等位置図、いわゆる「ハンターマップ」や猟友会の会報誌やお知らせなども配布されます。猟友会へ狩猟者登録証を受け取りに行く際は大きめの [続きを読む]
  • お店でジビエを味わう。その3
  • 平成28年度の猟期が始まる前にエネルギー補充のためにジビエを食べに行ってきました。ツキノワグマのパテキノコリゾットのキジバト添え赤ワインをごくごく飲んでしまいました。香りが強い料理には、お酒が最高に合います。野生の力を胃袋から取り入れエネルギー補充が完了しましたのでもうすぐ始まる平成28年度の猟期は頑張りたいと思います。コメタ社のオリオンの力を発揮させたいものです。 [続きを読む]
  • 燻製の練習をする。その2
  • 狩猟者登録の完了を待ち焦がれる今日この頃いつか獲れるであろう獲物に合わせられるようなおつまみを用意できるように燻製の練習をします。今回は、カマンベールチーズで燻製の練習をします。キッチンペーパーで水気を拭き取り少し乾かしたら焦げ付いても取り出しやすくする為クッキングペーパーを敷いた燻製器に投入するだけ。時々、燻製器の蓋に付いた水滴を拭き取りながらそれっぽい色が付いたら完成。完成した燻製カマンベール [続きを読む]
  • 平成28年度の狩猟者登録申請が始まる
  • 北海道猟友会から平成28年度の狩猟者登録申請のお知らせが届きました。いよいよ、空気銃で狩猟を行うための登録申請ができます。第2種(空気銃猟)と網猟と罠猟で35,400円第2種と網猟又は罠猟で28,100円27年度は全く行わなかった罠猟今年の登録どうすべか・・・獲物を獲れても獲れなくても支払う金額なのでジビエ料理屋さんで相当額お支払いすればかなり楽しめます。申請のお知らせと一緒に入っていた案内に寄付 [続きを読む]
  • 空気銃用弾丸について考える。その1
  • 様々なペレットを購入してしまい使いきれるか少々不安な今日この頃ですがペレットによる違いってどうなんだろうかと考えた時に参考になりそうな動画がありました。空気銃はHatsan AT44-10 cal.22エネルギーは31ft.lbsぐらいでタイプ違いは38ft.lbsぐらいとのこと32ヤードと少々距離は短めですが強風の中で様々なペレットを撃ち比べています。ペレットの撃ち比べは環境によっては難しいものなので参考になるのではないでしょうか [続きを読む]
  • 燻製の練習をする。その1
  • いつか、狩猟で手に入った食料を燻製にして美味しく味わえるように燻製作りの練習をしました。使用する道具は、新富士バーナーのスモークポットです。スモークチップは、さくら・くるみ・ならを独自ブレンドして使用します。鶏レバー、砂肝、ゆで卵、じゃがいも、甘エビを燻製してみましたがまずまずの出来でした。次は何を燻製にしてみるべか。つづく・・・ [続きを読む]
  • 空気銃用弾丸の準備その3
  • 色々な弾丸を眺めているとふと気になってくる弾丸の形手元にある空気銃用弾丸はほとんどが丸みのある先端の半球型ばかり(一種類だけ頭に凹みがある弾丸もってますが)先が尖がってたり円筒の弾丸はどうなのだろうかと気になったので他の形の弾丸を購入してみました。 [続きを読む]
  • 本【これから始める人のための狩猟の教科書】を
  • 発売から少し期間が経ってしまいましたが読んでみました。これから始める人のための狩猟の教科書銃猟についての説明は充実しているような気がしますが罠猟や網猟になると少々説明不足な気がします。やっぱり、狩猟読本と先輩方のお話が狩猟を知るのに一番良い方法だと思います。あと、もう少しお安かったらよいのですが・・・ [続きを読む]
  • 2世代目枝豆が顔を出す。
  • 狩猟期間以外は別な方法で自力で食料を入手しようと始めている家庭菜園去年は別なところで育てていた枝豆を少しだけ残しておいて今年はプランターに植えておきましたが最近、天気もあまり良くなく発芽の心配をしていましたが無事に芽が出てきました。ちょっと生育が遅いような気がしますがこれからすくすくと育って欲しいものです。お酒の肴になるのが待ち遠しいです。 [続きを読む]
  • 空気銃用弾丸の準備その2
  • なかなか射撃練習に行くことができない今日この頃ですが・・・空気銃用弾丸をインターネット等で色々と眺めていると出てくる非鉛弾丸トウキョウジュウホウのカタログではJSB社のジャンボヘビー非鉛弾で11.90grというのが出ていますが他のメーカーはどうなのか気になったので確認するために購入してみました。 [続きを読む]
  • 2回目の射撃練習に向けて的紙の準備
  • もうすぐやって来るだろう2回目の射撃練習に向けて的紙の準備をします。地元の射撃練習場所に合うサイズの的紙を毎回用意するよりも的の部分だけ張替えたほうがよいと先輩猟師さんよりアドバイス頂きましたのでマスキングテープ使用して的紙を張替えてみました。微妙にずれているような気がしますが無事に弾跡は隠して張ることが出来ました。他の的紙も張替えて準備完了しました。今度の射撃訓練は10点に当たるべか・・・ [続きを読む]
  • コメタ社のオリオンについての海外動画その2
  • コメタ社のオリオンが気になる方々への参考になりそうな海外動画を紹介します。第2回目の今回紹介する動画は射撃シーンがあり評論動画としてはなかなかの見ごたえです。コメタのオリオン紹介から始まり、JSBの16グレイン弾丸を使用した50m射撃に70m射撃ではなかなかの性能を見せてくれます。これだけの精度なら狩猟もきっと楽しいものでしょう。自分のオリオンもここまで精度を高めたいものです・・・最後には弾速まで教 [続きを読む]
  • 初めての空気銃射撃練習に行く
  • 先輩猟師さんのお力をお借りしながら初めての空気銃射撃練習に行って来ました。空気銃はコメタ オリオン5.5mm弾丸はFXペレット16gです。初めての射撃にてスコープがどれだけずれているか分からないのでとりあえず的紙を狙ってみました。購入時点からある程度調整されていたのか全く的に当たらないという状況にはなりませんでした。左右の調整を行い上下の調整を行い始めましたが真ん中に命中することはありませんでした。3枚目 [続きを読む]
  • 栗山町の熟成鹿肉ソーセージを求めて・・・
  • いつぞやのニュースで【栗山町のシカ肉ソーセージに加工施設が初の商品化で9日10日に試験販売】という記事からちょっと買いに行ってみようという事で栗山町へ行ってみました。販売されているお店は栗山町の駅から歩いて数分到着してお店に入ってみると・・・売り切れてました・・・これがイベント性のある購買意欲ではなく定期的に食べてみたいという購買意欲ならいいのですがどうなのでしょうか?通常販売されるようになったら [続きを読む]
  • コメタ社のオリオンについての海外動画その1
  • コメタ社のオリオンはどうなんでしょうか?と気になる方々への参考になるかどうか分からないですが海外動画でオリオンをいじっている動画ありますので紹介いたします。動画序盤では様々な角度からオリオンを撮影しているので見た目の雰囲気を知るには良いかもしれません。動画ではボルト下の六角をクルクルしてなにやら調整しているようですが怖くていじる度胸はありません。まだまだ日本での情報が少ないコメタのオリオンですので [続きを読む]