にゃんこ先生 さん プロフィール

  •  
にゃんこ先生さん: 猫の病気と健康をチェックしよう
ハンドル名にゃんこ先生 さん
ブログタイトル猫の病気と健康をチェックしよう
ブログURLhttp://catneko.3rin.net/
サイト紹介文可愛がっている猫ちゃんにおかしな症状がでたら、チェックしてみてください。
自由文可愛がっている猫ちゃんにおかしな症状がでたら、チェックしてみてください。私なりに勉強した症状を掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/10/08 07:35

にゃんこ先生 さんのブログ記事

  • よだれがでるようになってきた
  • 猫は普段はよだれを出すようなことはありません。お腹がすいていてもよだれをだすことはありません。よだれを出すようになってきたら、口の中を確認し、口臭がしたりするときは、口の中に何かの異常があると思ってください。ただれや出血などがないか確認してあげましょう。口臭がかなりするときは、歯石がたまったり、歯ぐきに異物がささり、炎症をおこすと菌が繁殖し臭いがでてきます。ウットフードを与え続けていると歯石がつき [続きを読む]
  • 気管支炎にかかると空せきをします。
  • 猫が気管支炎にかかると、空せきをかなりするようになります。その様子をみていると、吐くときのような感じです。猫は胸に痛みが出るため、体を触られるのを嫌がり、特に胸を触られるのを嫌がるようになります。なるべく静かなところで安静にさせ、カロリーの高いエサを与えましょう。鼻炎や咽頭炎と同様に、ウイルスや細菌感染を原因としたものが多くなってきております。獣医さんに連れて行くと、抗生物質の投薬や、蒸気吸入器を [続きを読む]
  • 猫がくしゃみをたくさんするようになった
  • 猫がたくさんくしゃみをするようになってきてるときは、たいていさらっとした鼻水がでています。この原因は、ウイルス性の感染症や鼻炎などが考えられます。感染症などは発熱をともなうことがあります。目に異常がでているときは、結膜炎などの目の病気をともなうことがあります。あと、猫が刺激性の薬品をかぐと、くしゃみをすることがあります。特に漂白剤や塩素系のにおいをかぐとくしゃみをしております。家からでないような猫 [続きを読む]
  • 咽頭炎の初期は軽いセキがでる
  • 咽頭炎にかかると、最初は、カゼみたいな感じで軽くセキがでる程度ですが、これが重くなってくるとセキの回数も増えていき、猫も苦しそうになってきます。このまま悪化すると鳴き声がかすれてきたり、でなくなってきたりします。のどが痛いためエサも食べられなくなり、どんどんやせていきます。咽頭炎で一番多いのがウイルスや細菌感染が原因になっているケースが多いので、何かおかしいと思ったらすぐに獣医さんに相談してあげて [続きを読む]
  • ネコがしきりに目をこすっている
  • ネコがしきりに目をこすっていたら、近くに寄って目ヤニや涙が出たり、白目が赤くなっていたり、傷がないか等をよく確認します。症状によって、いろいろな病気が考えられますが、そのままにしておくと失明するかもしれないので、早めに動物病院につれていってあげてください。目薬は、チューブに入った軟膏タイプと水剤の2タイプがあります。水剤は目にたらしますが、軟膏は角膜に直接つけます。片手で頭をかかえるようにして支え [続きを読む]
  • ネコの鼻から血が出ている
  • ネコの鼻から血がでているときは、どこかにぶつけて鼻血になっている可能性があります。ネコは、時間帯によって興奮するときがありますので、そのときに遊び回ってどこかに鼻を軽く打ちつけてしまって鼻血がでてしまった場合は、すぐにとまると思います。でも、場合によっては、大きな怪我をしてしまい大量の血がでてしまうこともあります。骨折や打撲、感染症など原因はさまざまになりますが、血がでているときは安静にさせること [続きを読む]
  • ネコの目がいつもの色と違う
  • ネコの目は、大きくて透明感があります。濁っていたり、赤くなっていたりした場合は、結膜炎や緑内障の疑いがあります。ネコの目に異常を感じたら、静かに座らせ、片手で頭を抱えるようにして支え、親指とひとさし指を使って、まぶたを広げて観察しましょう。このとき、ネコの目に太陽の光があたらないようにしてください。結膜炎は、ネコの下まぶたの裏側や白目の部分が赤くなり、ネコがしきりに目をこすります。緑内障は、ネコの [続きを読む]
  • 副鼻腔炎
  • これは、ネコの鼻の奥にある副鼻腔という空洞が炎症をおこすためにおきる病気で、鼻炎よりも症状が悪化します。これにかかると、常に膿のような濃い鼻水が出てきてしまいますので、鼻がつまってきてしまいます。このため呼吸がしずらくなるので口で呼吸するようになってきます。ひどくなっているときにネコの鼻をさわってみると鼻すじあたりが熱をもったりします。鼻がまったく効かなくなってくるので食欲もなくなっていきます。重 [続きを読む]
  • ネコを見ていると鼻水が出ていた
  • ネコが鼻水を出している場合は、鼻に異物が入り、内部の粘膜にふれて異常が生じると、鼻水が大量に出ます。暖かいような場所から冷たい場所へとうつったときにも鼻水が出ます。ネコは、寝ているときは乾燥しているのですが、おきているときは湿っているものです。鼻水がひんぱんにでているようであれば体に異変がおきているサインです。せきやくしゃみをしているときは、鼻炎にかかっている可能性があります。ネコの顔にティッシュ [続きを読む]
  • 鼻炎
  • 猫がいつもと違って、鼻水がでたりくしゃみをしていたら鼻炎になっております。この症状が悪化してくると、粘り気のある鼻水にかわり、くしゃみの回数も増えていきます。しだいに鼻で呼吸するのが苦しくなってきて、口を開けているような状態になっていきます。この鼻炎にかかる原因は、ネコウイルス性鼻気管炎やネコカリシウイルス感染症などのウイルス感染になります。他にも、細菌感染や真菌感染にかかるネコもいます。あと、最 [続きを読む]
  • 猫に熱があるようにみえる
  • いつも元気な猫ちゃんが、箱の中や物置の裏の薄暗いような場所でうずくまっていたり、呼吸があらかったりしていたら、熱がある可能性があります。熱は、多くの病気に共通してみられる症状なので、一刻も早く見つけて早期発見につなげましょう。猫は、体の体温が上がると、薄暗く冷たい場所に移動しておなかをつけるようにしてうずくまります。あと、体内から水分がうばわれるために、普段よりもオシッコが少なくなります。猫の様子 [続きを読む]
  • 尾腺炎
  • 猫の尻尾のつけ根には、尾腺といって脂を分泌する組織がたくさん集まっております。この尻尾のつけ根が炎症をおこして、皮膚が丸くふくらんでくると病気になっております。しっぽをよく見ると毛に黒や黄色の分泌物が付着し、放置しとくと脱毛にもなってきます。この尾腺炎になったら、患部の被毛を刈り、薬用シャンプーでまめに洗いましょう。 [続きを読む]
  • 肉芽種
  • 肉芽種になると大変で、全身のいろいろな部分に腫瘍ができてきて、しばらくすると腫瘍ができている部分の場所の毛は脱毛になっていきます。とくに肉芽種ができやすい部分は、口のまわりや口の中で、これが膿むと潰瘍になっていきます。これが、かゆいので猫はかいたりもしますので、傷もできてきます。異常を発見したら早めに獣医さんにつれていってあげてください。獣医さんの話によると、この炎症をおこした部分からは、白血球の [続きを読む]
  • 食欲がとまらない
  • 猫は、冬になると皮下脂肪をたくわえるために、エサをよく食べ、皮下脂肪をたくわえようとします。夏は、食欲がなくなり、全体的に細くなっていきます。また、避妊や去勢手術をするとホルモンのバランスが崩れてきますので、太りやすくなっていきます。雄猫の場合も同じで、ホルモンがなくなることでエネルギー効率が高まるので、エサの量は同じでも取り込むカロリーが増えていきます。猫はホルモンのバランスと食欲は大きく関係し [続きを読む]
  • 猫ざそう
  • 猫ざそうは、猫のにきびのことをいいます。これが多くできる場所は、猫の下あごにできます。小さな黒いできものや赤い斑点もでてきます。この原因は、餌や体質、あとは皮膚が不潔になっているのが原因になっております。炎症を起こしてくるので、薬用シャンプーをつかって治していきます。 [続きを読む]
  • 食べているのにやせてきた
  • 毎日、餌を与えて食べているのにもかかわらず、やせてきて、骨が浮き出ているのがわかる体つきであれば、何かの原因にかかっていると思われます。最近では栄養バランスを考えた餌がかなりたくさん市販されております。それを食べているのにもかかわらず、やせていくのは、寄生虫病や糖尿病、慢性すい炎などにかかっている疑いがあります。糖尿病にかかると、水を大量に飲み、ひんぱんにおしっこの回数が増えていきます。食欲もあり [続きを読む]
  • クッシング症候群
  • これは、猫の腎臓の内側にある副腎の働きが過剰に活発になり、副腎皮質ホルモンが大量に分泌されることで、毛が大量に抜けたり、皮膚が薄くなる病気です。また、お腹が異常に膨れてくるなどの症状もでてきます。この原因になっているのが、毎日のストレスや、副腎に腫瘍ができたりすると症状が現れます。 [続きを読む]
  • 猫の食欲がなくなってきた
  • 猫ちゃんに、いつもどおりに食事を与えているのに食べなかったり、少し食べていなくなるような状体が続いているときは、食欲がなく、異常がおきているサインになっております。このときに、嘔吐や発熱、下痢や血尿などの症状もないかチェックしてください。ご飯をたべずに水ばかり飲んだり、逆に水を飲まないでいるのはとても危険な状態です。おかしいと思ったらすぐに獣医さんに相談してください。猫ちゃんの4つのチェック1)熱 [続きを読む]
  • 猫が吐いている
  • 猫をみていると、時間があれば体を舐めたり、手を舐めたり、いろいろな場所を舐めたりして綺麗にしております。この毛がお腹の中に入いるので、短毛種で月に1回くらい、お腹の中に入っている毛玉を吐き出します。長毛種では、週に2回くらい吐くときがあります。この毛玉を吐き出す行為をしたあと、元気に動き回っていれば問題はないです。しかし、一日に何度も吐いたり、毎日吐いたり、食欲がなくぐったりしている場合は、病気の [続きを読む]
  • 白癬
  • 白癬は、カビの一種が猫に寄生するとおこる病気で、これにかかると猫の体のあちこちの毛が円形に抜けていきます。脱毛した部分にはかさぶたができるのでわかるかとおもいます。これにかかっても特にかゆいとかはないようです。獣医さんに聞いてみると、これは皮膚糸状菌というカビが、この病気を引きおこすのが原因になっているそうです。この白癬は、他の犬や猫や人間にも感染するため、できるだけ接触をさけるようにして、みつけ [続きを読む]
  • 猫のための環境を作ろう
  • 猫が年をとると、視力や運動能力がおとろえてきます。若いときは、高い場所に勢いよくジャンプできた所でも、年をとって同じようなことをすると落ちてしまいます。骨や関節も弱ってきますから、ちょっと高い場所から落ちたりすると骨折することも多くなります。このため、猫のために家の中の段差を減らしたり、窓から落ちないようにするなど工夫が必要です。寒さにも弱くなってくるので、日当たりの良いあたたかな場所に居心地の良 [続きを読む]
  • 猫が体をかんだり、なめたりしている
  • 猫は、通常、体や顔を綺麗にするために舐めるしぐさをよくしますが、同じ所ばかりを舐めたりかんだりしていたら異常がある場合がありますので、よく見てあげてください。そっとその場所を確認し、傷になっていれば怪我、赤くなっていれば皮膚病になっている可能性があります。肛門をなめたり、地面にこすりつけたりしている場合は、肛門のそばにある、においの分泌袋ににおいのもとの分泌物がたまってしまい、おこる障害です。尻尾 [続きを読む]
  • 疥癬
  • これは、猫にヒゼンダニが寄生することによっておきる病気で、猫がさかんに顔や耳をかくので、その部分が脱毛していきます。ひどくなってくると赤くなりかさぶたができてきます。ヒゼンダニは、猫の皮膚に穴を作ってすみつくので強烈なかゆみに襲われます。そのまま放置しておくとダニの数もあっというまに増えていきますので、早めに獣医さんに相談してください。 [続きを読む]
  • 年をとってきたら新鮮な水とカロリーひかえめなエサ
  • 猫が年をとってくると脱水症状をおこすことがありますので、新鮮なお水を用意しておいてあげましょう。新鮮なお水を飲むことは健康にも良いし、便秘の解消にもつながってきます。また、カロリーをおさえたエサをあげるようにしましょう。猫の肥満を防止したり、タンパク質と脂肪を減らしたりするエサもたくさんでておりますので、それらに変えていきましょう。猫が空腹を訴えているときは、細かく刻んだ生野菜を加えて増量してあげ [続きを読む]
  • 猫が体をしきりにかいている
  • 猫は、体がかゆくなってくると、後ろ足でかいたり、なめたりかんだりしております。猫をよく観察しているとたまにやるのでわかるかと思います。しかし、いつもと違って、しきりに体をかいている場合は、皮膚病になっている可能性があります。夏になると気温や湿度があがってくるのでノミやダニが発生しやすくなっております。猫が体をしきりにかいている時、その部分の毛をかきわけて肌の状態を見てください。赤くなっていたり、は [続きを読む]