もだん さん プロフィール

  •  
もだんさん: ゆとり世代だって介護できる!
ハンドル名もだん さん
ブログタイトルゆとり世代だって介護できる!
ブログURLhttps://ameblo.jp/modanyk/
サイト紹介文介護はまだ遠い話?いえ、ゆとり世代にもできることはあるはず!新人介護士が見つけたものを書きとめます。
自由文私の職業を伝えると「大変だね」「えらいね」と言ってもらえます。
でも最近、思うのです。介護は特別なものなのかと。
親が子育てをするならば、子は介護をする。
つまり誰もが通る介護の道。それを大変だけで済ませてしまうと何だか寂しいなと。
このブログを通して私なりの発見や思いを発信し、何かのきっかけになれたら嬉しいです。そして私も、皆さんのお力を借りながら介護について向き合います!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/08 11:32

もだん さんのブログ記事

  • 夢を膨らませるには情報が必要 by林修氏
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 昨日のテレビで、林修氏がそう仰っていたのを聞いて 私は卒業文集やプロフィール帳で将来の夢を書くのが苦手だったことを思い出しました。 幼い頃でも「難しそう…」と、どうしても現実的に考えてしまって どの職業も魅力的に思えなかったんです。 きっと私に足りなかったのは 興味を持ってワクワクする気持ち。 その気持ちを得るための知識や情報を知らなかった。知ろうとしなかった [続きを読む]
  • 「平凡な中に新鮮な幸せがある日」
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 今日の占いで、タイトル名の文章が書いてありました。 実は昨日、居室で転倒された入居者の方がいて 「あのつまづきが無ければ、 あの方は今日もにこやかに笑って今日を迎えられていたんだろうな…」 とふと思ったのです。 例えば、 今日仕事で失敗する私 今日交通事故にあう私 がいるかもしれない。 でも幸運が続けば、何も悪いことが起こらない私が出来上がる。 特別な幸せが無くて [続きを読む]
  • 人生は選択の連続
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 すれ違うときに、お互いに同じ方向に行ってしまってぶつかりそうになる時があるじゃないですか。 そういう時には私は止まるんです。 そうすれば相手は左か右か行きたい方向を選べる。 私はその反対を選べば良い。 たくさん選ばなくてはいけない人生ですが、ときには相手に身を任せても良いと思うんです。 それも一つの選択ですから。 [続きを読む]
  • なやみ と ひかり
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 物盗られ妄想をされる方がついに、施設内で「私が盗みをしている」と噂話を流し始めました。 「もだんさん、髪型変えたり服装変えたりした方が良いんじゃない?」 と職員の方からアドバイスを頂けてありがたかったのですが、 『あぁ、今までの私を諦めるしかないんだな』と思えてなりませんでした。 この仕事をする中で、1つのつまづきで信頼関係はすぐに崩れてしまうことを経験し [続きを読む]
  • 夜の仕事
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 先日、人生初の3日連続夜勤を経験しました。日々生きていれば寿命は短くなるけれど、夜勤は特に命がすり減ってる実感がする。もちろん、必要な仕事だから頑張りますよ!!人命系の仕事は24時間働く必要はあるけど、夜勤をしなくても良い仕事はたくさんあるはず。そろそろお店の深夜サービスを廃止しても良い時代では…?誰もやっていないスキマの仕事をして経営利益を上げる。深夜手当 [続きを読む]
  • なやみ
  • 認知症の方に嫌われてしまった。物取られ妄想がある方なので、仕方のないことのですが…やってないことを証明することはとても難しい。近づいただけで警戒されてしまうので、話もできない。挨拶も返ってこない。勿論私は凹みますが、何よりその方が私に警戒して心が休まらない事が気の毒で仕方がない。近づいても避けてもダメ。どうすれば良いんだろうな… [続きを読む]
  • 散歩の良い所、怖いところ
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 認知症で良く徘徊をされる方が 「認知症にならない為には散歩が良いってTVでやってた!」と仰っていた。 認知症を自覚するのはとても難しいので、 散歩する際の注意点とか同伴者の必要性とかもぜひ報道して欲しい… 無理な散歩をされ、路上での怪我から寝たきりになるケースを見てきました。 認知症の方にも選ぶ権利は平等にあるので、 徘徊をされる方に「どこへも行っちゃダメ」 [続きを読む]
  • 母子
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 介護の仕事をしていると色んな傾向を知ることができます。今日はその1つをご紹介します。それは「息子様の母への愛情は深い」です。平均寿命の傾向としてお父様が先立たれるケースが多いため、お母様に対して悔いの残らないように接する姿をよくお見かけします。あとは…言葉で言い表せないのですが男性にとって母は特別な存在なんだと思います。言葉はぶっきらぼうでも『守らなきゃ』と [続きを読む]
  • なぜ怒るのか…?
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 私は喜怒哀楽の中で、怒の割合が一番小さいです。 なぜなら怒になる前に哀になってしまうからです。 そんな私が最近怒りを覚えたことは 先輩が後輩に対して心ない言葉をかけたことです。 私には直接関係のないことだったので、その先輩には何も言えなかった。 同期にそのことを相談したところ 「きっと、もだんの大事にしてきた所を先輩が侵してしまったから怒りが生まれたんだね」 と [続きを読む]
  • 謙虚と素直さ
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 私の後輩でガツガツ系の子がいます。 やりたい事に精いっぱい頑張れるいい子です。 ただ…最近その子が悩んでいて。 キャリアを積むために異動したい気持ちがあるのですが、その希望がなかなか叶わないのです。 私もかつてはその後輩と同じ現場だったので物凄く気持ちが分かります。 上司に後輩の現状と異動の希望が叶うかそれとなく聞いた所 「まずは順番だね。あの子の先輩が先に異 [続きを読む]
  • 貪欲に。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 私が欲しいモノを手に入れられなかったのは多分、気持ちを伝えきれていなかったのと、自分に自信がなかったからだと思います。周りにどう思われるか怖かったですし何より私なんかが欲しがって否定されることに臆病になっていました。私が伝えて迷惑をかけることもあると思うけれど、それを決めるのは相手。ひとまずぶつかって、痛い思いする覚悟を決めて、欲しがらなきゃ。と思った今日 [続きを読む]
  • 初めての旅行
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 先週は入居者様と一緒に日帰り旅行に行ってきました! 2ヶ月かけて練った企画。とても苦労しました。 まずは初めての旅行企画だったこと。 そして台風直撃…先月開催予定だったのに、まさかの台風で延期になってしまったのです。 苦難を乗り越え、無事に開催できたことは自分への自信に繋がりました。 今回は施設の車での移動だったため、普段車いすで旅行がしづらい方でも気軽に参加 [続きを読む]
  • 生きる喜び
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】介護をする身として、高齢者の辛さを分からなければならないと思っていました。でも介護士になって数年、それは無理だと気付きました。苦しみはその人自身のものだから。介護士として出来ることは、その苦しみに寄り添うことだと今は思っています。でも…苦しみに寄り添うとこちらの気持ちが落ち込んでしまうこともあるんです。かといって介護士が負のオーラを纏ってしまっては現場は暗くな [続きを読む]
  • 恐怖症
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 高所恐怖症、対人恐怖症があるように言葉恐怖症もあると思う。対人は平気でも、強い口調の言葉に弱かったり敏感になってしまったり。なんで高所ダメなの?と聞かれて「昔高い所から落ちた」と理由が言える人がいれば、理由が分からない人もいる。言葉の恐怖症もそう。明確なトラウマがある人もいれば、理由を見つけられない人もいると思う。昔の私は言葉に凄く敏感で、冗談を冗談に受け取 [続きを読む]
  • 良い歯の日。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 今日は良い歯の日だそうです。 ほんとにね、歯は大切になさってください。 高齢者の方の多くが「日々の楽しみはご飯」と仰るのですから! 歯の重要性は食事に限ったことではありません。 たとえば、歩けなかった高齢者の方が入れ歯を調整した事で歩行できるようになったという事例があります。 それはなぜか。 まずは食事を摂れるようになったことで栄養状態が改善したから。 そして [続きを読む]
  • 言葉にしないと伝わらない
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 あるとき「これ教えてもらえる?」と入居者様から質問があり 上司に確認したところ「あとで私が対応するわ」と言われた為、 私は別件の仕事に取り掛かりました。 翌日、その入居者様に挨拶すると…挨拶が返ってこないことに気付きました。 時間を空けて話しかけても完全無視。 そこで、昨日の私の対応が「他の人に丸投げした」と思われてしまったのだと気付きました。 あの時忙しさを [続きを読む]
  • 習字から学んだこと
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】日曜日は少し仕事に余裕があるので、レクリエーションを行います。本日は習字。私は習字を習ったことがなかったので、入居者様に教えて頂きました。印象的だったのは「『はらい』に気をつけなさいな。勢いに任せるのではなく、最後まで面倒をみてあげて。」という言葉。胸に突き刺さりました。まさに介護そのもの…!!心に刻みつけます。 [続きを読む]
  • 言葉を形にする。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 私は昔から話し下手です。 だからお誕生日の時などに友達によく手紙を書いていました。 その習慣が根付いて、今でも感謝の気持ちを伝える時には手紙を書いています。 手紙を書くことは部屋の片付けと一緒で、最初は溢れかえってグチャグチャになって辛いときがあります。 でも仕上がるとこの上ない達成感が生まれます。 自己満足ですが、気持ちを言葉にする事は手を抜きたくない。 思っ [続きを読む]
  • 言霊
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 日々介護の仕事をしていると色々な言葉をもらいます。 ある日、90代のご入居者様から 「私の母はね後遺症で腕に麻痺が残ったけど、とにかく諦めない人で。 リハビリを毎日必死にしたらほぼ完治したの。 私もね、いくつも病気を持っているけど、母を見習ってここまで生きてこられたわ。 諦めなければ良いことあるわよ。」 これ以上ないくらい力強い言葉を頂きました。 諦めなければ報わ [続きを読む]
  • 共に生きていきたいのです。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 質問があります。 共同企画で、なかなかグループの人達が動いてくれなくて、 私が作った企画書を見せた時「さすがだね!私達がいなくても1人でやれちゃうね。」 と言われた時、同僚になんと返答すれば良いですか? 昔から周りに「1人でも大丈夫だね」と言われ続けてきた。 好きな人にフラれたときも「1人でも大丈夫そう」と言われた。 1人で生きていくために頑張ってきたんじゃないのに [続きを読む]
  • 人生の闘い、
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 ある入居者様が「自分は若い頃に癌になって、仕事が出来なくなった。今じゃ外に出るのも恥ずかしい。」 と話してくれました。そして… 「お前は病気になるなよ。」 とエールを送ってくれました。 私にはできるのかな。 自分が辛い時に人の心配をすることが。 今日は日本の多くの人が寂しい気持ちを抱いた日。 普段口数の少ない入居者様も「悲しいね」と涙を流してニュースをご覧にな [続きを読む]
  • 夢うつつ。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 「トイレ貸してほしいんだけど。部屋トイレの調子悪くて。」 とある入居者様が訪ねてきました。 職員の共有トイレにご案内すると 「やっぱりいいわ。臭う。」 と一言返されました。 むむーーーーー!!! と思った所で、目が覚めました。 そうだった、今は夜勤の仮眠中。 夢でも働いている私! 手当貰って良いですか(笑) ちなみに、その入居者様はこんなワガママな人じゃありません [続きを読む]
  • 前向きを見つける。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 介護の仕事をしていると 「若いのに気の毒に」と言葉を頂くことがあります。 労って頂いてありがたいのですが、 目指して選んだ仕事に対して言われると時折寂しい気持ちになります。 そんな時、「気の毒に。どうして介護を選んだの?」と尋ねられました。 私が介護を目指した理由を伝えると 「なるほど。それは親御さんも幸せね。私も応援するわ。」とエールをもらいました。 欲しい [続きを読む]
  • 他職種との連携。
  • こんにちは。もだんです。 【自己紹介】 ある日ケアマネさんが「今日は○○さんのお宅訪問して来るね〜」と話しているのを耳にしました。 何気なく「どんな用件なんですか?」と伺うと、現在のリハビリ状況と福祉用具貸与の確認とのことでした。 ケアマネさんの話を聞いて発見がたくさんありました。 その方は外部サービスのリハビリを利用されているため、詳細は知らなかった。 普段車椅子を使用されている方がリハビリを頑張 [続きを読む]
  • 共感の方法
  • こんにちは、もだんです。 【自己紹介】 高齢者の方と話すとき、多くの話題となるのが「苦労話」。 そんな時は『辛かったですね。』『大変でしたね。』と返答をすると 「そうなのよ!」と話が広がることが多いです。 『まだまだお元気ですよ』とフォローするより、共感する方が本音を話して下さります。 でも前回のブログ「感謝を繋ぐ』で記載したエピソードの際 「大変でしたね。」と言うより「娘さんと出逢えて本当に良かった [続きを読む]