の〜んびり屋 さん プロフィール

  •  
の〜んびり屋さん: の〜んびり生活のすすめ
ハンドル名の〜んびり屋 さん
ブログタイトルの〜んびり生活のすすめ
ブログURLhttps://ameblo.jp/nornbiri/
サイト紹介文ストレスまみれのあなた、独立・起業してのんびり生活を手に入れませんか
自由文生活にゆとりが欲しい、脱サラして自由に働きたい、マイペースで働き・生活したい、なんとなく生きにくさを感じている。そんなあなたと一緒に、もっと充実した人生を送る方法を考えてみたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/10/09 20:38

の〜んびり屋 さんのブログ記事

  • 産業用ロボットの進化2
  •  今回は前回の続きで、「協働ロボット」について説明させてもらいます。これまでの産業用ロボットと違って、協働ロボットでは柵を設置する必要がなく、人間に混じって働くことができます。  それが可能になったのは、AIの登場と画像認識やセンサーなどの技術が進歩したためです。  協働ロボットでは、これまでのように作業の動作を教えるのにプログラムを作る必要がありません。人間が直接ロボットの手を動かしながら、作業の動 [続きを読む]
  • タイムマシンは現実になるか
  •  最近になって、科学技術の発展には加速度が付いてきているように思えます。以前には、SFの世界で描かれていたことが、次々に現実になろうとしています。  AI(人工知能)が将棋や囲碁で人間に勝ってしまいました。人型ロボットが仕事をする姿もお目にかかるようになってきました。自動運転車が街中を走る姿もいずれ見られるでしょう。  その次には、空飛ぶ自動車も登場しそうです。SFで描かれていることで、まだ実現しそうにな [続きを読む]
  • 産業用ロボットの進化1
  •  製造業で人間が作業する動作を機械に置き換えるものを産業用ロボットといいます。産業用ロボットに人間の作業をすべて置き換えられれば無人工場も可能です。  ロボットなら24時間休むことなく働けますので、工場から人はいなくなります。一部には実現できているところもあるでしょうが、難しいようです。  投資金額が大きくなることもあるでしょう。ロボットの場合、人間のように小回りをきかすのが難しいこともあるでしょう。 [続きを読む]
  • たまには映画館もいいもの
  •  最近は映画館に足を運ぶことがなくなりました。最後に映画館に行ったのは何年前でしょうか。多分3D映画の「アバター」が最後ではなかったでしょうか。  初めて見る3D映画で興味津々でしたが。確かに、これまで見た映画とは違った映像体験ができました。それでも、映画の作品もテレビで見ることができるせいか、映画館に行くのはおっくうというのが正直なところでしょうか。  BSやCSでは昔の作品を見ることができるため、見逃 [続きを読む]
  • スイッチングコストを活用する
  •  私たちは特定のブランドの商品を愛用していることがあります。衣服や日用品、食料品、スマホのアプリなど、多くの種類があります。このような商品は、機能やデザインなどが気に入って使っていることが多いものです。  そして、このような商品から別のブランドの商品に切り替えることは滅多にしません。たとえ、別のブランドの商品が優れていたとしても、切り替えるためのハードルは高いものです。  これまでの商品に対する愛着 [続きを読む]
  • 若いうちから終活を始める?
  •  最近、高齢者の終活というものが盛んになってきました。ある程度の年齢になり、自分の死を意識し始めると死後のことが気になるということでしょう。  遺産相続を生前に決めておくことは、従来からも行われていました。それ以外に、葬儀の形式や段取り、お墓に関することを決める。自分の持ち物を生前に処分する。預貯金などの財産の所在を記録するなど。  多くは、自分の死後、子どもなどに迷惑を掛けたくないというのが動機 [続きを読む]
  • 企業が他者と連携するビジネス
  •  中小企業で他者と連携して成功している例がいくつもあります。教育機関などと連携する産学連携。最も多いのは、技術開発を大学などに依頼して新製品を製造・販売する中小企業があります。  この場合は、自社に不足している技術を大学などと連携することにより、技術力を補完できます。  自社で開発した製品を、地方自治体の力を借りて販売する例もあります。ある地方で困っている問題を解決できる製品を開発し、それを自治体に [続きを読む]
  • お酒の飲み方
  •  酒の肴の好みは、人それぞれですね。しかし、一般的にいわれているお酒の種類に合う食べ物というものもあります。脂っこい食べ物ならビールや赤ワイン、あっさりした食べ物なら日本酒や白ワインでしょうか。  私も脂っこい食べ物とビールの組み合わせは最高だと思います。あっさりしたものなら、ビールより日本酒を選びます。また、暑いときにはよく冷えたビール、寒いときには日本酒の熱燗というのも定番です。  夏はやはりビ [続きを読む]
  • 地域交通とシェアリングエコノミー
  •  私はバスにはあまり乗らないほうですが、バスをよく利用される方も多くいます。鉄道の駅まで遠くにある住宅街なら、バスがよく利用されています。  地方に行くと人口減少で採算が合わず鉄道が廃線になり、代替交通手段としてバスが利用されていることもあります。ところが、最近では人口減少がさらに進みバスも採算割れに追い込まれている地域もあります。  そんな地域では、バス会社が撤退しているところもあります。そこで住 [続きを読む]
  • 秋の味覚を楽しむ
  •  秋の味覚というと、サンマや松茸などが頭に浮かびます。松茸は値段が高すぎて口にする機会は滅多にありませんが。そのまま焼いて食べるのもおいしいですが、土瓶蒸しもおいしいですね。  もっと値段が安くなって、せめて1年に1回くらいは口にしたいものです。サンマも高くはなっていますが、まだ手に届きます。サンマは秋刀魚とも書きます。  刀という漢字が当てられているのは、形が刀に似ているからでしょうか。秋と魚という [続きを読む]
  • スマホアプリの可能性
  •  皆さんスマホのアプリを便利に利用されていると思います。スマホが登場するまでは、アプリという名前ではなくても、パソコンで使えるようなサービスはありました。  でも、パソコンを使う人はスマホを使う人と比べるとずっと少なかったはずです。ところがスマホが登場すると、あっという間にスマホが普及しました。  そして、スマホで使えるアプリも数多く登場しました。アプリの価格も無料のものがほとんどです。アプリのグレ [続きを読む]
  • 依存症の恐ろしさ
  •  依存症というと、アルコールや薬物、ギャンブルなどがあります。どれも人生を破綻させてしまう可能性があり、恐ろしいことに変わりはありません。  アルコールの場合は、多くの大人が飲んでいますので、あまり依存症を警戒することはありません。ギャンブルの場合も、公認・公営のギャンブルが数多くあるため警戒することは少ないでしょう。  薬物の場合、違法なものが多いため警戒する度合いは高いと思われます。アルコール [続きを読む]
  • 単身世帯向けのビジネス
  •  生涯未婚率が増加して、単身世帯が増えています。それ以外にも、核家族化や高齢化なども単身世帯増加の原因になっているようです。そのため、ビジネスの世界でも単身者向けの商品やサービスも増えています。  とはいえ、まだまだ単身者向けのビジネスには工夫の余地があると思います。単身者といっても、若者もいれば高齢者もいますし、男性も女性もいます。  それぞれにライフスタイルや考え方も違いますので、ニーズも多様に [続きを読む]
  • 郷土史の研究もいいかも
  •  だいぶ以前のことになりますが、旅行に行った折にその地方の民俗資料館のようなところを訪ねました。その地方の文化や歴史に触れることができて、とても興味をそそられました。  そして、建物の横に小さな事務所のようなものがあるのに気づきました。表示を見ると、地元文化や歴史の研究をするための部屋のようでした。窓ガラス越しに中を見ると、年配の人が何名か仕事をされていました。  それを見て、自分もそこで働いている [続きを読む]
  • ビッグデータから目が離せない
  •  ビッグデータを利用したビジネスに注目が集まっています。情報の価値を上手く利用することでビジネスにつながるということに、みんなが気付き始めたということでしょう。  また、ITの技術革新と普及が大量の情報を利用しやすくしていることもあると考えられます。また、インターネットを利用する人が増加し、その人たちの情報がネット上でサービスを提供している企業に集まっていることもあります。  大量の情報を利用するとい [続きを読む]
  • まんがやアニメの効用
  •  子どもの頃は、漫画をよく読んだものです。ストーリー漫画もギャグ漫画も、どちらも好きでした。漫画を通して夢を育むことができました。また、漫画を通して社会のことを知ることもできました。  学校の勉強だけでは、得られない知識も身につけられたと思います。そういう意味では、漫画によって教養も身につけられたのだと思います。そのおかげで、年長になると小説などにも興味を持ち、読書が趣味になりました。  社会問題を [続きを読む]
  • インスタ映えを活かす
  •  フェイスブックでは、投稿記事に写真が多く付いていて楽しく拝見させてもらっています。中には、プライバシーが特定されて、「これは、まずいのではないか」と、心配になるものもあります。  フェイスブックは承認した友達同士が閲覧するので、それほど心配する必要はないのかもしれませんが。それ以外のブログなど、不特定多数の人が閲覧するものは気をつけた方が良さそうです。  このようなことができるのも、常に携帯してい [続きを読む]
  • 孤独死、孤立死の現状
  •  時々耳にする言葉に、孤独死とか孤立死とかいうものがあります。この二つの言葉の定義に、明確な違いはないようです。たとえば、地域とのつながりがほとんどない一人暮らしの老人などが、誰にも気づかれないまま死亡してしまうケースがあります。  また二人で暮らしていても、老老介護で介護している人が死亡することで、介護されている人も周囲に助けを求められず死に至るケースもあります。この場合も、地域社会とのつながり [続きを読む]
  • 付加価値の意味と活用
  •  経営の勉強をしていると、付加価値という言葉を目にします。付加価値とは、生産額から生産に要した費用を引いたものと考えられます。  原材料などに対して生産活動を行うことで製品となります。そうすることで、もともとの原材料などの持っている価値が、製品となることで価値が高くなります。  この価値の差が付加価値であり、価値が付加されるという意味で付加価値と言われます。このような説明でおわかりいただけたでしょう [続きを読む]
  • ダブルケアを知る
  •  最近は子育てをしながら、親などの介護をする人も増えているそうです。ダブルケアとも呼ばれています。背景には、晩婚化や高齢化があるようです。  子育て一つでも大変ですし、介護一つでも大変です。それを同時にやらなければならないというのは、想像を絶するものがあります。  子どもや親のケアに追われて、自分の時間を持つ余裕などはないでしょう。睡眠時間も、ろくに取れないでしょう。仕事もできないかもしれません。そ [続きを読む]
  • 新しいビジネスのビジネスモデル
  •  インターネットが普及しスマホが登場したことで、ビジネスモデルが多様化しています。ビジネスモデルの一般的な定義はないと思いますが、ここでは顧客に商品やサービスを提供し利益を得る仕組みと考えます。  インターネットが普及するまでは、商品を作って売るか、商品を仕入れて売ることで利益を得るビジネスモデルが主流であったと思います。ところが、インターネットが普及することで多くのネットビジネスが登場しました。 [続きを読む]
  • 下請中小企業に学ぶ
  •  日本の製造業は、大企業と下請け企業の連携で長い間営まれてきました。大企業が中小企業に、素材の加工や部品の生産などを委託するような構造です。  大企業にとっては、生産に必要なすべての設備や人を揃える必要がないなど多くのメリットがあります。下請けの中小企業にしてみれば、営業を行わなくても安定した受注が見込めるなどのメリットがあります。  高度経済成長期から、このような構造で大企業も中小企業も成長してき [続きを読む]
  • 時間の不思議
  •  忙しいときは時間が早く過ぎ、ひまなときは時間がゆっくり過ぎる。こんなことは誰しも日常的に経験していることだと思います。楽しいときの時間は短く感じられますし、苦しいときの時間は長く感じられます。  時計の針は、どんなときでも一定の速度で動いています。そう考えると、客観的な時間と主観的な時間というものがあるように思えます。  子どもの頃は、時間がゆっくり過ぎます。その頃は早く大人になりたいとか、早く1 [続きを読む]
  • 商品などのデザインの重要性
  •  私たちは商品を選ぶ場合、デザインに惹かれることもよくあります。商品の品質が悪ければ、いくらデザインがよくても仕方ありませんが。同じ品質同士の商品であれば、デザインのよい方を選びます。  デザインによっては、少しくらい値段が高くても買うかもしれません。ですから、商品のデザインは大切です。しかし、品質さえよければデザインは後回しと考えている企業もあります。  特に中小企業にそのような傾向が多くあります [続きを読む]
  • 運を味方に付ける
  •  科学的かどうかは別にして、昔から言われていることに運というものがあります。人によって、運を信じている人もいれば信じていない人もいます。運の存在を科学的に証明できていないからでしょう。  占いやお守り、ラッキーアイテムなどをとても好む人がいます。しかし、そんな人がすべて運を信じ切っているということでもなさそうです。どちらかというと、半信半疑ながらそのようなものに頼っているというのが本当のところでし [続きを読む]