さつき さん プロフィール

  •  
さつきさん: 低価格でドールを楽しむ
ハンドル名さつき さん
ブログタイトル低価格でドールを楽しむ
ブログURLhttp://willezumleben.blog.fc2.com/
サイト紹介文アニメフィギュアのヘッドを活用してキャラクタードールを主に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/10/10 19:10

さつき さんのブログ記事

  • 自作したプレゼントをあげると、途端に可愛く見えるのは病気の始まり。
  • 半年も同じドールを撮影し続けている時点で、すでに病気ですから。今回の主題は「苦労すればするほど、可愛くなる」です。100均のネクタイから、ドール用のネクタイを自作してみました。見た目だけを重視していますから、ぶっちゃけ裏はボロボロです。人間用のネクタイをハサミで切って、適当な大きさに調整。さすがに切りっぱなしは見た目が悪いので、折り返しをして『縫い付け』を、と行きたいところですが、グルーガンで接着 [続きを読む]
  • 写真の醍醐味はアップ写真?
  • やっぱりフェイスアップが好きです。今回の主題は「じっくりと眺めて撮影しよう」です。やっぱり引き写真よりもアップ写真の方が、どきっとする感じの写真が作れます。こうなると、正直なところ上着ぐらいしか入らないので、せっかくの全身衣装が見れないわけですが、それはそれです。引き気味ではいつも見ることは出来ますが、アップで見るには意識的に撮影しようとしないと、見ることが出来ません。ドールは非常に高額ですが、そ [続きを読む]
  • 全身像って難しい
  • 撮影スペースの問題もありますが、全身像は難しいです。今回の主題は「やっぱり上半身ぐらいの写真が多くなる」です。立ち絵が少ないのは撮影ブースが狭いのもあります。ただし一度立ち絵も撮影してみたのですが、なかなかフレームの中に収めるのが難しいです。立ち絵には広大な敷地が必要なので、やはり生活空間を背景にする方が良さそうです。ネクタイにするのかリボンにするのか、色々試したのですが選択が難しく、結局アクセサ [続きを読む]
  • 重ね着の魅力
  • ワンピース衣装には出来ない表現方法と言えます。今回の主題は「半脱ぎの段階が最も好み」です。1/6ドールの場合、その小ささゆえにワンピース衣装が多くなりがちです。ワンピースは着せやすく、デザインも統一されているので使いやすいのですが、その分出来ない表現もあります。それが重ね着です。重ね着を行うことでのメリットは、やはり脱がすことが出来るという点ではないでしょうか。個別に衣装を着ているわけですから、重 [続きを読む]
  • 手が震える瞬間
  • 君は5,000円の衣装を使いこなせるか?今回の主題は「やっぱりドール服に高額支払いするのは抵抗がある」です。かねてからの夢であった「絶対領域の再現」のために、アゾン名古屋店に行ってきました。絶対領域を再現するために不可能な要素は「オーバーニーソックス」と「ミニスカート」です。前者はすでに持っているため、後者が必要というわけです。今まで所有している衣装はワンピースやロングスカート関連が多く、せっかくのア [続きを読む]
  • 何か目標を持つこと。
  • 前回の目標は、もちろん達成されませんでした。今回の主題は「何かと目標を持つとメリハリが出る」です。前回のまとめのトップ画像を狙ってみたのですが、やっぱりダメでした。そこには悔しさが少しと妬みが少し。基本的には趣味とは自己満足で行うものです。誰かに評価されようがされまいが、関係ありません。しかしアクセントとして、「誰かに認めてもらいたい」という小さな心は誰にでもあるものだと思います。だからこそブログ [続きを読む]
  • 3939!!
  • ささやかな夢は言ってみた日。今回の主題は「ガチで採用されるように頑張った」です。Twitterでさせて頂いている「深夜の○○一本勝負」ですが、ささやかな夢があります。それは「まとめ」の表紙を飾ることです。というわけで、今回はガチで狙いに行きました。初音ミクの一本勝負用ですが、今回のお題が「3939」ということで、偶然誕生日に使った数字入りの蝋燭があったので、それを活用してみました。本当は火を灯すのが良い [続きを読む]
  • ミニチュアの魅力
  • ちょっと和風と洋風でミスマッチな感じになってしまいました。今回の主題は「ミニチュアの魅力は世界を作ること」です。誕生日プレゼントに貰ったインテリアと撮影してみました。ミニチュアなのですが、ランプの中に入っているものとなります。基本的にドールと同じでミニチュアって役には立たないものの、どうしてか集めたくなる魅力があります。それはミニチュアによって世界を自分で作れるからだと思います。自分の思い通りの世 [続きを読む]
  • 背景を考えたいものです。
  • ドール写真の構成要素はドールと背景です。今回の主題は「1/3ドールの背景に満足できない」です。1/6ドール撮影時には背景布が有効活用出来ていました。しかし撮影ブースの面積から、どうしても全体写真が取れなかったり、1/3ドール用の背景布の導入に踏み切れない部分があります。とはいえ、現状では撮影ブースを拡大することは困難です。使用している机を廃棄して、新しい環境にしない限りは、かなり難しい部分がありま [続きを読む]
  • そろそろ店舗撮影に行きたいところ。
  • 撮影が進まない時はマンネリ化しているということ。今回の主題は「何か変化を意図的に起こそう」です。いくらドール撮影が楽しいからと言っても、ずっと続けると退屈になってくるものです。そうすると自然と撮影に向かう回数も減ってしまい、写真も似た構図ばかりになってしまいます。そんな時はどうするか。やはり意図的に変化を起こすしかありません。ドールで変化を起こすには、やっぱり衣装チェンジに限ります。衣装チェンジす [続きを読む]
  • 朝からドル活動
  • 朝行うか、夜行うか。今回の主題は「どのタイミングで趣味を行うか」です。趣味に費やす時間は限られています。仕事にプライベート、睡眠時間を除いた「自分の自由に出来る時間」が該当します。そしてタイミングも選ぶことになります。夜に行って、朝までゆっくり寝るのか。夜早めに寝てから、朝行うのか。個人的に年齢を重ねるにつれて、夜早く寝るようになってきています。長い間起きていても辛いという部分もありますが、夜にそ [続きを読む]
  • 刀があると、映える。
  • やっぱりドールには何か持たせるのが良いようです。今回の主題は「色々なものを持たせよう」です。たびたび出てくる刀ですが、やっぱりこの衣装には合いますね。ドール服は専門店で購入する必要がありますが、小物はお土産店で購入するのがお勧めです。キーホルダーなんかは狙い目で、チェーン部分を外せば、なかなか良い感じの質感がある小物に早変わりします。ドール専門店なんかで購入すると高額ですが、お土産屋さんなら500 [続きを読む]
  • たまには失敗もするものです。
  • 色々画像を弄っていたら、ゲシュタルト崩壊した感じです。今回の主題は「やりすぎても良くは無い」です。画像加工する多くの失敗が「やりすぎ」だと思います。ついこうしたら、良い写真が出来ると思って、色々弄ってしまい、最終的には「何が良かったか」というのが分からなくなるものです。写真加工に関しては、あまり凝り過ぎずに、自然な感じが良い気もします。ドールはそれだけでも絵になるので、その味付けを変えるのではなく [続きを読む]
  • アイドール、いかがでしたか?
  • 本日といえば、大阪アイドールですね。今回の主題は「衣装が多くなると、次の子が欲しくなる」です。アイドールでは皆様、色々購入されたのでしょうか。アイやウィッグ、特にドール服なんかは購入する方が多いのではないでしょうか。そうすると、問題なのが使わないドール服が多くなることです。これは必然で、ドールの数しか衣装は着用させることが出来ません。毎回着せ替えするドールオーナーならまだしも、手間なので同一の衣装 [続きを読む]
  • あえてハイライトを入れないようにしてみた。
  • ドールアイといえば、ハイライトを入れるのが鉄則です。今回の主題は「たまには基本から外れるのも必要」です。アクリルアイであれ、アニメアイであれ、ハイライトを入れる方が基本的には可愛くなります。それは漫画やアニメで使われている表現方法ですから、馴染みがあり、見やすいと言えます。ハイライトが入らないドール写真はどこか「ドール色」が強すぎる感じになってしまいます。しかし、ハイライトを常に入れているキャラこ [続きを読む]
  • 気分を変えて、劇画風味に。
  • いつも同じ調子だと、どうしてもマンネリしてしまいます。今回の主題は「たまには違う雰囲気を出したい」です。ドールは可愛い感じに撮影するのが一番です。ただし、いつも可愛い感じだと、やっぱり飽きが来るのです。大抵美しさや可愛さってギャップから来ることも多いです。桜はすぐに散るから皆を魅了するのです。ツンデレにヤンデレ。何か対極のものを併せ持つことが、より魅力的に見せるのです。例えると、スイカに塩をかける [続きを読む]
  • 誰かに似ていると思っていたら?
  • ずっと誰かに似ていると思っていたのですが、このポーズでようやく連想できました。今回の主題は「自分さえ分かれば良い」です。33年間、アニメを見続けていれば、ドールならば必ずどこかで似たキャラクターがいるものです。というわけで、正解はガンダムSEEDのラクス・クラインです。まあ絵柄は全く違うのですが、赤髪ロングウェブに和風衣装と言えば、なんとなく似ている感じがします。人からは違うと言われるかも知れませんが [続きを読む]
  • 忍者といえば、タコ?
  • 存外に、こんなキャラがあっても良い気がします。今回の主題は「脇役はドールの性格を決める」です。本来、忍者と言えばカエルでしょう。それは魔女と言ったらカラスぐらいに強く結びついています。しかしあえてタコとのコラボというのが、他にはないキャラクターを加えてくれます。巨乳の忍者と巨大タコの組み合わせは、やっぱりアッチの方を連想してしまうのは、汚い大人の証拠と言えるでしょう。とはいえ、ジャンプ漫画でも1〜 [続きを読む]
  • 早寝早起きをしよう!
  • 世の中は何が起きるか分からないものです。今回の主題は「いつ何が起きても、大丈夫な自分でありたい」です。仕事に変化はないのですが、出勤時間が2時間ほど早くなりました。もともと早めに出勤していたので、それほど抵抗はないのですが、やっぱり少しだけ生活リズムが変わりそうです。たった2時間とはいえ、されど2時間です。仕事量は変わらないのですが、残業対策で早く帰らせるのが目的なようですが、まあ結局タイムカード [続きを読む]
  • 一週間の最初は誰も気分が上がらないもの。
  • というわけで、出発前にドール撮影です。今回の主題は、「気を追わずに出社しよう」です。何かと月曜日の朝は嫌なものです。休みから仕事への切り替えが、なかなか出来なくて、つい弱い自分が表に出てしまいます。ただ、結局は生きるためにお金を得る必要があり、お金を得るためには会社へ出社する必要があるのです。それはあたかも呼吸のごとく、です。呼吸することに気を負うことは無いでしょう。つまり仕事をするというのは、「 [続きを読む]
  • 久しぶりの衣装チェンジ。
  • ベビードール服は本当にお世話になりました。今回の主題は「使っていないドール服は必ず活躍させよう」です。ドールを所有していれば、必ず欲しくなるのがドール服です。ただし存外に高額なドール服はおいそれと購入できるものではありません。そもそも購入したとしても、ほとんど使わないことになってしまうと、それは本当に『高額なドール服』と言えます。高額でも常日頃使うことが出来れば、『低価格でドールを楽しむ』ことにな [続きを読む]
  • シームレスボディを再現しよう
  • シームレスボディは憧れますけど、簡単には手に入れることは出来ません。今回の主題は「写真の中だけはシームレスボディを作ってみよう」です。胸を髪の毛で隠す感じの撮影をしたかったのですが、なかなか上手くできなかったので、今回はシームレスボディ風に写真を加工する方法を紹介です。手順は簡単です。フリーソフトGIMPを使っていますが、フォトショップなどの有料ソフトでも勿論可能です。映像にあるように、「指先ツール」 [続きを読む]
  • ネコミミが無くても。
  • グーのハンドパーツの正しい使い方です。今回の主題は「密かに憧れるケモノミミ」です。Twitterで他のオーナー様がケモノミミをドールにつけているのを見かけます。どのように取り付けているのか、どこで購入できるのか不明ですが、もし価格と機会に恵まれたら、手に入れてみたいものです。ただしケモノミミがなくても、それっぽく見せることは可能です。それがハンドパーツのグーの手です。パンチなんかのポージングもありですが [続きを読む]
  • ハンドパーツ交換は面倒。
  • もう少し簡単にハンドパーツ交換出来れば良いのですが。今回の主題は「ハンドパーツ固定まで行うと面倒」です。フェイスアップ写真が多いと、残りどこで表情を付けるかというと、ハンドパーツが結構重要になります。ただしオビツ用のハンドパーツは、成型時の問題だと思いますが、かなり穴の大きさがバラバラです。ラジオペンチで穴を無理やり大きくするのですが、それでも、かなりの力と時間がかかります。撮影時だけの使用なら仮 [続きを読む]
  • 趣味は短時間で。
  • たまには朝の更新を。今回の主題は「最短で行えば20分程度で終わる」です。画像加工も含めて写真を上げていましたが、どうしても手順が多くなると、更新に時間がかかってしまいます。趣味は続けていくことが大切ですが、一回の作業が多すぎると、日常生活の中での負担になりかねません。気軽に行うことが出来るから、続けることが出来るのです。最近「ゴッドオブウォー」というPS4のゲームをプレイしている関係上、ドール撮影や [続きを読む]