Katz さん プロフィール

  •  
Katzさん: 人生やり直し
ハンドル名Katz さん
ブログタイトル人生やり直し
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/katsu919nara-116/
サイト紹介文36歳の3月 僕は独りになった。離婚男子に送る日記。一緒に前に進みましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/10/10 17:19

Katz さんのブログ記事

  • 疑問
  • 街中のレストランにて今日もお一人さまだけどふと目に入った人達どーして4人で来てるのにみんなスマホいじって会話しないんだろ笑不思議でならない。1人でも変わらんがな? [続きを読む]
  • 自立と孤立
  • 私の職場のリーダーが こんなことを言っていました。ながらく日本は 夫を中心にした社会として家庭内で組織を作ってきた。それは時代背景もあって 簡単に言うと「夫は外で稼いで、妻は家庭も守る」時代を経てきたとうん それは間違いない事実ですね。家庭内での組織は やがて企業の組織にもつながるようになってきた。やがて生活の多様化が進みみんな 自立をするようになったんですね。そう みんな(全ての人ではないが)が [続きを読む]
  • 受容 というプロセス
  • 何かショックな出来事というのを受け入れるというのはとてもつらいことです。が受け入れる 理解するというプロセスにはいくつか段階があります。例えばなのですが精神科医のエリザベス・キューブラー・ロスさんは「死を受け入れる段階」についてプロセスがあると説いています。1.否認:まずは認めない ということですね。2.怒り:これは顕著に表れます。他人のせいにし、周囲の人間とのトラブルも生じやすい時期です。3.取引:延 [続きを読む]
  • 生きた関係かどうか
  • 先日 断捨離 について 読んでみました。新・片づけ術「断捨離」【電子書籍】[ やましたひでこ ]言葉は知っていて いろいろ過去のものを捨ててきて気がつけば この1年で自分の身の回りは一心されました。執着を捨てるという意味でこのこと自体は正しかったと思うとともに新しい人間関係や 自分の「新陳代謝」が始まったのも実感していました。ただ本当の意味の断捨離ってなんだろな とずっと気になっていてこの本の中で 一 [続きを読む]
  • 別れて良かったと思える日
  • 別れを言われた側が別れて良かったと思える日が来るまで私の場合はなんだかんだ半年くらいかかったような気がします。別れて良かったと思えた根底に眠っていたのは実は自分も別れたかった という想いがあった事に気づいた時でした。本来パートナーシップは苦しみや我慢を強いられるものではなく幸せを感じたり お互いを理解して 一緒に乗り越えたり「2人で〜を」というような考えがあっていいんじゃないかと気づきました。残念 [続きを読む]
  • 幸せになってほしい
  • ケンカをしたり お互いの気持ちにズレが生じたときなかなか 話し合いが成立しなかったり 悶々とするものです。本当は愛しているはずなのにお互いを想えば想うほど実は傷つけたりしてしまって本当はこう言ってほしいのにこんなことを伝えようとしたいわけじゃないのに心って深いです。言葉はもっと深い。深海の 底にある 本心を伝えたいのだけれど見えているのは 地上にある 大きな山の頂上言葉裏腹とは そのような状態にも [続きを読む]
  • 意味のある日
  • 引っ越しが完了し 今の部屋に住んでから映画を少しみることがあった。どんな 映画がいいかなと探しているとこんなサイトがあった→人生日々すれ違い通信この中の作品では エターナルサンシャインというのが印象的だった。記憶をなくしても どうしても その人とは会ってしまう というような感じだ。主演は今は亡きジムキャリーと タイタニックのケイトウインスレッド私がよく見た映画はバック トウ ザ フィーチャー(べた [続きを読む]
  • 死ぬこと以外はかすり傷
  • 先輩から聞いた一言死ぬこと以外はかすり傷どうやらテレビで聞いた言葉のようだったがその先輩は女性でたくましく 彼女は50代で 一人で生きていくことになった。幸い職場では重役についていて彼女が出世するときに 離婚騒動があり少し瘦せたかなと思ったが やはりそういうことだったと後になってからわかった。今になってわかることだが重役ポストについて どんどん成熟していく先輩とそのパートナーは生きている世界が違って [続きを読む]
  • 眠れない夜の過ごし方
  • なかなか寝付けない日ってあると思います。私の場合ですが(それがすべてではないと思うので参考までに)眠れない日は だいたい脳が活発に活動しているときかなと思います。無理もないです。精神状態が不安定な状況下では、落ち着いて何も考えないで休みなさいというほうが無理がある。それよりも 自分なりの対処法を見つけたほうがいいのではないでしょうか?私の場合ですが以下のような方法で対策を考えました。①暖かいものを [続きを読む]
  • 弱くなれるぐらい強くなる
  • 最近読んでいる本で とても良いフレーズがあったので綴ります。スタンフォード大学 マインドフルネス教室 という本の中の一文ですね。この本の中で 著者のスティーブン・マーフィ重松さんはエリート学生さんたちにこんな言葉を送るそうです。弱くなれるぐらい 強くなりなさいスタンフォード大学 マインドフルネス教室【電子書籍】[ スティーヴン・マーフィ重松 ]どうやらスタンフォード大学ではエリートさんがたくさんやって [続きを読む]
  • たまにはスマホ置いて出かけたらいい
  • 超情報社会と言われる昨今たまにはスマホを置いてでかけたらいいと思うのです。誰かから連絡来たらどうしよ何かあったらどうしよそういう想いにかられると いわゆる 執着 が離れないような気がするのです。一日にスマホを見ている時間を少しでも勉強に役立てる自然を感じて ストレスフルな状態にするコーヒーを飲んで 気分を落ち着けるよ〜く考えて 行動してみる自分自身の時間の使い方は自由です。だからこそ 限られた時間 [続きを読む]
  • 想いを書くことの重要性
  • 想いを紙に書き出すことはとても重要です。書いているうちに自分自身がどう思っているのが理解できてきます。何度も何度も問いかけをすることです。なぜ?どうして?本当にそう思っているのか?それは自分の考えなのか?想いを綴った後で自分自身に素直になることは もっと重要なことです。 [続きを読む]
  • Mr.Children 深海
  • 離婚協議中に 非常に精神状態が不安定だった時このアルバムをよく聞きました。Mr.Childrenさんの名作「深海」です。深海 [ Mr.Children ]私はミスチルさんは すっごい好きってわけではなかったのですがこのアルバムの背景には 精神状態がかなり不安定だった桜井和寿さんのココロが反映されていると知ったとき、当時の自分とかぶせたのでしょうね。アルバムの曲目は以下の通り1.Dive深い海に沈んでいく様子が伺えます。離婚協議 [続きを読む]
  • 本当の友達は誰か
  • 独りになったことで学んだこと「本当の友達は誰か」について すごく考えさせられました。これまでの私は 例えば下品な言葉を使って お互いを いわゆる「イジる」関係にある友人の方が多かったように思います。斉藤孝さんの「孤独のチカラ」を読んでからというもの、その考えは少しずつ変わってきました。なぜ 自分をけなすような相手と一緒に群れなければならないのか独りになって ようく考えるとSNSの友人が500人いても そ [続きを読む]
  • 代償の法則
  • この世には代償の法則があります。〜を失ったから、〜を得た という法則ですね。私は独りになったことで この1年で 周囲の事が全て一新されたことに気づきました。失った物は家族です。それは間違いないです。いくら泣いても泣いても 家族が戻ってくることはありません。受け止めるのにはそれ相応の時間がかかりました。家具やテレビ クルマ お金は一時全て失いました。残った物は自分自身と熱帯魚 オフィス家具とPC プリ [続きを読む]
  • 孤独のチカラ
  • 離婚後には沢山本を読みました。そのうちの一冊 斉藤孝さんの「孤独のチカラ」この本にはとても共感できました。孤独のチカラ [ 齋藤孝(教育学) ]自分では意識していなかった?気づいていなかっただけかもしれないけれど最初は独りになったことで疎外感というか、人間不信のようなものがありました。そのうち いわゆる群れる というこが嫌いになり 自分は自分でいいや と思うようになりました。特に印象的だったフレーズ「 [続きを読む]
  • 大晦日の過ごし方
  • 今日は大晦日 世間は紅白歌合戦やSMAP解散 うれしいニュースもあれば悲しいニュースもある。今日はさまざまな過ごし方をする人がいることだろう。家族や親戚で集まって 賑やかに過ごす親しい友人と集まり、新年が明けるまで飲み明かす人のためになる仕事の為に、今日も遅くまで仕事をする病気や怪我の為に、ベッドの上で過ごすどれも正解はない私はと言えば今 この瞬間はコーヒーを飲み ブログの執筆をしている。コンビニで少 [続きを読む]
  • 自立と依存 共依存 相互依存
  • 私が離婚で学んだこと 一番大きなことは「自立と依存」という言葉でした。本来 人間というのは個であり 元々 独立 自立した存在が前提であることは言うまでもありません。自立した状態から 皆 出会い そして惹かれていくわけなのだが・・・ここで大事なことがあって、多くの人がそれに気づいていないのではないか ということ例えばよく女性が言う「この人は 私がいないとダメなの」これは結構恐ろしい結果を生むことが多 [続きを読む]
  • センス
  • とある精神科医の言葉(受診したわけではなく、帰り道に)「孤独だろう?だから僕は君が気に入った」いろいろ話をした。「君は絶滅危惧種だと僕は思ってる」やけに気に入った そのフレーズ笑自分は変わってるのかな なんて思っていたのもあり、このフレーズは随分... [続きを読む]
  • 友達のタイプ
  • 久々の更新です。いや〜今週は忙しかった。とにもかくにも忙しかったけど 集中できました。私の仕事 素晴らしい仕事をさせてもらっている。感謝の気持ちしかありません。先日読んだ本の中にこんな格言が「友達には3つのタイプがある1.慕うことのできる友2.忘れ去られる友3.... [続きを読む]
  • 洞爺湖畔
  • 土曜日 久々に会いたかった方にお会いできました。必ず会いにいくという約束 ようやく果たせたなあと思いながら人生について ゆっくり語り合う時間は特別なものでした。人生は終わってみないと 何が良くて 何が悪かったのかわからない とよく聞きます。まだ道の途中未... [続きを読む]
  • あなたは そのままで いい
  • ついつい現代では 認めてもらえないと生きずらい そんな感覚を多くの人が持っているように感じるのです。ふとしたことで「あなたはそのままでいい」こう言われたときああそうだよな・・・って 安心しました。一番身近な人に 否定されるってのは 一番つらいことかもしれ... [続きを読む]