bionda さん プロフィール

  •  
biondaさん: ストマとの80日間&ITローカリのお話+黄疸で緊急入院
ハンドル名bionda さん
ブログタイトルストマとの80日間&ITローカリのお話+黄疸で緊急入院
ブログURLhttps://ameblo.jp/bionda/
サイト紹介文突然ストマの「ぷにこ」がやってきました。ストマケア情報、一時ストマ、さらに黄疸を発症しての病院生活。
自由文ある日突然「S状結腸憩室穿孔」から腹膜炎になり、緊急手術でストマ造設となりました。朝、自分の足で外来に来てから、6時間ほどの間の出来事でした。42日にわたる二度の入院と開腹手術を経て、一時ストマは閉鎖され、あと少しで完治です。今まさに同じ体験をされている、特に「一時ストマ」ならではの苦悩について語り合いたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/10/12 10:29

bionda さんのブログ記事

  • 札幌大好きになりました
  • 新千歳空港です。何回も来ているのに、一度も観光できなかったのですが、今回やっと少しだけ観光っぽいことを。ツキサップジンギスカンで、ガーデンジンギスカン。お天気も良く、最高でした。ここは札幌在住の、30年来の友人が連れて行ってくれました。この旧友が、なんと、今の会社の札幌勤務の同僚と、数ヶ月に知り合ったらしく、今日はその3人でした。歳の頃も同じ、同じような環境で働いてきたので、もう盛り上がる盛り上がる [続きを読む]
  • 近況:札幌
  • お久ぶりです。biondaです。 「闘病日記」だったブログ、すっかり元気になって、ブログはさぼっております。 2月に転職したのですが、ふたたびローカリゼーションのお仕事をしています。先週後半、今週後半と仕事で札幌です。海産物が東京では考えられない品質と値段なので、そんなのばっかり食べています。 仕事はとても忙しく、それでもなんとか耐えているので、本当に体力は戻ってきたようです。ただ、ちょうど更年期でもあり [続きを読む]
  • 3年経ったけれど
  • 梅雨も明けて、7月になりました。3年前の今頃は、ストマケアの練習を始めていた頃だと思います。毎回、物凄い汗をかいてました。パウチをストマの形に合わせて切るのがとても難しく、本当に苦労しました。緊急入院から手術となったあの日のことは、とてもよく覚えています。病院までついて来てくれた家族は、そこまで大ごととは予想もしないで、所用で外出している間に、手術が決まり、説明を聞いたり、同意書にサインをしたり、 [続きを読む]
  • 大腸がんセミナーのお知らせ&翻訳記事のご紹介
  • すっかりご無沙汰しております。2月に転職し、毎月一週間程度は国内・海外に出張するような生活を送っていて、ブログも全く書けない日々を過ごしておりました。 最近になって、同じような経験をされた方からアメンバーリクエストをいただき、コメントをいただいたりして、現在進行形の方の何かの参考になったのであればよかったなぁと思っていました。 思えば、あれから、3年です。昨日で3年でした。T先生、3月末で再び異動されま [続きを読む]
  • 退院に付きそう
  • 母、昨日退院しました。「帰ってこんでええ」攻撃にあいながらも、無視。一昨日の8時過ぎの新幹線に乗り、家に着いたのは11時頃でした。昨日は12時からの会議にリモートで参加してから病院へ。3日目ぐらいには大部屋に移動していましたので、そちらへ。こちらの方が随分景色がいいです。正面は大文字山です。同室の患者さんとご挨拶して、看護師さん達に見送られて、退院手続きをして、タクシーで実家へ。あり合わせで晩ご飯を作 [続きを読む]
  • 母の手術、無事終了
  • 4時間のはずが、2時間半を過ぎた辺りで電話がかかってきて、焦りました。「終わったので、お迎えに行きますから、病室で待っていてくださ〜い」地下の医学書籍の本屋さんで、医療統計や医療英語の本を見ていた時でした。今日は6時起き、予約していたタクシーのお迎えは7:10、7:40頃に病院着。あれよあれよと言う間に、手術室の前まで送って来ました。8:30には沢山の患者さんと付添いの看護師さんで溢れる手術室前でした。それから [続きを読む]
  • 明日は母の手術
  • 母、明日8:30から手術ということで、今日午後に移動し、病院に寄って来ました。病院の近くに住んでいる親友もお見舞いに来てくれました。彼女もここで乳がんの手術を受け術後治療を続けています。面会時間いっぱいまでいて、彼女と晩御飯を食べてきました。抗がん剤の副作用の手足の痺れ、ケモブレイン、まだウィッグを使っていることがつらいと言っていました。抗がん剤の副作用や、QOL低下に対しての対策はまだまだだねーと。こ [続きを読む]
  • 母の病状説明と縁とT先生の思い出
  • 母の検査結果と治療について聞くために、9/20の午後6時半に婦人科病棟に向かいました。主治医の男性の先生は40代後半ぐらい、担当医は若い女性の先生。両方穏やかな雰囲気です。説明は、最初から手術前提で進みました。ステージは口頭での説明はなく、電子カルテが見えて書いてありました。今の段階ではまだ推定だからでしょうか。グレードは、最初「高い」という説明でした。手術という話になって、いきなり「摘出するのは子宮だ [続きを読む]
  • 母のがん
  • 子宮体がん、ステージは1aですが、グレード3でした。手術は腹腔鏡で、子宮卵巣全摘、リンパ郭清無し。4時間から5時間ということです。高齢でもあり、無治療で経過観察かな、と思っていましたが、グレード3は転移しやすいということで、本人も手術を希望しているので、サポートします。糖尿病や高血圧も無く、緑内障があり、過去にアスペルギルス肺炎の既往ぐらいで、至って健康な80歳です。日曜日から入院、火曜日に手術です。手 [続きを読む]
  • アメンバーの申請ありがとうございます
  • アメンバー限定記事にしているものがいくつかあります。入院、手術の間、医療機関や医療者に対して不安、疑問や不満を持ったことが何度かあります。患者でないとわからないことなので、正直に書いています。N病院や、長くお付き合い頂いているT先生について、批判的ととられる内容もあるかもしれません。そのため、誰かを傷つけてしまうこともあるかもしれません。私の思い過ごしや、誤解、知識の無さが原因だったかもしれません [続きを読む]
  • 母、来週手術
  • 本日は、母の検査入院の結果を聞きに京都に戻っていました。来週火曜日手術となりました。子宮体がんです。高齢なので無治療で経過観察かな、とも思っていたのですが、本人がヤル気なので、支援することにしました。バタバタしていて、コメントの承認が遅れたりしています。申し訳ありません。 [続きを読む]
  • 2年前の今日の私
  • 2年前はまだアメブロを開始していなかったのですが、Facebookで2年前の今日のポストが出てきました。 この時は、もうこれで入院も終わりと思ってましたね〜その後、4回も入院することになったのですが。 =======2015/9/12退院が水曜日に決まりました*(^o^)/*たくさんたくさん励ましていただいて、本当にありがとうございました。心の支えになりました。まだ傷はかなり痛いですが、前回の退院より何倍も晴れ晴れです。前回は痛いと [続きを読む]
  • 「ウンログ」再開
  • 腸の病気をした後、みんなが悩む「便通」のお話。不得意な方、ランチしながらの方はスキップお願いします!! ストマ期間中、お友達のススメで使い始めた「ウンログ」アプリ、久しぶりに再開しました。 どーもS状結腸のあたりが痛くなるときが多い。ぐりぐりマッサージすると楽になるんだけど、繋いだところだし、なんだか心配。たまーに便秘っぽくなったり、下痢したりもするし。 ということで、T先生に相談したら「便秘。下剤で [続きを読む]
  • 2年ぶりのいろいろ
  • もうすぐ夏も終わり。一昨年の夏はぷにことの生活でした。来年こそは、プールに行って宇治金時食べてって思っていました。そして、去年の夏、願い叶わず、また病院の中で夏を迎えたのでした。今年こそっ!というわけで、としまえんプール二回、誕生日にはプールのある都内ホテルでプール三昧でした。プールでは、フロートに乗って流れているのが大好きです。今日はジップロックに入れた新書を持って行って、フロートの上で読んで [続きを読む]
  • がん情報の翻訳活動
  • チームで翻訳した記事が公開されました。 悪性骨腫瘍患者の治療におけるがん標的薬BMTP-11の可能性https://www.cancerit.jp/56612.html また、これまでに公開された、チームで翻訳された記事です。 症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果https://www.cancerit.jp/56302.html 輸血を提供できないことが血液がん患者のホスピス利用を阻むhttps://www.cancerit.jp/56087.html チームでの翻訳は、1つが先週土曜日に完了 [続きを読む]
  • 母のこと
  • 母は80歳なのですが、子宮のポリープ切除後の検査で、切除した組織の中に癌細胞が見つかったとのこと。間も無く検査入院、PETやMRIをするそうです。高齢者経由での話なので、よくわからない部分がまだまだあります。今度、どういう治療なのか、主治医から説明を受けるときは、同席したいと思います。 [続きを読む]
  • 症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果
  • という記事の翻訳が公開されました。 https://www.cancerit.jp/56302.html これはbiondaが参加している講座のチームで共同で翻訳したものです。 がん患者さんが、Webベースの症状報告ツールを使って、症状を医療チームにリアルタイムで報告することで、生存期間延長につながった、という内容です。 自分の長年の仕事であるITと、治療がむすびつくことで、実際の効果が証明された、というとても嬉しい報告がASCO(全米臨床腫瘍学会 [続きを読む]
  • 女子はいつもオナカが痛いのだ
  • ブロ友さんがまさかの憩室炎の疑い!!内視鏡で今まで憩室見つかってなくても憩室炎になるもんかなーとびっくりです。憩室炎は、たった1つの憩室でも、炎症が悪化してしまえば憩室炎になります。私のように、内視鏡で見て、憩室だらけの大腸で暮らしていても、何も問題なければ痛くもなんともありません。これは、憩室症と言います。大腸に出来た袋の中が詰まったりして、炎症を起こし、酷い時は出血するそうです。貧血になる人 [続きを読む]
  • 主治医の自覚?!
  • 木曜日は、T先生のいるO病院へ行ってきました。5月末の診察で、就業制限解除の診断書を書いてもらい、これで終わりだなーとシンミリしていたら「…次の予約…」「え。また来るんですか」「…これで大丈夫かどーかー…」きっと「これでもう大丈夫かどうか確認しましょうね」って言いたかったんだと思います。いつもフルセンテンスを言うのをはしょるT先生。その時は、電子カルテの「次回終診」ってボタン押してました。なので、7月 [続きを読む]