徳丸無明 さん プロフィール

  •  
徳丸無明さん: 徳丸無明のブログ
ハンドル名徳丸無明 さん
ブログタイトル徳丸無明のブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gokudo0339
サイト紹介文雑文、マンガ、イラスト、その他
自由文社会問題・政治・経済・宗教・性愛・文化・等々について、考えたことを書き綴っています。あと、マンガも有り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/10/12 22:26

徳丸無明 さんのブログ記事

  • セリア・ロイル ロータスビスケットアイス
  • 今回はロータスビスケットアイスです。ロータス(Lotus)というのはベルギーのビスケットで、このアイスはクランチ状にしたビスケットをミルクアイスに混ぜ、真ん中にキャラメルソースを入れたもの。いや、これはおいしいですよ。僕はクッキー&クリームみたいなタイプのアイスは正直好きじゃなくて、クッキーの粒の硬さに違和感を覚えるというか、アイスとマッチしている感じがしなくて、アイスを味わうのに邪魔だと思っていたん [続きを読む]
  • マンガ・2ページ・『左右の漫才』
  • 今回はロータスビスケットアイスです。ロータス(Lotus)というのはベルギーのビスケットで、このアイスはクランチ状にしたビスケットをミルクアイスに混ぜ、真ん中にキャラメルソースを入れたもの。いや、これはおいしいですよ。僕はクッキー&クリームみたいなタイプのアイスは正直好きじゃなくて、クッキーの粒の硬さに違和感を覚えるというか、アイスとマッチしている感じがしなくて、アイスを味わうのに邪魔だと思っていたん [続きを読む]
  • M‐1グランプリ2018 寸評
  • 福岡では国際マラソンが開催された12月2日。僕は子供のころ、マラソンランナーに声援を送る大人たちを見て、「人がただひたすら走っているのなんか何が面白いんだ」と思っていました。しかし同時に、「でもひょっとしたら、大人になればマラソンの面白さがわかるのかもしれない」とも考えていました。それからおよそ30年。僕はいまだにマラソンの面白さが理解できずにいます。・・・さて、M‐1です。通常こういう賞レースと [続きを読む]
  • 写真と死
  • 飯沢耕太郎『写真の力〔増補新版〕』(白水社)を読んでの気付き。この本は、写真評論家の飯沢が写真について書いたコラムをまとめたものである。収録された一編、「Memento Mori――死者たちの肖像」と題された章で、飯沢は写真と死、および死者についての考察を展開している。その中で、写真術は発明以後、生者だけでなく死者もその対象としてきたと述べた後、イギリスの小説家ナイジェル・ニールの「写真」というショートストー [続きを読む]
  • マンガ・4ページ・『矛盾した漫才』
  • 飯沢耕太郎『写真の力〔増補新版〕』(白水社)を読んでの気付き。この本は、写真評論家の飯沢が写真について書いたコラムをまとめたものである。収録された一編、「Memento Mori――死者たちの肖像」と題された章で、飯沢は写真と死、および死者についての考察を展開している。その中で、写真術は発明以後、生者だけでなく死者もその対象としてきたと述べた後、イギリスの小説家ナイジェル・ニールの「写真」というショートストー [続きを読む]
  • 不二家 セブンプレミアム 生ミルキー
  • 新しいカテゴリー「食」始めます。これは通常のブログ記事で言う「グルメ」のことです。レストランに行ったり、新作のお菓子を買ったりして、その味をお伝えするやつですね。ではなぜ「グルメ」ではなく、あえて「食」と表記するのか。僕は美食家でもなければ、舌が肥えているわけでもない。食べログをチェックして食べ歩いたり、お取り寄せを行ったりすることもありません。外食するにもチェーン店にしか行かないし、あとはスーパ [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『くだんの義父⑥』
  • 新しいカテゴリー「食」始めます。これは通常のブログ記事で言う「グルメ」のことです。レストランに行ったり、新作のお菓子を買ったりして、その味をお伝えするやつですね。ではなぜ「グルメ」ではなく、あえて「食」と表記するのか。僕は美食家でもなければ、舌が肥えているわけでもない。食べログをチェックして食べ歩いたり、お取り寄せを行ったりすることもありません。外食するにもチェーン店にしか行かないし、あとはスーパ [続きを読む]
  • M‐1グランプリ2018 優勝予想
  • 今年はエルニーニョ現象が起きているそうで、あまり気温が冷えこまずにいますね。冷え性の僕としてはありがたい限り。このまま暖冬であってくれればなあ、なんて願わずにはいられません。・・・というわけでM‐1です。漫才の頂点を決めるM‐1グランプリ。今年も優勝予想を行います。決勝進出を決めたのは以下の9組。霜降り明星スーパーマラドーナトム・ブラウン和牛ギャロップ見取り図かまいたちゆにばーすジャルジャルこの中 [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『くだんの義父⑤』
  • 今年はエルニーニョ現象が起きているそうで、あまり気温が冷えこまずにいますね。冷え性の僕としてはありがたい限り。このまま暖冬であってくれればなあ、なんて願わずにはいられません。・・・というわけでM‐1です。漫才の頂点を決めるM‐1グランプリ。今年も優勝予想を行います。決勝進出を決めたのは以下の9組。霜降り明星スーパーマラドーナトム・ブラウン和牛ギャロップ見取り図かまいたちゆにばーすジャルジャルこの中 [続きを読む]
  • 魔と出逢う
  • 新しいカテゴリー「雑考」始めます。これはどんなジャンルなのかといいますと、「雑文未満の思考の記録」です。雑文はひとつの読み物として、起承転結や序破急といった全体性、完結したまとまりをもった文章になるよう仕上げているのですが、何かしらのアイディアがあったとしても、そのような文章のかたちをとるまでには至らない細かいものもあるのです。なので、それらの断片的な思考を記録してとどめておこう、というのがこの「 [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『冷凍睡眠くん』
  • 新しいカテゴリー「雑考」始めます。これはどんなジャンルなのかといいますと、「雑文未満の思考の記録」です。雑文はひとつの読み物として、起承転結や序破急といった全体性、完結したまとまりをもった文章になるよう仕上げているのですが、何かしらのアイディアがあったとしても、そのような文章のかたちをとるまでには至らない細かいものもあるのです。なので、それらの断片的な思考を記録してとどめておこう、というのがこの「 [続きを読む]
  • 日本人はそれほど優秀な民族なのか・後編
  • (前編からの続き)それから「日本人は真面目で勤勉実直」という主張。確かに諸外国と比べて、勤務時間が長かったり、残業を厭わない人が多かったり、有給休暇の取得率が低かったりなど、日本人が勤勉であることを示すデータはいくらでもある。しかし、その勤勉さというのは、みなが自ら望んだ勤勉さなのだろうか。日本がとりわけ同調圧力の高い社会であることはよく知られている。国民国家の成立以前、共同体の単位が「ムラ」であ [続きを読む]
  • 日本人はそれほど優秀な民族なのか・前編
  • 日本人の「内輪褒め」が止まらない。テレビや雑誌やインターネット、あらゆるメディアで如何に日本人は優れているかといった、自画自賛・手前味噌の言説が溢れている。そしてみな、その風潮に何ら疑問を持つことなく、当たり前のように日々享受している。小生は、このムーブメントは日本経済の低迷と関連していると思っている。高い経済成長率を維持し、GDPが世界2位だった時期、「政治や文化はダメでも経済がある」と言い張る [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『空飛ぶ車くん』
  • 日本人の「内輪褒め」が止まらない。テレビや雑誌やインターネット、あらゆるメディアで如何に日本人は優れているかといった、自画自賛・手前味噌の言説が溢れている。そしてみな、その風潮に何ら疑問を持つことなく、当たり前のように日々享受している。小生は、このムーブメントは日本経済の低迷と関連していると思っている。高い経済成長率を維持し、GDPが世界2位だった時期、「政治や文化はダメでも経済がある」と言い張る [続きを読む]
  • RIZIN.13 観戦記
  • まずは山本“KID”徳郁に黙祷。癌であることは耳に挟んでいたが、そこまで進行していたとは思ってもみなかった。誰しも認めざるを得ないその才能、天才性はまさに“神の子”の名にふさわしいものであった。度重なるケガに見舞われていなければ、あとどれだけ名勝負を生み出していただろう、と想像せずにはいられない。彼の魂の安らかならんことを。前回のRIZIN.12で、次世代スターとして期待されている矢地とKINGレイナ [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『免罪符屋さん』
  • まずは山本“KID”徳郁に黙祷。癌であることは耳に挟んでいたが、そこまで進行していたとは思ってもみなかった。誰しも認めざるを得ないその才能、天才性はまさに“神の子”の名にふさわしいものであった。度重なるケガに見舞われていなければ、あとどれだけ名勝負を生み出していただろう、と想像せずにはいられない。彼の魂の安らかならんことを。前回のRIZIN.12で、次世代スターとして期待されている矢地とKINGレイナ [続きを読む]
  • キングオブコント2018 寸評
  • 決勝進出者(ファイナリスト)が当日発表となった今大会。この試みが定着するかどうかは今回のウケ次第ということになるのでしょうか。いずれにせよ今後もスポンサーのCygamesが大会演出に介入してくる可能性が高そうですね。それがプラスに働けばいいのですが・・・。個別の感想は以下の通り。今回はファーストステージとファイナルステージを別個に評します。まずはファーストステージ。やさしいズ・・・初めて「にちようチャッ [続きを読む]
  • マンガ・3ページ・『正義の作戦会議』
  • 決勝進出者(ファイナリスト)が当日発表となった今大会。この試みが定着するかどうかは今回のウケ次第ということになるのでしょうか。いずれにせよ今後もスポンサーのCygamesが大会演出に介入してくる可能性が高そうですね。それがプラスに働けばいいのですが・・・。個別の感想は以下の通り。今回はファーストステージとファイナルステージを別個に評します。まずはファーストステージ。やさしいズ・・・初めて「にちようチャッ [続きを読む]
  • キングオブコント2018 決勝進出予想
  • 猛暑が続いた今夏。その気温も徐々に緩みだした今日この頃。いよいよこの季節ですね。そう、今年もキングオブコントが巡ってきたのです。キングオブコントの公式サイトをチェックしてみたら、9月7日に準決勝が終わってるのに、いまだ決勝進出者の発表が行われてなくて、なんでだろって思ったら、今年は放送当日(22日)に出場10組が発表されるという演出であるとのこと。それじゃ優勝予想できないよ!・・・というわけで、今 [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『折り返し地点くん』
  • 猛暑が続いた今夏。その気温も徐々に緩みだした今日この頃。いよいよこの季節ですね。そう、今年もキングオブコントが巡ってきたのです。キングオブコントの公式サイトをチェックしてみたら、9月7日に準決勝が終わってるのに、いまだ決勝進出者の発表が行われてなくて、なんでだろって思ったら、今年は放送当日(22日)に出場10組が発表されるという演出であるとのこと。それじゃ優勝予想できないよ!・・・というわけで、今 [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『四分割くん』
  • 猛暑が続いた今夏。その気温も徐々に緩みだした今日この頃。いよいよこの季節ですね。そう、今年もキングオブコントが巡ってきたのです。キングオブコントの公式サイトをチェックしてみたら、9月7日に準決勝が終わってるのに、いまだ決勝進出者の発表が行われてなくて、なんでだろって思ったら、今年は放送当日(22日)に出場10組が発表されるという演出であるとのこと。それじゃ優勝予想できないよ!・・・というわけで、今 [続きを読む]