あべれいじ さん プロフィール

  •  
あべれいじさん: 婚活体験ブログ|婚活あべれいじ!
ハンドル名あべれいじ さん
ブログタイトル婚活体験ブログ|婚活あべれいじ!
ブログURLhttp://mozukemiko.jp/
サイト紹介文40歳を過ぎてからネット婚活やパーティーで婚活したらどうなるかを赤裸々に語ったブログです。
自由文ネット婚活はpairs(ペアーズ)やyoubride(ユーブライド)、ブライダルネットを使いました。婚活パーティーはホワイトキー、えくる、シャンクレール、party☆party(パーティーパーティー)へ行きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/10/13 00:30

あべれいじ さんのブログ記事

  • 悠美さん9 〜それからまた1週間〜
  • それからまた1週間。連絡はきません。体調悪いのにあまりしつこく連絡しても悪いし。かといって…でも、1週間だしな…向こうから連絡しづらいってこともあるかもしれないし、もう一度こちらから連絡してみよう。僕「こんばんは。体調、いかがですか?」返信くるかな?(;^ω^)きた!!!\(^o^)/悠「こんばんは。だいぶ良くなりました。ありがとうございます。」僕「それは良かったです。新しい環境で疲れちゃいましたかね?」悠「 [続きを読む]
  • 悠美さん8 〜やっぱり自分から〜
  • 2週間待って連絡がこない。完全に忘れられてるとしか思えません。悠美さん、新しい職場に異動だって言ってたし。バタバタしてるだけかもしれませんが…にしても2週間…やっぱり、こちらから連絡してみよう。僕「こんにちは。シフト出ましたか?」やはり返ってこない…と思ったら、悠「すみません。連絡おくれました。」その2日後に返事がきました!\(^o^)/僕「新しい職場はいかがですか?」悠「何とかなじめそうです。」僕「それ [続きを読む]
  • 悠美さん7 〜寿司には本当に行けるのか?〜
  • 帰りの電車の中で、悠美さんにLINEしました。僕「今日はありがとうございました。次回は○○寿司で。」悠「今日はありがとうございました。楽しい試験打ち上げになりました。ちなみに##もおすすめです。」僕「##? そこもお寿司屋さんですか?」悠「以前ランチで行ったんですけど、おいしかったんです。でも、まずは○○寿司に行きましょう!」僕「はい。でも、##っていうのも近くになるお店なんですか?」悠「それはちょっ [続きを読む]
  • 悠美さん6 〜悠美さんの好物とは?〜
  • お店に早めについた2人。店員さんが出てきて対応してくれました。僕「すみません。予約時間より早く着いてしまったんですけど。」店「ご予約のお名前は?」僕「あべです。」店「あべ様ですね。確認いたしますので少々お待ちください。…はい、大丈夫ですよ。どうぞ。」時間前でも空いていたようで、すぐに入れました。通された席は、窓に面した個室。悠「いい席ですね!」僕「そうですね。眺めもいいし。」悠「個室だとやっぱり落 [続きを読む]
  • 悠美さん5 〜お店がなくなる…〜
  • 無事に合流できた僕と悠美さん。歩き始めたのですが、お店を予約した時間にはまだ少し余裕がありました。そこで、ちょっと寄り道することを提案してみました。僕「そういえば、この近くに美味しい小籠包のお店があるんですよ。予約した時間までまだあるし、寄ってみませんか?」悠「小籠包?! 私大好きなんです! 行きましょう。」と、即決でした。歩きながら試験の話になり、僕「試験、難しかったですか?」悠「そうですね。っ [続きを読む]
  • 悠美さん4 〜あら、間違えちゃった?〜
  • 約束の日。僕は早めに待ち合わせ場所に着きました。そして、「もう着いたので、時間読めたら連絡ください。」とLINEしておきました。悠美さんは、約束の時間5分前くらいに到着。悠「改札出たんですけど、どの辺にいますか?」僕「出てすぐのところですよ。」悠「売店の近くですか?」僕「えっ?売店?」と、僕はここで気付きました。悠美さんがいるのは地下改札。僕がいるのは地上改札。会えるわけがない!/(^o^)\僕「どちらにい [続きを読む]
  • 悠美さん3 〜連絡はマメに〜
  • さて、けっこう間が空いてしまいましたので、連絡はちょこちょこと取っておかないと、また忘れられてしまいそうです。ただ、まだ1回も外で会っていないのに、頻繁に連絡がきたら嫌になっちゃう…この加減が難しいんですよね(^^;;僕「こんにちは。予約取れましたよ。」悠「こんにちは。ありがとうございます。当日を楽しみに勉強頑張ります!」僕「こんばんは。勉強進んでますか?」悠「ありがとうございます。来週から追い込みかけ [続きを読む]
  • 悠美さん2 〜LINEの返信は…?〜
  • 悠美さんからのLINEを待つこと1週間。もうこないかなとあきらめかけていた時、悠「遅くなってごめんなさい。ちょっと先になっちゃうんですけど、再来週の土曜日に16時くらいからか、日曜日はどうですか? 来週に試験があって(笑)」きた!\(^o^)/いやいや、待っていて良かったです、ホント。僕「わかりました。では土曜日にしましょう。お店探しておきますね。何かリクエストありますか?」悠「はじめなので、ゆったり話せるとこ [続きを読む]
  • 悠美さん1 〜小動物系の彼女〜
  • 今回は久しぶりにPARTY☆PARTYへ行ってきました。ここの魅力は何と言っても一人ひとりとじっくり話せること。特に最初の席の女性とは、1.始まる前2.スタート直後のトークタイム3.1周して帰ってきた後と3回も話せるチャンスがあるので、仲良くなりやすいんです。今回の悠美さんも、最初の席の女性でした。身長が155cmの悠美さんはとてもかわいらしい。一つひとつの仕草を見ても、どこかキュンとくるんです。本当に小動物系の女性 [続きを読む]
  • 帰りがけに下見へ
  • デザートも食べ終え、僕たちはお店を出ました。駅まで送り解散したのですが、僕はどうしても先ほどのお店が気になりました。そこで、もう一度地図を見て、先ほどウロウロしてた辺りから少し離れたところを捜索。ありました!(^^♪帰りの電車の中で、LINEを早速送ってみました。僕「今日はありがとうございました。帰り気を付けてくださいね。それと、さっき行こうとしていたお店の名前、○○であってましたっけ?」女「今日はあり [続きを読む]
  • 誰に似ているか?
  • 食事がきて、お酒も入り、トークは楽しく盛り上がってきました。その中で、「誰に似ているか?」という話になりました。僕「芸能人で似てるって言われる人、いますよね?」女「何人か言われたことありますけど…」僕「えっとね…あの人に似てる!」女「誰ですか?」僕「北乃きい!」女「あ、それは初めて言われました!」僕「えっ?!うそでしょ?! 似てますよ〜」女「そうですか? いつもブサカワな人に似てるって言われるんで [続きを読む]
  • お店はどこに???
  • 2人で歩き出してすぐ、女「私、行きたいお店があるんですけど、いいですか?」と言われたので、彼女のオススメのお店へ向かいました。彼女のナビでお店に向かったんですが…女「えっと、確かこの辺だったはずなんだけどな…」僕「何ていうお店ですか?」女「○○です。前に友だちと行ったんですけど、お魚が美味しいんですよ。」僕「そうなんですか。良いですね! 僕も調べてみましょうか。」女「はい。えっと…ほら、地図だとこ [続きを読む]
  • 話は急展開を見せました!
  • それからも、しばらくLINEは続きました。僕「良かったら今度、改めて飲みにでも行きませんか?」女「飲み、良いですよ!」僕「じゃあ、明日!」女「急ですね…良いですけど…」僕「本当? 無理だったら土日でも良いですよ。」女「土日は予定があるのでダメなんです。明日にしましょう。」僕「本当に良いんですか? では、明日19時待ち合わせで大丈夫ですか?」女「はい、大丈夫です! よろしくお願いします。」ということで、急 [続きを読む]
  • 最後にチラッと話しただけの女性
  • 3人目は最後にチラッと話しただけの女性です。実はこの方、部屋に入ってこられた時に、1番素敵に見えた方でした。服装も顔も僕好み!\(^o^)/しかし、話すきっかけがつかめないまま、パーティーも終わりを迎えようとしていたときでした。お手洗いから戻ってきたらしく、座っていた席を他の人に取られていて、困っていたようでした。これはチャンス!僕「こんばんは。席、取られちゃいました?」女「はい。ちょっと立ったら戻れな [続きを読む]
  • 次はワインをこぼした女性と
  • 次に連絡を取ったのは、ワインをこぼした女性。この女性とは会の間、けっこう長く話せたし、ワインのシミもとってあげたので、彼女の中にも印象に残っている…はず!僕「こんばんは。昨日はありがとうございました。シミ、大丈夫でしたか?」女「昨日はお疲れ様です。少しシミが残っちゃったので、クリーニングに出してきました。」僕「そうだったんですね。力及ばずで申し訳ありませんでした。」女「いえいえ。もともと洗濯機では [続きを読む]
  • ゲットしたLINEをもとに
  • さて、3名ほどのLINEをゲットしましたので、連絡を取ってみることにしました。まずは、電車で途中まで一緒に帰ってきた女性。「野球を一緒に見に行きましょう!」という話で盛り上がったので、その話を絡めて送ることにしました。僕「こんばんは! 昨日はありがとうございました。」女「こんばんは。こちらこそ、お話聞いてくださり、ありがとうございました。」僕「野球、ぜひ行きましょう! やっぱりファイターズ戦が良いです [続きを読む]
  • 神はそれでも見放さず…
  • 2次会は深夜まで続きそうだったので、僕は友だちに断って途中で出てきてしまいました。僕が帰ろうとすると、後から女性が1人出てきました。僕「あれ、お帰りですか?」女「ええ。明日、朝早いので。」僕「じゃあ、途中まで一緒に帰りましょうか?」女「はい。そうしましょう。」ということで、その女性と帰ることにしました。駅まで行き、電車も同じ方向だったので、そのまま途中駅まで一緒でした。僕「休みの日は何をされてるんで [続きを読む]
  • 振り返れば奴がいる?
  • 僕が後ろを向くと、友だちが立っていました。友「そろそろ終わりなんだけど、この後、2次会があるんだ。ちょっと手伝ってくれない?」な、な、なんという間の悪さ(>_でも、ここで断れば女性からの印象も悪くなるかもしれない。そう思った僕はしぶしぶ快く返事をし、2次会の準備へと向かいました。あの子には2次会でまた声をかければいいや。2次会の会場は5階下の普通の部屋でした。先ほどのところは、マンションの共有施設でした。 [続きを読む]
  • 女性陣がついに登場!
  • ドアが開くと、女性が3人入ってきました。婚活パーティーに来られている方々よりも、ドレスライクに着飾っていました。やはり、こういう会場で催されるものは違うんだなと、またちょっとビビり始める僕。しばらくすると、また5人、3人と次々に女性のグループがやってきて、開始時間には20名ほどになっていました。自分の席というものはなく、自由に移動できるスタイル。僕はとりあえず、空いている席に座りました。その席には僕を [続きを読む]
  • 参加されるみなさんと会場へ向かう
  • 参加する男性陣が集まったところで、みんなで会場へと向かいました。この人たちは僕の同志でありライバルでもあります。仲良く話したい気持ちはあります。でも、相手を知ると余計に変なプレッシャーが…相当なビビリの僕であります。結局、近くにいる人と適当に会話をしているうちに会場へ到着。そこはなんと、高層マンション!!!その最上階にある部屋が会場なんだとか。エントランスに着き、警備員さんに怪しまれながらも、(男 [続きを読む]
  • あべれいじ、新たなステージへ行く!
  • なかなか上手くいかない最近ですが、いつもこのままではいけないと思っているんですよ。読者のみなさまから、ありがたいことにメッセージをいただくことがあります。そこには、「あべさん、がんばってください!」と、あたたかい励ましの言葉が書かれていたりして、僕はとても嬉しいです!!!ただ、どうやってがんばろうか…?と考えていたとき、たまたま、友だちから誘いがありました。「みんなで集まって飲み会みたいなのやるん [続きを読む]
  • 安代さん4 〜前日の水曜日〜
  • 写真と一緒に送ったメッセージには、既読がついたものの、返信はきませんでした。きっと忙しいんだろうな。そう思っていましたが、翌日も、その翌日も返事はきません。忘れてるのかな?そして、前日。確認のために、僕はもう一度、安代さんに連絡をしました。僕「こんにちは。明日よろしくお願いします。」………既読にはなるものの返事はきません。無視されているわけではないんですが、やはり返事がないと不安ですよね?どうしよ [続きを読む]
  • 安代さん3 〜お店の予約はスムーズに〜
  • ホワイトキーのパーティーでは、プロフィールシートを書きます。着いて席に案内されると、バインダーが置いてあります。そこにプロフィールシートが挟まっており、それに色々と書き込むのです。その項目の中に「初デートでNGなことは?」というのがあります。女性の方も色々と書いていますが、その中でも「ノープラン」と書く方が多いです。お店の予約をしていなかったり、着いてから「どこ行こうか?」と言われるなど。やはり、男 [続きを読む]
  • 安代さん2 〜安代さんからの意外な一言〜
  • 安「私はあべさんを1番に書いたんですけどね。」ですよね〜(>_本当にごめんなさい。僕が書き間違えました。何で安代さんの番号を書かなかったんだろう…大失敗です。でも、こうしてまたLINEでつながったわけだし、チャンスはまだありますよね?僕「すみませんでした。では、ぜひ改めてお食事にでも行きましょう!」安「ありがとうございます。もう少しお話してみたいと思っていたので。」僕「ぜひぜひ! 安代さんは土曜はお仕事で [続きを読む]
  • 安代さん1 〜カップルにはならなかったけれど〜
  • 今回はホワイトキーのパーティーに参加してきました。ホワイトキーのパーティーの魅力は何と言ってもリーズナブルな値段とフリータイムがあることです。男性のお財布にも優しいし、フリータイムのお陰でちゃんと興味があることを女性に伝えられます。他の会社のように、時間は長いけど全員平等にしか話せないような場合は、難しいんですよね。初めの方に話した人とか、記憶が薄れてきてしまうし。その5〜6分の間は興味があるように [続きを読む]