あべれいじ さん プロフィール

  •  
あべれいじさん: 婚活体験ブログ|婚活あべれいじ!
ハンドル名あべれいじ さん
ブログタイトル婚活体験ブログ|婚活あべれいじ!
ブログURLhttp://mozukemiko.jp/
サイト紹介文40歳を過ぎてからネット婚活やパーティーで婚活したらどうなるかを赤裸々に語ったブログです。
自由文ネット婚活はpairs(ペアーズ)やyoubride(ユーブライド)、ブライダルネットを使いました。婚活パーティーはホワイトキー、えくる、シャンクレール、party☆party(パーティーパーティー)へ行きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/10/13 00:30

あべれいじ さんのブログ記事

  • ホワイトキーの口コミ情報は本当か? 〜後編〜
  • 今回はホワイトキーのオススメポイントを書きたいと思います。悪いところもあれば、良いところもあります。どこの会社もそうですけど。まず、何度も書いていますが、ホワイトキーにはフリータイムが存在します。女性からすると嫌な時間かもしれませんが、男性からするととてもありがたい時間です。パーティーの流れはこちらの記事をお読みください。ホワイトキーのパーティーに参加してみた!(2016/01/05)前半のフリータイムでは [続きを読む]
  • ホワイトキーの口コミ情報は本当か? 〜前編〜
  • 最近、ホワイトキーのパーティーによく参加しています。僕みたいに色々なパーティーに何度も参加していると、主催している会社の特徴がよく見えてきます。…って、本当はこんなベテランになるまで参加する予定じゃなかったのに(´・ω・`)それで、あまり書いていませんが、カップルになるときよりならないときの方が、正直多いんです。ホワイトキーは帰るときに封筒をわたされて、その中にカップルの通知がはいっていればカップリ [続きを読む]
  • 果歩さん2 〜遠征、そして…〜
  • 果歩さんとカップルになった僕は、意気揚々と出口で果歩さんを待っていました。しばらくすると、果歩さんが出てきました。果歩さんはダンスの講師をしているだけあって、スタイルもいいし、何より笑顔がかわいいです!前回、美人ダンス講師とカップルになり損ねたから…というわけでは決してないのですが(^^;;それに、美人ダンス講師はバレエが専門で、スラっとした体形でしたが、果歩さんはチアをやっているので筋肉質な美ボディ [続きを読む]
  • 果歩さん1 〜ホワイトキーだからこその逆転勝利!〜
  • 今回はホワイトキーに参加しました。繰り返しになりますが、ホワイトキーの良いところは、フリータイムがあることです。1回転のみ、もしくは2回転するところだと、誰が本当に自分に興味をもってくれているか、女性からしても分からないですよね?フリータイムがあれば、自分のところへ来てくれた人の中から選べばいいので、カップルにもなりやすいんです。今回の果歩さんも、そのような感じでした。初めの回転寿司ではそこそこ話が [続きを読む]
  • 悦子さん9 〜取り越し苦労…?〜
  • それから3日後。僕は悦子さんにLINEしました。すると、悦子さんからの返信はいつもより早く来ました。悦「すみません。他に好きな人ができました。」えーーーっ?!( ゚Д゚)これは完全にやってしまったパターン…遠慮して、遠慮して、慎重に行きすぎて、先を越されたという…それはそうですよね。婚活ですから。並行して他の男性とも連絡とっていますよね。だから、ボヤボヤしてたら取られてしまう。そんなもんなんだと思いまし [続きを読む]
  • 悦子さん8 〜それから数日〜
  • 悦子さんとはしばらくLINEでのやり取りが続きました。僕「こんばんは。お仕事おつかれさまでした。」悦「こんばんは。おつかれさまでした。」僕「今、お帰りですか?」悦「そうなんです。仕事がなかなか終わらなくて、残業でした。」僕「大変でしたね。」そんな他愛のないやり取りでした。焦ってはいけない。いつもすぐに次の約束をしようとして、失敗する。ここは我慢。そんな感じでこのままやり取りを続けることにしました。 [続きを読む]
  • 悦子さん7 〜スマホは見ない?〜
  • 話がひと段落したところで、僕はお手洗いに立ちました。用を足して戻ってくると、悦子さんがボーっと座っていました。え?普通じゃない?と思いますよね?でも、僕が今まで接してきた女性は、みんなスマホを見て待っているんです。当然手持ち無沙汰になるので、何かしたいですよね。人前でスマホを見ないようにと気を使っている人こそ、こういう時にスマホをチェックするんです。しかし、悦子さんは、ただ座っているだけでした。も [続きを読む]
  • 悦子さん6 〜5分後〜
  • その後、何人か僕の前を通り過ぎて行きましたが、悦子さんはきませんでした。もういいや。帰ろう。僕が見逃してしまったのが悪いんだ。と、思っていたら、悦子さんが出てきました!僕「あ、どうも。」悦「あ、お待たせしちゃいました?」僕「いや、もう出てこないかと…」悦「すみません。のんびりしちゃって。」婚活パーティーの会場でのんびりする悦子さん…普通は終わったらサッサと出たくありませんか?少し変わった方だなと思 [続きを読む]
  • 悦子さん5 〜結局、カップリングカードは…〜
  • それから席替えを数回して、最後は美人ダンス講師の席へ行きました。フリータイムが終わり、いよいよカップリングカードの記入の時間になりました。僕は目の前にいる美人か、それとも純粋な悦子さんか、とても迷いました。そして、中間印象の結果を踏まえて、悦子さんを第一希望にすることにしました。なぜなら、中間印象で僕を1位で書いていてくれたからです。美人ダンス講師も上位で書いていてくれたので、本当にどちらとも言え [続きを読む]
  • 悦子さん4 〜気があるのか?ないのか?〜
  • 前半のフリータイム1回目。僕はそのまま悦子さんと話すことにしました。僕「もう少しお話させていただいても良いですか?」悦「あ、はい。よろしくお願いします。」僕「よろしくお願いします。」悦「あの…」僕「はい?」悦「さっきのカード、書きました?」僕「はい。書きましたよ。悦子さん、書かなかったんですか?」悦「書いたんですけど、もう誰が誰だったか分からなくて…」僕「そうですよね。けっこう人数いましたもんね。 [続きを読む]
  • 悦子さん3 〜どこまでも純粋〜
  • 僕が中間印象カードを書こうとしたその瞬間、悦「あの、聞いてもいいですか?」僕「はい、何でしょう?」悦「このカードは、これを見ながら書くんですか?」と、悦子さんが僕に見せてきたものは…男性陣のことがかかれた悦子さんのメモでした( ゚Д゚)エッ?それは人に見せちゃいけないでしょ(^^;;だって、名前から年齢、特徴まで書かれているんですから。しかし、そのメモも途中からはほぼ空欄になっており…僕「そうですね。メモを見 [続きを読む]
  • 悦子さん2 〜漢字は肝心〜
  • プロフィールシート。婚活されているみなさん、このシート、どこから見ていますか?僕は趣味や休日の過ごし方から見ています。共通点を見つけるには、ここが一番ですからね。何しろ、ホワイトキーの回転ずし(初めの自己紹介タイムのこと)は、時間が2〜3分と短すぎるんです。このたった2〜3分の中で話をしなければならない。しかも、この後につながる話をしないと、次のフリータイムがきついんです。そこで、共通点を見つけて、話 [続きを読む]
  • 悦子さん1 〜早めに申し込んだはずが…〜
  • 今回参加したのはホワイトキーのパーティーです。ホワイトキーはデータ分析あり、フリータイムありで、他のパーティーより仲良くなれる確率が高いと思っています。フリータイムがない方がじっくり話せるんですけど、初めの方に話した人の記憶が薄れてしまうんですよね。だから、その辺の自信がない人にとってはオススメなんです。↓ホワイトキーの詳しい情報はこちらから今回は前々日の夜に申し込みました。それなのに、受付を済ま [続きを読む]
  • 大変残念なお知らせですが…
  • みなさま、こんにちは。あべれいじです。今回は大変残念なお知らせです。僕のブログではコメント欄を閉鎖させていただいております。これは以前、コメント欄に暴言を平気で書き込まれる方がいたためです。ネットの世界ですから、顔が見えません。だからコメント欄に何を書いても、どうせ僕には誰が書いたかなんて分からないんです。でも、それを読めば嫌な思いもしますし、そのコメント見た他の読者の方も嫌な思いをするでしょう。 [続きを読む]
  • 郁美さん10 〜体調を崩された?〜
  • それから週末を迎えたのですが、郁美さんからの連絡はきません。もしかして、忘れられてる?それとも、送ったつもりで送れてなかったとか?とりあえず、こちらから連絡してみることに。僕「こんばんは。来週の予定、どんな感じでした?」……既読にはなるものの、返信はきません。それからまた数日後。まったく返信がくる気配がないので、これはもうダメかもしれないな…と思い始めました。けど、前回、僕も体調を崩した経験が自分 [続きを読む]
  • 郁美さん9 〜そして話が急展開へ〜
  • 郁美さんからLINEがきました。郁「こんばんは。日曜日の件なのですが、次の日が健康診断なのを忘れていました。飲んだり食べたりあまりできませんが、良いですか?」僕「こんばんは。それなら、別に日にしましょうか? そういうの気にしなくていい日の方が良くないですか?」郁「お気遣いありがとうございます。」僕「では1週間延ばしますか? もしくは平日の夜とかでも大丈夫ですけど。」郁「そうですね。仕事帰りでも良け [続きを読む]
  • 郁美さん8 〜まさかの連絡に驚き〜
  • バイブ音につられてスマホを見ると、郁美さんからでした。郁「今日はありがとうございました。色々お話ができて、楽しかったです。蒸し暑いですが、体調に気を付けてお過ごしくださいね。」おーーーっ!\(^o^)/郁美さんから嫌われていたと思っていた僕は、もう連絡はこないものだと思っていました。それが、郁美さんから連絡がくるなんて…。僕は跳び上がらんばかりの勢いでした。いや、落ち着け。落ち着けよ。最後の一文。「体 [続きを読む]
  • 郁美さん7 〜何ともタイミングが悪いことで〜
  • 僕「あっ」郁「あっ」僕が箒で掃いているところへ、郁美さんが戻ってきてしまいました。僕「すみません。」郁「どうされたんですか?」僕「ガラスがまだ残っていたので、取ってしまおうかと…」郁「そうなんですね。ありがとうございます。お店の方は?」僕「それが見あたらなかったので、箒を拝借してしまいました。」もう少し遅く帰ってきてくれれば何事もなく済んだのに、何だか変な空気になってしまいました。その後も、会話は [続きを読む]
  • 郁美さん6 〜物騒な物音の正体は〜
  • 何かが割れたような大きな音が聞こえました。どうやら外で店員さんが瓶を割ってしまったようでした。その破片がこちらまで飛んできて、床に転がりました。慌ててやってくる店員さん。謝りながらすぐに片づけてはくれたものの…さっきまで盛り上がっていた僕たちは、すっかり勢いを削がれてしまいました。そこからはトーンダウン。何だかぎこちない話に。それを郁美さんももちろん感じていたようでした。しかし、またもや不測の事態 [続きを読む]
  • 郁美さん5 〜いつもハプニングが起こるのは何故だ?〜
  • 約束の日。待ち合わせ時間の少し前に着いた僕。郁美さんも、時間のちょっと前にきました。郁「お待たせしました。」僕「いえ、僕もちょうど今きたところです。行きましょうか?」ということで、お店へ。イタリアンのちょっと雰囲気の良いお店。1席1席が半個室になっていて、隣のお客さんに気を使わなくて済むのが良いです。飲み物と料理も美味しく、話も盛り上がりました。郁「あべさんは、土日の出勤とかもあるんですか?」僕「あ [続きを読む]
  • 郁美さん4 〜前日のLINE〜
  • 約束の日の前日。僕「こんばんは。明日は19時からお店予約しておきました。」郁「こんばんは。予約、ありがとうございます!」僕「もし遅れそうだったら連絡くださいね。」郁「はい、もちろんです。」明日が楽しみだ(^^♪(つづく) [続きを読む]
  • 郁美さん3 〜予想は大きくはずれて〜
  • 家に着いてお手洗いに行き、戻ってくると、スマホの画面が明るくなっているのが見えました。どこかからメールがきたか?確認してみると、なんと郁美さんからでした!郁「今日はありがとうございました。」かわいらしいスタンプも一緒に送られてきました。僕「こちらこそ、ありがとうございました。今日は時間が短くてあまり話せませんでしたね。」郁「はい。あっという間でしたね。」僕「よかったら今度改めてお食事にでも行きませ [続きを読む]
  • 郁美さん2 〜判で押したようなできごと〜
  • 会場の出口で待つこと数分。他の女性陣は出てくるのに、郁美さんが出てくる気配がありません。カップルになった他の人たちはみんないなくなり、僕だけがポツンと取り残された状態でした。もしかしたら、僕がボーっとしてる間に帰っちゃったのかな…?不安になってソワソワし始めたところへ、郁美さんが出てきました。郁「あ、待っててくださったんですね。」僕「当たり前じゃないですか。カップルになったんですから。」郁「あ、そ [続きを読む]
  • 郁美さん1 〜最年少の女性とまたもやカップリング〜
  • 今回はPARTY☆PARTYへ参加してきました。PARTY☆PARTYは女性もそれなりの料金を払ってくるので、真剣な方が多いです。(ほかのパーティーだとワンコインや女性無料なんていうのもザラです)ただし、ホワイトキーなどと違いフリータイムがないので、じっくり話したい人向けではあります。パーティー初心者には良いと思います。何度か参加された方だとフリータイムの利点が分かるので、そちらの方が良いかもしれませんね。さて、今回 [続きを読む]
  • 敦子さん7 〜お大事になさってください〜
  • 目が覚めて、スマホを見ると、敦子さんから返信がきていました。敦「お大事になさってください。」優しい!そして、本当に申し訳ない…僕はその後2日間、頭痛と戦い続けました。何しろ薬が効かない頭痛なんて初めてでしたので、もうどうして良いのやら…鍼を打ったりお灸をしたり、できることはすべてやりました。そして、週明け。何とか仕事にいけるくらいまでにはなりました。敦子さんに早速連絡を!僕「こんにちは! ようやく [続きを読む]