esflife さん プロフィール

  •  
esflifeさん: ESFでの学校生活
ハンドル名esflife さん
ブログタイトルESFでの学校生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/esflife/
サイト紹介文香港のESF(英基)に通う息子の日々を綴ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/10/14 22:51

esflife さんのブログ記事

  • 何処もかしこも人手不足だそうです。
  • パパの会社も今、人を探しています。 適任者を追い求めるのはどこかで踏ん切りをつける必要がありますが、全体を踏まえて何が最優先されるべきかも考慮せねばなりません。 昨日も日本にいる友人と話していると、彼の会社でも人を探しているそうです。 探しているのは英文会計がわかる人だそうです。 それも急務らしく、なかなか見つからず大変そうです。 世の中、一気に人手不足感が進みそうな気がします。 何かのタイミングでどの [続きを読む]
  • 明日から4連休!
  • ゴールデンウィークが明けてから2週間がようやく経とうとしていますが、パパは明日から4連休です! 月曜日は有給をもらっています。 この2週間、結構、動き回ったので、ちょっと体力的に辛かったです。。。 流石にいい歳です。 4連休期間中、1泊2日でマカオへ行ってきます。 大きなお風呂に浸かりたい。 お兄ちゃんたちは香港でお留守番です。 お兄ちゃんも4連休ですが、今回は連れて行きません。 1人、ゆっくりさせてもらいます。 [続きを読む]
  • 学校から来学年からのコンピュータの購入メールが来た!
  • この夏からY6になるお兄ちゃんです。 Y6はこれまでとはだいぶ異なり、中学過程に入る前の学年として色々とやることが増えます。 その1つがコンピュータを使った授業が増えるわけです。 今までも当然ですが普通にありましたが、次の学年からは自分のコンピュータを使うことになるそうです。 我が家の問題は、今のお兄ちゃんに毎日学校でコンピュータを使わせると、好き勝手な事を親の目を盗んでしかねない懸念です。 今はコンピュ [続きを読む]
  • 大物とのMTG、毎週の定例会になっちゃった!
  • 4月初旬からちょくちょく会うようになっていた業界最大手のGMさんとのMTGが気が付いたら毎週の定例会みたいになっちゃった。 パパ的には毎週会っても正直話すことあまりないんだけど、気に入られちゃったかな?! 今週は最初っから予定を入れていなかったんkで、別アポを入れていたけれど、急遽、アポを変更して、会うことにしました。 とりあえず最大手様なので、相手を立てなければ! 業界最大手のGMといってもメッチャ若いけれ [続きを読む]
  • 我が家にもいたハッカー!
  • かなり前ですが夜な夜なPCを弄っている息子がいました。 そこで発覚したのはお兄ちゃんがパパのPCのパスワードを見破って遊んでいました。 当然、その時はパパも切れて、パスワードはかなり解読するのが難しいものに変えました。 そして昨日、信じられないことを発見です。 パパのパスワードを解読した時に、なんとペアレンタル・コントロールの中身まで弄ってました! つまり、ブロックしていたアクセス不可のサイトを勝手にアク [続きを読む]
  • 深セン出張がてら小米で電動スクーター買っちゃいました!
  • パパは昨日は早朝から深センまで日帰り出張でした。 近いけど遠い深セン。 お家からはお客さんの会社まで片道3時間です。 遠いです。。。 パパが主導しているプロジェクトで先方に詳細の擦り合わせと説明をしに行ってきました。 先方の出方を確認しましたが、相手は日本で言うとトヨタ級。 ここと如何に同格で話を進めるか、そこが勝負どころです。 でも、現時点では良い話が出来たと思います。 月末にも今回出た宿題を揃えて再度M [続きを読む]
  • 次男坊の広東語!
  • 次男坊の英語のお話がこのところ多いです。 でも今日は彼の広東語について。 次男坊はこの2月からローカルの保育園へ行き始めましたが、2月はそもそもインフルエンザ休みや旧正月で殆ど行けていませんから、正直、3月から登園し始めたと言ってもいいくらいです。 そう計算すると、丁度、2ヶ月が経ったわけです。 家では殆ど広東語は話しません。 英語も然りです。 それでも、最近、言葉を発するようになっています。 昨夜は、コッ [続きを読む]
  • 先生から2度目の注意。。。
  • 次男坊が幼稚園で、ぜんぜん英語を話さないとママが注意を受けました。 ABCの歌をみんなで歌う際にもぜんぜん参加しないので自宅でキチンと教えてきてくださいと! 昨夜、パパがお家に帰ると、次男坊がママに怒られながら歌わされてました。。。 何も知らないパパはなんで泣きながら歌わされてるのか暫く「???」でした。 ママには先生が何と言おうと、言葉は自然に身につくもので、先生が何と言ってこようと、何も焦る必要はな [続きを読む]
  • 次男坊も英単語いっぱいの会話が始まりました!
  • 次男坊も流石に英語がわかり始めたのか、家でも学校で学んできた英語を少しづつ口にするようになってきました。 最近は、かなり英単語を会話に散りばめてお話をしています。 宿題をやるときも英語で説明しながらお手伝いをしていても、キチンと言われた事を理解して済ませています。 少し前までは聞けても殆ど口にすることができず、笑ってごまかしていましたが、最近はようやくそうした壁を破ったのでしょうか。 普通に照れもなく [続きを読む]
  • 週末は家族でマカオまで!
  • 今週末、家族でマカオへ行っていました! 金曜日の夜からの2泊3日です。 何と言っても1番の楽しみにはバスタブ!?? パパのお家には今、??が設置されておらず、シャワーのみという環境なため、どうしてもお風呂に浸かりたくなる時があります。 お兄ちゃんもパパと同じようで、バスタブに浸かりたいと良く口にします。 日本にいた時は毎日の様にお風呂に親子で入っていました。 平均して30分は入っていたはずです。お風呂でやっ [続きを読む]
  • 現地採用と駐在員 その⑦ ザッ駐在!(取り敢えずね)
  • このタイトルでは最終章です。 パパは先日のメイデーの日、5月1日から正式に駐在員さんになりました。 いろいろとありましたが、本社の意向にそう形で書類に署名しました。 早速、人事通達もあり、本当に籍が移動した事が認識できました。 取り敢えず、採用籍は本社で、勤務地 「香港」という事です。 これがこの先どうなるのか気になりますが、取り敢えず会社がパパを高く評価しての人事という解釈にしておきます。 パパの会社は [続きを読む]
  • 強制的に有給休暇の取得指示が!
  • 会社から溜まっている有給休暇を取るように指令が出されました! 「さっさと取るか、買取かと!」 もちろん選択の余地もなく、有給取りま〜すと返事しておきました。 買取なんて絶対に嫌です。 権利はすべて行使させていただきます。 これで、4月末からの4連休に続き、今月は今週末にかけて3連休。 そして月後半に4連休を二連発しようと企んでいます。 なんか気分的には半分くらい休む感じになるので、この5月はメッチャ良い感じ [続きを読む]
  • ドラえもんにハマっちゃった!
  • このところ、次男坊がドラえもんに思いっきりハマっています。 最初はお兄ちゃんがテレビで見ていたのを横に座って一緒に見るだけでしたが、最近は音楽に興味を示しています。 毎朝、毎晩、寝る前には必ずドラえもんを流します! そして必ず聴くのが「夢を叶えてドラえもん!」です。 もう何度も何度もこれを聴きます。 今朝も7時過ぎに起きて来ましたが、まだ眠いというので再度寝かせようとした途端、「パパ、ミュージック!」と [続きを読む]
  • 夕食は櫃まぶし!
  • 弾丸トラベル中のパパです。 残り半日なんですが、昨夜は久々に「櫃まぶし(ひつまぶし)」を食べました。 かなり久し振りです。 櫃まぶしとは、簡単に言うと、うな丼な訳ですが、最後にお茶漬けで食べるってやつです。 簡単にうな丼を食べるわけではなく、食べ方を変えて食べるのです。 美味しかったです。 香港であれを食べたら凄い値段だったと思います。美味しいものは日本に限りますね! 今夜は基本、機内食?なんですが、お寿 [続きを読む]
  • パパは弾丸トラベル!
  • 今日からしばしお休みです。 パパは1人で一泊2日で実家へ帰省します。 正味、1日あるかないか程度の滞在時間ですが、パッと行って、パッと帰ってきます。 滞在期間中、採れる食事は夜1回、朝1回、昼1回です。 この限られた回数、チャンスで何を食べるか考えています。 メインは夜と昼ですね! 今夜は何を食べるか、まだ決めかねています。 昨夜は帰宅が遅かったので、子供たちに会えませんでした。みんなの寝顔だけでした。 今朝 [続きを読む]
  • さあ、明日からゴールデンウィーク!
  • 4月もあっという間に終わりに近づいてきました。 パパは来週の月曜日は有給をもらっているので、今日の出社で今月は取り敢えず終わります。 仕事も実質的には一昨日でひと段落ついていて、本社サイドも既に業務的にもお休みモードになっていて、ゴールデンウィーク明けまで殆ど大きな業務はありません。 子供たちは普通に香港のお休みだけなので大きな休みではないですが、パパにとっては大切な4連休です! 少しゆっくり出来そうで [続きを読む]
  • 定例化した極秘MTG
  • 相変わらず毎日忙しいパパです。 ひっきりなしになんらかの問題が起こるような毎日ですが、なんだか最近はあまり意識しなくなってきました。 慣れってどこか、何というか良いのか悪いのかよくわかりません。 月初にパパの業界の世界最大手の会社の香港法人のGMさんと情報交換の場を持ちましょうというので、第2回がありました。 当初は月一という話だったのですが、彼からは2週間に一度というペースでお願いされました。 既に第三 [続きを読む]
  • お兄ちゃんは学校大好き、でも次男坊は。。。
  • 今のTermが始まる前、一時帰国から帰ってきたお兄ちゃんがやっと学校に行ける!って言って、学校に行くのをとても楽しみにしていました。 お兄ちゃんは6ヶ月の時から預けられていて、生活の中で学校へ行くという事が生活の一部として身体に身に付いている感じな子供です。 学校に行かないとなんだかシックリしないという事らしいです。 休みが長くなると親はよく早く学校始まらないかなって思うわけですが、お兄ちゃんも同じなよう [続きを読む]
  • 3歳児の善行
  • 週末、お兄ちゃんと次男坊の3人でお出かけしました。 公園へ行って遊び、おやつを買って帰ろうというスケジュールでした。 公園と言っても家の近くではなく、バスを乗ってちょっと遠目のところまで行きました。 子供たちも気分転換は必要だと思います。 バスに乗っていつもと違う景色を見て、普段ではなかなか経験できない細々なことを感じて欲しいと思ってです。 公園ではいつもと違うので、どちらかというと中国語を話す子供が多 [続きを読む]
  • パパよりママの方が日本人っぽかった。。。
  • この間ママと夜にいろいろと話す機会がありました。 普段、生活のこととかしか話しませんが、パパの仕事の事なども含めて、パパの物事の決め方、進め方なども入れて夫婦の会話がありました。 日頃から日本語での会話が中心で、且つ家でも日本のTVしか殆ど見ないような日本にいるかのような生活なので思考がそうさせるのかわかりませんが、なんだかママの方が思考が日本人っぽい事に気が付きました。 因みにママとの会話は日本語と [続きを読む]
  • 子供達はTerm3が始まり1週間が経ちました。
  • 長いお休みが終わり、子供達も普段の学校生活に戻りました。 親的には漸く、やっと学校が始まった!って感じです。 ダラダラとした生活から毎日の規則正しい生活に戻る事は大切です。 時折パパもダラダラ生活に憧れます。がしかし、子供の頃と違いそうもいきませんし、たとえ出来ても何をどうする?って感じで、たぶん悩んでしまうと思います。 もともとはダラダラしたいレイジーなタイプですが、気がついたら周りからはそう思われ [続きを読む]
  • 現地採用と駐在員、その⑥ パパ駐在員へ
  • 久々のこの話題です。 駐在員化する事への葛藤で悩んでいましたパパですが、駐在員になる事はほぼ確定です。 本来なら嬉しい話ですが、正直、悩み所です。 会社がなぜパパを今の自由な身からより拘束力の強くなる駐在員としたいのか、それが最もパパが知りたい部分です。 先日、会社の執行役員が香港に来た際にパパの駐在員化について説明がありました。 かなり理解のある方で、パパが積極的になかなかなれない事は理解してもらっ [続きを読む]
  • 直属の部下を募集!
  • パパの会社は香港では小さいです。 全部で12人しかいません。 そこに新たに1人雇う予定です。 パパの下には今、数名部下がいます。旧正月直後に1人退職してしまい、新たに募集することになりました。 今いるスタッフでは機動性、機敏性にかけ、営業部にかかわらず名ばかり営業員がなぜか揃っているので、実際に自主的に動き回るマインドを持つ営業員を募集することになりました。 なぜかパパの会社の営業員はアドミン業務しかしな [続きを読む]
  • 新規事業コンペでパパ大活躍!
  • 少し前にパパの会社では新規事業を競うコンペというのがありました。 パパもこうした類の事はあまり経験がありません。 パパはこれまでコンペとかではなく、実際に良さそうなアイデアがあれば、コンペに関係なくリサーチをかけ、調査してその可能性を探って、実際にその企画をやるか否かを決めていました。 このコンペは実際には全社をあげた催しです。 今回は先ず香港、中国、国際事業部、新規事業部の4つで行い、上位案と本社の [続きを読む]
  • 寝室ドアが、、、、寝室に入れず。。。:(;゙゚'ω゚'):
  • 週末、大変な事が! ママ達が漸く帰ってきましたが、パパが寝てる間に大変な事が起きました。。。 週末の早朝、パパがゆったり遅めに起きてきた際に、すでに事件は起きていました。 この日、ママ達はお友達らとピクニックに行くという事で、早朝から家を出て行っていました。 パパは持ち帰っていた仕事をする必要からピクニックには参加せず、ゆったりと遅めの朝を満喫しようとしていたわけです。 そして、その事件とは 寝室ドアの [続きを読む]