日本太氣拳協会福井支部管理人 さん プロフィール

  •  
日本太氣拳協会福井支部管理人さん: 日本太氣拳協会福井支部のブログ
ハンドル名日本太氣拳協会福井支部管理人 さん
ブログタイトル日本太氣拳協会福井支部のブログ
ブログURLhttp://taikifukui.blog.fc2.com/
サイト紹介文武道を諦めたくない方へ 太氣拳、意拳、澤井健一先生、久保勇人先生、立禅、站椿について調べている方へ
自由文澤井健一先生が中国から伝えた武術「太氣至誠拳法 通称 太氣拳」。

私達は、久保勇人先生を中心に武の本質を求め続けています。

立禅を中心にした静の稽古が身体に及ぼす可能性の徹底した追求。

年齢を超えた強さを追及したい方、是非ご連絡ください。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/15 13:02

日本太氣拳協会福井支部管理人 さんのブログ記事

  • 太氣拳金沢支部
  • 太氣拳金沢支部の設立に向けて準備をしています。稽古場所は金沢市内です。興味のある方、そして見学を希望される方のお問い合わせは下記の事務局のメールアドレスにお願いします。taikiken.fukui ? gmail.com (事務局に送信する際、アドレスの?を@の変更をお願いします。)お問い合わせ頂いた内容に関する返答は、全て上記アドレスから送信致します。日本太氣拳協会福井支部ホームページ?http://taikikenfukui.web.fc2.com/ [続きを読む]
  • 合同稽古 平成29年8月26日(土)
  • 合同稽古3か月ぶりの合同稽古。久保先生指導によるサンドバッグを用いた打拳の稽古に取り組みました。その後の推手と組手。落ち着いて臨めたように感じていましたが、想いと違う、振り返れば反省の多い時間となりました。稽古と懇親会を通じて感じた自分の甘さと不完全さ。禅を深めることを主眼に福井での稽古に努めて参ります。久保先生。模範で示して下さった打拳は心に焼き付いています。兄弟弟子の皆様。お手合わせ頂き有り難 [続きを読む]
  • 明日
  • 大阪で合同稽古が開催されます。3ヶ月ぶりの久保先生や兄弟弟子の皆さんとの再会。皆さんと拳を交える中、今の自分がどんな反応をするのか・・・。じっくり試してみたいと存じます。明日はよろしくお願い致します。N.T [続きを読む]
  • 定め
  • 夏の夜心地よい風に吹かれ独り立ついつしか移り行く心そして静寂・・・・心に浮かぶものそれはどうにもならないこと未だ解決に至らないそれでも矢継ぎ早に迫られる為すべきこと日々は流れ行きもがき続ける時が続く折り混じる不安と希望どうする?何度も心に問いかける冴えた答えはみつからないそれでも停滞は許されない俺に何が出来るのか?俺は何を為すべきか?ふと気づく今できることそれは担ぐこと重い荷物でもそのまま担ぎ歩き [続きを読む]
  • 心こそ
  • 心こそ 心迷わす 心なれ心に心 心ゆるすなこれは名僧 沢庵禅師が将軍指南役の柳生但馬守宗矩を案じて送った歌です。時に驕り、時に囚われ、時に迷い、時に勘違いする。全ての起因は心。いかんともし難い心。未だ雑念に囚われている心。立禅。雑念が湧いては消え、静寂に満ち、また雑念が湧いては消えていく。静寂も深いときもあり、浅いときもある。心とはとらえどころがない。心は自分のものであるようで自分のものでない。立禅 [続きを読む]
  • 練習生募集
  • 年齢を理由に武道を諦めたくない方へ内家拳 に興味のある方へ中国拳法、太氣拳、意拳、澤井健一先生、久保勇人先生、立禅、站椿について調べている方へ澤井健一先生が中国から伝えた武術「太氣至誠拳法 通称 太氣拳」。私達は、久保勇人先生を中心に武の本質を求め続けています。立禅を中心にした静の稽古が身体に及ぼす可能性の徹底した追求。年齢を超えた強さを追及したい方、是非ご連絡ください。安全面は最大限に配慮して稽 [続きを読む]
  • 合同稽古 平成29年5月28日(日)
  • 今回の合同稽古。初夏の爽やかな木漏れ日と心地よい風に包まれた時間。そのような中で久保先生からの課題や推手、そして組手と時間が流れて行きました。確認できたこと、反省すること色々ありますが、日々自分と向き合い稽古を進めるしか術はありません。前回の合同稽古の後、様々な環境が変化しました。簡単には解決しない問題を抱えていますが、そのまま背負い立禅と共に歩き続けます。久保先生、そしてお手合わせ頂いた兄弟弟子 [続きを読む]
  • 合同稽古 平成28年12月24日(土)
  • 大阪城公園。久保先生と兄弟弟子の方々との4ヶ月ぶりの再会です。試力、単推手、双推手、組手。稽古は流れるように過ぎていきました。久保先生に触れさせて頂いた試力。数年前に触れさせて頂いた時に感じた螺旋の感覚を感じつつ、その時には感じとれなかった先生の中心、協働そして躍動。手がかりを基に福井での稽古で模索します。推手、組手で試してみた課題。手応えのあったところと物足りなかったところ半々といったところでし [続きを読む]
  • クリスマスイブ
  • 今年のクリスマスイブは、大阪での合同稽古に参加します。福井からの参加者は私とi先生の2名です。今年最後の合同稽古。試したいことを一つ持っていきます。久保先生と兄弟弟子の皆様との再会に胸の高鳴りを感じながら、福井で仕上げることとします。24日は皆様、よろしくお願い申し上げます。N.T [続きを読む]
  • 海岸で
  • 寄せては返す波を視る遥か太古から時に穏やかに時に荒れて未来へ流れるリズム今に意識を向ける心の波に想いを巡らせる・・・・・・・・・・・?ならばこのリズムを観てみよう喜怒哀楽我に起こる全てのこと在るがままを観続ける 穏やかな波も荒れる波も刹那の形こそ変われどもその根源は変わらない N.T [続きを読む]
  • 境界
  • 影が光を際立てて光が影を際立てる互いに影響し合いつつ視える境界 描き出す光は山を照らしつつ空に淡く溶けていく空と光の境界は暖かさのまま溶けていく心の硬さを紐解けば固定観念 観えてきて心の境界 たどり着く心の境界 観つめると心の囚われ 観えてくる思考と観念 観つめつつ試した時を振り返る N.T [続きを読む]
  • 内面
  • 爽やかな微風に吹かれる中ゆったりと立禅を組むそれは穏やかな木漏れ日と共に過ぎていく時間眼の前の大木時に俯瞰的に時に細部を観るこの風は我に吹きつつも大木にも吹いている我の内面はいかほどか大木の内面はいかほどか大木に強い風が吹く風の轟音大木がしなる轟音動の動きはすさまじくとも大木の内面はいかほどか身体が動くその前に動くもの浮き彫りになる硬さと共にいつしか浮かぶ師の教え「自己否定」師に想いを馳せながら心 [続きを読む]
  • 合同稽古 平成28年8月27日(土)
  • 前回の合同稽古から約3ケ月が経ちました。今回はテーマを持たず、無題のまま臨みました。敢えて言うならば、前回の合同稽古で感じた殴る殴られるよりも大切なこと。それを模索しながら自分を省みてきた福井での稽古による、内面の変化を確かめることがテーマでした。合同稽古は立禅から打拳、単推手、双推手、組手と移っていきました。兄弟弟子に触れる刹那、その方の拳に費やしてこられた時間を感じつつ、自分を検証し新たな工夫 [続きを読む]
  • 雨の予感と雑感と
  • 北の空から雨雲が近づいて来る。今日は夜、天気が崩れるかな・・・。雨の予感を感じ、早めに立禅を組む。次週8/27と28日は大阪合宿。久しぶりにお会いする久保先生と兄弟弟子の皆様。立禅を組む中いつしか想いは大阪に・・・。 再会し、拳を交える楽しみ。福井で稽古を重ねた時間。。渾然となる意識の中、いつしか想いは超えられぬ壁に至る。「わかってやれ」心の引き出しに在った先生の教え。言葉を今一度噛み締める。N.T [続きを読む]
  • 真夏の夕刻に
  • 真夏の夕暮れ和らいだ日差しの中ゆったりと立禅を組む蝉の声と風の中融けていく心ふと気づく陽は我を制している反応を試みるも全く観えない 間真夏の夕刻陽は 雄大な時の歩みのまま完全に我を制しつつゆったりと問いかける N.T [続きを読む]
  • 合同稽古 平成28年5月28日(土)
  • 今回は大阪に向かう電車が、事故で緊急停車する事態となりました。稽古に参加させて頂く時間が短くなりましたが、感じるところは多かったです。今回はっきりわかったこと。殴る 殴られる。そんなことはどうでもいいことだということ。一つ反省することは無意識の中で、自分の心の動きが自分のものだったとは言い難い時があったこと。久保先生いつも変わることなく迎え入れて下さり有り難うございます。そして兄弟弟子の皆様色々と [続きを読む]
  • 久しぶりの
  • 合同稽古。今週末の大阪城公園で予定しています。久保先生や各地の兄弟弟子の皆様との再会は7ヶ月ぶりとなります。等身大のまま臨みたいです。稽古の中で自分が何を観て、何を感じるのか。少しの不安と期待を胸に行って参ります。N.T [続きを読む]
  • 卒業
  • 春の陽射しと暖かな風の中 卒業を迎えた子供達 決して平坦ではない道を 泣いたり 笑ったり ひたむきに 「時」を黙々と積み上げてきましたね 式の中 記憶に浮かぶ在りし日の父 年の離れた私といがみあいつつも 私達の履物をそろえていたいつもの後姿 混在する過去と今を観つめる中 あっという間にそして鮮やかに 節目の「時」は流れていく 夢と希望を宿した眼差しを包み 穏やかに流れていく 皆が去った後の教室を振り返る [続きを読む]
  • 心と向き合う
  • 日常の雑然とした時間。少し視点を変え、全く違う時間を求めてみませんか?太氣拳の立禅。それは意拳では站椿と呼ばれています。自分と向き合うことで観えてくるもの。その世界を体感してみましょう。普段生きている中では、聴こえてこないもの。それは何でしょうか・・・・。見学、体験をご希望される方は下記アドレスからお願い致します。taikiken.fukui ? gmail.com (事務局に送信する際、アドレスの?を@の変更をお願いしま [続きを読む]
  • やわらかく生きる
  • やわらかく生きる福井新聞 2015/10/18の記事より転載します。日本で居どころがなくなった認知症の母親をハノイに引き取り、13年間介護した日本人女性、小松みゆきさんの生活が映画「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)になった。老母ヒロさんを連れてハノイに着いたのは2001年12月。夫に先立たれたヒロさんは当時81歳、「要介護3」と診断された認知症患者だった。映画では松坂慶子さんが小松さんを演じている。 [続きを読む]
  • 正宗と村正
  • もう25年も前でしょうか・・・・。私が就職をした頃の話です。ある時、いつものように、カウンターで大酒を呑んではしゃいでいた私達。 私の隣に50代ぐらいの方が座ってきました。 隣に座ったもの同士、なにかのきっかけで話をするようになったのですが、その方、  「最近の若い者は今だけの楽しさだけを追求して云々・・・・・」 私の心の中、  「説教かい!まぁ少しぐらいはつきあったるわ!すこしな!すこし!」そのうち [続きを読む]
  • 練習生募集
  • 年齢を理由に武道を諦めたくない方へ内家拳に興味のある方へ中国拳法、太氣拳、意拳、澤井健一先生、久保勇人先生、立禅、站椿について調べている方へ澤井健一先生が中国から伝えた武術「太氣至誠拳法 通称 太氣拳」。私達は、久保勇人先生を中心に武の本質を求め続けています。立禅を中心にした静の稽古が身体に及ぼす可能性の徹底した追求。年齢を超えた強さを追及したい方、是非ご連絡ください。安全面は最大限に配慮して稽古 [続きを読む]
  • 霧の中で
  • 辺り一面の霧遠くをみると何もみえないが近くははっきりとみえるそしてみえる範囲は意外と狭くないこのみえる範囲でいい歩きはじめよう歩き続ければ自分の進んだ分だけ景色は変わる N・T [続きを読む]
  • 陽とともに
  • 早朝の立禅風鳥のさえずり虫の声心地よさ そして開放感じる陽が上るにつれ目覚めていく心体満ちていく新たな息吹みなぎる力陽と心体のつながり自然のリズム当たり前の中にある芳醇な時新たな一日そして希望陽とともに人は時を生きていく N・T [続きを読む]
  • 月をみつめ独り立つ月は時に雲に隠れては時にその姿をみせる我は月の美しさに心をうばわれ時に静寂に引き込まれ立ち続けるふと気づく月も我をみつめている月はなにも語らぬがただ静寂をもって我を受け入れる浮き彫りになる心積年の疲れ驕り、そして濁り月の光は曇を通り抜けここに降り注ぐ渾然とした心体のまま月をみつめ独り立つ N・T [続きを読む]